01_m59
(画像はwikipediaより転載)

 

S&W M59

 

 

性能

全長 192mm
重量 840g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 14発
完成 1971年
設計・開発 S&W

 

初のワンダーナイン

 1954年に発売されたM39は市場で大成功を収めた。何せS&W初の9mmDA(ダブルアクション)オートであるだけでなく、米国初の9mmDAオートだったのだ。このM39は装弾数8発で、これは当時の自動拳銃からしてみると普通の装弾数であったが、ここにブローニングハイパワーで採用されたダブルカラムマガジンを装着しようというアイディアが生まれた。そうして装弾数14発となった試作品はベトナム戦争中に海軍特殊部隊によって使用されたものの採用には至らなかった。

 このモデルを基に開発したのがM59である。1971年に発売されたM59は、M39と同様にフレームはアルミ製、スライドはスチール製でダブルカラムマガジンを装備した装弾数は14発、全長192mm、重量は840gであった。スライド後部にあるデコッキングレバーを兼ねたサムセイフティの他、マガジンセイフティを装備、グリップはプラスチック製であった。

 現在では装弾数14発のオートというのは普通、いや、むしろ平均よりも弾数が少ないのではないかと感じてしまうが、当時のハンドガンの主力はリボルバー、装弾数6発が普通であった。オートにしてもブローニングハイパワーこそ装弾数13発と多かったが、その他のオートは装弾数は7〜8発というのが普通であった。この中で14発のファイアーパワーを持ったM59は圧倒的な存在感を示したのは言うまでもない。ダブルカラムマガジンを持つ9mmDAオートを米国では通称「ワンダーナイン」と呼ぶが、このM59は米国初のワンダーナインであった。

 フレームにアルミ合金を使用したことで軽量化に成功、大型オートでありながら重量840gを実現している。命中精度も比較的高く、トリガーはM39ゆずりのスムーズな動きであったものの、一番の問題はそのグリップの太さであった。ダブルカラムマガジンを装備したためにグリップが大型化、角材を握っているようなグリップフィーリングになってしまった。さらに初期のマガジンはスプリングのテンションが弱く、装填不良がしばしばおこった。これは15連マガジンに変更された際に修正されたが、何でも最初の製品には苦労が付きまとうものだ。

 

 

第二、第三世代へ継承

 1982年には生産が終了、1984年には第二世代M459として市場に再登場する。この第二世代への改良は主に装填機構の変更で、それまでFMJ(Full Metal Jacket)弾を使用することを前提に設計していた自動拳銃であったが、自動拳銃でもJSP(Jacketed Soft Point)弾、JHP(Jacketed Hollow Point)弾の使用が徐々に多くなってきた。FMJとは弾丸が完全に銅で覆われた弾丸で、JSPは半分のみ、JHPはJSPの弾頭に窪みを付けたものでJSP同様に半分しか被鋼されていない。

 M39系統の銃はFMJでは弾頭が銅で覆われているために抵抗なくスムーズに装填されるが、他の弾頭に鉛が露出している弾丸は装填時に抵抗があり、しばしば装填不良を起こした。このためこれらのカートリッジも使用できるように改良したのが第二世代の自動拳銃であった。因みにこのM459は、1986年のFBIによるマイアミ銃撃事件の際、FBIの捜査員が所持していた銃で、この銃撃戦で2名の死傷者を出したFBIは38口径や9mmのハンドガンの威力の弱さを痛感、リボルバーから自動拳銃に更新するのと同時により強力な10mm弾を採用するに至った。

 とにもかくにも第二世代でM459となったM59はさらに1988年には製造中止、第三世代のM5904となる。第三世代ではグリップの形状が変更されたため握りやすくなった。この結果、M5904のステンレスモデルが海上保安庁の特殊部隊に採用されることとなった。日本人の手でも使用できるほどのグリップになったのだ。どちらも現在では生産されていないが米国初の「ワンダーナイン」である記念碑的な銃である。

 

⇒銃一覧へ戻る

 




 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング