トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

グロック17

004

 

グロックとは。。。

 

グロック社とグロック17

 グロック社とは1963年にオーストリアで創設された武器製造会社で、1963年というのは銃器メーカーとしては比較的新しい会社の部類に入る。創設からしばらくは機関銃用のベルトリンク(カートリッジを連結する金具)やナイフ、シャベル等を製造しているメーカーであった。ところが1980年、オーストリア軍の制式拳銃トライアルによってこのグロック社の名前は全世界に知られることとなる。グロック社の創設者ガストン・グロックは、銃器製造の経験が全くないにも関わらず、温めていたアイディアを搭載したハンドガンを開発。これをトライアルに提出したのだ。

 1983年、驚いたことに何の実績もないグロック社の提出したハンドガンが「P80」としてオーストリア軍に制式採用されてしまったのだ。「良ければ採用する」こういう柔軟な組織は強い。それはともかく、1985年にはグロック社はP80を商品名「グロック17」として北米で発売、爆発的なヒットとなった。この銃の登場が銃器業界に与えた衝撃たるや尋常なものではなかったのだ。

 このグロック17は数々の画期的な構造を採用していた。まずはポリマーフレーム。「銃は金属」という常識をぶち壊したこのポリマーフレームはその名の通りプラスチック製のフレームである。握りやすく成形されたフレームに金属製のスライド、撃鉄はストライカー方式の改良型でサムセイフティは無く、代わりにトリガーセイフティが装備されている。トリガーセイフティは引き金を引くと自然に解除されるために安全であるのと同時にいざというときにすぐに射撃可能である。

 

 

40S&W弾という奇跡

 KSCがモデルアップしたのはこのグロック17のバリエーションであるG23である。G23とはG19の40S&W弾仕様である。グロック19とはグロック17のコンパクトモデルである。40S&W弾とはまた聞きなれないカートリッジではあるが、実はこのカートリッジは理想的な性能を持つカートリッジだと言われている。世の中の自動拳銃のカートリッジには9mm弾と45ACP弾という二大潮流がある。どちらも長所と同時に欠点を備えている。まあ、これは当たり前の話だ。

 45ACP弾は大口径。20世紀初頭に米国で開発されたカートリッジで高威力であり、反動は強いもののストッピングパワー(破壊力)に関しては全く問題ない。しかしカートリッジが大きすぎるために装弾数がどうしても少なくなってしまうという欠点がある。これに対して9mm弾は同じく20世紀初頭にドイツで開発されたカートリッジで、破壊力に関しては45ACP弾に劣るものの、カートリッジの直径が小さいので多弾倉化が可能なのである。ミリに換算すると45ACP弾は11.43mm、9mm弾とは2.43mm直径が大きい。

 「2.43mmなんて大して変わらないじゃないか」と思うかもしれないがそうではない。9mm弾はその直径の小ささゆえに複列弾倉といってカートリッジを交互に二列で弾倉に装填することができ、装弾数はフルサイズのハンドガンで15発前後、グロック17に至っては17発も装弾することができる。これに対して45ACP弾は複列弾倉にしてしまうとどうしても握り心地が悪くなってしまうので単列弾倉ということになる。そうなると装弾数は7〜8発というのがどうしても限界になってしまうのだ。

 わずか2.43mmの差が装弾数になると2倍の違いが出てしまうのだ。実戦で装弾数が2倍違うというのがどれだけ重要なのかというのは敢えて説明する必要はないだろう。んで、そこであることを考えた人がいた「11mmと9mmの間の10mm口径のカートリッジを作ればいいんじゃね?」ということだ。あまりにも普通な考えで仰天してしまうが、出来たカートリッジはさらに仰天してしまうものであった。あまりにも威力が強すぎたのだ。装弾数も多い上に威力は357マグナム並みというバケモノカートリッジが完成してしまったのである。

 銃というのは威力が強ければ強いほどいいという訳ではない。威力が強ければその分反動も強く、弾丸は目標を貫通して後ろの人に当たってしまったりもするのだ。何事も適度なのがよい。そこで10mm弾の威力を弱めたカートリッジ40S&W弾というのが開発されたのだ。40というのは40口径の意味で0.4インチ。つまりは10mmということだ。このカートリッジは割とヒットだった。ちょうどいい感じにアレしていたのだ。パワーも宜しく、装弾数も宜しい。いい感じのアレになった。

 

 だいぶ話が脱線と訳の分からない方向に行ってしまったが、要するにKSCのG23というのはグロック17のコンパクト版で口径は40S&W弾だということだ。そして私の現在の知識ではこのG23が最も実用的なハンドガンであると考えているのだ。これについて以降、少し詳しく書いてみよう。

 

最も理想的な戦闘用ハンドガンはどれか

リボルバー

 ハンドガンには、オートとリボルバーがある。オートは連射性能、装弾数に優れるが、同口径のリボルバーに比べ銃が大型化するというデメリットがある。以前は故障しやすいと言われていたが、現在はこの問題はオートもリボルバーも信頼性に遜色はない。連射性能に関しては、リボルバーの連射はダブルアクションであり、連射するのに重いトリガーを引かなければならず、自動でハンマーをコックしてくれるオートに比べると連射性能は低くなる。装弾数はリボルバーの物理的限界といえる。リボルバーはシリンダーにカートリッジを装填する方式のため、材料工学が発達した現在においても6〜7発が限界だ。もちろん小口径の銃であれば装弾数は増えるが、実戦用ハンドガンとしては意味を為さない。

 リボルバー唯一のメリットと言えるのが、同口径のオートに比べ小型軽量であるということだ。これは、オートは自動で排莢装填を行うため、どうしても機構が複雑になり銃が大型化してしまう。分かり易いのは44マグナム弾を使用するM29とデザートイーグルだが、M29の6.5インチの重量が1.4kgなのに対して、デザートイーグルの重量は1.7kgに達する。4インチモデルになると重量が1.2kg弱で全長24cmに対してデザートイーグルは27cmと大きく差が出る。これに関してはリボルバーの勝ちなのだが、実戦用ハンドガンと考えた場合、このメリットを考えたとしてもやはり装弾数の少なさは致命的といえる。

 

オートマチック

 そうなると、オートになるのだが、ここでまた問題だ。オートといっても様々な弾薬を使用するモデルがある。どの口径がいいのだろうか。まず9mm未満の口径は駄目。威力が無さすぎる。これは実戦経験者から聞いたことなので間違いない。9mm以上ということになるのだが、狩猟をする訳ではないのであまりに強力な弾薬は不要だ。これらから考えて実戦用では9mm以上45口径以下というのが常識的なラインだろう。基本的には世界の実戦部隊が配備しているのは、9mmか45口径のどちらかだが、これらにはそれぞれ長短がある。これは先ほど説明した通りだ。

 結局理想的なのは、40S&W弾ということになり、私の中の理想の実戦用ハンドガンというのは40S&W弾仕様のオートマチックハンドガンということになった。そしてオートで最も評判のいい銃はというと・・・グロックである。とまあ、こんな感じで40口径仕様のグロック23になった訳だ。

 

KSC G23Fの長所

 

006

 

フルオート機能がある

 このようなリアル志向の私であるが、実はこのG23には「F」というモデルは存在しない。ここまで考えて挙句に買ったのが実在しない銃というのは何とも情けない話ではあるが、まあそこはそこ。トイガン等は所詮はアソビなのだ。架空の銃でも良いではないか。私がこの銃が欲しかった理由の一つはこの「F」にある。この「F」とはKSCではフルオート機能を意味する。実は、この銃の最大の特徴は、な、なんとフルオート機能があるのだ。

 んで、またこのフルオートが面白いんだ!ぶおーって弾幕を張れる。装弾数は20数発だったと思うが(私は実銃と同じ13発しか入れないから分らない)、凄まじい快感。まあ、実際サバゲで使うときにはバーストで使うんだろうが。このバーストはかなり強力な武器になると思う。いい感じのパターンで広がっていく。そして2〜3発ずつの発射だからかなりの弾幕となる。相手にとってはかなりの脅威だろう。

 

銃自体が小型で携行性が高い

 これは重要。グロックは小型軽量であり、突起が少ないので服に引っかからない。さらに人間工学に基づいて設計されているので扱いやすい。私の知人で実銃での訓練経験のある人はほとんどがグロック信者だ。

 

命中精度が異常にいい

 さらにセミオートでの命中精度は新型チャンバーのおかげで驚異的に良い。5mで2〜3僂砲禄犬泙襦マルイとタメを張れる。

 

マガジンの気化効率がいい

 これはこのモデルに限ったことではないが、ダブルカラムマガジンは気化効率が良い。ガスガンというのはマガジンに液体のガスが入っている。それを気化させて発射するのだが、これは空間の体積が大きいほど効率が良い。シングルカラムに比べダブルカラムは体積が大きいので気化効率がいいのだ。気化効率が良いと発射時の圧力が安定する。連射にも有利だ。ただ残念なのはフルオート射撃。はやり急激にガス圧が低下するため長時間の連射は難しいのだ。これはフロンガスの宿命と言えるかもしれない。

 

G23Fの欠点

 

583

 

スライドストップによってスライドが削れてしまう

 長所ばかりを書いていても仕方がない。私はKSCの従業員ではない。ここでこのG23Fの欠点について書いてみたい。最大の欠点は、スライドストップだ。KSCは律儀にも実銃と同じ機構のスライドストップを採用している。つまりスライド側の凹部にスライドストップを引っかけるのだ。ここで問題。スライドストップは金属でできている。スライドはプラだ。実銃と同じ仕組みで作れば当然、プラのスライド部分がスライドストップによって削られてしまう。

 他社では、スライド内側に金属のノッチを装着したりして対応しているが、KSCは何もないので削れてしまう。これは痛い!

 

グロックG23Fはシステム7じゃない

 KSCのガスガンの多くは、確か2007年に開発されたシステム7を使用している。しかしこのG23Fには採用されていない。最新システム搭載であって欲しかったのだが、これは仕方ない。残念ではあるが、反動はシャープで鋭い。

 

これが最大の欠点かもセレクターレバーがすぐにニュートラルになってしまう

 G23Fは随分使っているが、服やホルスターにセレクターレバーがちょっと引っかかっただけでレバーがニュートラルになってしまう。ニュートラルになると発射が出来なくなる。戻すにはスライドを引いてセレクターを切り替えなければならない。これはさすがに何とかならないものなのだろうか

 

005

 

 上掲の画像は私がおっかなびっくりスライドが削れないように一年間注意しながら使った結果。注意すれば削れないが注意しなければ削れてしまう。それともう一つの欠点は(私が気になっているだけ)、気に入ったのでずっと持ってたらグリップに塩が吹いてしまった。うーむ、グリップが別パーツじゃないとなぁ。というKSCとは全く関係ない欠点であった。

 

まとめ

 グロックのコンパクトモデルはKSC以外にも数社から発売されている。それらの中で私が敢えてKSC製品を選んだのは、何というか、所有感とでもいうのだろうか。KSCの銃は、持っていてワクワクするのだ。これは多分、重量バランスや細かな作りこみ、エッジや面の出し方というような本当に細かいこだわりの結果だろう。特にG19用マガジンを装着した時のバランスの良さは筆舌に尽くしがたい。KSCのクラフトマンシップに感激するとともにKSCが大好きになってしまったのだった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_グロック17
(画像はwikipediaより転載)

 

 1980年に完成した「プラスチック製拳銃」グロック17は、現在においても第一線で活躍し続ける名銃といっていい。発売当初は独特のデザインとプラスチック製という特徴から敬遠されたが、現在では多くの治安機関において採用されている。

 

グロック17(実銃)

 

 

性能

口径 9mm
銃身長 114mm
ライフリング 右回り
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 10・17・19・33発
作動方式 セーフアクション(ダブルアクション)
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 186mm
重量 703g
銃口初速 379m/s

 

概要

02_グロック17
(画像はwikipediaより転載)

 

 グロック17の登場は意外と早い。現在でもほとんど大きな改良もなく世界の第一線で活躍し続ける拳銃はPi80の名称で1980年にオーストリア軍制式拳銃として採用された(床井雅美『軍用銃事典』では1980年採用。wikipediaでは1983年となっている)。1985年、この民間モデルとして販売されたのがグロック17である。

 特徴はフレームを筆頭に可能な限り素材にプラスチックを取り入れたことである。プラスチックを多用することにより軽量化が図られコストダウンにもつながった。さらには寒冷地での仕様時に皮膚が金属に張り付くという事故も防ぐことができる。

 しかし、フレームはプラスチック製であるがスライド、内部パーツやマガジン、銃身等は金属製であり、プラスチック製拳銃と呼べるものではない。X線でも反応しないというのは完全な誤解である。装弾数は17発で旧来のストライカー式を採用している。安全装置はトリガーにあるレバーであり、引き金に指をかけると自然に解除される。全体のデザインは人間工学に沿ったものでグリップアングル(銃身に対するグリップの角度)は理想的である。

 銃身が低位置にあるため反動を抑制する能力に優れ、照準を付けるのにも便利である。当初は金属製拳銃に慣れたユーザーからは敬遠されたが、これらの特徴により瞬く間に大ヒットすることとなる。

 グロック社はそれまで銃器製作の経験が皆無であったことから既存の概念に囚われることなく斬新な銃器を製作することが出来たのだろう。軽量な上に命中精度に優れ即応性も高い故に、発売から30年を経た現在においても世界各国の治安機関において採用されている。

 

名称

 グロック17の「17」が何を指すのかというのは実は良く分かっていない。装弾数が17発ということに由来しているとする説、グロック社の17番目の製品であるとする説、17種類の特許をとったからという説など様々である。

 

バリエーション

 1983年に登場したグロック17を第1世代とすると現在は第5世代に該当する。改良はほとんどが外部のチェッカリング等の変更で内部構造に関してはほとんど変わっていない。それだけ完成度の高いシステムだったといえる。当初は9mmだけだったが、バリエーション展開を行い、現在では45口径を始めとする7種類の弾薬を使用するモデルがある。銃の大きさも標準モデルから小型モデル、超小型モデル等37種類ものバリエーションがある。

 

グロック17(トイガン)

 

グロック17モデルガン

 グロック17のモデルガンはタナカワークスのみが発売している。エボリューション仕様でグロック17、18をモデルアップしている。HW仕様のものとフレームがHW、スライドが「特殊樹脂」(タナカワークスのHPより)のものがあり、2世代モデルと3世代モデルがモデルアップされている。

 

グロック17(ガスガン)

 日本で人気になったのはダイハード等のアクション映画に登場するようになった辺りからだろう。一番最初にモデルアップしたのは確かMGCかコクサイのエアコキのどちらかだったが正確には分からないが、恐らくMGCであったと思う。

 このMGC製グロック17は、1991年に発売されたモデルで、これが何とガスブロであった。現在では当たり前であるが、90年前後ではまだ珍しいもであった。しかし過渡期のガスブロであるので内部構造も現在のようにリアルなものでなく、発射機構もプレシュートシステムというスライドが動き出してから弾が発射されるものであった。この構造だとスライドの反動が弾道に影響し、着弾が狙点よりも下に行く傾向があった。そのために独特のリアサイトを発売したメーカー等もあった。

 現在では東京マルイ、KSCを始め海外メーカーも含めて各社が発売している。あまりにも多すぎて把握することは困難である。代表的なメーカーは上記の東京マルイで最初のモデルは2000年に発売されたグロック26である。KSCであろう。その他、CO2モデルが海外メーカーから発売されている。

 リアリティを採るならHW材を使用し各部のディティールに拘ったKSC、作動性能と各種サードパーティーのパーツの多さを考えると東京マルイ製である。CO2製品は低気温時でも確実に作動する上にガス圧が高いためスライドの動作が高速でありいいこと尽くめであるが、日本のメーカーはマルシンを除いて参入しておらずアフターサービスに関しては若干心配である。

 

タナカワークス モデルガン本体 グロック17 3rdフレーム エボリューション2

性能

全長 185mm
重量 540g
装弾数 17発

 モデルガンメーカーの老舗タナカワークスが出している唯一のグロック17モデルガン。最新のモデルガンなので作動は良好である。カートリッジもアルミ製のEVO2を使用している。2rdモデル、3rdモデルが発売されている。モデルガンの場合、スペアマガジン、カートリッジは常時生産されない可能性があるので、同時にスペアマガジン、スペアカートリッジを大量に買っておくことをお勧めする。

 

 

東京マルイ グロック17 Gen.4 ガスブローバックガスガン

性能

全長 202mm
重量 709g
装弾数 25発

 2020年発売のガスガン。15mm大口径シリンダーを採用しているためGen3と比べてリコイルは鋭い。初速は70m/s前後と平均的。命中精度は東京マルイ製なので敢えて書く必要もないが非常に高い。リコイルスプリングは二十バックストラップは、M、Lサイズにそれぞれビーバーテイルの有無で合計4個付いている。エキストラクターやスライドカバープレート(スライド後部のパーツ)が金属の別パーツで製作されている。個人的にはKSCでも成型であったエキストラクターを金属で再現したのは魅力的である。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ