トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

イタリア

01_マテバ2006M
(画像はwikipediaより転載)

 

 マテバ2006Mとは、イタリアのマテバ社が1990年に発表したリボルバーである。最大の特徴は銃身がシリンダーの下部に位置しており、シリンダー下部のカートリッジが発射される構造になっている。このため反動が非常に低く抑えられ、トリガーもスムーズであるため命中精度は高い。

 

マテバ2006M(実銃)

 

 

性能(4インチ)

全長 187mm
重量 1,070g
口径 38口径
使用弾薬 357マグナム弾、38スペシャル弾
装弾数 6発
設計・開発 エミリオ・ギゾーニ / マテバ社

 

開発

 1985年、イタリアマテバ社の設計主任エミリオ・ギゾーニによって設計開始、1990年より発売されたリボルバーである。最大の特徴は通常のリボルバーは、回転するシリンダー最上部に装填されているカートリッジから順番に発射されるが、このマテバ最下部にあるカートリッジから発射される。このようにすることでカートリッジは銃を握っている手に近い位置で発射されるため銃が跳ね上がるのを防ぐことができると考え設計されたものである。

 さらに銃身上部には反動の軽減のためバレルウェイトが設置されており、追加でウェイトを装着することも可能である。このため反動は非常に低く抑えられており、357マグナムの反動は9mm弾程度、38スペシャル弾の反動は22口径程度とまで言われている。トリガーは非常にスムーズで重さを調整することも可能である。

 欠点としては、銃身とサイトが離れてしまったため照準軸と射線軸の幅が大きく命中精度にも悪い影響を与えていることや、シリンダーストップのスプリングが強すぎるためシリンダーを傷付け、同時にシリンダーストップの摩耗も激しくなることが挙げられる。これに対してはシリンダーにビニールテープを貼ることで対応しているユーザーもいる。

 独特の形状でありシリンダーのスイングアウトも上部に回転するため通常のリボルバーに慣れた射手には使い勝手が悪いが、コレクターズアイテムとして人気が高い。グリップと銃身はユーザーが自身で交換することが可能でグリップは4種類、2インチから6インチまで8種類の銃身が用意されている。のちに7連発仕様の2007M、44マグナム仕様が発売されている。

 

マテバ2006M(トイガン)

 

概要

 マテバはマルシン工業からガスガンで発売されているのが唯一のモデルアップである。8mmBB弾モデルと6mm弾モデルがあり、現在は6mm弾モデルのみである。材質はABS、HW、シルバーモデル、ディープブラックモデルが発売されている。

 

マルシン マテバリボルバー/6mm/X/SV/4インチ/ブナ製木グリ

性能

全長 265mm
重量 860g
装弾数 6発

 マルシン製ガスリボルバー。6mm弾モデル。初速はバレル長によって異なるが60〜80m/s前後である。命中精度は決して良くないが、外観の完成度の高さは秀逸。特に木製グリップの出来の良さは素晴らしい。欠点としては、命中精度が悪いこととガス漏れが指摘されている。現行ロッドはどうなのかは分からないが、購入時には確認することをお勧めする。余談だが、フリーダムアートから散弾カートが発売されている最大6発を1発のカートに装填して一度に発射することが出来るものでもちろん弾数が増えればパワーは弱まるが面白い。

 

 

まとめ

 

 マテバ2006Mは、外観から「色物」的な位置づけでみられることが多いが、実銃は独特の形状であるため慣れが必要であるが、命中精度は非常に高く反動の少ない銃である。但し、構造上、本体が大型になってしまい取り回しがしにくいという点はある。ユーザーによっては名銃と評価も高い。

 

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_ワシントン会議
(画像はwikipediaより転載)

 

超要約

 

 アメリカが提唱。列強各国の中国の権益の新規獲得禁止を決定。現状維持であるが、日本の進出を警戒した米国の圧力や国際的孤立を恐れたため日本は第一次世界大戦で獲得した山東半島を返還することになった。以降、ワシントン体制という軍縮、国際協調の時代が訪れた。

 

九か国条約

 

 日露戦争が終わると日本はロシアから獲得した関東州と南満州鉄道を中心に中国への進出を強めていった。これに対して中国進出に出遅れた米国は満鉄の共同経営を提案するが日本に拒否されてしまう。米国と日本は中国を巡って利害が対立、さらに米国は、大国ロシアに勝った日本へ軍事的な警戒心も抱き始めていた。米国から見れば日本は隣国で、隣国が軍事的にも経済的にも力を付け始めたのだ。そして第一次世界大戦では、日本は日英同盟を理由に参戦。どさくさに紛れてドイツ権益である山東半島や南洋の島々を占領してしまった。

 そこで米国は、自国が主催したワシントン会議によって中国の門戸開放を主張。要するに「自分も一枚かませろ」という訳だ。この結果、締結されたのが九か国条約で、新たに権益を獲得することを禁止した。つまりは「昔の権益は持っていていい」ということだ。しかし日本に対しては満洲の権益には目をつぶる代わりに米国は、第一次世界大戦で獲得した山東半島は返還を求めた。日本の力が強くなりすぎるのは米国にとってよろしくないのだ。

 これに対して日本は抵抗するが、当時の日本は、1907年に締結した日露協約というロシアと結んだ同盟と日英同盟という英国と結んだ同盟の二つの同盟を持っていた。しかしロシアには革命が起こりソビエトとなってしまったため協約は解消、日英同盟の延長も米国やカナダが難色を示していることから日英同盟も危ない。ここで米国の提案を拒否すれば、日本は国際的に孤立してしまう。このため日本は渋々と山東半島は返還することにした。しかしこの条約に参加した国の多くは山東半島の日本支配を肯定していたため、米国の仲介により日本と中国の二国間交渉で返還することになった。

 これらを経て日本は「ワシントン体制」という国際協調の中に組み込まれていった。但し、この九か国条約、ソビエトが入っていなかったこと、違反に対する制裁規定はなかったこと、これがのちに問題となっていくのだ。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

ベレッタM1934
(画像はwikipediaより転載)

 

 今日、紹介するのは懐かしの名銃ベレッタM1934だ。この銃は、映画、ドラマ、アニメに特徴的に登場したというわけではないが、ずーと有名なのである。たぶん、イタリア軍に採用されたことで知名度を上げたことと、古い映画で頻繁に使われたことが理由なのではないだろうか。古い世代のガンファンだと、中型オートといえば、ワルサーPPKかこのベレッタM1934であるといってもいい。

 

ベレッタM1934(実銃)

 

 

性能

全長 149mm
重量 660g
口径 9mm
使用弾薬 380ACP弾(9mm×17弾)
装弾数 7+1発
設計・開発 ピエトロ・ベレッタ社

 

概要

 ベレッタM1934はギアンドーソ技師によって設計されたピエトロ・ベレッタ社の中型拳銃で全長149mm、重量660g、3.7インチバレルを持つ。装弾数は7発でカートリッジは38ACPを使用する。

 第一次世界大戦で拳銃不足に悩まされたイタリア軍は、大量生産できる拳銃の開発をベレッタ社に依頼した。これに対してベレッタ社は、グリセンティM1910をベースにベレッタM1915を開発、これは9mmグリセンティ弾を使用する中型拳銃でイタリア軍に制式採用された。このM1915は独立した排莢口を持っていたが、これを改良してスライド上部の大きな切り抜き部分と一体化したのがM1922、これをベースにさらに露出式ハンマーを採用したM1923、そしてM1931、M1932と改良が続いた。

 1930年代になるとイタリア軍は次期制式拳銃にドイツのワルサーPPを採用することを検討し始めた。このためベレッタ社はワルサーPPに対抗してM1932を改良したM1934を開発した。このM1934はワルサーPPのようにダブルアクション機構を装備してはいなかったもののイタリア軍に制式採用、のちにM1951が制式採用されたのちも1960年代まで使用され続けた他、イタリア警察やドイツ軍、ルーマニア軍、フィンランド軍の一部でも使用されていた。

 口径は380ACPで口径は9mmであるが、大型拳銃が使用する9mmルガー弾(パラベラム弾)よりも寸法が短く威力が小さい。構造はカートリッジの爆発の反動でスライドを動かすというシンプルなストレートブローバック方式を採用している。全弾を撃ち終わるとスライドは後退した状態で停止するが、これはマガジンがスライドストップの機能を果たしているためで独立したスライドストップ機能はない。グリップはスチール製のプレートで補強されたプラスチック製である。カートリッジの威力が弱い、セイフティの使い勝手が悪いという欠点もあるが、部品点数が39点と少なく、故障も少ないため人気があり、戦後は「クーガー」という名称で米国にも輸出されている。1934年から1991年まで生産が続けられ、総生産数は1,080,000丁である。

 

ベレッタM1934(トイガン)

 

 ベレッタのモデルガンは、MGC、CMC、ハドソン、WAから発売されていた。WA以外のベレッタは古い物で1960年代から1970年代初期に発売されたものだ。MGCのM1934は1967年、ブローバックモデルが1971年に発売されている。ハドソンのM1934はMGCのコピーである。WA以外のM1934は金属製であったため、1971年に規制によって金属モデルガンは金色に塗装されることとなる。1979年にはWAがM1934を発売するが、これはMGCとの提携によって製造されたモデルでハドソン同様、MGC系列のモデルである。

 どれも現在は発売されていないのでかなりのプレミアになるだろう。但し、古いモデルガンは亜鉛合金が劣悪なものを使用しているので経年劣化により破損しやすくなっている。購入する際には注意が必要だ。ガスガンでは、1989年にタナカがブローバックモデルを発売した。これはそれなりに性能、外観ともに良かった記憶がある。オリジナルのABS、パーカーライジング処理モデル、ハーフシルバーモデルがあった。現在のブローバックのように構造も実物に似せている訳ではなく、軽いスライドが「シュポシュポ」動くだけのものであるが小気味よいブローバックであった。

 2003年にはWA製がベレッタM1934を発売した。HW製でモデルガン譲りの外観の完成度は秀逸で、現行のものは2007年に発売されたカーボンブラックバージョンである。これはガスガンベレッタM1934の最高傑作といっても良い。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

ベレッタM84F
(画像はベレッタM84F wikipediaより転載)

 

 ベレッタチーターとはベレッタ社が1975年に開発したM81を筆頭にしたシリーズの愛称で、M81からM89までがある。口径や機能によって様々なバリエーションがあるが、日本ではトイガンで製品化されたM84が一番有名なモデルであろう。口径は7.62mm、9mm、22口径とあり、現在でも生産が続けられているロングセラーモデルである。

 

ベレッタM81 M82(実銃)

 

 

性能(M84)

全長 172mm
重量 665g
口径 9mm
使用弾薬 380ACP
装弾数 13発
設計・開発 ピエトロ・ベレッタ社

 

概要

02_ベレッタM82BB
(画像はベレッタM84F wikipediaより転載)

 

 1975年、ベレッタ社が完成させた中型オート。のちに傑作となるM92と並行して開発が進められた銃ある。M81の口径は7.65mm×17(32ACP)で、ダブルカラムマガジンの採用で装弾数は12発、M82はM81のシングルマガジンモデルである。装弾数は9発と少ないが、装弾数が少なくなった代わりにグリップが薄くなり重量が軽減された。発射方式はこれといって面白いことのないシンプルなストレートブローバック方式である。

 発射方式はストレートブローバック方式でフレームはアルミ合金、スライドはスチール製であり、木製グリップが標準装備されている。M81、M82にはデコッキング機能はないが、コック&ロックでの携行が可能である。

 

バリエーション

03_ベレッタM87ターゲット
(画像はベレッタM84F wikipediaより転載)

 

 M81、M82には数種類のバリエーションがある。まず、1980年に登場したM81B型はファイアリングピン・セイフティを組み込こみグリップ前後面にグルーブが刻み込まれているもの。1982年には、これにスライドのセレーションや各所に若干の変更を加えたBB型が登場した。1988年に登場したF型は、コンバットトリガーガードを装備しデコッキング機能を搭載、さらにグリップもプラスチック製に変更された。現行モデルはFS型でF型同様、ファイアリングピン・セイフティとデコッキング機能が組み込まれており、内部構造に若干改良が加えられている。

 このM81、82を380ACP仕様にしたのが1975年に登場したM84、1980年のM85である。装弾数はM84が13発、85が8発で3.81インチのバレルを持つ。85の4インチバレル版が1991年に登場したM83である。1990年に登場したM86は独特の機構を持ち、バレル先端下部のピンを機軸にしてバレルを上方に跳ね上げ、そこから初弾を装填する。水平二連ショットガンの装填をイメージすると分かりやすいかもしれない。初弾以降は通常のオートの操作で射撃する。1980年に登場したM87は、22口径バージョンでM81同様にB、BBモデルが存在する他、ロングバレルモデル、ターゲットモデルもある。M89は22口径競技用モデルである。

 

ベレッタM84(トイガン)

 

 M81、M82のトイガンはないが、同チーターシリーズのM84は1981年にモデルガンの老舗マルシンからモデルガンが発売されている。これは1993年にPFCでリニューアルされているが、エアガンでは1987年にマルシンが固定スライドガスガンを発売した。1996年(2000年とも)にはWAがM84Fをモデルアップ、現在では、モデルガンではマルシン製、ガスガンではWAがスポットで生産しているのと海外メーカーのWE社がガスブロを発売している。

 

マルシン ベレッタ M84 HW 発火式 モデルガン

 30年以上前から発売されているモデルガン。当初と異なりカートリッジが改良されており、発火性能、作動性能共に向上している。外観の完成度も高い。唯一のモデルガンである。

 

WE メタル M84 BK ブラック 【メタルスライド標準装備!】

 内部構造はWAのコピーのようだ。海外製なので品質は日本製ほど高くはない。メタルスライドが装備されているのが特徴。WA製に比べて価格が安いのがメリット。本家ウエスタンアームズのガスガンが欲しい方はこちらでどうぞ。

 

BERETTA ベレッタ 純正 M84F用木製グリップ

 珍しいベレッタM84専用グリップ。WA、WE製ガスガンには無加工で装着できるようだ。マルシン製はグリップスクリューの大きさが異なるので多少の加工が必要、モデルガンのグリップ内部には錘が入っているのでそれを取り除かなければ装着できない。銃が軽くなるのは覚悟しなければならない。純正品ではあるようだが、品質にばらつきがある模様。購入も加工も自己責任で。

 

まとめ

 

 ベレッタM80シリーズは1975年のM81発売以来、現在まで続くロングセラー商品である。小型で携行性に優れた反面、ストレートブローバックの反動のキツさが敬遠される傾向はある。しかしこのクラスのハンドガンはどれもストレートブローバックであり、ベレッタM80シリーズ特有の欠点とはいえない。日本ではM84が一番有名であるが、現実的には380ACPのシングルカラムモデルあたりが使い勝手が良さそうだ。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_M1951
(画像はwikipediaより転載)

 

 M1951とは、 ベレッタ社が1951年に発表したベレッタ社初の9mmパラベラム弾使用の大型拳銃でシングルアクション、シングルカラムマガジンを持つ自動拳銃である。世界各国で制式採用され大ヒットとなる。のちにはダブルアクション、ダブルカラムマガジンに改良した92が米軍に制式採用された。

 

M1951(実銃)

 

 

性能

全長 194mm
重量 935g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8+1発
設計・開発 トゥリオ・マレンガーニ / ピエトロ・ベレッタ社

 

概要

02_M1951
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベレッタM1951 はトゥリオ・マレンガーニによって設計されたベレッタ社初の9mmパラベラム弾を使用する自動拳銃である。1949年より設計を開始、1951年に完成した。同年イタリア陸軍に制式採用、1956年から本格的に生産されることになった。当初はフレームに軽量合金を使用していたが強度不足が判明したため、1955年頃より発売されたセカンドバージョンからはスチール製に変更されている。これによって重量は250g増したが強度不足は完全に解消されている。1975〜76年にはベレッタ92用に開発された合金を使用したフレームを装備したモデルが少数生産されている。

 ベレッタM1951は、M1934をベースに口径を9mmパラベラム弾仕様に変更。それまでの380ACPよりも高圧のカートリッジに対応するために、ワルサーP38系統の独立ロッキングラグを持つショートリコイル方式を採用している。スライドはM1934と同じ、オープンスライド方式で、この大きく切り取られたスライドは強度の点では問題は残るものの、バレルの放熱という点でも有利でスライド自体が軽いことで反動の軽減にも役立っている。

 マガジンはシングルカラムで装弾数は8発、セイフティはグリップ側面上部に設置されている押しボタンタイプのものだ。シングルアクションであるのものの、バランスの良いシンプルな拳銃であった。イタリア陸軍以外にもイスラエルやエジプト、イラク軍等世界各国で制式採用された。このM1951をダブルアクション、ダブルカラムマガジン化した92は1985年に米軍にM9として制式採用されている。

 

M1951A(またはR)

 ベレッタM1951のバリエーションとしては、フルオート機能搭載のM1951A(Rとする資料もあり)がある。これはM1951にフルオート機能を搭載し、さらに銃身下部にフォアグリップを付けたものだ。フォアグリップは太い木製で前面部にはフィンガーチャンネルが付いている。装弾数は10発に増加され、さらに15連マガジンも開発された。無論8連マガジンも使用可能である。

 

M1951エジプト・タイプ

 1957年にエジプトからの発注で、銃身を長めにしリアサイトが角型に変更された。さらにグリップ側面にあったマガジンキャッチをグリップ下部に変更。さらにランヤードリングが付けられた。グリップ後部はストレート仕様となり、グリップパネルはチェッカリングに変更された。約50,000丁が生産されている。

 

M52スペシャル

 7.62mm口径の射撃競技専用に開発されたモデル。装弾数は8発で全長は4センチほど延長されている。

 

M51/57ベルハマ

 銃身を長めに変更しアジャスタブルリアサイトを装着した。グリップはサムレスト付きのもので口径は9mm、装弾数8発。

 

M1949オリンピック

 ベレッタ社初のターゲットピストルである。22LR弾仕様で銃身長は201mm、マズルコンペンセイターとバレル下部にバランサーが装着されている。

 

M92

 M1951をダブルアクション化し、ダブルカラムマガジンを採用したモデル。これがさらに改良されてM92Fとなる。

 

M1951(トイガン)

 

 トイガンでは発売されていない。

 

まとめ

 

 ベレッタM1951は、1980年まで生産されたが、時代はダブルアクション、ダブルカラムマガジンに移行しつつあり、このM1951もそれらを備えたM92へと移行していくことになる。このM92は、現在でも第一線で使用され続けていることから見てもこのM1951の設計の優秀さが分かる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ