トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

ウインチェスター

01_M1912
(画像はwikipediaより転載)

 

ウインチェスターM1912

 

 M1912は、1912年に発売されたウインチェスター社のポンプアクション式ショットガンである。設計者はトーマス・C・ジョンソンで、著名な銃器デザイナーのジョン・ブローニングによって設計されたM1893を発展させたウインチェスター社初のハンマー内蔵式ショットガンであった。初期モデルは20ゲージのみであったが、1914年には12ゲージ、16ゲージが発表、さらに1933年に0.410口径M42、1934年には28ゲージとラインナップされた。装弾数は5発+1発でスムーズな操作と信頼性の高さから「パーフェクトリピーター」と呼ばれた傑作ショットガンである。

 最高級の素材を複雑な機械加工で製造していたため非常に高品質であった反面、製造コストが高く、ライバルであるレミントン社製M870に価格競争で勝てないため1963年で生産を終了した。その後は生産性を高めた後継モデルM1200に変更されたものの、品質が悪くユーザーからは不評で、逆に高品質のM1912は生産中止によって価格が上昇、その後も限定生産銃として製造され続けたが、最後まで生産していたコネチカット州ニューヘブンの工場が2006年1月に閉鎖されたことによりM1912の生産は全て終了した。総生産数は約200万丁であった。

 M1912は、軍用散弾銃としてもM12として米軍に採用、第一次世界大戦で20,000丁、第二次世界大戦で80,000丁が米軍に納入した。このモデルはM1897と同様にバレル部に放熱板とM1917銃剣用の着剣装置が装備されたモデル、これらを装備しないライアットモデルの二種類が存在していた。ベトナム戦争中の1963年にM1912の生産は終了すると米軍のM12の在庫は枯渇、新たにイサカ社M37を制式採用しM12に代わって使用されることとなった。M1897と同様に安全装置としてスライドロック機能を備えておりスラムファイアが可能である。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_M1897
(画像はwikipediaより転載)

 

ウインチェスターM1897ショットガン

 

 米国ウインチェスター社製ショットガンで有名な銃器設計者であるジョン・ブローニングによって設計された。全長1,000mm(20インチモデル)、重量3.6kg、装弾数5発(または6発)+1発で主に口径は12ゲージと16ゲージの2種類であり、さらに多くのバリエーションが存在する。このM1897は、同じくジョン・ブローニングが設計したM1893を改良したもので、M1893が黒色火薬の使用を前提としていたためフレームを強化。無煙火薬の使用を可能としたこと、薬莢を側面から排莢することが出来るようになったこと、安全装置としてスライドロック機能が追加されたこと等が挙げられる。

 発売当初は銃身とレシーバーは固定されていたが、1898年から銃身分離式モデルに変更。1899から生産が始まった16ゲージモデルは当初から銃身分離式であった。バリエーションは主に8種類で特に軍用散弾銃として銃身に放熱板、着剣装置が装備されたトレンチガンが有名である。1897年7月(11月とも)から生産が開始、1957年9月まで製造された。M1893の改良型であるためシリアルナンバーはM1893の続きである34,150から始まり1,024,701で終わっている。生産数1,024,701丁。1912年には後継モデルのM1912が発売されており、どちらもスラムファイアが可能である。発売から120年以上経過している銃であるが、現在でも使用されている。

 

サイト内リンク

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01__M1887
(画像はM1887 wikipediaより転載)

 

ウインチェスターM1887/M1901

 

 

M1887

 ウインチェスター社が1887年に発売したショットガンである。設計は有名なジョン・ブローニングによって行われた。それまで水平二連が普通であったショットガンで初の多弾数を連射できるショットガンであったといわれている。全長997(30インチモデル)、重量3.6kg、装弾数5発で30インチモデルと20インチモデルがある。口径は10ゲージと12ゲージの二種類があり、使用する火薬は旧来の黒色火薬である。当初から設計者であるジョン・ブローニングは、ショットガンにはポンプアクションが最適と提案していたが、自社のレバーアクションに対する知名度の高さからウインチェスター社はレバーアクションに執着。レバーアクションとして設計されることとなった。

 ショットガンでありながら装弾数5発+薬室に1発というファイアーパワーは強力であったが、ショットシェルとレバーアクションの相性は悪く、さらに黒色火薬ということもあって手入れを怠ると装填不良を起こすことが多かった。そして無煙火薬が主流になるとこのM1887では強度が不足していたために新たにM1901が開発されることとなった。M1887は、1887年から1901年の間に64,855丁が製造されている。映画『ターミネーター2』で主人公が使用した銃として有名である。

 

M1901

 無煙火薬に対応するために再設計されたのがM1901である。当時、ウインチェスター社が発売していた12ゲージを使用するポンプ式ショットガンM1897と競合しないように10ゲージバージョンのみが製造された。その後も12ゲージモデルが発売されることはなかったが、この理由としては、さすがのウインチェスター社ももうこの時点では、ポンプアクションのM1897が大ヒットしてレバーアクションに拘りがなくなっており、新規に12ゲージモデルを製造する必要性を感じなかったのではないかと言われている。バリエーションは32インチ銃身のみで1901年から1920年の間に13,500丁が製造された。

 

サイト内リンク

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ