トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

ドイツ製銃器

03_ワルサーPP
(画像はwikipediaより転載)

 

 ワルサーPPは、1929年に完成した傑作オートであり、その機構は革命的ともいえるものであった。PPKはショートモデルでこれらをベースに大口径化したのが名銃ワルサーP38である。ワルサーPPKは、007でジェームズボンドが使用していたことで有名な銃である。

 

ワルサーPP(実銃)

 

 

性能(380ACPモデル)

全長 155mm
重量 665g
口径 9mm
使用弾薬 380ACP
装弾数 7+1発
設計・開発 ワルサー社

 

背景から開発まで

 1886年、カール・ワルサーは、ドイツ中東部のチューリンゲンに小さな鉄砲店を開いた。この地方は古くから銃器の生産が盛んな地域であった。ここでカール・ワルサーは本格的な拳銃の開発に乗り出すことになる。カール・ワルサー社が最初に開発した拳銃は1909年に完成したモデル1と呼ばれる自動拳銃で、その後、モデル9まで発売される。そしてその次に開発されたのがワルサーPPと呼ばれる自動拳銃であった。

 

開発

02_ワルサーPP
(画像はwikipediaより転載)

 

 1929年、ワルサー社は世界初のダブルアクション機能を搭載した自動拳銃を開発した。1931年にはスライドとフレームを短縮したPPKモデルが発売、されたのは1931年で警察からドイツ国防軍、ゲシュタポ等に広く採用された。ストレートブローバック、デコッキング機能、チャンバーインジケーターを持つ革新的な機構であり、これらの機構は現在においても多くの銃器に継承されている。デザインはソビエトの中型オートマカロフにも影響を与えている。

 戦後、ドイツでは銃器の製造が禁止されたため、ワルサー社はフランスのマニューリン社にPP、PPKの製造許可を与えたためマニューリン社製のPP、PPKも存在する。この契約は1986年に失効している。その他ライセンス生産では、1978年米国レンジャーマニファクチャリングが米国で初めて製造。1983年にはアラバマ州のエムコが製造ライセンスを取得、1999年まで製造を続けた。その後、2001年(2007年とも)からはS&Wが製造ライセンスを取得、2012年まで製造を続けた。2013年、ワルサーUSAが設立され、ドイツ製ワルサーPPが輸入されている。最近は、シグ・ザウエルP230に変更されたようだが、日本の警察、皇宮警察でも使用されていたようだ。ステンレスモデルは米国製のみ。

 

バリエーション

 PPK/Sは、1968年の米国への小型拳銃の輸入規制である1968年銃規制法にPPは該当したためPPKのスライド、バレルをPPに装着したモデルで、PPK-Lは、フレームにアルミニウム合金を採用したモデルである。銃のコントロールが難しくなるため22LR仕様と7.65mm仕様のみ製造された。PPK/EはハンガリーのFEG社が製造したもので22LR、7.65mm弾、380ACP弾モデルがある。

 

〜1945年までのPP(PPK)のバリエーション

01_ワルサーPP
(画像はwikipediaより転載)

 

1929〜1930年まで初期モデルであるPPラージハンマーモデルは7.65mm口径で装弾数8発。約5,000挺生産されている。

1930年には同じく7.65mmの初期生産型が1934年まで約30,000挺生産されている(装弾数8発)。 1931〜1932年までPPK初期モデルが生産された。7.65mm口径で装弾数7発。約20,000挺生産されている。

1932年からマガジンキャッチをグリップ下部に移動させ、380ACP弾仕様にした初期ボトムマガジンキャッチモデルが1934年まで生産され、PPが約2,000挺、PPKが約1,000挺生産されている(PPは装弾数8発、PPK7発)。

1933年から1934年まで口径7.65mm装弾数7発のPPK RZMモデルが約3,500挺生産されている。

1934年には民間向けのコマーシャルモデルが発売される。口径は7.65mmでPPは装弾数8発、PPKは7発。1940年までにPPが約150,000挺、PPKが約100,000挺が生産された。

1935年からワルサーPP NSKKモデルが発売、口径は7.65mm装弾数8発。1936年まで製造が続けられ約6,000挺が生産された。

1935〜1937年までPPKパーティリーダー(党首)モデルが生産されている。7.65mm口径装弾数7発。約5,000挺生産された。

1940年からはPPボトムマガジンキャッチモデルの生産を開始、380ACP仕様で装弾数7発(PPKは6発)、1942年までにPPが約10,000挺、PPKが約2,000挺製造された。

1940年から後期モデルが生産を開始、1944年までにPPが約165,000挺、PPKが約90,000挺生産された。7.65mmで装弾数8発(PPKは7発)。

1942〜1944年までフレームをアルミニウム製にしたデュアルフレームモデルが生産開始。7.65mm口径で装弾数8発(PPは7発)、PPが約8,000挺、PPKが約6,000挺生産された。

1944〜1945年までACマークモデル(ACはワルサー社を表すコード)が生産される。7.65mm口径で装弾数8発(PPKは7発)。

 

ワルサーPP(PPK)(トイガン)

 

概要

 1964年にMGCがモデルガンでPPKを発売している(1型)。これは安全装置の作動が実物と逆であった。さらに1967年にはこの作動を実銃と同じにした所謂2型が発売、1970年には3型が発売されている。これらはタニオアクションと呼ばれるものであった。1968年にはマルゴー製PPKが発売されているがこれはMGCのコピーである。このMGCのPPKはハドソン、KKS等にもコピーされている。CMC製のPPKは1974年、マルシン製は1973年に発売されている。現在でも入手可能なモデルはマルシン製のみである。

 エアガンに関しては、マルシン製のエアコキが80年代に販売されていた。他にもエアコキが数社から発売されている。ガスガンは、マルシン製は固定スライドモデル、マルゼン製のガスブロのみである。このマルゼン製PPKはガスガンの傑作のひとつであろう。固定スライド時代から命中精度とコスパで評判が良かった。さらにガスブロになっても悪い噂は聞かない。さらに東京マルイからニュー銀ダンエアガンとして発売されている。パワーは弱いが面白いエアガンである。

 

まとめ

 

 PPKのデザインは80年前とは思えないほどシンプルで「新しい」。最近ではシグ・ザウエルP230に人気が移っているようだが、基本性能はPPKもそれほどは劣ってはいない。ちょっと小さいし。これからも実用品として生き続ける銃であろう。

 最後にちょっと余談であるが、私も昔、マルシン製のエアコキワルサーPPKを持っていた。当時のエアコキはどうしてもスライドを押して空気を圧縮するタイプが多かったが、マルシンのPPKはスライドを引いて空気を圧縮するタイプだったのだ。これが気に入って購入した。これが購入してみると、この所有感とでもいおうか、何とも言えない愛着が湧いてしまった。性能はお話しにならない。。。が好きだったのだ。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_ワルサーP38
(画像はwikipediaより転載)

 

 ワルサーP38は、1938年にドイツ国防軍に制式採用された自動拳銃である。画期的なダブルアクション機能を持ち、のちのハンドガンに多大な影響を与えた。日本ではアニメ『ルパン三世』の主人公が愛用している拳銃ということで有名である。さらに一昔前であれば、ナポレオンソロ、大藪春彦の小説にも度々登場する。

 

ワルサーP38(実銃)

 

 

性能

全長 216mm
重量 945g
口径 9mm口径
装弾数 8発
設計・開発 ワルサー社

 

開発

02_ワルサーP38
(画像はwikipediaより転載)

 

 ヴァイマル共和国軍は、それまで制式拳銃であったルガーP08の更新を計画していた。これに対してワルサー社は、1934年、PP拳銃を大型化、9mmパラベラム弾を使用できるようにしたワルサーMPを試作した。しかしこれはPPを大型化しただけで、機構はPPと同じストレートブローバックであった。このためスライドは非常に重い上に反動が非常に強く銃本体も脆弱であった。

 1935年、ワルサー社は、このMPにショートリコイル機構を搭載したAPを完成させる。しかし、このAPはハンマーが内蔵式であっため軍部には好まれなかったため、1937年、このAPを外部ハンマー化したのがHPである。このHPは、1938年にドイツ国防軍にP38として採用された。

 生産は、1939年から始まり1941年まではワルサー社のみで行われていたが、1942年からはマウザー社も製造を開始した。銃本体に刻印されたワルサー社のコードは「ac」で1941年までの製品である「ac41」までは高品質であったが、戦争が長期化するにつれ製品の品質が落ちていった。末期のP38は粗悪品も多かった。戦後は進駐してきたフランス軍に製造を命じられパーカー処理されたP38がフランス領インドシナに送られた。これらは外観の特徴から「グレイゴースト」と呼ばれている。

 1956年、ドイツ連邦軍は大量に接取されていたワルサーP38を再び制式拳銃として採用、1957年からはワルサー社もP38の生産を再開した。1963年10月にはワルサーP1と名称を変更した。1995年にはドイツ連邦軍の装備はP8に変更されたが、それまでに度々細部に改良が加えられている。

 機構はショートリコイル方式で、ダブルアクションを採用、軍用拳銃でダブルアクションを採用したのはこのP38が世界初であった。他にも革新的な機構が多くあり、ダブルアクション機構はのちのS&WM39シリーズ、オープンスライドとロッキング・ラグはベレッタ92等、現在でも主流となっている銃に大きな影響を与えた。

 

ワルサーP38(トイガン)

 

概要

 P38はトイガンでも人気が高かったため多くのメーカーが発売している。モデルガンでは、1966年にMGCがダイナミックシリーズとしてタニオアクションのアンクルタイプを発売している。ショートリコイル、デコッキング機能はない。同年、中田商店もP38を発売、設計は著名なモデルガンデザイナー六人部氏が実銃を採寸して製作したものである。ショートリコイルも再現されていた。

 1968年にはMGCがダイナミックシリーズゲシュタポモデルを発売、同年、MGCから六人部氏設計のMJQが4,000挺限定で発売されている。これはショートリコイル、デコッキング機能はない。1971年にはCMCがP38を発売、1973年にはBLK式を発売している。1973年には中田商店のモデルガンを「丸真ダイカスト」として実際に製作していたマルシン工業が中田商店の金型を受け継いで金属製P38を発売する。

 1980年にはマルシン工業がショートリコイル式ABS製P38を発売、1982年にはマルゼンがエアーコッキング式を発売、1984年にはマルシン工業も同様にエアーコッキング式P38を発売した。ガスガンでは1990年にWAが固定式ガスガンを発売している。2003年にはマルゼンがガスブローバック式P38を発売。実銃の図面を基にしたものでP38の決定版といっていい。

 

マルゼン ワルサーP38 AC41ブラックモデル 18歳以上ガスブローバック

性能

全長 215mm
重量 720g
装弾数 12発

 外観の完成度は非常に高い。ショートリコイルはもちろん、細かな刻印やファイアリングピン、インジケーターも再現されている。フロントサイト、リアサイト共に金属製の別パーツ。初速は70m/s前後と平均的である。マルゼン製のガスガンなので命中精度は非常に高い。欠点としては、マガジンがシングルカラムのため冷えには弱いというのと実銃とガスガンの射程距離の違いからフロントサイトの高さが実銃よりも低いことである。価格も安く、これまでのトイガンP38の最高傑作といえる。スポット生産品である。

 

東京マルイ ワルサー P38【ホップアップ】 エアーハンドガン(10才用モデル)

性能

全長 231mm
重量 - g
装弾数 15発

 10歳以上対象のエアーコッキングガン。性能を重視しているため外観の完成度はかなり低く、マガジンも「割箸マガジン」である。初速は30m/s程度であるが、命中精度は非常に高いので室内向けであろう。

 

まとめ

 

 ワルサーP38は、世界初のダブルアクション機能を採用した軍用ハンドガンである。命中精度は高く、大戦中はルガーP08と並んで連合国軍兵士の「みやげ」として人気だった。戦後もほとんど設計に変更なく1995年までドイツ連邦軍の制式採用拳銃でありつづけた名銃である。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_モーゼルHSc
(画像はwikipediaより転載)

 

 モーゼルHScとは、モーゼル社の技師アレックス・ザイデルが1938年に開発した中型オートである。ワルサー社のPP、PPKに次いでダブルアクション機構を搭載、ホルスターへの出し入れをスムーズにするための特徴的な三角形のトリガーガードや小型のハンマー等、独自の工夫を凝らした銃である。1940年から1945年まで生産され、戦後も再び生産されており、総生産数は33万4000挺に達する。

 

モーゼルHSc(実銃)

 

 

性能(7.65mm仕様)

全長 160mm
重量 596g
口径 32口径
使用弾薬 32ACP(7.65×17)弾
装弾数 8+1発
設計・開発 アレックス・ザイデル / マウザー社

 

背景から開発まで

 1930年代のドイツでは中型オートが多く発売され人気を博していた。特にワルサー社が1929年に発売したワルサーPP、PPKはオートでは初のダブルアクション機構を搭載して商業的に成功を収めていた。このワルサー社の中型オートに刺激されたモーゼル社は本格的に中型ダブルアクションオートの開発に取り組むことになる。

 

開発

 数年間の試行錯誤の末、モーゼル社はハーン・ゼルトスパン(「Hahn Selbstspanner」ダブルアクション式撃鉄)と名付けた新製品の試作「a」を開発、軍に試用品として使ってもらい改良を重ねた。その結果、試作「b」が完成、1938年(1937年とも)には、さらに改良された「c」が完成した。これはハーン・ゼルトスパンの3代目ということで頭文字を取り「HSc」と呼ばれた。生産は1940年から始まり1945年までモーゼル社で生産された。1940〜1945年までの総生産数は25万2000挺。

 第二次世界大戦後、モーゼル社の工場があるオベルンドルフ・アム・ネッカーが米軍に占領され、のちにフランスに委任されたことにより1945年から1946年までフランス軍用にHScが生産されている。モーゼル社は解体されてしまったが、1968年にモーゼル社の従業員が中心になって設立したH&K社の一部門が分離独立して再びモーゼル社を設立した。HScも1968年より再生産され、1977年まで生産が行われた。総生産数は約33万4000挺である。

 HScは、ダブルアクション機構に露出したハンマーが特徴で、生産性を考慮して直線を基準にしたデザインを採用している。特徴的な三角形のトリガーガードはホルスターへの挿入を容易にするためで引っかからないように工夫された小型のハンマー等、各所に工夫を凝らしている。発射方式はストレートブローバックで口径は基本は32ACPであるが、380ACPモデル、22口径モデルも生産されている。

 

モーゼルHSc(トイガン)

 

概要

 モデルガンでは、1967年に国際ガンクラブ(のちのコクサイ)から発売されたタニオアクションモデル、1968年にはMGCがタニオアクション式のスタンダードモデルとリアル機構のデラックスモデルを発売している。さらに2016年6月にはHWSからダミーカート仕様のモーゼルHScを発売している。ガスガンでは1988年にマルシンがレプリカブランドで固定スライドガスガンのHScを発売、1991年にはサテンフィニッシュモデルを追加している。

 

ダミーカートリッジ式 HWモデルガン モーゼルHSc

性能

全長 160mm
重量 410g
装弾数 8発

  HWS製のHScが今まで発売されたHSCの中では最高の出来であることは間違いない。ダミーカートモデルなので発火を楽しむことは出来ないが再現性は非常に高い。HW素材を使用しているためブルーイングも可能である。

 

まとめ

 

 モーゼルHScはワルサーPP、PPKの影に隠れて今ひとつ知名度の低い中型オートであるが、銃器の名門モーゼル社の傑作オートである。初期のモデルは丹念にポリッシュされた上に美しい木目のグリップが装着されていた。ストレートブローバックなので反動はシャープであるが、戦後はフランス軍でも使用された名銃である。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ