トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

ベレッタ

ベレッタM1934
(画像はwikipediaより転載)

 

 今日、紹介するのは懐かしの名銃ベレッタM1934だ。この銃は、映画、ドラマ、アニメに特徴的に登場したというわけではないが、ずーと有名なのである。たぶん、イタリア軍に採用されたことで知名度を上げたことと、古い映画で頻繁に使われたことが理由なのではないだろうか。古い世代のガンファンだと、中型オートといえば、ワルサーPPKかこのベレッタM1934であるといってもいい。

 

ベレッタM1934(実銃)

 

 

性能

全長 149mm
重量 660g
口径 9mm
使用弾薬 380ACP弾(9mm×17弾)
装弾数 7+1発
設計・開発 ピエトロ・ベレッタ社

 

概要

 ベレッタM1934はギアンドーソ技師によって設計されたピエトロ・ベレッタ社の中型拳銃で全長149mm、重量660g、3.7インチバレルを持つ。装弾数は7発でカートリッジは38ACPを使用する。

 第一次世界大戦で拳銃不足に悩まされたイタリア軍は、大量生産できる拳銃の開発をベレッタ社に依頼した。これに対してベレッタ社は、グリセンティM1910をベースにベレッタM1915を開発、これは9mmグリセンティ弾を使用する中型拳銃でイタリア軍に制式採用された。このM1915は独立した排莢口を持っていたが、これを改良してスライド上部の大きな切り抜き部分と一体化したのがM1922、これをベースにさらに露出式ハンマーを採用したM1923、そしてM1931、M1932と改良が続いた。

 1930年代になるとイタリア軍は次期制式拳銃にドイツのワルサーPPを採用することを検討し始めた。このためベレッタ社はワルサーPPに対抗してM1932を改良したM1934を開発した。このM1934はワルサーPPのようにダブルアクション機構を装備してはいなかったもののイタリア軍に制式採用、のちにM1951が制式採用されたのちも1960年代まで使用され続けた他、イタリア警察やドイツ軍、ルーマニア軍、フィンランド軍の一部でも使用されていた。

 口径は380ACPで口径は9mmであるが、大型拳銃が使用する9mmルガー弾(パラベラム弾)よりも寸法が短く威力が小さい。構造はカートリッジの爆発の反動でスライドを動かすというシンプルなストレートブローバック方式を採用している。全弾を撃ち終わるとスライドは後退した状態で停止するが、これはマガジンがスライドストップの機能を果たしているためで独立したスライドストップ機能はない。グリップはスチール製のプレートで補強されたプラスチック製である。カートリッジの威力が弱い、セイフティの使い勝手が悪いという欠点もあるが、部品点数が39点と少なく、故障も少ないため人気があり、戦後は「クーガー」という名称で米国にも輸出されている。1934年から1991年まで生産が続けられ、総生産数は1,080,000丁である。

 

ベレッタM1934(トイガン)

 

 ベレッタのモデルガンは、MGC、CMC、ハドソン、WAから発売されていた。WA以外のベレッタは古い物で1960年代から1970年代初期に発売されたものだ。MGCのM1934は1967年、ブローバックモデルが1971年に発売されている。ハドソンのM1934はMGCのコピーである。WA以外のM1934は金属製であったため、1971年に規制によって金属モデルガンは金色に塗装されることとなる。1979年にはWAがM1934を発売するが、これはMGCとの提携によって製造されたモデルでハドソン同様、MGC系列のモデルである。

 どれも現在は発売されていないのでかなりのプレミアになるだろう。但し、古いモデルガンは亜鉛合金が劣悪なものを使用しているので経年劣化により破損しやすくなっている。購入する際には注意が必要だ。ガスガンでは、1989年にタナカがブローバックモデルを発売した。これはそれなりに性能、外観ともに良かった記憶がある。オリジナルのABS、パーカーライジング処理モデル、ハーフシルバーモデルがあった。現在のブローバックのように構造も実物に似せている訳ではなく、軽いスライドが「シュポシュポ」動くだけのものであるが小気味よいブローバックであった。

 2003年にはWA製がベレッタM1934を発売した。HW製でモデルガン譲りの外観の完成度は秀逸で、現行のものは2007年に発売されたカーボンブラックバージョンである。これはガスガンベレッタM1934の最高傑作といっても良い。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_PX4Storm
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベレッタPX4は2004年にピエトロ・ベレッタ社が発表したハンドガンで、ローテイティング・バレルシステムを採用しているため反動が少なく、命中精度が高い。さらに人間工学を考慮して設計された各部パーツは非常に評判が良い。当初は米国でも、そのデザインの独特さから敬遠されていたようだが、卓越した性能が認知されるにつれて人気が高まった。

 

PX4(実銃)

 

 

性能

全長 192mm
重量 785g
口径 9mm、10mm、45口径
使用弾薬 9mm弾、40S&W、45ACP
装弾数 17、20発
設計・開発 ピエトロ・ベレッタ社

 

開発

 イタリアの名門、ピエトロ・ベレッタ社が2004年に開発したセミコンパクトピストルである。同社で初めてポリマーフレームを使用したモデルで、モジュラーシステム、ローテイティング・バレルを採用している。このローテイティング・バレルは、射撃時の反動をバレルを回転させるエネルギーに変換させることによって反動が軽減されると言われている。同時に45口径に代表される強力なカートリッジを使用することも可能となった。

 スライドは、ベレッタ社の伝統であるオープンスライド方式からフィスクドスライド方式に変更になっている点が特徴である。トリガーガードはそれまでの指掛けがなくなりコンシール性に優れいている。サイトは蓄光式で暗闇でも30分間は照準をすることができる(2010年には通常のホワイトドットに変更)。銃身下部にはピカテニー規格の20mmレイルが装備されており、フラッシュライトやレーザーサイトを装着することが出来る。バックストラップは大中小の3タイプがあり射手の手の大きさに合わせて交換が可能、同様にマガジンキャッチも3タイプに交換が可能である。

 

バリエーション

 PX4はタイプC、D、F、Gの4タイプ存在する。タイプCは、シングルアクションオンリーでデコッキング機能、安全装置は搭載されていない。タイプDはダブルアクションのみでデコッカー、セイフティが装備されている。タイプFはシングル、ダブルアクション可能でデコッキング機能、セイフティが装備されている。タイプGはシングル、ダブルアクション可能でデコッキング機能はあるがセイフティは装備されていない。他にもスライドがステンレス製のアイノックス、サブコンパクト、コンパクトモデルがある。

 

PX4(トイガン)

 

概要

 トイガンでは東京マルイ、WE-Techがガスブローバックガンを発売している。東京マルイはオリジナルモデルを発売しており、WE-Techはコンパクトモデルを発売している。東京マルイは安定の品質で全く問題はなく、ローテイティング・バレルも再現している等面白い製品となっている。WE-Techはメタルスライドを装備したコンパクトモデルという魅力的なチョイスをしている。

 

東京マルイ Px4 ガスブローバック

性能

全長 192mm
重量 833g
装弾数 25発

 東京マルイ製のガスガン。重量はカートリッジ無しの実銃の重量785gを上回る。但し、実銃は9mm弾を17発装填した場合には920g程度になるのでフルロードの実銃よりは軽量である。15mmのピストンを採用しているため反動は強いが命中精度は非常に高い。バックストラップは大中小が付属する。ローテイティング・バレルを再現したギミックが搭載されているのもユニークであるが、著作権の関係で刻印がベレッタではないのが残念。

 

まとめ

 

 ベレッタPX4はその独特のデザインから敬遠されることが多い銃である。しかし実銃は新方式の発射機構を採用、命中精度が高く反動がマイルドなため連射性能も高い。さらにグリップ等も人間工学を考慮した設計になっていることから扱いやすくかなり高性能なハンドガンである。個性の強いデザインも魅力の一つかもしれない。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

ベレッタM93R
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベレッタM93Rは1977年にイタリア警察及び軍特殊部隊用に開発されたマシンピストルである。口径9mmで装弾数は20発。3点バースト機能を持つ火力の高いハンドガンであるため法執行機関やそれに類する機関にのみ販売している。ガスガンではKSC、東京マルイ、マルゼンが発売している。

 

M93R(実銃)

 

性能

口径 9mm
銃身長 156mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 20発
作動方式 シングルアクション
プロップアップ式ショートリコイル
全長 240mm
重量 1,170g
銃口初速 372m/s
有効射程 50m

 

概要

 世界初のマシンピストルはシュタイヤーM1912で第一次世界大戦中に開発された。これは有効な自衛用火器を持たなかったドイツ砲兵隊用に開発されたものであった。ベレッタがマシンピストルの開発を始めたのは戦後で、特殊部隊用としてベレッタの傑作拳銃M1951をフルオート仕様にしたM951Rが最初であった。装弾数は10発で銃身が延長され、折り畳み式フォアグリップが装備されていた。

 この傑作拳銃M1951を複列弾倉、ダブルアクションとしたのがベレッタM92であり、これは1985年に米軍に採用されてM9となる。このM92をM951R同様、特殊部隊用にマシンピストル化したのがM93Rである。これはイタリア警察特殊部隊治安作戦中央部隊、特殊介入部隊カラビニエリ用に設計したもので、1977年に完成した。

 このベレッタM93RにはM951Rと異なり、フルオート機能は無く、セミオートと3点バースト機能のみであった。口径は9mmで装弾数は20発。バレル下部にフォアグリップが装備されている。3点バースト機能はフルオートに比べれば銃のコントロールは容易ではあるが、やはり射手には熟練が要求される。少しでもコントロールし易くするためにベレッタM93Rには折り畳み式フォールディングストックと初期にはコンペンセイターが装着されていた。現在はコンペンセイターの代わりにマズルブレーキが設けられている。マズルブレーキの形状は初期が長方形6ポートで後期が菱型3ポートである。

 M93Rは完全な受注生産方式を取っており、法執行機関かそれに類する機関にのみ販売されている。米国の法執行機関向けに小火器を販売しているアームズリミテッド社によると販売価格は6000ドルとなっている(2020年7月現在)。映画では『パリ警視J』(1983年)で主人公が愛用している他、『ロボコップ』(1987年)では主人公がM93Rをベースにしたオート9を使用している。

 

M93R(トイガン)

 

概要

 1985年にMGCから発売されたのが日本での初モデルアップである。以降、90年前後にマルコシ、LSがコッキング式エアーガン、マルゼンが90年代にセミフル切替式の固定スライドガスガンを発売しえいる。これはマガジン内ガスタンクと外部ソースの2way方式であった。

 他にもWAが1992年にフルオートのみのオート9を発売している。これはガスでBB弾を発射、単3電池でスライドを稼働させるという電動モータードライブガスガンであった。1995年にはKSCが自社ブランド初の製品としてM93Rを発売、2008年にはM93R兇箸靴謄螢縫紂璽▲襪靴討い襦2005年には東京マルイが電動ガンとして発売している。直近の製品としては2020年6月にマルゼンが固定スライドガスガンのM93Rをリニューアルしている。

 モデルガンではKSCがオリジナルM93Rとオート9をモデルガン化しているのみである。

 

東京マルイ電動M93R

東京マルイ
定価17380円(税抜)

 

全長 250mm 重量 829g (バッテリー含む) 銃身長 122mm(インナーバレル長) 装弾数 6mmBB弾 40発 定価 17,800円(税別/フルセット) 14,800円(税別/本体セット) 発売日 2005年8月4日(フルセット) 2007年7月12日(本体セット)

 

 初速はガスハンドガンでは平均的な70m/s 前後である。マルイ製品らしく命中精度は5mで2cm程度、フルオートでも5冂度と非常に高い。フラッシュライトや光学サイト、アンダーマウント、マウントベース等純正オプションが豊富なのは魅力的。ブローバックにこだわらない実用本位のユーザーであればマルイ製M93Rはサイドアームとしてはこれ以上のものはない。バリエーションはブラックモデルとスライドシルバーモデルの2種類がある。

 

マルゼンベレッタM93Rスペシャルフォース

 

全長 248mm(銃単体)/ 337mm(サプレッサー装着時) 重量 約910g / 約1010g(付属品フル装着時) 発射方式 ガス・セミオート、可変ホップアップ 初速 75m/s前後 装弾数 42発 価格 15800円 発売日 2020年5月22日

 

 マルゼンが近年発売した固定スライドガスガンである。初速は75m/s 前後でガスハンドガンの安価では比較的高い。APSのマルゼンだけに命中精度はさすがに良く5〜7mで3cm程度、直進性も翼30mでも20cm程度の的に命中させることができる。これは個体差があるので一概には言えないが、命中精度が高いのは間違いなさそうだ。価格も安く設定されており、フラッシュライト、サプレッサー付きでこの価格はお買い得である。欠点としては外観のリアリティに欠けること、ブローバックのアクションが楽しめないことがある。マガジンへの給弾のしにくさを指摘するユーザーも多い。

 

 

KSCベレッタM93Rガスブローバック

KSC
定価19500円(税抜)

 

重量:1,200g 全長:248mm 装弾数:32発 発射モード:セミ/フルオート/3バースト

 

 実銃のM93Rと異なり、セミ/フル/3点バーストでの射撃が可能である。1995年発売のファーストバージョンと現行バージョンがある。当然、性能は異なるので注意が必要。現行の最新モデルはシステム07を採用していることから作動は非常に安定している。初速は75m/s 前後で初速は若干高めである。命中精度もセミオートで5mで3cm、3点バーストでも5mで7〜8cm程度と非常に高い。

 

KSCベレッタM93Rモデルガン

 

全長 250mm 重量 829g (バッテリー含む) 銃身長 122mm(インナーバレル長) 装弾数 6mmBB弾 40発 定価 17,800円(税別/フルセット) 14,800円(税別/本体セット) 発売日 2005年8月4日(フルセット) 2007年7月12日(本体セット)

 

 現在発売されている唯一のM93Rモデルガンである。作動は良いが3点バーストに関しては4点バーストや場合によってはフルオートになるという欠点も指摘されている。カートリッジは旧MGCベレッタM9と同型の9mmカートリッジを使用する。外観についてはモデルガンメーカーの老舗であるKSCだけに全く問題なくリアルに再現されている。

 

まとめ

 

 ベレッタM93Rは日本ではMGCがガスガンの初期の段階で発売しているので有名な銃である。古くからのファンにとっては懐かしさを感じる銃だろう。性能は非常に高い。故に民間には販売が禁止されているほどである。仮に民間において販売されていたとしてもこのM93Rを扱いこなすには相当な修練が必要であろう。

 


ミリタリーランキング

ベレッタM84F
(画像はベレッタM84F wikipediaより転載)

 

 ベレッタチーターとはベレッタ社が1975年に開発したM81を筆頭にしたシリーズの愛称で、M81からM89までがある。口径や機能によって様々なバリエーションがあるが、日本ではトイガンで製品化されたM84が一番有名なモデルであろう。口径は7.62mm、9mm、22口径とあり、現在でも生産が続けられているロングセラーモデルである。

 

ベレッタM81 M82(実銃)

 

 

性能(M84)

全長 172mm
重量 665g
口径 9mm
使用弾薬 380ACP
装弾数 13発
設計・開発 ピエトロ・ベレッタ社

 

概要

02_ベレッタM82BB
(画像はベレッタM84F wikipediaより転載)

 

 1975年、ベレッタ社が完成させた中型オート。のちに傑作となるM92と並行して開発が進められた銃ある。M81の口径は7.65mm×17(32ACP)で、ダブルカラムマガジンの採用で装弾数は12発、M82はM81のシングルマガジンモデルである。装弾数は9発と少ないが、装弾数が少なくなった代わりにグリップが薄くなり重量が軽減された。発射方式はこれといって面白いことのないシンプルなストレートブローバック方式である。

 発射方式はストレートブローバック方式でフレームはアルミ合金、スライドはスチール製であり、木製グリップが標準装備されている。M81、M82にはデコッキング機能はないが、コック&ロックでの携行が可能である。

 

バリエーション

03_ベレッタM87ターゲット
(画像はベレッタM84F wikipediaより転載)

 

 M81、M82には数種類のバリエーションがある。まず、1980年に登場したM81B型はファイアリングピン・セイフティを組み込こみグリップ前後面にグルーブが刻み込まれているもの。1982年には、これにスライドのセレーションや各所に若干の変更を加えたBB型が登場した。1988年に登場したF型は、コンバットトリガーガードを装備しデコッキング機能を搭載、さらにグリップもプラスチック製に変更された。現行モデルはFS型でF型同様、ファイアリングピン・セイフティとデコッキング機能が組み込まれており、内部構造に若干改良が加えられている。

 このM81、82を380ACP仕様にしたのが1975年に登場したM84、1980年のM85である。装弾数はM84が13発、85が8発で3.81インチのバレルを持つ。85の4インチバレル版が1991年に登場したM83である。1990年に登場したM86は独特の機構を持ち、バレル先端下部のピンを機軸にしてバレルを上方に跳ね上げ、そこから初弾を装填する。水平二連ショットガンの装填をイメージすると分かりやすいかもしれない。初弾以降は通常のオートの操作で射撃する。1980年に登場したM87は、22口径バージョンでM81同様にB、BBモデルが存在する他、ロングバレルモデル、ターゲットモデルもある。M89は22口径競技用モデルである。

 

ベレッタM84(トイガン)

 

 M81、M82のトイガンはないが、同チーターシリーズのM84は1981年にモデルガンの老舗マルシンからモデルガンが発売されている。これは1993年にPFCでリニューアルされているが、エアガンでは1987年にマルシンが固定スライドガスガンを発売した。1996年(2000年とも)にはWAがM84Fをモデルアップ、現在では、モデルガンではマルシン製、ガスガンではWAがスポットで生産しているのと海外メーカーのWE社がガスブロを発売している。

 

マルシン ベレッタ M84 HW 発火式 モデルガン

 30年以上前から発売されているモデルガン。当初と異なりカートリッジが改良されており、発火性能、作動性能共に向上している。外観の完成度も高い。唯一のモデルガンである。

 

WE メタル M84 BK ブラック 【メタルスライド標準装備!】

 内部構造はWAのコピーのようだ。海外製なので品質は日本製ほど高くはない。メタルスライドが装備されているのが特徴。WA製に比べて価格が安いのがメリット。本家ウエスタンアームズのガスガンが欲しい方はこちらでどうぞ。

 

BERETTA ベレッタ 純正 M84F用木製グリップ

 珍しいベレッタM84専用グリップ。WA、WE製ガスガンには無加工で装着できるようだ。マルシン製はグリップスクリューの大きさが異なるので多少の加工が必要、モデルガンのグリップ内部には錘が入っているのでそれを取り除かなければ装着できない。銃が軽くなるのは覚悟しなければならない。純正品ではあるようだが、品質にばらつきがある模様。購入も加工も自己責任で。

 

まとめ

 

 ベレッタM80シリーズは1975年のM81発売以来、現在まで続くロングセラー商品である。小型で携行性に優れた反面、ストレートブローバックの反動のキツさが敬遠される傾向はある。しかしこのクラスのハンドガンはどれもストレートブローバックであり、ベレッタM80シリーズ特有の欠点とはいえない。日本ではM84が一番有名であるが、現実的には380ACPのシングルカラムモデルあたりが使い勝手が良さそうだ。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_M1951
(画像はwikipediaより転載)

 

 M1951とは、 ベレッタ社が1951年に発表したベレッタ社初の9mmパラベラム弾使用の大型拳銃でシングルアクション、シングルカラムマガジンを持つ自動拳銃である。世界各国で制式採用され大ヒットとなる。のちにはダブルアクション、ダブルカラムマガジンに改良した92が米軍に制式採用された。

 

M1951(実銃)

 

 

性能

全長 194mm
重量 935g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8+1発
設計・開発 トゥリオ・マレンガーニ / ピエトロ・ベレッタ社

 

概要

02_M1951
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベレッタM1951 はトゥリオ・マレンガーニによって設計されたベレッタ社初の9mmパラベラム弾を使用する自動拳銃である。1949年より設計を開始、1951年に完成した。同年イタリア陸軍に制式採用、1956年から本格的に生産されることになった。当初はフレームに軽量合金を使用していたが強度不足が判明したため、1955年頃より発売されたセカンドバージョンからはスチール製に変更されている。これによって重量は250g増したが強度不足は完全に解消されている。1975〜76年にはベレッタ92用に開発された合金を使用したフレームを装備したモデルが少数生産されている。

 ベレッタM1951は、M1934をベースに口径を9mmパラベラム弾仕様に変更。それまでの380ACPよりも高圧のカートリッジに対応するために、ワルサーP38系統の独立ロッキングラグを持つショートリコイル方式を採用している。スライドはM1934と同じ、オープンスライド方式で、この大きく切り取られたスライドは強度の点では問題は残るものの、バレルの放熱という点でも有利でスライド自体が軽いことで反動の軽減にも役立っている。

 マガジンはシングルカラムで装弾数は8発、セイフティはグリップ側面上部に設置されている押しボタンタイプのものだ。シングルアクションであるのものの、バランスの良いシンプルな拳銃であった。イタリア陸軍以外にもイスラエルやエジプト、イラク軍等世界各国で制式採用された。このM1951をダブルアクション、ダブルカラムマガジン化した92は1985年に米軍にM9として制式採用されている。

 

M1951A(またはR)

 ベレッタM1951のバリエーションとしては、フルオート機能搭載のM1951A(Rとする資料もあり)がある。これはM1951にフルオート機能を搭載し、さらに銃身下部にフォアグリップを付けたものだ。フォアグリップは太い木製で前面部にはフィンガーチャンネルが付いている。装弾数は10発に増加され、さらに15連マガジンも開発された。無論8連マガジンも使用可能である。

 

M1951エジプト・タイプ

 1957年にエジプトからの発注で、銃身を長めにしリアサイトが角型に変更された。さらにグリップ側面にあったマガジンキャッチをグリップ下部に変更。さらにランヤードリングが付けられた。グリップ後部はストレート仕様となり、グリップパネルはチェッカリングに変更された。約50,000丁が生産されている。

 

M52スペシャル

 7.62mm口径の射撃競技専用に開発されたモデル。装弾数は8発で全長は4センチほど延長されている。

 

M51/57ベルハマ

 銃身を長めに変更しアジャスタブルリアサイトを装着した。グリップはサムレスト付きのもので口径は9mm、装弾数8発。

 

M1949オリンピック

 ベレッタ社初のターゲットピストルである。22LR弾仕様で銃身長は201mm、マズルコンペンセイターとバレル下部にバランサーが装着されている。

 

M92

 M1951をダブルアクション化し、ダブルカラムマガジンを採用したモデル。これがさらに改良されてM92Fとなる。

 

M1951(トイガン)

 

 トイガンでは発売されていない。

 

まとめ

 

 ベレッタM1951は、1980年まで生産されたが、時代はダブルアクション、ダブルカラムマガジンに移行しつつあり、このM1951もそれらを備えたM92へと移行していくことになる。このM92は、現在でも第一線で使用され続けていることから見てもこのM1951の設計の優秀さが分かる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ