トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

ハ45

01_烈風
(画像は十七試艦戦烈風 wikipediaより転載)

 

 一八試甲戦闘機 陣風とは、海軍が計画した対戦闘機用戦闘機で川西航空機が設計開発を行った。同時期に開発中であった烈風に比べ高高度性能を重視しており、要求性能はほぼ全ての点で烈風を上回っている「全部乗せ」戦闘機であった。開発中のエンジンが完成することを前提に開発が進んでいたがエンジンの完成の目途が立たず開発は中止された。

 

一八試甲戦闘機 陣風 〜概要〜

 

性能(計画値)

全幅 12.50m
全長 10,118m
全高 4.130m
自重 3,500kg
最大速度 685km/h(高度10,000m)
上昇力 10,000mまで13分20秒
上昇限度 13,600m
エンジン出力 2,100馬力
航続距離 2,055km
武装 20mm機銃(または30mm機銃)2挺、13mm機銃2挺または
   20mm機銃6挺
設計・開発 川西航空機

 

戦闘機を甲戦、乙戦、丙戦に分類

 海軍の戦闘機分類は、艦上戦闘機、局地戦闘機、長距離戦闘機、さらには陸上戦闘機等に分かれていたが、1943年になるとこれらの分類の統合整理が行われ、対戦闘機戦闘を主任務とする「甲戦闘機」、対爆撃機戦闘を主任務とした乙戦闘機、夜間戦闘を主任務とした丙戦闘機の3種類に分類された。対戦闘機戦闘を主任務とする甲戦闘機は、これまでの艦戦、長距離戦闘機が該当し、空戦性能に重点を置き、使用高度4,000mから10,000m、武装は20mm機銃2門、13mm機銃2挺程度と設定されていた。

 かつての局地戦闘機に相当する乙戦闘機は、速度と上昇力に重点が置かれ、使用高度は7,000mから10,000mと高高度での使用を想定していた。武装も対大型機用に重武装であり、20mm機銃2挺、30mm機銃2挺以上としていた。丙戦闘機は夜間行動能力が重視され、高高度性能、安定性、航続力が求められ複座式とされた。1943年以降、海軍はこれらを基準として戦闘機の開発を進めていった。

 

開発

 1943年夏、海軍は、十八試甲戦闘機試製陣風(J6K1)の名称で川西航空機に開発を命じた。この性能要求は凄まじく、最大速度は666.7km/h(高度10,000m)、高度10,000mまでの上昇時間13分以内、航続距離が2,315km、武装が20mm機銃2挺、13mm機銃2挺でさらには防弾装備までが要求されていた。この性能要求は当時、開発中であった十七試艦戦烈風を全ての面で凌ぐものであり、米国で開発中であったF8Fベアキャットの性能すら超えていた。

 しかしこの性能要求を満たせるエンジンは当時の日本にはなく、可能性があるとすれば中島飛行機が開発中であったハ45/42(海軍名「誉42型」)であった。このエンジンは2,100馬力で酸素噴射装置により高度10,000mで1,600馬力を出すことが可能であったものの、このエンジンはまだ開発中であり、酸素噴射装置に関しては実験段階であり、実用化にはほど遠かった。

 これに対して川西航空機は、第二設計課が設計を担当。1943年末に計画の概要が完成、1944年2月には基礎設計を終えた。全幅12.50m、全長10.118m、自重3,500kg、翼面荷重163.5kgの単座戦闘機で、全幅、全長共に零戦よりも1mほど大きいコンパクトな全体的にはオーソドックスな形の機体に設計されていた。主翼は、烈風と同様に主翼には上反角が付けられており、エンジンは上記誉42型、プロペラは直径3.5m4翅プロペラが採用されていた。

 武装は左右翼内のプロペラ圏外に設けられた九九式2号機銃(または五式30mm機銃)2挺、三式13mm機銃2挺、または30mm機銃2挺、三式13mm機銃2挺であった。この三式13mm機銃というのは日中戦争時に中国で鹵獲した米国のブローニングM2機銃をベースにした機銃で1943年9月11日に三式13mm固定機銃1型として制式採用されたものだ。要するに米国製機銃をパクったものだ。その後、九九式2号機銃はのちに最新の一八試20mm機銃に変更、1944年3月には計画が変更され、13mm機銃は廃止、20mm機銃6挺(携行弾数各200発)に増強することとなった。さらに両翼下に250kg爆弾2発、または60kg爆弾4発を搭載可能であった。

 性能は、最大速度が高度10,000mで685.2km/h、着陸速度が130.6km/h、高度10,000mまでの上昇時間が13分20秒、実用上昇限度は13,600m、航続時間が高度4,000mで5時間であった。1944年6月2日には実物大木型審査が行われたが、実在しないエンジン、機銃を使用することを前提とした本機は完成の可能性が低く、同年7月8日に開発中止が決定した。

 

生産数

 計画のみ

 

まとめ

 

 陣風は計画のみの戦闘機であり、完成していれば米国のF8Fすら凌ぐ究極の戦闘機となっていた。全て海軍にとって理想的な計算の下に計画が立てられていたが、実際は、設計の基本となるエンジンすら完成していなかった。「完成していれば世界最強の戦闘機だった」ということは稀に言われるが、完成していないのだからこのような言葉は無意味である。兵器に限らずその他の製品も実現してこそ意味のあるものだ。特に戦時に於いては尚更である。実現できない兵器を賛美しても仕方がないし、このような実現不可能な計画に多くの資材や労力が消費されたことを忘れてはならない。陸海軍問わず、実現可能性の非常に低い計画が他にも多く立案されたが、それに注がれたリソースはすさまじいものであった。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_月光
(画像は夜間戦闘機月光 wikipediaより転載)

 

 夜間戦闘機 電光とは、太平洋戦争開戦後に愛知航空機によって開発されていた夜間戦闘機で日本では初めての夜間戦闘機として設計された機体であった。斜め銃としても機能する機首の可動式20mm機銃等の新機能や排気タービン過給器の装備により高高度での高性能が見込まれていたが、試作1号機の完成直前に空襲により被爆焼失、そのまま終戦となった。

 

夜間戦闘機 電光 〜概要〜

 

性能(誉24型装備機の計画値)

全幅 17.50m
全長 17.50m
全高 4.25m
自重 6,820kg
最大速度 690km/h(高度10,000m)
上昇力 6000mまで8分15秒
上昇限度 12,500m
エンジン出力 1,890馬力(誉24型)2基
航続距離 2,477km(巡航5時間、全力30分)
武装 30mm機銃1挺、20mm機銃4挺
爆装 250kg爆弾1発または
   60kg爆弾4発
乗員 2名
設計・開発 尾崎紀男 / 愛知航空機

 

開発

 1943年、海軍は愛知航空機に十八試丙戦闘機試製電光の開発が指示された。これは陸海軍で夜間戦闘機として開発された最初で最後の機体であった。愛知航空機には以前から内示が出ており、尾崎紀男技師を設計主務者として研究を行っていた。1943年11月には基礎設計を開始、1944年8月には実大模型審査が行われた。1945年8月には試作1号機が完成する予定で、2号機も疎開先の岐阜工場で組み立てを開始していた。

 電光は、自重6,820kg、全備重量が9,695kgという超大型戦闘機であった。これは同じく夜間戦闘機に改修された大型戦闘機の月光の自重が4,562kg、全備重量が7,527kgであることからその大きさが分かるであろう。そのため、エンジンは排気タービン過給器装備の誉24型(1,890馬力)2基で、プロペラは直径3.45m定速式4翅プロペラを採用された。翼面荷重が206kg/屬肪する本機は、離着陸時にも高揚力が必要なため、フラップには親子フラップを採用、補助翼の一部もフラップとして機能するようになっていた。さらに敵攻撃時の抵抗板もフラップ兼用となっていた。

 武装は、機首中央に五式30mm機銃1挺(弾数100発)、その左右斜め下に九九式2号4型20mm機銃各1挺(弾数各200発)が装備された。中央の30mm機銃は固定式であるが、左右の20mm機銃は30度まで上向させることが可能で斜め銃として使用することが出来る。この操作は操縦席内の操作レバーによって行う。これらの機銃は操縦席内において20mm機銃のみの発射または30mm機銃、20mm機銃の同時発射が選択できるようになっていた。

 さらに偵察機の後方には20mm機銃(弾数各200発)2挺を装備した遠隔操管制銃塔が装備され、爆撃兵装は、250kg爆弾1発、または60kg爆弾4発が装備可能であった。夜間戦闘機に必須のレーダーは十八試空六号または十九試空電波探信儀2号11型が搭載予定であった。

 生産性の向上にも工夫が凝らしてあり、部品点数の最小化を始め、降着装置、油圧系統の部品は陸爆銀河の部品を流用することとなっていた。さらには資材節約のため可能な限り木材や鉄鋼を使用しておりフラップ、昇降舵、方向舵は何と布張りであった。

 それでも予定されていた性能は高く、最高速度は高度9,000mで668.6km/h、高度10,000mでは690km/h、巡航速度は高度4,000mで451km/h、上昇力は高度6,000mまで8分15秒、9,000mまでは13分、上昇限度は12,500m、航続力は2,477km(巡航5時間、全力30分)であった。

 このような高性能を期待されていた電光であったが、海軍の試作機の整理統合において試作中止機の候補に挙がってしまう。しかしB29の空襲が予想されることから整理の対象から外されたものの、1944年12月7日には東海大地震により愛知航空機の工場が大被害を受けると同時にB29による名古屋地区の空襲も激化していった。

 1945年6月9日、愛知航空機に対する集中的な空襲があり、これによって完成寸前であった電光試作1号機は被爆焼失してしまった。さらに岐阜工場で製作されていた2号機も終戦直前に空襲により被爆焼失してしまった。

 

生産数

 試作機2機(未完成)

 

まとめ

 

 夜間戦闘機電光は太平洋戦争開戦後に開発が始められた航空機である。残念ながら試作機製作中に空襲により焼失してしまったが、この電光の特徴はその高性能もさることながら、高性能一点張りであった海軍機が生産効率まで考えて製作されたことであろう。さらに陸海軍が協力して当初からこのような効率的な生産を行っていれば、より多くの高性能機を前線に送ることが出来たであろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_天雷
(画像はwikipediaより転載)

 

 局地戦闘機天雷とは、中島飛行機によって開発された試作局地戦闘機で合計6機が製作された。対大型機迎撃用の双発単座戦闘機で1944年に完成したものの誉エンジンの品質低下による性能低下のため想定したほどの性能が発揮できず制式採用はされなかった。

 

局地戦闘機 天雷 〜概要〜

 

 

性能

全幅 14.50m
全長 11.50m
全高 3.51m
自重 5,000kg
最大速度 596km/h(高度5,600m)
上昇力 6,000mまで8分
上昇限度 9,000m
エンジン出力 1,990馬力(誉21型)2基
航続距離 2,740km(増槽装備時)
武装 30mm機銃2挺、20mm機関砲機銃2挺
爆装 60kg爆弾2発
設計・開発 大野和男 中村勝治 / 中島飛行機

 

背景から開発まで

 1942年、海軍は戦闘爆撃機という新しい機種が新設された。この戦闘爆撃機とは攻撃機隊に随伴しての援護や制空を主任務とし、さらに強行偵察や爆撃も行える複座の陸上機であった。このため性能要求は、敵戦闘機以上の速度で敵戦闘機を撃滅できること、夜間戦闘の能力が要求されていた。この戦闘兼爆撃機は同年末、十七試戦闘兼爆撃機として中島飛行機と愛知飛行機に発注されており、1944年初頭に試作機が完成する予定であった。

 当初は戦闘兼爆撃機という機種でスタートした計画であったが、1942年頃には前線ではB17爆撃機の撃墜に苦慮するようになっており、さらにはそれを上回る重爆撃機B29の開発の情報も入ってきた。このため計画は戦闘兼爆撃機から昼間迎撃用の重武装、重装甲の双発単座戦闘機の開発に変更されることとなった。そして翌年の1943年1月、十七試戦闘機兼爆撃機は十八試局地戦闘機試製天雷(J5N1)として再スタートした。

 

開発

 開発命令を受けた中島飛行機は、中村勝治技師を設計主務者として開発を開始、2〜3ヶ月後には大野和男技師に交代しながら開発を継続、1943年9月17日には第一次模型審査、1944年5月には強度試験用の零号機、6月20日には試作1号機が完成した。

 エンジンは中島製誉21型(1,990馬力。陸海軍統合名称「ハ45/21型」)2基、全金属製モノコック構造で翼面荷重は零戦、隼の2倍以上の229.5kg/屬任△辰拭K秒徳置は操縦席前面に厚さ20mmの防弾鋼板、前方風防には厚さ70mmの防弾ガラス、燃料タンクにも防弾処理がされていた。武装は九九式2号4型20mm機銃2挺(弾数各200発)、30mm固定機銃(五式30mm固定機銃1型。弾数各100発)2挺、爆弾は60kg爆弾2発搭載可能であった。

 初飛行は1944年7月8日であったが、大方の期待に反して性能は計画値を下回った。最大速度は計算値では663km/h(高度6,500m)であったのに対して実際は596km/h(高度5,600m)、上昇時間は計算値では6,000mまで6分、8,000mまで9分27秒であったが、実際は6,000mまで8分、8,000mまで11分であった。さらには振動、油漏れとあったエンジン関係のトラブルも相次いだ。フラップとナセルの形状に問題があったこともあったが、原因の多くは、大量生産され、粗悪品が目立ち始めた誉21型エンジンによるものであった。

 想定以下の性能と戦局の悪化に伴い、一旦は整理の対象となったが、B29来襲の可能性が増したため開発を継続、1945年2月には試作6号機まで完成した。しかしここで製作が中止されてしまう。完成した6機の内、5、6号機は前方銃の弾倉を撤去して計測員席を設け複座化、斜め銃も装備して3号機と共に実用実験も行われた。

 

生産数

 試作機6機のみ製作された。1号機、5号機は試験中に脚故障で胴体着陸、2号機は11月25日試験中に着陸大破、4号機は空襲で被爆破損、終戦時には3号機と6号機のみが残っていた。戦後、米軍に接収され現在でも機体の一部が残っている。

 

まとめ

 

 天雷は対大型機迎撃の期待を一身に背負って開発されたのであったが、誉エンジンの能力低下により期待したほどの性能は発揮できなかった。仮に開発が成功していればB29迎撃に威力を発揮したことであろう。しかし当時の日本の基礎工業力の低さでは設計者がどんな名機を設計したところでそれを精確に製作できる能力はなかった。急速に勃興してきた国の悲しさであろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ