01_文華堂書店

 

神保町へ行ってきた

 おっはトイレ〜!
先日、超久しぶりに神保町は文華堂に行ってきた。この古本屋さんは知る人ぞ知る軍事関係の専門古書店で私もその昔、もう絶版になって久しい『日本海軍戦闘機隊』をここで手に入れたのだ。ホント嬉しかったな〜。当時はインターネットがありはしたが現在のように便利に検索できるようなものではなく何かの本で文華堂の存在を知り出掛けていったのだった。

 それ以来、定期的にパトロールすることにしており、今回久しぶりに行った結果が上記の画像である。人生こんなこともあるさ。まあ休みなのは仕方ない。せっかくなのでもう一つの軍事オタク御用達の古書店『軍学堂』に向かう。ここで古書を一冊購入、そのまま秋葉原、御徒町まで歩き帰宅した。街の風景は変わらないが私のお気に入りのガンショップはほぼ閉店しておりモデルガンの街であったアメ横の昔日の面影はなかった。ちょっと寂しい。

 

 

今日のアップ記事

 

戦艦敷島級

 敷島級戦艦とはあまりピンと来ないかもしれないけど敷島級4番艦三笠だったら知っている人は多いだろう。言わずと知れた日露戦争で連合艦隊の旗艦となった艦だ。この敷島級は当時の最新鋭の戦艦で4隻が建造されている。日露戦争には4隻全てが参加するが、3番艦初瀬は富士級戦艦八島と共に機雷によって沈没してしまう。

 保有する戦艦6隻中2隻を失った連合艦隊であったがその後日本海海戦で大勝する。その後敷島級の3隻は1906年にドレットノート級戦艦が登場したことにより一気に陳腐化わずか数年で「旧式戦艦」となってしまった。それほどドレットノート級はすごかったんだ。

 それでも海防艦などに類別変更して運用された。1番艦敷島は練習艦となり佐世保に係留されて太平洋戦争終戦まで運用され、戦後に解体されている。2番艦朝日は工作艦に改造されて太平洋戦争に参戦するが戦争初期に潜水艦の雷撃により撃沈されてしまった。4番艦三笠は関東大震災により東京湾内で浸水着底、そのまま記念艦となって現在でも横須賀で見ることができる。昔のままなのは船体くらいだけどね。

 

IMI UZI

 UZIとはイスラエル製のサブマシンガンで1980年代はサブマシンガンと言えば「うーじー!」というくらい有名な銃であった。完成したのは1951年で構造はシンプルなオープンボルト式ブローバックであった。口径は9mmであったため9mmパラベラム弾の高圧に対応するためにボルトは重くせざるを得ず、結果的に銃自体も重いものとなった。それでもヒット作で世界各国で制式採用された。

 1981年に米国のレーガン大統領が銃撃された際にシークレットサービスがスーツの脇からUZIを出して構えたというのは有名な話。あまりにも焦っていたためにストックが完全に開いていなかった。因みに銃撃されたレーガン大統領、重傷であったため即刻病院に運ばれた。

 病院で手術を受ける直前、瀕死のレーガン大統領は執刀医に向かい「念のために訊いておくが、君たち共和党員だろうね」(レーガン大統領は共和党)と言ったという。それに対して執刀医(民主党員だったらしい)は「今日一日はみんな共和党員です」と返したという。手術は成功したが、この時の銃撃で流れ弾を受けた報道官ブレイディ氏は半身不随となってしまった。

 そんなこんなで今日も一日頑張ろう!
バアーイ!

 




 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング