01_ペヤングソース焼きそば超大盛

 

ペヤングソース焼きそば

 おっはトイレ〜!
管理人です。画像はペヤングソース焼きそば超大盛!!ダイエット中とは思えない食事であります!しかしペヤングソース焼きそば、関東圏外の人は知らないかもしれないがこれはウマい。私はカップ焼きそばの中で一番好きだ。但し通常サイズは量が少なすぎる。このため私は大体画像の超大盛を買うのだ。これがサイズ的にはちょうどよいのだが、問題はカロリーね。1081kcalはヘビー級だ。でも美味しい。

 

トケマッチというサービス

 ところでネットニュースをふと見ると「トケマッチ」なるサービスが問題となっているようだ。このサービスは高級腕時計を会社が所有者から借りて、さらに腕時計をレンタルで良いから身に着けたい人にレンタルするというサービスだ。

 こういう案件、以前どこかのアフィリエイトであったような気がするんだよね。その時に私は「腕時計を借りたい人なんていないだろう」とスルーしてしまった。

 それはともかくこのトケマッチというサービスを提供しているのがネオリバースという会社。設立が2020年7月で2021年1月からトケマッチのサービスを開始、同年12月にはハウスーモという不動産仲介業も開始している。トケマッチの仕組みは前述のように時計を所有しているオーナーから時計をネオリバースが借り、これをレンタルするというもの。

 しかしこのネオリバースが1月末に突然解散して経営者とも連絡が取れないとのこと。そしてオーナーから借りた時計のほとんどは戻っていない上に一部その時計が中古市場に流通しているというのだ。被害総額は16億円にも上るという。

 まあ恐らくこれはスポンジスキームという詐欺だろう。スポンジスキームとは高い利回りを謳い金を集め続け、その金で投資するのかと思いきやそのまま利払いをするという手口。要するに実際にはただ金を集めて一部を利払いに充てるというもの。そしてある程度の金額を集めるとトンズラするという寸法だ。

 まあ私が高級時計の所有者だったら間違いなくやらない。自分のコレクションに傷をつけられたり紛失したりするのが嫌だし、仮に破損や紛失した場合の補償が全くないということ。そもそも借りる人がそんなにいるとも思えないし、「ネオリバースから入金確認!」みたいな召離侫ロー10人くらいしかいないアカウントの報告が大量に出て来るのが怪しすぎる。「入金されるのは当たり前なのに何故こんなことを報告するの?」と考えてしまうな。

 この会社に預けた腕時計は諦めるしかないが、youtubeの広告とかも胡散臭いのが山のようにある。そもそも「儲け話の広告」という時点でおかしいということに気が付かないとね。本当に儲かるのであれば広告なんて出さないよ。以前、youtubeのながぁーいCMを調べたことがあるんだけど、その話はまたいずれ。

 

 

今日のアップ記事

 

カ号観測機

 カ号観測機とは通常の固定翼機ではなくオートジャイロと呼ばれるヘリコプターのような機体だ。ヘリコプターとの違いはというとヘリコプターがローターの角度を変えてローター自体で浮上プラス推進するのに対してオートジャイロはローターは浮上するだけ、推進には別の動力を使用する。カ号観測機の場合は前方のプロペラが付いており、それで前進するのだ。

 その名の通り観測用で98機が製造されたということになっているが実際に完成したのは70機程度、その内50機程度が運用されている。外観は中々レトロで(当時としては最新)味のあるデザイン(今から見れば)だ。

 

S&W No3

 S&W No3は、S&W社が1868年に開発したリボルバーでそれまでのS&Wのリボルバーの最大の口径が32口径だったのに対して44口径と大幅にアップしている。装弾と排莢はブレイクオープン方式というリボルバーの真ん中をバキっと折ってシリンダーに装填するタイプだけど、それまでの銃身を上に跳ね上げるチップアップ方式から銃身を下へ折るトップブレイク方式に変更した。

 それとちょっとマニアック(というよりもこのブログ自体がマニアックか)な話になるけど、カートリッジがリムファイアからセンターファイアに変更されている。実はこれはすごい変化なんだ。どちらの方式も現在でも使用されているが主流はセンターファイアだ。これは中央に雷管があり、そこを撃針でぶっ叩くと発火する方式、この方式を採用したのはS&WではNo3が最初だった。このモデル、マイナーだけどモデルガンでも販売されているよ。

 


陸軍カ号観測機―幻のオートジャイロ開発物語
玉手 榮治
潮書房光人新社
2002-06-01


 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング