01_天山艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 艦上攻撃機 天山とは、太平洋戦争中に完成した日本海軍の攻撃機でその性能は防弾性能と機銃の能力以外は、同時代の米海軍雷撃機TBFアベンジャーの性能を遥かに凌いだものであった。1943年に前線に配備された後、終戦まで活躍した。

 

艦上攻撃機 天山 〜概要〜

 

 

性能(12型)

全幅 14.894m
全長 10.865m
全高 3.820m
自重 3,083kg
最大速度 481.5km/h(高度4,000m)
上昇力 5,000mまで10分24秒
上昇限度 9,040m
エンジン出力 1,850馬力
航続距離 1,746km(正規状態)
武装 7.7mm機銃1挺、7.7mm旋回機銃2挺
爆装 800kg爆弾(または魚雷)1発または
   500kg爆弾1発または
   250kg爆弾2発または
   60kg爆弾6発
設計・開発 松村健一 / 中島飛行機

 

開発

02_天山艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 1939年12月、海軍は、九七式艦攻に代わる次期艦上攻撃機の開発を計画、十四試艦上攻撃機という名称で中島飛行機に開発を指示した。これを受けて中島飛行機では、松村健一技師を設計主務者として開発を開始、1941年春には試作1号機が完成した。同年3月14日には初飛行した。

 十四試艦攻は、エンジンを当時、未だ開発中であった国産エンジンの中で最大のパワーを持つ護11型(1,870馬力)を採用、プロペラは3.5m4翅プロペラが装備された。機体は大型化し全長は空母のエレベーターに乗る11mギリギリになり、重量も九七式艦攻の2,200kgに対して3,800kgと1,5倍以上増加したが主翼は切り詰められた。このため翼面荷重は139.78kg/屬塙發た字となった。尾輪は引込式で、武装は左翼内に7.7mm機銃1挺、後上方、後下方に7.7mm旋回機銃各1挺が装備された。この新たに装備された後下方機銃は、防御用と共に魚雷投下後に艦上を掃討することを想定して装備された。

 

トラブルが多発

 初飛行には成功したものの、最新の護11型エンジンはトラブルが多く、機体自体にもトラブルが多発した。これらのため海軍に領収されたのは初飛行から4ヶ月後の7月19日になってからであった。海軍による性能試験の結果、最高速度は465km/hと性能要求を上回り、その他の項目もおおむね性能要求を上回っていたが問題が多く、改修、改造などが続けられた。

 1942年末には性能試験が完了し離着艦試験に入ったが、十四試艦攻はこれまでにない重量であったため着艦フックの破損や母艦の着艦ワイヤーの切断といった事故が多かった上、母艦からの離艦距離が長いことも問題となった。離艦距離の問題は胴体両側に離艦促進用ロケット(RATO)を装備することで解決、その他の問題も強度や形状を変更することで解決した。

 

制式採用

 1943年2月、戦局の悪化から審査完了を待たずに生産を開始、生産しつつ改良が加えられた。合計で133機生産されたが、7月には十四試艦攻の性能向上型の開発が始まったため生産が打ち切られた。8月には護12型エンジンの制式採用が決定、8月30日には護12型エンジンを搭載した十四試艦攻が制式採用された。制式採用の名称であるが、1943年7月27日付けで改定された『航空機名称付与様式』によってそれまでの年式から山名に命名規則が変更されたため十四試艦攻の制式名称は天山11型となった。

 11型の性能は、最高速度が464.9km/h(高度4,800m)、上昇力が高度5,000mまで11分、実用上昇限度が8,650m、航続距離が正規状態で1,463km、過過重で3,447kmであった。

 

12型

03_天山艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 エンジンを火星25型(1,850馬力)に換装した型で1943年6月に生産開始、1944年3月17日に天山12型として制式採用された。エンジン換装と同時に排気管を推力式単排気管に変更された。尾輪は固定式となっている。性能は、最高速度が16km/h向上して481.5km/h、高度5,000mまでの上昇時間が36秒短縮され10分24秒、実用上昇限度も8,650mから9,040mに向上、航続距離も1,463kmから1,746kmに増加した。

 1944年11月には後上方機銃を13mm旋回機銃、後下方銃を7.9mm機銃に換装、さらに三式空6号無線電信機四型(レーダー)を搭載した12甲型が制式採用された。この12型の内2機は、エンジンを火星25型丙に換装、尾輪を引込式に戻し、カウリング、風防などを再設計した仮称天山13型が試作されている。

 

生産数

 11型が133機、12型、12甲型が1,133機、合計1,266機生産された。

 

戦歴

 

新鋭艦攻第一線へ

 天山を最初に受領した部隊は1943年7月1日に開隊した第531空である。制式採用前であったが18機を保有していた。次に配備されたのは1943年9月1日に開隊した第551空で当時スマトラ島に展開していた同部隊に24機の天山が空母千代田で輸送された。最初に天山を受領した第531空が南東方面カビエン(ラバウルの北にある島)に進出。当時同地域に展開していた第582空に編入された。初出撃は、12月3日の第六次ブーゲンビル沖航空戦で6機の天山が出撃、戦果を記録したものの米側には損害の記録はない。

 実戦部隊に配備された天山は時速250ノットに達すると尾部に振動が発生、そのまま操縦不能となり海中に突入するという事故が複数発生した。このため551空天山隊はシンガポールで尾部の補強工事を受けた後、1944年2月11日には内南洋トラック諸島に到着した。しかし2月17日にはトラック島大空襲に遭遇、所属機のほとんどを消失、残った天山も4月30日の敵機動部隊攻撃により全機を失った。その後6月3日には551空に天山11機が補充され「あ」号作戦に参加した。同時期、攻撃256飛行隊天山14機が八幡空襲部隊として硫黄島に進出、数回にわたって敵艦船に雷撃を行っている。

 

マリアナ沖海戦

 6月19日には日本海軍史上最大規模の機動部隊である第一機動部隊と米海軍機動部隊がマリアナ沖で激突した。第一機動部隊は空母大鳳、翔鶴、瑞鶴で編成された第一航空戦隊、隼鷹、飛鷹、龍鳳で編成された第二航空戦隊、千歳、千代田、瑞鳳で編成された第三航空戦隊の空母部隊を基幹としていた。この内、一航戦には天山が44機、二航戦には18機、三航戦には9機(旗艦千歳のみ。他は九七式艦攻)が配備されている。海戦の結果はVT信管とレーダーを駆使した米艦隊の一方的な勝利で海戦が終わった時、残存していた天山は一航戦が1機、三航戦が5機の僅か6機のみであった。

 

終戦まで

 1944年4月29日、天山13機装備の553空が千島列島最北端の占守島に進出。北海道から千島列島の哨戒任務についたが553空は天山1機と九七艦攻4機を残して比島に進出した。この1機の天山は1945年春に事故により失われている。

 1944年夏には新たにT攻撃部隊が発足。天山装備の攻撃262飛行隊が同部隊に編入された。同年10月には台湾沖航空戦が勃発、T攻撃部隊他、攻撃256飛行隊23機、攻撃252飛行隊24機、攻撃263飛行隊29機、634空10機の合計86機の天山が参加しているものの実際には目立った戦果はない。

 その他、エンガノ沖海戦を始め比島航空戦にもしばしば10機程度の少数機による索敵、攻撃が行われている。1945年になると特攻隊である第二御楯隊に天山が編入、いよいよ天山も特攻に使用されるようになってくる。この攻撃で雷装の天山艦攻が護衛空母ビスマルク・シーに止めを刺した可能性が高い。

 1945年3月になると沖縄戦の前哨戦である航空戦が展開されるがこの攻撃にも攻撃251飛行隊の天山22機が参加している。沖縄に集結している米軍に対して海軍も各航空隊を九州に集結、天山も攻撃251飛行隊に加え、254飛行隊、256飛行隊の計34機、210空13機、601空の合計103機の天山が動員、さらに台湾には攻撃252飛行隊の14機、253飛行隊の14機が終結、沖縄航空戦に参加している。これらの天山隊は一部特攻隊として編成されたものの多くは少数機による地味な攻撃を行った。

 これら以外には艦攻という機種が海上護衛に適していたため多数機が海上護衛部隊で使用されている。

 

艦上攻撃機 天山の関係書籍

 

肥田真幸『青春天山雷撃隊』

肥田真幸『青春天山雷撃隊』
肥田真幸 著
光人社 2011年

 海軍兵学校67期という戦前に飛行学生を終えた最後の期出身の著者。太平洋戦争中盤まで内地で教官任務に就いたのち、天山を2番目に配備された部隊の隊長として実戦に参加。多くの修羅場をくぐり抜け終戦まで戦い続けた。天山の後部機銃を20mm機銃に変更して実戦で使用する等、興味深い。

 

まとめ

 

 天山は試作機完成後に故障が相次ぎ、制式作用、前線に登場するのが遅れた攻撃機であったが、基本性能は非常に高く、防弾装備と機銃以外は同時期の連合軍雷撃機の性能を遥かに上回っていた。高性能であったが前線に登場するのがあまりにも遅かったため戦局に決定的な影響を与えることが出来なかった悲運の航空機である。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング