01_swm41
(画像はS&W M41 wikipediaより転載)

 

S&W M2206

 

 

性能

全長 230mm
重量 650g
口径 22口径
使用弾薬 22LR弾
装弾数 12発(1994年以降は10発)
完成 1990年
設計・開発 S&W社

 

プリンキング用22口径ピストル

 世界で最もポピュラーなカートリッジは言わずと知れた22LRである。このカートリッジはリムファイアで威力は低いものの安価であるため世界中で標的射撃、練習用として使用されている。S&W社も1957年にM41という22口径のピストルを発売、あまりにも高性能であるため競技射撃用として人気が高い。

 しかし問題は価格で高性能な分、製造コストは莫大となりそのコストは製品の価格に反映される。その結果、M41は高性能で高価格というハイスペック銃となってしまった。それはそれで需要があり、現在でも生産され続けているが、実は米国での22口径の愛用者というのはそのような精密射撃ファンよりもプリンキングと呼ばれる野原で岩や空き缶をパンパンと撃つ遊びをする人達が大多数なのだ。

 その人達から見ると、単なる遊びの銃に1,500ドル(2023年現在)も払いたくはない。低価格で気軽にパンパン撃って遊ぶ銃を求めている。その需要に注目して大ヒットしたのがスターム・ルガー社のルガーマークで、この銃はスターム・ルガー社の最初の製品であり、マーク犬箸覆辰晋什澆任眄源困気貘海韻討い襯蹈鵐哀札蕁爾任△襦

 

開発

 

 そこでS&W社もこの需要を取り込もうと22口径の低価格ピストルの開発を開始、1990年にM2206を発売した。この銃のベースとなったのは外観も似ていることからM41と思われがちであるが、この銃のベースとなったのはM41ではない。ベースとなったのはS&W社が1970年に発売したM61エスコートがベースとなっている。M61とは映画『タクシードライバー』にも登場した22口径のポケットピストルでわずか3年間のみ生産されたピストルである。

 S&W社は、この全長120mmのポケットピストルをベースに銃身とグリップ部を延長しスタンダードなハンドガンサイズとした。その結果、全長は230mm、重量650g、装弾数12発という一般的な22口径ピストルが完成した。軽量化のためフレームはアルミ製、バレルとスライドはステンレスまたはスチール製である。バレルバリエーションは4インチモデルと6インチモデルがあり、フロントサイトはターゲットタイプ、リアサイトは左右調整可能なアジャスタブルタイプである。

 

 

外観・構造

 外観はコルトM1911のようにバレルをスライドが覆う形状ではなく、ワルサーP38のようにバレル後部にスライドが設置されているタイプだ。特徴的なのは、一般的な銃はバレルの下にリコイルスプリングがあるが、この銃は、バレルの上にリコイルスプリングシステムが内蔵されていることだ。

 サムセイフティは左側面にあり、その直前にスライドストップがある。マガジンリリースボタンはグリップ前方にあるというのも一風変わっている。発射機構はシンプルなブローバック、内蔵ハンマー式でトリガーはSAO(シングルアクションオンリー)、左側面にプレートがある。これにより機械加工が容易になるのと同時にメカニズムの組み込みも容易になり、コストを削減することが可能となった。そもそも設計を流用したために新規での開発に比べて開発費も削減されている。

 トリガーはスムーズで命中精度も高いものの、両利きに対応する目的でグリップ前面に配置されたマガジンリリースボタンは片手で操作することはできず、サムセイフティも位置が後方すぎて親指で操作することはできない。さらに一部のカートリッジで装填不良が起こるという問題もあったようだ。1994年には法規制により、12発だった装弾数が10発に減らされている。2001年に生産終了。1990年時点での販売価格は600ドルであった。

 

コラム

 全体的なシルエットはまさにM61エスコートを大型化したそのままで、デザインの好みは分かれるところだろう。M2206は現在では生産されていないが、中古市場では300〜350ドルで取引されているということなので一定の人気はあるようだ。この銃のベースとなったM61に至っては『タクシードライバー』で主人公が使用したこともあり、かなりのコレクターズアイテムとなっている。

 M61をベースにしながらも、マガジンリリースボタンにはオリジナリティがみられる。マガジンリリースには両手が必要であり、同様にグリップ上部後方に位置するサムセイフティも両手の操作が必要だ。このように操作性にはかなりの難ありであるが、そもそも基本的な目的がプリンキング用であることからあまり問題ともいえない。

 現在(2023年)のS&Wの22口径ピストルは、前述のM41、M&Pシリーズの22口径モデルM&P22コンパクト、SW22ビクトリーの3種類で、SW22ビクトリーがM2206の代わりとなっている。販売価格はM41が1,500ドル、M&P22コンパクトが417ドル、SW22ビクトリーが454ドルとなっている。

 

⇒銃一覧へ戻る

 

amazonでS&W M2206を探す

楽天でS&W M2206を探す

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング