トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

ポリマー製

01_PX4Storm
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベレッタPX4は2004年にピエトロ・ベレッタ社が発表したハンドガンで、ローテイティング・バレルシステムを採用しているため反動が少なく、命中精度が高い。さらに人間工学を考慮して設計された各部パーツは非常に評判が良い。当初は米国でも、そのデザインの独特さから敬遠されていたようだが、卓越した性能が認知されるにつれて人気が高まった。

 

PX4(実銃)

 

 

性能

全長 192mm
重量 785g
口径 9mm、10mm、45口径
使用弾薬 9mm弾、40S&W、45ACP
装弾数 17、20発
設計・開発 ピエトロ・ベレッタ社

 

開発

 イタリアの名門、ピエトロ・ベレッタ社が2004年に開発したセミコンパクトピストルである。同社で初めてポリマーフレームを使用したモデルで、モジュラーシステム、ローテイティング・バレルを採用している。このローテイティング・バレルは、射撃時の反動をバレルを回転させるエネルギーに変換させることによって反動が軽減されると言われている。同時に45口径に代表される強力なカートリッジを使用することも可能となった。

 スライドは、ベレッタ社の伝統であるオープンスライド方式からフィスクドスライド方式に変更になっている点が特徴である。トリガーガードはそれまでの指掛けがなくなりコンシール性に優れいている。サイトは蓄光式で暗闇でも30分間は照準をすることができる(2010年には通常のホワイトドットに変更)。銃身下部にはピカテニー規格の20mmレイルが装備されており、フラッシュライトやレーザーサイトを装着することが出来る。バックストラップは大中小の3タイプがあり射手の手の大きさに合わせて交換が可能、同様にマガジンキャッチも3タイプに交換が可能である。

 

バリエーション

 PX4はタイプC、D、F、Gの4タイプ存在する。タイプCは、シングルアクションオンリーでデコッキング機能、安全装置は搭載されていない。タイプDはダブルアクションのみでデコッカー、セイフティが装備されている。タイプFはシングル、ダブルアクション可能でデコッキング機能、セイフティが装備されている。タイプGはシングル、ダブルアクション可能でデコッキング機能はあるがセイフティは装備されていない。他にもスライドがステンレス製のアイノックス、サブコンパクト、コンパクトモデルがある。

 

PX4(トイガン)

 

概要

 トイガンでは東京マルイ、WE-Techがガスブローバックガンを発売している。東京マルイはオリジナルモデルを発売しており、WE-Techはコンパクトモデルを発売している。東京マルイは安定の品質で全く問題はなく、ローテイティング・バレルも再現している等面白い製品となっている。WE-Techはメタルスライドを装備したコンパクトモデルという魅力的なチョイスをしている。

 

東京マルイ Px4 ガスブローバック

性能

全長 192mm
重量 833g
装弾数 25発

 東京マルイ製のガスガン。重量はカートリッジ無しの実銃の重量785gを上回る。但し、実銃は9mm弾を17発装填した場合には920g程度になるのでフルロードの実銃よりは軽量である。15mmのピストンを採用しているため反動は強いが命中精度は非常に高い。バックストラップは大中小が付属する。ローテイティング・バレルを再現したギミックが搭載されているのもユニークであるが、著作権の関係で刻印がベレッタではないのが残念。

 

まとめ

 

 ベレッタPX4はその独特のデザインから敬遠されることが多い銃である。しかし実銃は新方式の発射機構を採用、命中精度が高く反動がマイルドなため連射性能も高い。さらにグリップ等も人間工学を考慮した設計になっていることから扱いやすくかなり高性能なハンドガンである。個性の強いデザインも魅力の一つかもしれない。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_XD40
(画像はwikipediaより転載)

 

 XDM-40とは、クロアチアの銃器メーカーHSプロダクツが開発したポリマーフレームオートで米国のスプリングフィールドアーモリー社がライセンス権を得て生産しているモデルである。45ACP弾仕様、40S&W弾仕様等があり、装弾数は13発、15発と多い。米国では45ACP弾仕様が発売されてから人気が爆発しており、他にも世界各国の軍や警察が制式採用している。

 

XDM-40(実銃)

 

 

性能(4.5インチ)

全長 196mm
重量 885g
口径 10mm
使用弾薬 40S&W弾
装弾数 15発
設計・開発 マルコ・ヴコヴィッチ / SFA社

 

開発

02_HS2000
(画像はwikipediaより転載)

 

 クロアチアの銃器メーカーHSプロダクツの技師、マルコ・ヴコヴィッチ率いるチームによりHS2000として開発されたポリマーフレームオートである。1999年に完成したHS2000は、クロアチア軍及び、クロアチアの法執行機関によって採用され、世界市場においても高評価を獲得していた。当然、米国でもHSの米国法人である「HSアメリカ」によって販売されていたが、これに目を付けたスプリングフィールドアーモリーがライセンス権を取得。米国においてXD(eXtreme Duty)ブランドとして発売した。本来、頭文字を取れば「ED」となるのであるが、いろいろ問題がありそうな頭文字なのでXDとしたのであろう。

 機構はストライカー方式、ショートリコイルを採用しており、スチール製のスライドとポリマーフレームで構成されている。スライドはスチールの上に酸化防止処置を施してある。スライドストップは左側にのみであるが、マガジンキャッチはアンビとなっている。本銃の特徴としてはサムセイフティが省略されている代わりに、トリガーセイフティ、グリップセイフティが装備されていることであろう。

 上述のようにHS2000は、クロアチア軍、法執行機関が制式採用している他、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ軍、ドミニカ、マレーシア、インドネシア、タイ等、多くの軍隊で制式採用されている。米国では45口径仕様のXDMの発売によって人気を得ることとなった。

 

バリエーション

03_HS2000
(画像はwikipediaより転載)

 

 バリエーションは、オリジナルの4インチモデルで9mmパラベラム弾仕様(装弾数19発)、45ACP弾仕様(装弾数13発)、40S&W弾仕様(装弾数15発)の他、4.5インチモデル、5.25インチモデル、3.8インチモデル、タクティカル、装弾数5発の超小型モデルXD-S等が発売されている。2020年現在ではどうも9mm仕様はカタログ落ちしているようだ。

 

XDM-40(トイガン)

 

概要

 モデルガンでの発売はなく、ガスガンでは2012年1月に東京マルイがガスブローバックモデルで40S&W弾仕様のXDM-40を発売している。

 

東京マルイ XDM-40 ガスブローバック

性能

全長 230mm
重量 745g
装弾数 26+1発

 スライド後部にコッキングインジケーターが再現されている他、トリガーセイフティ、グリップセイフティ共に再現されている。初速は70m/s前後と平均的で、命中精度は非常に高い。

 

まとめ

 

 XDM-40の機構はストライカー方式にショートリコイル、マガジンはスチール製、グリップセイフティを装備している等、比較的保守的なデザインである。シングルアクションのみであるが、ストロークは比較的長く、トリガーセイフティ、グリップセイフティ等により安全性が確保されている。伝統と最新技術をうまく組み合わせたオートといえる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_FNX45
(画像はwikipediaより転載)

 

 FNX45とは、米国SOCOMのトライアルに参加するために米国のFNハースタル社が開発した45ACP弾を使用するダブルアクション、ダブルカラムマガジンのポリマーフレームオートである。マガジンキャッチ、セイフティは左右から操作できるアンビタイプでタクティカルモデルはサプレッサー、ドットサイトを装着することができる。トライアルが中止になってしまったため民間向けに販売されている。

 

FNX45(実銃)

 

 

性能

全長 200mm
重量 941g
口径 45口径
使用弾薬 45ACP弾
装弾数 15+1発
設計・開発 FNハースタル社

 

開発

02_FNX45
(画像はwikipediaより転載)

 

 FN社を本社に持つ米国のFNハースタル社によって開発されたポリマーフレームのハンドガンである。FNXは2005年に行われたSOCOMのM9の後継拳銃トライアルに参加するために製作されたもので、参加要件に45ACP弾の使用が求められていたために45口径で設計されたダブルアクションオートである。発射機構はショートリコイル方式で最近の流行であるストライカー方式ではなく、伝統的なハンマーを持っており、トライアルの参加要件に従い、ピカテニー規格の20mmレイル、蓄光サイトを装備している。

 スライドはステンレス製、フレームはポリマー製で、グリップのバックストラップは2種類(現在では4種類)用意され、射手の手の大きさによって交換することが出来き、装弾数は15発と45ACP弾を使用するハンドガンとしては最大級である。マガジンキャッチは交換しなくても左右から操作できるアンビタイプで、トリガーはダブルアクションであるが、近接戦闘を前提としているためコック&ロックが可能なようにアンビタイプのサムセイフティが装備されており、セイフティを上げるとロックされ、下げるとデコッキングレバーとして機能するようになっている。

 結局、トライアルは中止されてしまうが、その後民間向けにFNX45として発売された。バリエーションとしては9mmパラベラム弾仕様のFNX9(装弾数17発)、40S&W弾仕様のFNX40(装弾数14発)があり、それぞれブラック、FDE(フラットダークアース)、ステンレスの地肌のスライドを装備したモデルがある。FNXタクティカルはバレル先端にねじ切りがあり、サプレッサー、リアサイトにマイクロドットサイトを装着することができる。

 

FNX45(トイガン)

 

概要

 2019年6月に東京マルイがガスブローバックモデルでタクティカルモデルをモデルアップしている。

 

東京マルイ FNX45 ガスブローバック

性能

全長 220mm
重量 830g
装弾数 29+1発

 ドットサイトを搭載することを前提に開発された製品であるためドットサイトを搭載した状態においても作動に問題はない。通常のリアサイトでも蓄光材が入っているので暗い状態でも正確な射撃が可能である。サプレッサーも装着可能であるが、ネジは16mmなので注意が必要である。リアリティの面でもショートリコイルが再現されており、刻印も実銃と同様に彫られている。バックストラップは実銃同様に4種類付属する。初速は70m/s前後に設定されており、トリガープルは若干重いが命中精度も非常に高い。

 

まとめ

 

 ポリマーフレームオートは当初は9mmが主流であったが、最近では45口径仕様のものが多くなってきた。45口径で装弾数14発というのは驚異的であるが、これもポリマーフレームが開発されたことによって可能になったものであろう。ハンドガンの進化は止まらない。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_S&WMP
(画像はwikipediaより転載)

 

 S&W M&Pとは、2005年にS&W社が発表したポリマーフレームオートである。M&Pはミリタリー&ポリスの略で、100年前にリボルバーの歴史を変えたS&W社の名銃ミリタリー&ポリスの名を継承していることからもS&W社の期待の度合いが分かる。市場での評判も良く、グロックには及ばないものの人気のあるポリマーフレームオートの一つである。

 

S&W M&P(実銃)

 

 

性能

全長 190mm
重量 680g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 17+1発
設計・開発 S&W社

 

背景から開発まで

02_S&WMP
(画像は伝説のシグマ wikipediaより転載)

 

 1994年、最近流行の「グロック風」ポリマーフレームハンドガンを製作したS&W社。あまりにも「グロック風」であったため、本家グロック社から裁判を起こされる始末。結局、和解金を支払い、設計を変えることで和解。つまりはS&W社の完全敗北であった。「やっぱり「グロック風」はだめだよね!」ということでS&W社がちゃんと作ったポリマーフレームオートがMPである。

 

開発

02_S&WMP
(画像はwikipediaより転載)

 

 MPの開発は、シグマとワルサー社とのコラボモデルであるSW99の設計を進化させたものであるが、シグマとの部品の互換性は全く無い。相当な自信作であったらしく、S&W社の名銃「ミリタリー&ポリス」の名称を継承させた。発売は2005年で、スライドとバレルはステンレス製、フレームはステンレスのインナーフレームとポリマーの外装で構成されている。

 グリップ後部のストラップは交換可能であり、SMLサイズのストラップが製品に付属している。スライドストップは左右から操作することが可能であり、マガジンキャッチも付け替えることで左利きのユーザーにも対応している。薬室にカートリッジが装填されているかどうかを確認するインジケーターはスライド上部に位置している。トリガーはポリマー製で上下に分割されており、下部のトリガーを引くことで安全装置が解除、引き切ることで撃発する。トリガープルは競合のグロックの2.5kgに比べ2.9kgと若干重く、ポリマー特有の「ねばり」が出るため好みが別れるところである。

 最大の特徴は、人間工学を非常に考慮した設計で、グリップの形状からグリップアングルも全て理想的な形状に設計されておりボブチャウカスタムのように全体的にエッジが削られて丸みを帯びている。特に素晴らしいのはバレルの位置で、バレルが低い位置に設定されているため射手は自然な感覚で照準をつけることが出来る上に反動の抑制も容易になっている。現在のところグロックには勝てないものの市場での人気は上々である。

 

バリエーション

03_S&WMP
(画像はwikipediaより転載)

 

 お約束のコンパクトモデルの他にも口径や銃身長に多くのバリエーションがあり、M&P○○(○○内には口径の数字が入る)と表記される。バリエーションの中でも内部構造を変更したのが2017年のM&P2.0でフレームのステンレス製インナーシャーシが延長され強度が増した上に、トリガーシステムも変更されている。

 

S&W M&P(トイガン)

 

概要

 2014年8月1日に東京マルイよりM&P9がガスブローバックモデルとして発売されている。2009年10月の発表当初はM&P45の予定であったが、最終的にはM&P9となった。VカスタムやPCカスタム等のバリエーション展開も行っており、現在でも発売中である。

 

東京マルイ S&W M&P ガスブローバック

性能

全長 194mm
重量 620g
装弾数 25+1発

 最近の製品であるためスライド上部のインジケーター内に真鍮パーツを入れることで薬室に装弾されている状態を再現する等、外観は非常に凝ったものである。グリップ後部のパームスウェルも実銃同様に3種類が同梱されており射手の好みで選ぶことができる。初速は70m/s前後に設定されており、命中精度も非常に高い。バリエーションもVカスタム、PCポーテッドにFDEカラー等もあり選択肢が多いのも魅力的。サードパーティーからのパーツも豊富にあるため自分だけのM&P9を作ることもできる。

 

まとめ

 

 シグマで大コケしたS&Wであったが、M&Pの成功によってその経験は生かされてることになった。ステンレス製のインナーシャーシや発射機構、敢えて隙間を作ることで砂や埃を自然に排除するスライド等、S&W社独自の工夫も施されている完成度の高いハンドガンである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ