トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

サブマシンガン

VZ61
(画像はwikipediaより転載)

 

 Vz61はチェコスロバキア製のサブマシンガンである。実銃では比較的マイナーな銃ではあるが、独特の形状と使い勝手の良さから「その筋」の方には重宝されているようで、各種口径が発売されている他、民間向けにセミオートのみのモデルも発売されている等、比較的人気がある。日本のトイガンでも意外と人気のあるモデルである。

 

VZ61スコーピオン(実銃)

 

 

性能

口径 7.65mm
使用弾薬 32ACP弾(7.65x17mm弾)
全長 270mm(ストック伸長時517mm)
重量 1,280g
発射速度 850発/分
装弾数 10、20、30発

 

概要

 Vz61は、戦車兵や通信兵などの後方支援要員の護身用にチェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社で開発された短機関銃で、1950年代後半にミロスラフ・リヴァージュによってM59という名称で開発された。1961年に完成、そのままチェコスロバキア軍に制式採用された。使用弾は7.65mm×17mm弾で威力は低いものの同時に反動も低く抑えられることからサブマシンガンの弾薬としては操作性に優れている。

 さらにコンパクトに収められたストックとフォアグリップ代わりに使用できるマガジンを装備している上に発射速度を調整できる機能を持っているため小型サブマシンガンとしては操作性は比較的高い。このため各国の公安機関で特殊な工作に携わる職員やテロリストにも愛用されている。

 当初は32口径(7.65mm)のみであったが、その後、380ACP弾(9×17mm弾)仕様のVz64、9mmマカロフ弾(9×18mm)仕様のvz65等も開発された。さらにスタンダードな拳銃弾である9mmパラベラム弾(9×19mm)仕様のVz68も存在する。1984〜1992年までユーゴスラビア(その後セルビア)によってライセンス生産されたM84や民間市場向けにセミオート仕様に改造したCZ91S等があり、現在でも多くの国、地域で使用されている。

 Vz61の構造は、セミ・フル切替式のクローズドボルト機構を採用したストレートブローバックで、エジェクションポートは上部にある。木製グリップ内に収容された発射速度調整装置(レートディリューサー)により1000発/分から850発/分まで調整することが可能である。ストックはレシーバー上部に被せるように折り畳むことができ、使用する際は半回転させて銃後部に固定する構造になっている。

 

VZ61スコーピオン(トイガン)

 

 トイガンでは1981年に唯一ハドソンからモデルガンが発売されている。エアガンでは1987年に東京マルイがエアコッキング式を発売、1988年にはヨネザワからガスガンが発売されている。さらに1997年には東京マルイから再びエアコッキング式が発売、2007年4月には東京マルイから電動ガンが発売されている。2010年頃にはマルゼンがガスブローバック式でモデルアップ、2014年9月26日にはKSCが同じくガスガンで発売している。他には2018年4月に東京マルイがオリジナルモデルのmod.M、2020年12月にはさらにデザートモデルであるmod.Dを発売している。

 

ハドソンVz61スコーピオン モデルガン

 モデルガンでは1981年にハドソン産業が金属製モデルとして発売している。大きさが短銃以上、長銃以下であったため短銃型金属製モデルガンは白または黄色に塗装しなければならないとした46年規制の対象になるか意見が割れたため金メッキ仕上げで発売されたり黒色で発売されたりした。結局、長銃と判断されたことで黒色となった。

 昔のモデルガンでは当然であったが、作動は非常に悪く、取扱説明書にも「火薬を使用したブローバック作動はお勧めいたしません」と驚くようなことも書かれているほどであった。実物はクローズドボルト方式であるが、ハドソン製はオープンボルト方式となっている。

 

東京マルイ No.5 スコーピオン Vz.61 本体セット

性能

全長 270mm(522mmストック伸長時)
重量 1110g
装弾数 58発

 

特徴

 レシーバーは樹脂製、フレーム、ストックは金属製。トリガープルは0.9kg、セミのレスポンスは若干鈍い。初速は75m/s前後、東京マルイ製電動ガンなので命中精度は非常に高い。オプションパーツに純正ドラムマガジン等もあるので楽しめそうだ。バリエーションにModMがあるが、これは東京マルイオリジナルである。20mmレイル 、マズル部分は14mm逆ネジ対応、M-LOKレイルシステム対応等、実銃での流行をきちんと把握したものになっている。

 

マルゼン Vz61 スコーピオン 18歳以上 ガスブローバック サブマシンガン

性能

全長 270〜520mm
重量 1056g
装弾数 30発

 

特徴

 トリガープルは0.8kg。初速70m/s強。クローズドボルト方式でホールドオープンもする。フィールドストリッピングはピンを一本外すだけで出来るものの、ホップ調整にはフィールドストリッピングが必要である。マルゼンの製品だけにデフォルトの命中精度は高いと思われるが、反動が強いため正確に当てるのは熟練が必要である。

 

KSC Vz61 HW 18歳以上ガスブローバックガン

性能

全長 273mm(ストック展開518mm)
重量約 1,550g
装弾数 20+1発

 

特徴

 HW材採用でカーリッジをフル装填した状態の実銃と同重量を再現している。このため軽量さを求めるサバイバルゲーマーには敬遠されるかもしれないが、リアル志向のファンには歓迎されるだろう。マグネシウムボルトにシステム7エンジン、新型チャンバーを採用しているので、命中精度、反動共に高い水準にある。初速70m/s前後、フルオートだと若干低下する。サイトは前後とも可動式である。

 

比較

 一番の違いは重量と装弾数だろう。東京マルイは58発、マルゼンは30発、KSCは20発とかなりの違いがある。重量はマルゼンの1056gに対してKSCは1550gと1.5倍の違いがある。装弾数に関してはKSCが実銃と同じ20発でマルゼンが30発となっている。マルゼン製は外観が若干ディフォルメされているようだが、その分実射性能は高いという感じだ。欠点はマガジンの冷え位で大きな欠点は見当たらない。

 総合的に判断すると実射性能のみを追求するのであれば、間違いなく東京マルイ製電動ガンだろう。それとは別に実銃の操作感、反動等を楽しみたいのであればガスブロということになる。ガスブロは、どちらの銃も甲乙付け難いが、リアリティを追及するのであればKSC、実射性能を追求するのであればマルゼンといったところが定番の答えのようだ。

 ただ実射性能といっても大きな違いは装弾数が20発か30発かということ位だろう。それと重量。私としてはゲーマーのようにゲームでの使用を前提とするのであれば、装弾数が多くて軽量なマルゼン製。これに対して銃自体が好きなモデルガン系お座敷シューターにはKSC製だろう。

 

まとめ

 

 KSC製は重量が実銃と同じで装弾数も実銃と同じというこだわり抜いた仕様だ。2社のスコーピオンの性能を比較してみると、実射性能に関してはどちらも甲乙付けがたいという感じだろうか。マルゼンのガスガンの欠点はマガジンの冷え、セレクターの表示が20→30になっているということ位だろうか。これに対してKSCの欠点は特に無いみたいだ。但し、マガジンの冷えに関する欠点はこっちも同様だろう。KSCの装弾数が20発と少ないことが気になるが、重量が実銃と同じであること(フル装填した状態と同じ)がポイント高い。マルゼンは実射性能を優先し、KSCは外観を含めたリアリティを優先したというところだろう。

 


ミリタリーランキング

01_mp7
(画像はwikipediaより転載)

 

 MP7とは、H&K社が開発したPDW(Personal Defense Weapon)である。カートリッジは4.6×30mm弾で、これは防弾ベストを貫通させることを目的として開発されたカートリッジであり、後方支援部隊の護身用の銃器として開発された。4.6mm弾の貫通力は凄まじく、200m先のクラス3Aの防弾ベストを貫通する能力を有する。弾丸が小型であるため装弾数も多く、ロングマガジンは40発を装填することができる。このため本来の目的以外にも特殊部隊等で使用される例が多い。

 

MP7(実銃)

 

 

性能

全長 415mm(ストック展開時638mm)
重量 1,900g
口径 4.6mm
使用弾薬 4.6×30mm弾
装弾数 20/40発
設計・開発 H&K社

 

開発

02_mp7
(画像はwikipediaより転載)

 

 MP7の特徴はイギリスで開発された4.6mm弾を使用することにある。この弾薬はP90で採用された5.7×28mm弾と同様の設計思想で開発された弾薬で高い貫通力が特徴であり、MP7もP90同様に後方支援部隊のPDW(Personal Difense Weapon)として軽量・コンパクトに設計されている。本体はプラスチックを多用、後方には伸縮式ストックを装備しており、作動方式はHK416等で使用されているショートストロークピストン式ガスオペレーション、クローズドボルト、閉鎖機構はロータリーロッキング方式を採用している。

 このロータリーロッキング方式とは、ボルトを回転させることで作動を遅くし連続射撃を可能にする機構で現在AK47、M16、M1ガーランド等、多くの銃に採用されている機構である。弾倉はイスラエル製サブマシンガンであるUZIのようにグリップ内に収納する形式になっており、グリップ内に収まる20連マガジンとグリップから突き出す40連マガジンがあり、銃上部には20mmレイルが装備され、そこにアイアンサイト、光学照準器等を装着することができる。

 貫通力はNIJ規格の44マグナムや357SIG弾を防ぐ能力を持つクラス3A防弾ベストを200m先から貫通する性能を持つ。1999年にドイツ連邦軍に制式採用、2001年より生産に入った。P90と同様に多くの特殊部隊において採用されている。

 

バリエーション

03_mp7
(画像はwikipediaより転載)

 

 オリジナルのMP7の他、照準器やグリップやストックの形状の一部が変更され銃身のサイドにピカテニー規格の20mmレイルを装着したA1、銃身下部のフォアグリップを廃止、代わりに20mmレイルを装着したA2モデル、セミオートのみのMP7SFモデル等がある。

 

MP7(トイガン)

 

概要

 トイガンでは頑住吉がガスガンとしてプロトタイプモデルPDWを発売、アカデミー科学が電動ガンとして発売してる。2006年2月8日には東京マルイが電動ガンを発売、2012年10月29日にガスブローバックモデルを発売している他、2009年7月28日にはKSCもガスブローバックモデルを発売している。これらはどちらも実物のデータが入手出来なかったためと言われるが実物よりもサイズが小さい。1/1スケールのトイガンでは2019年6月11日にVFCが発売したものが唯一である。

 

東京マルイ MP7 電動エアガン

性能

全長 380mm(ストック伸縮時590mm)
重量 1,480g
装弾数 50発
初速 77m/s前後
定価 28,800円

 東京マルイが2006年に発売した電動ガン仕様のMP7である。全長が実銃に比べて4cm程短いほか、重量も実銃に比べて400gほど軽い。そう考えるとおもちゃ感があるが、そこは東京マルイ。外観の完成度は非常に高く、命中精度やその他実射性能も安定している。日本メーカーなのでパーツの供給も問題が無い。サイズにこだわりが無ければ本銃も選考の対象となる。

 

東京マルイ MP7 ガスブローバック

性能

全長 381mm(ストック伸縮時586mm)
重量 2,200g
装弾数 40発
初速 75m/s前後
定価 32,800円

 サイズは同社製電動ガンと同じで実銃よりも小さいが、重量は実銃の1.96kgに比べて2.2kgと実銃よりも重く作られている。無論実銃はカートリッジを装填していない状態なので装填後は実銃の方が重くなる。電動ガンに比べて命中精度やパワー、作動の安定性は劣るものの迫力のあるブローバックを楽しみたいユーザーにはガスブローバックが良い。

 

KSC MP7 ガスブローバック

性能

全長 380mm(ストック伸縮時590mm)
重量 2,120g
装弾数 40発
初速 74m/s前後
定価 34,800円

 KSC製のMP7は東京マルイと同様に全長が4cm程短いがそれ以外の再現性は高い。ガスブローバックなので電動程の命中精度は期待できないものの、ガスブローバックでは平均以上の命中精度を発揮している。KSC製は初期モデルMP7A1とバージョンアップモデルのMP7A1-2、さらにはタクティカルモデルの3種類がある。2が最新型でマグネシウムボルトにスペアマガジンが2本付属する。価格は一緒なので購入する際は間違えないようにしたい。タクティカルモデルは限定品でこれも2と同様にマグネシウムボルト仕様である。

 

VFC MP7 電動ガン

性能

全長 418mm(ストック伸縮時640mm)
重量 1,665g
装弾数 120発
初速 91m/s前後
定価 53,600円

 このVFC製の電動MP7の最大の特徴は、他のエアガンメーカーの製品と異なり、実物大で製作されていることであろう。東京マルイ、KSC製のトイガンに比べると全長が4cm程長い。これは結構な差であろう。命中精度やその他性能においても他のメーカーに引けは取らないため、リアリティ志向のユーザーはこちらの製品が良いかもしれない。しかし総合的な性能や保証に関しては日本メーカーに一日の長がある。

 

まとめ

 

 MP7は後方支援部隊用の個人防御兵器として開発された銃器であり、ほぼ同様の目的で開発された銃にベルギーのFN社P90がある。P90に同カートリッジを使用するFive-SeveNがあるようにMP7にも同カートリッジを使用するP46があったが性能が今ひとつであったため2009年に開発が中止されている。しかしMP7の性能は高く、現在でも日本を始め、多くの特殊部隊で使用されている。

 

 


ミリタリーランキング

wz63
(画像はwikipediaより転載)

 その昔、『N45°』という短編集の中に『パオさんとの復讐 (コスモノベルス)』という小峰隆生監督の作品があった。小峰隆生氏は知る人ぞ知る有名なガンマニアで、ただのガンマニアではなく、アメリカでテッド新井氏に師事して実銃の射撃のトレーニングもしている人物である。実際、腕もかなりのものらしい。もちろん銃に対する造詣も深く『拳銃王』という本も出版している。最近は編集者をされているようで佐藤優著『人たらしの流儀』において佐藤氏が「異能の編集者」として高く評価している。この小峰氏が監督した映画『パオさんとの復讐 (コスモノベルス)』で主人公達が使用しているのがこのPM63(Wz63)なのである。

 

WZ63(実銃)

性能

全長 333mm
重量 1,600g
口径 9mm
使用弾薬 9×18mmマカロフ弾
装弾数 15,25発
設計・開発 ピオトル・ウィルニエフチク / FBラドム社

 

開発

 PM63(Wz63)は1950年代後半に設計開始、1963年に完成したポーランド製のサブマシンガンである。1965年にはポーランド軍と警察に制式採用された他、少数がアラブや旧東側諸国に輸出され、中国でもライセンス生産されていた。1977年生産終了。

 機構は一般的なオープンボルトであるが、通常のサブマシンガンのようにボルトが本体内に内蔵されておらず、スライドとして露出しているため、一見オートマチックハンドガンのような形状をしており、発射するとオートマチックハンドガンのようにスライドが前後して給排莢を行うという非常にマニア好みの銃である。スライドの先端は下部のみ前方に突き出しており、これにより硬い物体に押し当てることで装填を行うことができるというよく分からないユニークな機能を持っている。

 マガジンはUZIのようにグリップ内に配置されており、射撃時には、スライドを後方に引き、本体側面に収納されたストックを後方に引き出して前方下部に収納されているフォアグリップを前方に倒して使用する。因みにこのフォアグリップは若干作りが悪くガタつくという評判である。スライド上にはフロントサイト、75m、150m切替式のリアサイトが設置されているが、共にスライド上にあるため射撃するとサイトが前後に高速で動いてしまいサイティングが出来なくなるという問題があるが、何よりもストックの長さが短いためストックで固定して射撃するとスライド後端が顔面を連打する可能性があるということが最大の問題である。

 それでも銃自体は全長30cm強、重量1,6kgと大型拳銃並みでフルオート射撃が可能というのは魅力的である。セミ・フル切り替えることが出来るがトリガーを短く引くとセミ、長く引くとフルオートとなる。使用するカートリッジが低威力の9×18mmマカロフ弾であるためストックを使用しなくてもフルオート射撃が出来るようである。

 

WZ63(トイガン)

 1993年8月にタナカから発売されている。外観の完成度は非常に高く、スライド、ストックは金属製である。ガスブローバックであるが、ガスブロ草創期のものであるためアフターシュート方式で狙点よりも下に着弾する。これが唯一のモデルアップであるが、むしろモデルアップしたタナカが凄いといえる。

 

まとめ

 

 一見、非常に複雑な機構をしているように見えるが、実際はオープンボルト式サブマシンガンなのでびっくりするほど少数のパーツ構成で成り立っている。サブマシンガンとマシンピストルの中間位の銃なので独特の存在感を出している故に上記『パオさんとの復讐』に選ばれたのだろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ