トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:コルト

(画像はwikipediaより転載)   要約  米軍に制式採用されたM1892は38口径弾の低威力が問題となった。このためM1892を45ロングコルト仕様にしたのがニューサービスである。1909年に制式採用、M1911の登場まで米軍で使用された。その後も45ACP弾仕様に改造されたものがM ...

(画像はCZ社の伝説CZ75初期型! wikipediaより転載)   要約  Z40はダブルアクション(DA)ピストルの実績が少ないコルト社がDAピストルに豊富な実績を持つCZ社に設計を依頼して発売した40S&W弾仕様のピストルである。DAO(ダブルアクションオンリー)で全金属製でマ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトシングルアクションアーミー(SAA)はそれまでのコルト製品がオープントップ方式であったのに対してソリッドフレームを採用した。これによってフレームの強度が高くなり高威力の45口径ロングコルト弾を発射出来るようになっ ...

(画像がなかったのでベストポケット! wikipediaより転載)   要約  コルトジュニアは1958年にコルト社から発売したポケットピストルである。コルト社が以前に発売したベストポケットがストライカー方式で薬室に装弾されていることを確認することが難しいという問題 ...

(画像はM1878 wikipediaより転載)   要約  コルト社初のDAリボルバーM1877の口径をウィンチェスターM1873と互換性のある44-40弾を使用できるようにしたモデル。大口径化したことによりフレームを大型化して各部を強化している。メインスプリングが弱かったため不発 ...

(画像はwikipediaより転載)   コルト1861ネービー     性能 全長 330mm 重量 1,162g 口径 36口径 使用弾薬 パーカッション式 装弾数 6発 完成 1861年 設計・開発 サミュエル・コルト / コルト社   >概要  コルトM1860アーミーのバリエーションとい ...

(画像はwikipediaより転載)    コルトオフィサーズACPとは、1985年にコルト社が発売したM1911の3.5インチ銃身バージョンである。銃身はコーンバレル、グリップも短縮され装弾数は6発となった。小型化により携行性は高まったが、45口径の反動は強く、扱いはより難しくな ...

(画像はwikipediaより転載)    ディテクティブスペシャルとは、コルト社が1927年に発表した世界初の「スナブノーズ」リボルバーである。発売当初はその過激なまで斬新な外観は衝撃的だったという。現在では一般的となってしまっているが新しいスタンダードを作り出した ...

(画像はwikipediaより転載)   コルトM1847”ウォーカーモデル”     性能 全長 394mm 重量 2,080g 口径 44口径 使用弾薬 44口径パーカッション 装弾数 6発 完成 1847年 設計・開発 サミュエル・コルト / コルト社    1847年に製造されたパーカッシ ...

(画像はwikipediaより転載)    ハードボーラーとはAMT社が1977年に発売したM1911、いわゆる「ガバメント」のクローンである。当時としては珍しいオールステンレス製で調整可能なリアサイトと大型のビーバーテイルを装備した先進的なハンドガンであった。映画『ターミネー ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM1917とは、第一次世界大戦時、米軍はM1911を装備していが数量が足りず、不足分を補う目的で製造されたリボルバーである。このM1917はS&W製とコルト製の2タイプ存在する。構造は全く異なるが、米軍の要請により、同じ45ACP弾を使用する ...

(画像はwikipediaより転載)    コルトデルタエリートはコルト社が開発した10mm弾使用のハンドガンである。装弾数は8発で威力は357マグナム並みというものであったが、あまりにも強力であるためにスライド、フレームの破損事故が多発した。現在では改良されたものが発売 ...

(画像はwikipediaより転載)   M16ライフルは、米国の銃器設計者ユージン・ストーナーにより設計された銃で自動小銃の最高傑作と言っていい銃だ。米軍に制式採用された当初はM16に合わない火薬を使用したために不信論も出たが、完成から半世紀経った現在においても改良型 ...

(画像はwikipediaより転載)    コルト(FN)ポケット25オートとは、1906年にベルギーFN社より発売されたジョン・ブローニング設計の超コンパクトハンドガンである。1908年にはコルト社が製造権を購入して製造販売している。このためほぼ同じモデルがFN社とコルト社によ ...

(画像はwikipediaより転載)    コルトダイアモンドバックは、1966〜1988年まで製造されたリボルバーである。一般にはパイソンの廉価版と考えられているが、高品質故に製造中止になったモデルであり、単純にパイソンの廉価版とはいえない。このダイヤモンドバックはリボ ...

(画像はwikipediaより転載)    コルトアナコンダ44マグナムは、日本ではマルシンが製品化しているのでガンファンにとっては有名である。1990年に発表されたが1999年に生産終了。カスタムショップでの販売も2003年に終了した。頑丈で美しい銃である。   アナコンダ( ...

(画像はwikipediaより転載)    コルトパイソンは1955年に発表されたコルト社の最高級リボルバーである。メカニズム的には古いものの銃身上部のベンチリブや同下部のアンダーラグによる外観の美しさは圧倒的である。モデルガン、ガスガンでも人気は高く、日本でも多く ...

(画像はwikipediaより転載)    コルトM45A1とは、1980年代後半に米海兵遠征部隊が採用したMEUピストルの後継モデル。M1911を開発したコルト社製でそれまで制式採用されていたM1911A1の外装、内部機構に改良が加えられたモデル。フラットダークアースの外装とピカテニー ...

↑このページのトップヘ