トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

スイス

01_ルガーP08
(画像はwikipediaより転載)

 

 ルガーP08とは、1900年にゲオルグ・ルガーによって設計・開発された自動拳銃である。トグルアクションという独特の発射機構を持つ9mmパラベラム弾使用の拳銃であり、独特の形状から現在でもファンの多い拳銃である。精密な構造であったため劣悪な環境においての信頼性は低いものの世界中の軍隊や警察で使用されていた。

 

ルガーP08(実銃)

 

 

性能

全長 220mm
重量 870g
口径 9mm
使用弾薬 9×19mmパラベラム弾
装弾数 8発
設計・開発 ゲオルグ・ルガー / DWM社

 

開発

02_ルガーP08
(画像はM1900グリップセイフティがあるのが特徴 wikipediaより転載)

 

 ルガーP08は、1900年に発売されたゲオルグ・ルガーによって設計された自動拳銃である。1901年にスイス軍に制式採用、1904年にはドイツ海軍に制式採用された。当初の口径は7.65×21mmの30ルガー弾で初の実戦での使用は北清事変(義和団の乱)だと言われている。1901年4月、米軍が1,000挺のルガーM1900を購入、一部実戦で使用されている。

 1902年には9mmパラベラム弾を使用するモデルが生産された。このモデルはドイツ海軍が制式採用したが、これは通称「ネイビールガー」と呼ばれるモデルで銃身が6インチ、100mまたは200mに調整可能なタンジェントサイトが搭載された。1906年にはリコイルスプリングを板バネからコイルスプリングに変更された。これ以降をニューモデルと分類される。

 1906年には米軍の次期制式拳銃トライアルに45口径に改良したモデルで参加しているが、信頼性においてコルト社のオートマチック拳銃に敗れた。このコルト社の拳銃はその後M1911として制式採用される。余談だが、この時のルガーは、No.1は試験中に破損してしまったが、他の2挺とカービンが1挺が現存しており、100万ドル(約1億円)の価格がついている。

 1908年にはドイツ陸軍が9mmパラベラム弾仕様モデル3.9インチ銃身モデルをP08として制式採用した。この際、当初あったグリップセイフティは省略され、ショルダーストックを装着するための溝が付けられた。1913年7月にはドイツ軍は、200mm(8インチ)銃身を採用したLP08を砲兵用として制式採用。これは「砲兵モデル」と一般には言われるが、航空隊でも使用されている。これらのルガーは1945年まで使用された。

 1930年にはマウザーが製造を開始、戦時中にはベークライト製のグリップが装着されたコストを削減したモデルが製造されたこれらは米国の輸入業者によって「ブラック・ウィドウ」とキャッチコピーが付けられ米国で販売された。マウザーによるるがーP08の製造は1943年12月まで続けられた。

 作動はトグルアクション方式で、撃発方式はストライカー方式である。構造は精密であり、高い工作精度を必要とした。このため劣悪な環境下での使用では不安があった。またパーツには互換性があまりなかったため異なる個体の部品を装着すると作動不良を起こすことがあった。このため銃自体の性能が不当に低く評価されることとなった。

 

ルガーP08(トイガン)

 

概要

 1965年に中田商店が無可動モデルのルガーP08を販売した。さらに翌年モデルガンP08を販売、同年MGCも金属製P08を発表した。1973年にはマルシンがP08のモデルガンを販売する。1976年にはMGCがABS製のP08を発売、1987年にはマルシンがゲーリングルガー、1990年には通常のルガーP08を発売している。

 ガスガン、エアーガンでは1984年にマルゼンがカート式P08を発売、1985年東京マルイがコッキング式エアガンを発売、1986年にはマルコシがUXルガーを発売している。ガスガンではタナカワークス製ルガーP08が現在でも入手できる最も完成度が高いモデルである。

 

タナカ ルガー P08 4インチ HW 18歳以上ガスブローバック

性能

全長 219mm
重量 640g
装弾数 12発

 モデルガンメーカーのタナカワークス製P08。外観の完成度の高さは異常に素晴らしい。HW製のため重量感もそこそこはあるが、640gと若干軽めである。動きはチャキチャキと良く動き、トグルと銃身が後退するショートリコイル機構を再現している。タナカワークス製P08の一番の注目点はこれであろう。初速は70m/s前後であるが、6インチモデル等の長銃身モデルは初速が若干高いようだ。命中精度も高いがこれもやはり長銃身モデルに分がある。欠点は、エンジンがWAの旧型エンジンのため反動は弱い。

 

金属モデルガン組立キット マルシンルガーP08 4インチ プラグリップ仕様

性能

全長 224mm
重量 850g
装弾数 7発

 現在入手できる唯一のモデルガン。モデルガンメーカーの老舗であるマルシン製で1987年に発売したゲーリングルガーをベースにしているモデルガンである。モデルガンとして再現性は高く金属製でモデルガンとしては比較的安価である。ダミーカート仕様モデル。

 

まとめ

 

 ルガーP08は、ナチスドイツが使用していたために世界的に悪役が持つ銃というイメージが定着してしまっている銃ではあるが、スイスの高度な工作技術によって製作されたトグルアクションを持つ本銃は現在でも大変な人気がある。名銃中の名銃と言って良い銃である。

 

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_SIGP210
(画像はwikipediaより転載)

 

 今回紹介するのはSIGP210だ。シングルアクション、単列マガジンと古風であり、あまり有名な銃ではないが、現在特殊部隊で使用されているSIGP226に多大な影響を与えた銃であり、そのシルエットの美しさは工業製品の芸術と言っても過言ではない。

 

SIGP210(実銃)

 

 

性能(44/8)

全長 215 mm
重量 900g
口径 9mm
使用弾薬 9×19mmパラベラム弾
装弾数 8+1発
設計・開発 SIG社

 

概要

02_SIGP210
(画像はwikipediaより転載)

 

 SIGP210と呼ばれるP47/8は、1937年フランス製拳銃SACM Mle1935Aを基に研究がスタート。1943年にニューハウゼンP44/8が完成した。翌年にはダブルカラムマガジンを採用したP44/15が完成した。SIG社は軍採用を狙い軍用向けに改良したP44/16を製作したが、スイス軍に制式採用されることはなかった。

 1946年にSIG社ではP44を基に拳銃開発が再開され、翌年完成したのがP47/8である。外観はP44に酷似しているが、ロッキングシステムを採用したことなど細部は大幅に変更された。これの口径9mm、装弾数8発のものが1949年にSIGM49としてスイス軍に制式採用され、さらにデンマーク軍、西ドイツ国境警備隊でも採用された。

 スイス人気質というか、とても高い工作精度で製作された銃で民間用としてP210の名称で販売された。のちに「世界最高のコンバットオート」と評されたCZ75もこのスライドをフレームが包み込む形状等、P210の影響を大きく受けている。構造はシングルアクションで装弾数は8発。バリエーションはP210-1というように「-数字」で表す。ちなみにバリエーションはP210-1〜P210-8までさらにP210-5LSとP210-6Sというバージョンも存在する。

 生産にはかなりの手間がかかるため高価な拳銃であり、命中精度はカスタムガン並の驚異的なもので当時のハンドガンとしては随一であった。このため一部に熱烈なファンを生んだが、米国での販売価格は2000ドル以上するということもあり商業的にはあまり成功しなかった。そしてSIG社はその経験を踏まえてP220を開発することとなった。生産は1949年から2005年まで行われ、2017年からは米国ニューハンプシャー州エセクターの工場で生産が始まり現在にいたる。

 

SIGP210(トイガン)

 

03_SIGP210
(画像はwikipediaより転載)

 

 トイガンではMGCがABS製、のちにHW製で発売しており、その金型を引き継いだ(多分)CAWが現在も販売している。MGC製のものは古い設計のモデルガンなので結構ディフォルメされており、作動性能を向上させるために銃正面のバレル上に大きな隙間が作られている。CAW製のものではこの点は修正されており、現在入手できる最高のP210モデルガンといってよい。

 エアガン、ガスガンでは今は無きマルコシが1980年代後半にエアコッキング式で発売していた。当時の販売価格は1900円で押込みタイプのコッキング式エアーガンであった。グリップの仕上げが非常に美しく外観の完成度も高かった。現在は生産されていない。1990年3月にマルコシがP210-5のガスガンを発売している。ダブルアクションで所謂「割り箸マガジン」、コッキングはできないという90年前後では平均的なガスガンであった。

 それ以外で販売しているのはマルシン位だろう。マルシン製はガスブローバックで8mm、6mm共に販売されている。モデルアップしたのはP210-6で軍用モデルのようだ。組み立てモデルと完成品モデルがあり、スイスSIG社から入手した図面から正確に採寸されたモデルで現在のトイガンの中で最も完成度の高いモデルである。

 

まとめ

 

 今回は、SIGP210を紹介した。名銃中の名銃と言っていい銃であるがwikipeidaに記事が無いことに驚いた。スライドをフレームが包み込む独特の形式は名銃CZ75に多大な影響を与えた。デザインの優美さ、性能の高さ、加工の素晴らしさが秀逸な銃だ。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_SG550
(画像はwikipediaより転載)

 

 SG550自動小銃とは、1983年にスイス軍に制式採用となったSIG社製自動小銃でNATO弾に準拠した5.56mm弾を使用する。最大の特徴は高い命中精度で300mで7cm×7cm以内に集弾するという驚異の高性能を発揮する。ストック、ハンドガードは強化ゴム製でストックは折り畳み式、マガジンは半透明で残弾の確認が容易にできるようになっている。銃口付近に銃身の過熱具合を表示するリングが付いているのも独特である。

 

SG550自動小銃(実銃)

 

 

性能

全長 1,000mm
重量 4,100g
口径 5.56mm
使用弾薬 5.56×45mmNATO弾
装弾数 30発
設計・開発 SIG社

 

開発

02_SG550
(画像はwikipediaより転載)

 

 SG550自動小銃は、1983年2月にそれまでの7.5mm弾を使用するStG57の後継銃としてスイス軍にStG90として制式採用された自動小銃である。作動方式はガスオペレーション式でロッキングシステムはターン・ボルトロッキングで弾倉は半透明のプラスチック製弾倉を使用する。開発は1960年代にSIG社とイタリアのベレッタ社の共同開発によってスタートしたもののベレッタ社との間で開発方針の食い違いがあったためSIG社が独自に開発を進めた。

 1967年には米軍制式採用小銃弾である5.56mm弾を使用するSG530を試作、1971年にはこれに改良を加えたSG540シリーズを完成させた。このSG540シリーズには輸出市販型のSG540、NATO制式採用弾薬である7.62mm弾を使用するSG542、5.56mm弾を使用するSG541があったが、この内、5.56mm弾を使用するSG541がスイス軍次期制式採用トライアルに参加、1983年に制式採用された。

 制式採用されたSG541は、さらにスイス軍の要求によってストックストック中央に穴が開けられた強化ゴム製に交換、折り畳み式に変更、ハンドガードも同様の素材に変更された。さらに折り畳み式二脚を標準装備、バレル前部にはグレネードランチャー用の保持リングが追加された。1984年、これらの改良が加えられたSG541は名称をSG550に変更、1986年より生産が開始された。

 最大の特徴は命中精度の高さで300mで7×7cm以内に着弾するという驚異の命中精度を持っている。銃口付近には銃身の温度を表示する特殊なリングが設置されており、射撃時に銃身の過熱状態を確認することができる。

 

バリエーション

03_SG550
(画像はwikipediaより転載)

 

 バリエーションとしては民間向けにセミオートのみとしたSG550SP、狙撃モデルのSG550スナイパー、カービンモデルのSG551、さらにバレルを短縮したコマンドバージョンのSG552、SG552をセミオート化した民間バージョンのSG SPORT 552、米国輸出用にSTANAGマガジンに対応したSG553US、同じくSTANAGマガジンに対応、M4カービンのストックを装着、ピカテニー規格のレイルを装備したSG556、訓練用に22LR弾仕様としたSIG522LRがある。

 

SG550自動小銃(トイガン)

 

概要

 トイガンでは1996年6月8日に東京マルイがスタンダード電動ガンとしてSG550、翌年の1997年4月17日にはSG551SWAT、2003年7月24日にはSG552SEALSを発売している。海外メーカーではICSがSG551、UFCがSIG556、ダブルイーグル社がSG552を発売している他、G&G社からも発売されている。

 

東京マルイ SG550自動小銃 スタンダード電動ガン

性能

全長 720mm
重量 2,205g
装弾数 43発
初速 85m/s前後
定価 29,800円

 20年近く前の製品であるが外観の完成度、命中精度は高い。金属パーツを多用しているため剛性が高い割には2.2kgと軽量でカービン仕様のため取り回しも良い。装弾数は43発であるが全弾撃ちきることはできないため実質的には40発程度であるが、別売りの多弾数マガジンを使用すれば220発となる。さらにマガジンを連結することが出来るので便利である。欠点というほどの欠点はないが、発売が2003年と古いため新規の開発が望まれる。

 

まとめ

 

 SG550はM4やAKシリーズのような知名度はないものの高い信頼性と命中精度により米国、ドイツ、フランス、韓国、台湾、イタリアを始め多くの特殊部隊で使用されており、いわば「通好み」の自動小銃である。特殊部隊以外にも世界各国の警察、軍で制式採用されており、変わったところではバチカン市国の衛兵も本銃を装備している。

 

 


ミリタリーランキング

01_P220
(画像はwikipediaより転載)

 

 SIG P220とは、スイスのSIG社が1974年に開発したダブルアクションオートマチックハンドガンである。ダブルアクション機構に加え、フレームをアルミ合金とし、プレス加工を採用したのが特徴で、それまでのP210に比べて約20%程度の重量軽減となった。しかし品質は高く、現在でも多くの法執行機関、ユーザーに愛用されている銃である。

 

SIG P220(実銃)

 

 

性能

全長 198mm
重量 810g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 9発
設計・開発 SIG社

 

開発

02_P220
(画像はwikipediaより転載)

 

 SIG社のP210に代わる新型拳銃への模索は1950年代から始まっていた。P210はスイスの精密機械技術の粋を集めた傑作ハンドガンといって良い銃であったが、削り出しで製造コストが高く、フルロードすると1kg前後になる重量やシングルアクションであることが弱点であった。このためSIG社は、P210の弱点を修正したダブルアクション機構を持つオートマチックハンドガンの開発が求められていた。

 これに対してSIG社は1958年には第一次試作を完成させる。これはP210のスライドをプレス加工とした程度の改良であった。1966年の第二次試作では加えて軽金属フレームを採用したが、これらは未だP210の改良型といっていいものであった。試作は以降も続けられ、徐々にP210のスタイルから脱却、角ばった外観を持つダブルアクションオートに変貌していき、1974年、P220が完成する。SIG社はついにP210の弱点を克服したダブルアクションオートの開発に成功したのであった。その後、スイス軍の次期制式採用トライアルに合格、1975年にはP75として制式採用された。

 P220は、スライドはプレス加工、フレームはアルミ合金製でダブルアクション機構を搭載していた。サムセイフティが廃止された代わりにフレーム左側面、トリガー後方にデコッキングレバーを搭載、これによって薬室にカートリッジが装填されている状態でもダブルアクション状態に復帰させることができるようになった。口径は9mmで他にも45口径、38口径(38スーパー弾)、7.65mm等のバリエーションがある。現在は主にアメリカ人の大好きな45口径モデルを中心に販売されている。全モデル弾倉はシングルカラムである。

 米国での販売は、SIG社の販売網が米国で確立していなかったため、1977年から45口径モデルがブローニング社によって輸入されBDA(ブローニング・ダブルアクション)として販売されたが、折しも米国ではアルミフレーム不信が広がっており、スチール製スライドにアルミフレームを持ち、米国では馴染みの薄いヨーロピアンスタイルのマガジンキャッチを持つ珍妙な形状のP220は米国の市場では全くウケず1980年には販売を終了した。

 1982年には、世界の趨勢はダブルカラムマガジンになりつつある中、何故か日本の自衛隊が9mmモデルを制式採用するという珍事が発生、直接輸入すれば安いものの新中央工業によってライセンス生産されることとなった。このP220は9mm拳銃という名称で制式採用され、現在でも使用されている。

 

バリエーション

03_P225
(画像はwikipediaより転載)

 

 当初はグリップ下部に位置していたマガジンキャッチは、現在ではトリガー後方に位置するタイプがメインで、口径も10mmが追加された他、ダブルアクションのみ、シングルアクションのみのモデルが発売されている。シングルアクションモデルには安全面を考慮してサムセイフティが装備されている。他にも20mmレイルを装備したP220R、3.9インチバレルにフルサイズのフレームのP220キャリー、グリップも短縮したP220コンパクト(装弾数6発)、サプレッサーの装着が可能であり、フラットダークアースで塗装された45口径モデルであるP220タクティカル等、多くのバリエーションが存在する。

 

SIG P220(トイガン)

 

概要

 モデルガンではMGCが1983年にオリジナルP220をモデルアップ、1988年にはコクサイがエアーコッキング式で翌年には固定ガスモデルとして発売している。他にも1989年にはLSがエアーコッキング式、固定ガスでモデルアップ、1997年にはタナカワークスがガスブローバックで発売しているが、P226の蔭に隠れて今ひとつ目立たない存在であるといえる。近年ではタナカワークスがモデルガンとしてP220をモデルガンとしてバリエーション展開している。

 

タナカワークス SIG P220 ガスガン

性能

全長 208mm
重量 890g
装弾数 20発

 初速70m/s前後と平均的。命中精度は高いが個体差がある。エンジンはWA製のマグナブローバックであるがWA製ガスハンドガンと異なり可変ホップを搭載している。モデルガンメーカーのため外観の再現性は高い。本体の素材はABS、HWでオリジナルP220の他に自衛隊バージョン(陸海空)がある。

 

タナカワークス SIGP220 モデルガン

性能

全長 195mm
重量 650g
装弾数 9発

 モデルガンメーカーのモデルガンでるため外観の完成度の高さは秀逸。現在入手できる唯一のモデルガンであるためP220が欲しいモデルガンファンにとっては一択である。CAWがMGC製P220を製造してくれれば良いのだが。。。それはともかくカートもEVO2となり作動性も向上したが、モデルガンなのでガスブローバック程の作動を期待してはいけない。

 

まとめ

 

 P220は、『アメリカンスナイパー』の主人公クリスカイルが一時期使用していた銃でもある。米軍では9mm銃がメインであるが、実戦ではやはり45口径の破壊力が威力を発揮するようだ。特に麻薬等を使用していた場合、9mmでは歯が立たないという。削り出しからプレス加工に代わったP220であるが、P210の高品質はしっかり受け継がれており、現在でもP220は、45口径モデルを主力としてセールスを伸ばし続けている。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ