01_九八式単軽爆撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九八式軽爆撃機とは、川崎航空機によって開発された陸軍の単軽爆撃機である。三菱製九七式単軽爆と制式採用を競ったが三菱に軍配が上がり、不採用になるところであったが、日中戦争の勃発により制式採用された。液冷式エンジンを装備、九七式単軽爆を凌ぐ846機が生産された。

 

九八式軽爆撃機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 15.00m
全長 11.64m
全高 2.90m
自重 2,349kg
最大速度 423km/h(高度3,940m)
上昇力 5,000mまで10分55秒
上昇限度 8,920m
エンジン出力 850馬力
航続距離 1,220km
武装 7.7mm機銃1挺、7.7mm旋回機銃1挺
爆弾搭載量 300kg(正規状態)
      450kg(最大)
設計・開発 井町勇 / 川崎航空機

 

背景から開発まで

 日本陸軍は、戦闘機、偵察機に比べて爆撃機に注目するのが遅かったと言われる。その陸軍爆撃隊には軽爆撃機という区分があった。軽爆撃機というのは陸軍を支援する小型爆撃機のことでそれ以外の爆撃機を重爆撃機、超重爆撃機といった。

 1932年頃、日本陸軍では、軽爆撃機は双発、単発のいずれが良いかという論争が行われていた。単発派は軽量であることを重視、さらには双発機は単発機の1.5倍のコストがかかることから数が維持できないという理由であった。これに対して双発派は、爆弾搭載量、視界や防御力の点から双発が適当としていた。結局、この論争は双単併用という日本的な解決方法で解決した。この結果、日本では単発の軽爆撃機と双発の軽爆撃機という2種類が存在することとなった。

 

開発

 1935年、陸軍は中島飛行機、三菱重工に新重爆の開発を内示、1936年2月に試作を指示した。同時に石川島、三菱、中島、川崎航空機の4社に当時制式採用されていた九三式単軽爆の後継機の開発が内示された。1936年5月5日、三菱キ30、川崎キ32として新軽爆の試作が指示された。

 これに対して川崎航空機は井町勇技師を設計主務者として開発を開始、1936年12月に設計完了、1937年3月試作1号機が完成した。三菱のキ30と共に5月より陸軍による審査が開始される。性能は両試作機ともに同程度であったが、キ32はエンジンの故障が多かったため採用はキ30に決まりかけていた。しかしこの審査中の7月に盧溝橋事件が勃発、新型爆撃機の必要性が高まったためキ32に対しても増加試作機5機の製作が命じられた。

 この増加試作機は各所が改良され1938年2月までに完成する。九七式単軽爆乙として審査が開始された。エンジンの不調は相変わらずであったが、改修を重ねた結果、改善されたため1938年8月15日、九八式単軽爆撃機として制式採用された。同年6月には三菱製キ30が九七式単軽爆として制式採用されていたにも関わらずキ32が制式採用された背景には、三菱が九七式重爆の生産に追われており九七式単軽爆の大量生産が困難であったという背景がある。生産は1938年7月より1940年5月まで行われた。

 キ32は胴体内に爆弾倉を持つ固定脚機でエンジンは当初は水冷式のハ9(800馬力)を搭載していたが、のちにハ9恐機850馬力)に変更した。プロペラは直径2.90mの3翅プロペラを採用していた。武装は機首に7.7mm固定銃、後席には7.7mm連装銃を搭載していたがその後単装式の7.7mm旋回機銃に変更されている。爆弾搭載量は正規状態で300kg、最大450kgであった。急降下爆撃は可能であったが専用の投弾装置を持たないため急降下爆撃時には翼下に爆弾を搭載する必要がある。

 

 

生産数

 1938年7月から1940年5月までの間に846機生産されている。

 

まとめ

 

 九八式単軽爆撃機は、エンジンの信頼性の低さにより採用が見送られかかったが、日中戦争の勃発により制式作用された。しかし実戦に投入されてからもエンジンの不調は続き稼働率は低かった。太平洋戦争開戦後の1942年には前線から姿を消したが訓練用等で使用された。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング