01_No1リボルバー
(画像はwikipediaより転載)

 

S&W No1リボルバー

 

 

性能

全長 178mm
重量 315g
口径 22口径
使用弾薬 22口径RF
装弾数 7発
総生産数 253,000丁
完成 1857年
設計・開発 S&W社

 

概要

 ハンドガンには主に自動拳銃とリボルバーという二種類がある。構造が古いのはリボルバーでシリンダーと呼ばれる筒に6個程度の穴をあけ、そこに弾丸を詰めて発射、シリンダーを回転させて次弾を発射する方式である。当然、装弾数はそのシリンダーの穴の数であり、シリンダーの大きさに限度があるため装弾数にも限度があった。

 このリボルバー。様々な方式があったが、19世紀から20世紀に主流となっていったのは米国の銃器デザイナーであるサミュエル・コルトが発明したハンマーをコッキングするとシリンダーが回転するという形式のものであった。これは商業的にも成功を収めたものの、そこは米国人サミュエル・コルト、しっかりと特許で自分の利益は守っていた。

 

金属カートリッジと貫通シリンダー

 しかしその特許、1836年に取得したものの20年後の1857年には失効してしまった。これに合わせて開発されたのがS&W社のリボルバー第一号であるNo1リボルバーである。とっても、コルト製リボルバーの「パチモン」を作った訳ではない。構造はちゃんとオリジナルでさらに画期的であったのは、コルト社ではまだ使用していない「金属カートリッジ」を使用していることであった。

 当時は未だ黒色火薬全盛時代、ライフルもリボルバーも銃本体に火薬を詰めて、弾を詰めてプライマー(雷管)を詰めて始めて射撃準備完了というものであった。そこに登場したのが金属カートリッジである。現在でも使用されていることを考えると金属カートリッジがどれほど革命的であったのかは言うまでもない。もちろん草創期の金属カートリッジなので口径は22口径で威力は今とは比べ物にならないほど低いものであったが、同時に革命的あったのは、このカートリッジを貫通したシリンダーに装填するというものであった。

 これは今から考えると何でもないことであるが、シリンダー内に前から火薬と弾丸を詰め、後部にプライマーを装填するというのが当たり前であった時代には画期的な発明であった。だが、この特許はS&W社が所有していた。正確にはS&W社が特許の所有者と独占契約をしていたといった方が良いかもしれない。実はこの特許、発明者は最初にコルト社に契約を持ちかけたのであるが、コルトは相手にしなかったためにS&W社が取得することになったのだ。結果、今度はコルト社がこの特許のために金属カートリッジを使用することが出来なくなってしまった。皮肉は話である。

 それはともかく金属カートリッジを使用したS&WNo1リボルバーはコルト社とは異なり中折れ式で、銃身はフレーム上部に蝶番式に取り付けられており、カートリッジを装填する際には上方に跳ね上げ、シリンダーを抜いてから装填するものであった。まだスイングアウト方式(20世紀のS&W、コルト社製リボルバー)やトップブレイク方式(エンフィールドリボルバー等)等が考案されていない過渡期のリボルバーでは仕方のないことであった。

 

No1の構造

 それでもパーカッション式リボルバーに比べれば装填が各段に早くなったのは間違いない。装填が完了してシリンダーを元に戻すとハンマーをコッキングする。同時にトリガーが前方に出て撃てるようになるというコルトパターソンモデルのような構造になっていた。作動方式はシングルアクションのみでフレームは真鍮製、銃身は八角形のオクタゴンバレルで22口径、リムファイアカートリッジを使用する。装弾数は7発で重量は312gと非常に軽量であった。但し、22口径で現在の22ショート弾程度なので威力はかなり低い。

 それでも小型軽量で護身用にはうってつけであった。奇しくも数年後には南北戦争が始まったこともあってバカ売れした。No1は3タイプ存在するが、全種類合計で253,000丁のセールスを記録した。それぞれ3タイプの特徴を簡単に説明すると、初期型は1857〜1860年まで発売されたモデルで12,000丁が生産された。2ndモデルは真鍮製フレームが鋼鉄製に変更されている以外はわずかな違いがあるのみである。総生産数は110,000丁で1860〜1868年まで製造された。

 3rdモデルになると全長がわずかに短縮、グリップの形状も変更されている他、シリンダーにフルート(溝)が彫られるようになった。この現在のリボルバーの多くにみられるこのフルートは重量軽減のために彫られたものであり、3rdモデルになってシリンダーの強度への信頼性が高まった結果なのだろう。銃身もそれまでのオクタゴンバレルから筒状のバレルに変更、仕上げも通常のブルーフィニッシュの他にニッケルフィニッシュも加わった。総生産数は131,000丁で1868〜1882年まで製造された。後年、コルト社と共にアメリカを代表する銃器メーカーの記念すべき第一作である。

 

⇒銃一覧へ戻る

 

amazonでS&W No.1を探す

天でS&W No.1を探す

 




 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング