トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

スタームルガー

01_LCP
(画像はwikipediaより転載)

 

 スターム・ルガーLCPとは、スターム・ルガーが2008年に発表したコンシールドキャリー用のハンドガンで全長131mm、重量270gの小型自動拳銃である。小型ではあるが、ショートリコイル方式を採用、口径は380ACPで装弾数は6発である。スライドはスチール製、フレームはガラス繊維で強化されたナイロン製である。初期モデルにはスライドストップ機能は無いが、LCP兇らはスライドストップ機能が追加されている。

 

スターム・ルガーLCP(実銃)

 

 

性能

全長 131mm
重量 270g
口径 9mm
使用弾薬 380ACP
装弾数 6+1発
設計・開発 スターム・ルガー社

 

開発

02_LCP
(画像はLCP2 wikipediaより転載)

 

 2008年のショット・ショーで公開されたハンドガンである。米国スターム・ルガー社が開発したコンシールドキャリー用に特化した超小型拳銃で全長はわずか131mmである。スライドはスチール製、フレームはガラス繊維で強化されたナイロン製で内側にはアルミ合金製のサブフレームが内蔵されている。最大の特徴は小型拳銃でありながらティルトバレル方式のショートリコイル機構を採用していることである。

 この機構を採用していることで他のストレートブローバック方式の同型銃に比べて反動が非常にマイルドになっている。トリガーシステムはダブルアクションオンリーでトリガーを引くと、内蔵されているハンマーがコックされ、引き切ると落ちるようになっているが、2008年モデルではトリガープルが6.35〜6.8kgと非常に重い。小型軽量を追求しているため最終弾を発射した後のスライドストップ機能は省略されている。装弾数は6発であるが、2013年には7発の拡張型マガジンが発売されている。

 

バリエーション

03_LCP
(画像はLC9 wikipediaより転載)

 

 バリエーションとしては2013年にトリガーストロークを短縮させた上にサイトを改良した第二世代モデルが発売、2015年にはアルミ製トリガーと視認性の高いサイトを搭載したモデルが発売されたが、LCP兇糧売により生産は終了した。LCP兇2016年10月6日に発表されたモデルで価格は349ドルである。外観のデザインが改良された他、トリガープルが4kg程度に軽く変更され、最終弾を発射した後にスライドストップがかかるように改良されている。初期モデルに比べ重量こそは30g増加したものの全長、全幅は変わらない。

 

LC9

 2011年には、口径を9mmパラベラム弾仕様に変更したLC9が発売されている。9mm弾を使用するために重量は480g(LCPは270g)、全長は152mm(同131mm)、幅は23mm(同19mm)と大型化している。バリエーションには380ACP仕様のLC380、2014年6月29日には撃発機構をストライカー方式に変更したLC9sが発売されている他、LC9sの廉価版であるEC9s等がある。

 

スターム・ルガーLCP(トイガン)

 

概要

 2021年4月14日に東京マルイより固定スライドガスガンが発売されている。

 

東京マルイ スターム・ルガーLCP 固定スライドガスガン

性能

全長 131mm
重量 255g
装弾数 10発
初速 56m/s前後
定価 7,980円

 最近では珍しい固定スライドガスガンである。実銃がダブルアクションオンリーの銃であることを意識しているのかもしれないが、敢えて固定スライドとするのは面白い判断である。外観の完成度の高さは秀逸であるが、スターム・ルガーのロゴは「スターム・ルガー風」になっている。命中精度は大型ハンドガンには及ばないものの、このクラスでは驚異的な命中精度である。

 

まとめ

 

 2008年に登場したLCPは、超小型拳銃でありながらショートリコイル機構を内蔵しているという高性能な銃であった。初期型はトリガーが重く、スライドストップ機能は装備されていなかったが、LCP兇砲覆辰討海譴蕕療世浪良されている。380ACPは護身用としては十分とは言い切れないがワルサーPPKやベレッタM84に比べ非常に小型軽量であり、これらの銃がストレートブローバックであることを考えればLCPの性能の高さは秀逸といえる。

 

 


ミリタリーランキング

スーパーブラックホーク
(画像はブラックホークwikipediaより転載)

 

 今回紹介するのはスタームルガー社製スーパーブラックホーク。44マグナム弾を使用するシングルアクションリボルバーである。ガスガンではマルシンが発売している。日本では『ドーベルマン刑事』の主人公が愛用していた。それ以外にも映画やアニメ等でしばしば登場した銃である。

 

ルガースーパーブラックホーク(実銃)

 

 

性能(ニューモデル)

全長340mm
銃身長191mm(7.5インチモデル)
重量1,360g
口径44口径
装弾数6発

 

概要

 このルガースーパーブラックホークとはアメリカスタームルガー社が開発した44マグナム使用拳銃である。SR社は1953年、コルトSAAを参考にした22LR弾使用のシングル・シックスを開発する。これはSAAの完全コピーではなく、ファイアリングピン等に独自の工夫を施したものであった。その後、1955年には357マグナムバージョンのブラックホークを発売。翌年、44マグナムが開発されると1959年にブラックホーク44マグナムモデルが登場する。

 このモデルは357マグナムのブラックホークを改良したもので強度が弱く、ホットロードでの破裂事故が起こったことなどもあり、357マグナム、44マグナム共に生産を中止した。そしてアルミ製だったグリップフレームをモリブデン鋼に変更し、シリンダーのフルート(シリンダー外側の溝)を無くしてシリンダーの強度を上げたモデルを1959年に発売する。これがスーパーブラックホークである。

 さらに1968年、トランスファーバー・システムを組み込み安全性能を向上させたニューモデル・スーパーブラックホークを発表した。これにより弾薬を装填した状態で安全に携行できるようになり、ハンターには喜ばれた。

 ブラックホークがスーパーブラックホークに改良される過程で、トリガーガードが丸型から角型に変更された。これはどういう意図があったのかは不明だが、1978年1月号のイチロー氏のレポートによると相当痛い思いをするようだ。さらに初期不良としてシリンダーピンが抜け落ちるという事例も頻発したようだ。しかし人気があるようで現在でも生産が続けられているようだ。

 

ルガースーパーブラックホーク(モデルガン)

 

 トイガンでは、1976年にWAとハドソンが販売している。これはハドソンがWAのブラックホークをコピーしたという噂もちらほら。その後、1977年にマルシン、1978年にコクサイと再度WAが販売をした。さらに東京マルイも作るモデルガンシリーズとして販売していた。

 コクサイは金属モデルと共に「天ぷら」モデルも発売されているが、「天ぷら」モデルとは金属製の本体にプラスティックのボディを付けたもので、つまりは、外観は普通のプラスティックだが、中身は金属というものだ。マルシンのブラックホークはお目にかかったことはない。

 これらの中で最高傑作なのはWAのものである。ネットオークションではたまに見かけることもあるがビックリするようなプレミアがついている。一説にはこのモデルはもうWAでも金型が消失してしまい再販も出来ないという。

 

ルガースーパーブラックホーク(ガスガン)

 

マルシン ガスガン  スーパーブラックホーク 7.5インチ ブラックHW

 

 エアガンではかつてマルイが蓄圧式のエアガンを発売していた程度であろう。ガスガンでは発売しているのはマルシンのみである。マルシンは6mm弾仕様、8mm弾仕様の2種類を販売している。素材はHWとABSのモデルがあり、ABSにはノーマルABS、ディープブラック、シルバーモデルが存在する。銃身のバリエーションは7.5、10インチがあり、2020年7月には4.62インチが新しく発売される。さらにゴールド木製グリップモデルも存在する。

 性能的にも昔からガスリボルバーを作っていたメーカーであり、信頼はできるだろう。大口径の醍醐味を味わうには8mmというのもいい。6mm弾仕様のものはリボルバーとは思えない脅威の命中精度を発揮している。最近では8mm仕様は生産されていないようだが、6mm仕様は現在でも流通している。

 6mm仕様は最新モデルで初速が平均70m/s 前後で、命中精度は非常に良い。外観も完成度は非常に高く、ハンマーをコックした時の作動音は素晴らしいの一言だ。

 マルシンのガスリボルバーはグリップにガスタンクを内蔵する形式なので、実物グリップを装着することは出来ない。このためマルシンでは専用の木製グリップも販売されているのでこちらも一緒に購入しておいた方がいい。

 

まとめ

 

 大口径ハンドガンは、デザートイーグル、M29、M500等々新しいモデルの登場によって1950年代に誕生したスーパーブラックホークはすでに過去の銃となった感もある。ただ、シングルアクションの銃独特の美しさ、アクションの面白さもある。実銃では44口径のハンドガンはハンターがサイドアームとして所持するのが基本的な使用法だ。ハンターが使用する時は、M29などのダブルアクションハンドガンでもハンマーをコックして射撃するという。シングルアクションのみのハンドガンでも特に問題はない。

 

 


ミリタリーランキング

スーパーレッドホークアラスカン
(画像はwikipediaより転載)

 

 今日紹介するのは、スタームルガー社製スーパーレッドホーク。1979年にスタームルガー社が開発した44マグナムのダブルアクションリボルバーレッドホークの改良型である。ガスガンではタナカワークスとマルシンがモデルアップしている。実銃の性能とガスガンの性能についてみてみたい。

 

スーパーレッドホーク(実銃)

 

 

性能

口径 44口径、454カスール、480ルガー
重量 1502g
全長 194mm
使用弾薬 44マグナム、454カスール、480ルガー
装弾数 6発

 

概要

 レッドホーク1979年、スタームルガー社で開発された44口径マグナム銃である。スタームルガー社の44口径マグナムは1959年に発売されたスーパーブラックホークがあるが、こちらはシングルアクション銃である。シングルアクションとは一射撃毎にハンマーをコックして引き金を引くという動作をする(リボルバーでは。オートはまた違う。)。

 それはどうでもいいとして、それまでスタームルガー社には44口径のダブルアクション銃は存在していなかった。S&Wが1956年にM29を発売してから20数年。遅ればせながらという感じであろう。デザインは以前に発売されたセキュリティシックスそのままである。

 スーパーブラックホークでS&Wを大きく引き離したスタームルガー社であったが、レッドホークもまた大成功だったようだ。安価でなおかつ頑丈というスタームルガーの製品は実用重視のアメリカ人にはウケたようだ。

 1987年、頑丈だったレッドホークをさらに頑丈にしたのがスーパーレッドホークだ。一番の特徴はバレルとフレームの付け根を延長したフレームでカバーした。見た目は相当悪くなったが、強度は強化されたようだ。しかしやはりしかしこの改良によって重量は30g程増加することになる。

 バリエーションとしては10mm弾仕様モデル、454カスール、480ルガー、さらに銃身を無くしたアラスカンがある。アラスカンもスーパーレッドホーク同様の口径が存在するが10mm仕様のみない。 当初、装弾数は6発であったが、2008年に排莢を容易にするために5発に変更された。454カスールモデル、480ルガーモデルはノンフルートシリンダーモデルであり、44マグナムモデルはフルート付きモデルである。

 以上がスーパーレッドホークの概要である。以前、スタームルガー社の製品を「農耕馬」と譬えた人がいたが、まさにその通りの製品だ。銃はあくまで実用品なので、美しいデザインより「壊れない」「安い」「確実に発射できる」等が重要となってくる。これらを兼ね備えたスタームルガー社の製品は現在でもバカ売れだそうだ。

 

スーパーレッドホーク(トイガン)

 

 日本ではモデルガンはもちろん出ていない。モデルガンブームのころ、スーパーレッドホークが存在していればモデルガン化もされただろうが、残念ながら当時、スーパーレッドホークは存在しなかった。

 唯一近いのがWAが出していたルガーセキュリティシックスシリーズだが、かなりマイナーな存在だ。もちろん、こういうモデルガンは後に異常なプレミアが付くものだ。WAのセキュリティシックスもこの例に漏れず、現在では、とてもビックリする値札が装着されている。

 関係ない話になってしまったが、このスーパーレッドホーク、日本では何と2社からガスガンとして発売されている。これはマルシンとタナカ。マルシンはカートリッジ仕様でタナカはペガサスシステム。カートレスだ。これが両社の大きな違いである。どちらを買うかは人の好みだろう。

 タナカは命中精度も最近ではだいぶ良くなって来たようだし、外観のリアリティは業界随一と言っていい。これに対しマルシンはカートリッジを装填、排莢できるというリボルバーの醍醐味を堪能することができる。それに8mmBB弾モデルもあるというのも魅力だ。両社の製品共に良いところがある。

 

マルシン スーパーレッドホーク

 

特徴

 モデルガンメーカーの老舗マルシンのガスリボルバー。重量はカートを入れると900g前後となり、グリップしている手より先に重心があるために結構重く感じる。非常に再現度は高いが、フロントサイト前部に実銃には無い穴が開いており、さらにはフレーム全部のバレル接合部の形状が実銃の滑らかさが無いのが残念。

 しかしそれ以外の再現性は高く、刻印もほぼ実銃通りに入っている。グリップはプラ製でラバー風コーティングがされている。木製グリップのオプションは無いようだが、どのみちグリップにガスタンクがあるタイプのリボルバーは木製グリップを装着すると熱伝導が悪くなり、ガスタンクが暖まりにくいのでおススメはできない。

 性能は意外に良い。初速は60〜70m/sと高めであるが、これは銃身長によって異なる。但し、どのモデルもシングルアクションでは初速は落ちるが、これはガスリボルバーの宿命なので仕方がない。メッキモデルが多いが、箱出しでは作動は硬い。それなりに慣らし運転が必要である。

 

長所

 前述のように意外にパワーがあるが、同時にリボルバーにしては命中精度は高く、個体差はあるものの大体5mで5cm程度にはまとまる。リボルバーとしては異常な高性能といっていい。命中精度が高い理由は、シリンダーが引き金を引く直前にしっかりロックされること、バレル基部とカートが密着していることだ。何よりもマルシン製スーパーレッドホークの最大の長所は外観でモデルガンメーカーだけあってメッキの美しさはトップクラス。さらにトリガー、トリガー周りが金属製はのが良い。この部分は直接皮膚に触れるため感覚的にリアリティがある。

 もう一つ地味ではあるが、フレームのシリンダー側の面が亜鉛ダイキャストで作られている。通常多くのガスリボルバーはこの部分をフレームと同素材(ABS、HW等)にするためにスイングアウトをするとすぐに擦れて摩耗してしまうが、本製品は金属であるため消耗しにくい。

 

短所

 改造防止のため、シリンダー内側に切通しがある。通常使用する場合はあまり目に付かないが、リアリティという点においては今ひとつである。実射ではハンマー、トリガーが異常に重いのも欠点である。理由はシリンダーとバレルがタイトに接着するためで、これにより摩擦が大きくなりシリンダーの回転が重くなるためだ。接地部分にオイルを注すか削ってしまうと軽くはなるが、命中精度に影響するデリケートな部分であるので注意が必要。

 他にはあまり欠点は聞かないが、個体によってはフライヤー(弾が左右どちらかに極端に反れる)が起こることも極稀にあるという。さらに最近のマルシン製ではあまり聞かないが、ガスルート上のフレーム部分に亀裂が入るというのはこの種のエンジンを使用するガスガンでは定番であるが、これは仕方ないのかもしれない。

 

バリエーション

 マルシンのスーパーレッドホークには44マグナムモデルと454カスールモデルの2種類があり、それぞれ7.5インチバレルと9.5インチバレルがある。バリエーションはそれぞれABS、HWモデルがあり、ABSにはシルバーメッキモデルとディープブルーモデルがある。モデルガンメーカーだけあってメッキの仕上げはAAAクラスである。かつては8mmBB弾仕様も発売されていたが現在は絶版のようだ(2020年6月)。

 

マルシン スーパーレッドホーク アラスカン

 

 近年発売された上記マルシン製スーパーレッドホークのアラスカンモデル。レッドホークの銃身が無いタイプでハンターのサイドアームとして活躍することが期待されているモデルである。44口径仕様である。銃身以外は他のマルシン製スーパーレッドホークと同じである。長所としては短銃身モデルであるにもかかわらず命中精度は高い。これも個体差はあるが、大体5mで5cm程度にはまとまるようだ。

 欠点としては正面から見た場合、銃口が別パーツで金属製なのが不自然に見えてしまう。本体と材質が異なるため特に目立つ。さらにはバレル上部の段差は実銃ではスローブ状になっているのだが、この部分が再現できていないのが一番の残念なポイントだ。

 

【おまけ】フリーダムアート散弾カート

 マルシン製スーパーレッドホークに使用できる散弾カートがフリーダムアートから発売されている。これはカート内に複数のBB弾を装填することで「散弾」とするもので44マグナムタイプのカートでは6発、454カスールタイプでは7発のBB弾を一度に発射することが出来る。軽量弾を使用すると綺麗に散布するので面白い。

 

まとめ

 

 今日は、ルガースーパーレッドホークを観てみた。レッドホークに比べデザインの評判は米国でも悪いようだ。しかしメカニカルで無骨なデザインは妙に魅力的にも見える。同時にハイパワーなカートリッジを撃ち出す頑丈なボディに農耕馬のたくましさを感じる。

 

 


ミリタリーランキング

01_ルガーMk1
(画像はwikipediaより転載)

 

 銃の人気にはコレクション的な人気と実用品としての人気の二種類がある。ルガー・マーク気聾綣圓諒だ。ガンファンに固定ファンが付いているような銃ではないが、1949年に発売されて以来、現在でも生産されている高性能で実銃は人気の高い製品だ。

 

マーク機兵遜董

 

 

性能

全長 225mm
重量 972g
口径 22口径
使用弾薬 22LRmm
装弾数 10発
設計・開発 ウィリアム・ルガー / スタームルガー社

 

概要

02_ルガーMk1
(画像はMk汽拭璽殴奪肇皀妊襦wikipediaより転載)

 

 スタームルガー社は1949年、銃器設計者であるビル・ルガーと友人でありスポンサーであるアレクサンダー・スタームが共同で創設したアメリカの銃器メーカーである。そのルガー社が最初に開発したのがルガー・スタンダードである。このルガー・スタンダードは日本の南部式拳銃にインスピレーションを受けた22口径ストレートブローバックの銃で、この銃を見たアレックス・スタームは、その姿がルガーP08似のシルエットが市場でヒットすると感じ即座に融資を決定したという。フレーム等に大幅なプレス加工を採用したことで低価格を実現、発売後爆発的な人気となった。

 

構造

 構造はシンプルなストレートブローバックである。ストレートブローバックとは自動装填システムの一つでハンドガンが自動装填をするときに通常はカートリッジの発射時ガス圧を利用する。大口径の場合、ガス圧が高すぎそのガス圧で直接スライドを後退させてしまうと危険であるため時差をつけるが、22口径のような小口径の場合はその心配がないため直接ガス圧でスライド(ボルト)を後退させる。これが最もシンプルな自動装填機構であるストレートブローバックである。

 ルガー・マーク気呂修離好肇譟璽肇屮蹇璽丱奪機構を採用、シンプルな構造をプレス加工を多用した工法により製造している。この構造は日本の南部式拳銃の影響を受けているといわれるが、コピーではなく撃鉄が南部式拳銃がストライカー方式なのに対してマーク気脇眤▲魯鵐沺縞式である。その他、マガジンキャッチ等の仕様も異なっている。

 

バリエーション

03_ルガーMk2
(画像はMk競好謄鵐譽好皀妊襦wikipediaより転載)

 

 1949年10月に最初に発売されたモデルは、当初は単に22オートマチックと呼ばれていたが、後に4 .25インチスタンダードモデルと呼ばれるようになる(のちに4インチモデルも発売される)。1950年にはターゲットモデルと呼ばれる調整可能なリアサイトを装備した6インチ、10インチモデルが発売、1952年にはMk5.25インチターゲットモデルも発売された(1957年には製造中止)。1963年にはターゲットモデルに肉厚なバレルを装備した5.5インチブルバレルモデル、さらに6インチヘビーバレルモデルが発売された。

 特殊なモデルとしては精密射撃用に改造されたものがある。これはターゲットモデルにマズルブレーキを装着、さらにベンチリブを装着したものであるがあまり普及しなかったようだ。1982年にはMk競皀妊襪発売、このバージョンからステンレスモデルがバリエーションに加わった。2004年にはMk靴発売されたが、このモデルからマガジンキャッチがトリガー後方に移動、チャンバーインジケーターが装備された他、22/45と呼ばれるモデルはポリマーフレームを装備している。2016年にはMk犬登場している。

 

スタームルガー マーク機淵肇ぅン)

 

 モデルガンでは1978年にCMCから発売されていた。CMCとは正確には東京CMCであったと思う。かつてあったモデルガンメーカーだ。御徒町の現在のアンクルの近くに直営店ももっていた。とにかくリアリティを追求する優れたメーカーであった。

 エアガンでは販売されているのは私が把握している限り、マルシンとKJワークスの2社。どちらもガスガンでブローバックしない固定スライドモデル。マルシン製はマーク気肇沺璽気離汽ぅ譽鵐機璽皀妊襪存在する。

 

マルシン Mk1 ノーマルバレル ブラック ヘビーウェイト

 日本のモデルガンメーカーの老舗マルシンの製品。Mk1のノーマルモデル。材質はHWなので重量感はある。トリガーが重いものの命中精度は高い。実銃同様、スタンダードなガスガンだ。

 

スタームルガー MK1 ブルバレル ABS ブラック

 同じくマルシンの製品。こちらはブルバレルモデル。ABS製なので若干軽いが多少リーズナブル。性能は高い。Mk1は海外製モデルも発売されているが、ガスガンの場合はまだ日本製を選んだ方がいいと思う。やはり海外製は細かいパーツの精度や耐久性に問題ありな場合が多い。

 

まとめ

 

 ルガー・マーク気魯好拭璽爛襯ー社の第一作であり、現在でも生産されてる安定した人気のモデルだ。スタームルガー社の製品は安価で頑丈、無骨だが高品質というのが一般の印象だろう。ルガー・マーク気呂修瞭団Г料瓦討鯣えている完成度の高い銃だ。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_セキュリティシックス
(画像はwikipediaより転載)

 

 スタームルガーセキュリティシックスとは、1971年に登場した357マグナム弾を使用できるダブルアクションリボルバーである。無骨で実用一辺倒のこの銃、同じく実用性を重視するアメリカではかなり売れていた。1988年に生産は終了してしまうが、サラブレッドに喩えられるS&Wやコルトのリボルバーに対してスタームルガーは農耕馬だと言われるが、本銃の評価としては正鵠を射ているといえる。

 

セキュリティシックス(実銃)

 

 

性能(4インチ)

全長 235mm
重量 950g
口径 38口径
使用弾薬 357マグナム弾、38スペシャル弾
装弾数 6発
設計・開発 スタームルガー社

 

概要

02_セキュリティシックス
(画像はwikipediaより転載)

 

 スタームルガー社の創業は1949年、第二次世界大戦後であり、アメリカのガンメーカーとしては後発メーカーに当る。1971年に登場したセキュリティシックスは同社初のダブルアクションリボルバーである。特徴は、S&Wやコルトのリボルバーがネジを多用しており、ドライバーがなければ通常分解が出来ないのに対し、スタームルガーは特殊な工具無しにコイン1枚で分解することが出来ることだ。

 さらに独自のトランスファーバー・システムを採用、安全性にも配慮している。サイトは大きく非常に照準がしやすくなっている。スタームルガーの製品は高品質、高性能、低価格という3拍子揃ったものなのでアメリカでは爆発的ヒットになった。頑丈な造りの銃ではあったが、357マグナムの使用に対しては強度的に十分とは言えなかった。このためにさらに強度を高めたGP100シリーズが登場する。セキュリティシックスは、1988年に製造が終了するがそれまでに150万丁が製造され、現在でも中古市場では人気がある。

 

バリエーション

 発売当初はスチール製の2.75インチ、3インチ、4インチ、6インチモデルだけであったが、1975年に全タイプにステンレスモデルが追加された。

 

セキュリティシックス(トイガン)

 

 実用本位の銃であり、全体的なデザインも実用一辺倒。トイガンの素材としては当時の日本では知名度も低く、今ひとつインパクトのないものだったのだろう。故にトイガンでは唯一WAが1984年にモデルガンとして販売していたのみであるが、このWA製セキュリティシックスの完成度は非常に高く、現在ではとんでもないプレミアが付いている。

 

まとめ

 

 スタームルガーセキュリティシックスは、当時、S&Wとコルトの独占状態にあったリボルバー市場に新風を巻き起こした画期的な銃であった。頑丈な造りと安定した作動、安全性と至れり尽くせりの銃でありたちまち大ヒット商品となった。現在では後継銃に地位を譲っているが基本的なメカニズムは踏襲されている。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ