01_North_American_XP-82_Twin_Mustang
(画像はwikipediaより転載)

 

P82 ツインマスタング

 

 

性能

全幅 15.62m
全長 12.93m
全高 4.22m
自重 7,256kg
最大速度 742km/h(高度6,400m)
上昇力 1,149 / 分
上昇限度 11,860m
エンジン出力 1,600馬力(アリソンV-1710-143/145)2基
航続距離 3,600km(増槽装備時)
乗員 2名
武装 12.7mm機銃6挺
爆装 450kg爆弾4発
初飛行 1944年4月15日
総生産数 273機
設計・開発 エドガー・シュミュード / ノースアメリカン社

 

概要

 超重爆撃機B-29が実戦に投入されるようになるとB-29を護衛するための戦闘機が必要となってきた。そこでノースアメリカン社が提案したのが自社が開発した戦闘機P51マスタングをベースにした長距離戦闘機ツインマスタングであった。この機体はP51を左右に連結するという非常にユニークな発想の戦闘機で2機のP51を左右に並べて中央を翼で連結、さらに水平尾翼も連結されている。

 コックピットは2ヵ所あり、双胴の先端にはどちらにもプロペラが装備されている。このプロペラは左右反転してお互いのトルクを打ち消すように設計されており、2ヵ所のコックピットはどちらからでも機体の操縦が可能である。しかし単発単胴の戦闘機とは性能が異なるため胴体は一見同じであるが、形状や長さが変更されている。

 機銃は12.7mm機銃6挺であるが、通常の単発戦闘機が翼の左右に内蔵されているのに対して中央翼内に集中して設置されているため集中射撃が可能である。エンジンはアリソンV-1650-25エンジンで左右を反転させており、上方向に回転するように設計されていた。初飛行は1944年4月25日であったが、離陸できなかった。これはプロペラの回転方向が原因で回転方向が上方向だったため想定外の力が中央翼に加わり機体を陸地に押し付ける力が働いたためであった。このためエンジンを左右入れ替え下方向に反転するように変更した結果、揚力の問題は完全に解決した。

 

生産

 試作機XP82は1945年5月25日に完成、6月26日に初飛行に成功した。この一見トンデモ兵器のような外観をしたツインマスタングであるが性能は驚異的であり、最高速度は742km/h、航続距離は3,605kmに達した。しかし同年8月に日本が降伏したため第二次世界大戦で使用されることはなかった。

 米陸軍もツインマスタングの性能に注目、当初は量産型であるP82B 500機の生産を発注していたものの戦争終結により480機を削減されわずか20機の注文となった。その後時代はジェット戦闘機の時代に移行していくが、1946年にB-29を上回る超巨大爆撃機B36が完成するとその長大な航続距離にジェット戦闘機では援護が不可能であるため米陸軍はP82E型100機、全天候型P82F100機を再び発注している。

 バリエーションは量産型のP82B、このB型を夜間戦闘機仕様に改造したC型、同様に夜間戦闘機仕様であるが異なるレーダーを装備したD型、護衛戦闘機型のE型、夜間戦闘機型のF/G型(これも搭載しているレーダーの種類が異なる)、寒冷地仕様のH型がある。生産数は試作機XP82が2機、XP82Aが1機、量産型のP82Bが20機、Eが100機、Fが100機、Gが50機の合計273機である。尚、1948年に陸軍航空隊が米空軍として独立したことにより戦闘機を表す記号が「P」から「F」に変更されている。このためE型以降はF82となっている。

 

 

戦歴

 実戦配備される前に終戦となってしまったため第二次世界大戦では運用されることがなかったP82であったが、長距離掩護戦闘機の必要性が高まったため運用されることとなった。実戦配備されたP82は米国内の基地に配備され防空警戒任務に就いた。同時にそれまでP61ブラックウィドウを運用していた部隊はP61からP82へと更新されていった。

 1950年に朝鮮戦争が始まるとP82も実戦に投入された。P82は、この時点で182機が運用されていたが、スペアパーツが少なく共食い整備によって何とか運用し続けていた。戦争初期には空対空戦闘も行っており、朝鮮戦争初撃墜はP82によって行われている。戦争中盤以降は徐々にF80などのジェット戦闘機が空対空戦の主力となったためP82は対地攻撃等で運用されることとなった。

 最後に実戦で使用されたのは1951年で最後の機体が退役したのは1953年11月12日である。

 

⇒航空機一覧へ戻る

 

amazonでP82 ツインマスタングを探す

楽天でP82 ツインマスタングを探す

 




 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング