01_ドーントレス
(画像はwikipediaより転載)

 

SBDドーントレス爆撃機

 

 

性能(SBD-5)

全幅 12.66m
全長 10.09m
全高 4.14m
自重 2,905kg
最大速度 410km/h(高度4,300m)
上昇力 8.6m / 秒
上昇限度 7,780m
エンジン出力 1,200馬力(ライトR-1820-60 エンジン)1基
航続距離 2,519km
乗員 2名
武装 12.7mm機関砲2門、7.62mm機銃1挺
爆装 最大1,020kg
初飛行 1940年5月1日
総生産数 5,936機
設計・開発 エドワード・ヘンリー・ハイネマン / ダグラス社

 

開発

 SBD-1ドーントレスとは米国の艦上爆撃機で名称のdauntlessとは「恐れを知らない。不屈の」という意味で、SBDとは(scout(偵察) bomber(爆撃) douglas(ダグラス))の略である。設計は1935年に開始され、1940年5月1日に初飛行、同年後半に初期型のSBD-1が初めて海兵隊に配備された。続いて改良型のSBD-2が海軍に引き渡されている。

 速度は若干遅いものの、機動性、操縦性に優れ、爆弾搭載量も多く、頑丈で防御性能も高い爆撃機であった。全長10.09m、全幅12.66m、全高3.94m、戦闘重量4,492kg、プロペラは3翅3.30m、エンジンはライトR-1820-60エンジン(1,200馬力)、最高速度410km/h(高度4,785m)、実用上昇限度7,650m、航続距離1,794kmで武装は12.7mm機銃2門(各360発)、後席に7.62mm機銃2門(各1,000発)、爆弾倉に最大725kgの爆弾を1発、翼下には45kg爆弾2発を搭載可能である(データはSBD-5)。フラップは穴あき式でダイブブレーキも兼ねており、母艦搭載機であるが翼は折り畳むことができない。

 バリエーションは主にSBD-1からSBD-6までの6種類あり、SBD-2は海軍用で燃料搭載量が増加している。1941年初頭に製造が開始されたSBD-3は機首の機銃を12.7mm2挺へ変更、防弾タンクと防弾鋼板を装備してエンジンをライトR-1820-52(1,000馬力)に変更している。SBD-4は陸軍モデルの海軍呼称で、SBD-5はエンジンをライトR-1820-60(1,200馬力)に変更したものである。このSBD-5が最も量産されたモデルで約2,400機が生産されている。最終型のSBD-6はエンジンをライトR-1820-66(1,350馬力)に変更したモデルである。

 

 

実戦参加とその後

 初の実戦参加は1941年12月10日で、空母エンタープライズ搭載機が日本の潜水艦伊70を攻撃、撃沈している。その後も様々な作戦において使用されており、ミッドウェー海戦では日本の機動部隊に致命傷を与えている。このため当時はSBDの頭文字に因んで「Slow But Deadly」(遅いが致命的)というニックネームで呼ばれていたという。

 海軍・海兵隊のみならず陸軍でも採用され、A-24バンシー爆撃機として第二次世界大戦全般を戦っている他、イギリス海軍、ニュージーランド空軍、自由フランス空軍、メキシコ軍でも使用された。海軍では1944年後半から後継機SB2Cヘルダイバーに変更されていったが、ドーントレスはヘルダイバーに比べ速度や爆弾搭載量では劣るものの、逆に低速、軽量で着艦時の操作性に優れていたためドーントレスを使用し続ける部隊が多かった。海兵隊は終戦間際までドーントレスを使用し続けている。

 1940年から1944年7月まで製造され、総生産数は5,936機で内、SBD-5が約2,400機、陸軍モデルのA-24が953機(または948機)である。陸軍では戦後も使用され続け、1947年の空軍創設時にも存続、戦闘機として分類されF-24と改称された。この最後のF-24が廃棄されたのは1950年であるが、メキシコ軍ではその9年後の1959年まで使用し続けられた。

 

⇒航空機一覧へ戻る

 

amazonでSBDドーントレスを探す

<b><p>楽天でSBDドーントレスを探す</p></b>

 




 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング