02_零戦21型
(画像はwikipediaより転載)

 

略歴

 1917年佐賀県に生まれる。1934年佐世保海兵団入団。1936年3月31期操練を修了後、大村空にて戦闘機専修教育を受ける。1937年10月13空に配属、上海に進出した。1938年7月大村空に異動後、龍驤、鈴鹿空、鹿屋空を経た後、1941年10月台南空に配属され太平洋戦争開戦を迎える。比島・蘭印航空撃滅戦に参加したの1942年4月大分空教員として内地に帰還する。その後は病気のため筑波空、霞ヶ浦空で教官として活躍、終戦を迎えた。

 

田中少尉と「特三」

 田中国義少尉は1917年、佐賀県に生まれる。飛行機に憧れた少年は、予科練を目指すが身体検査で不合格となってしまった。しかし海軍内部から搭乗員になる道があることを知ると1934年6月、四等機関兵として佐世保海兵団に入団する。訓練終了後は整備員として配属されたが、操縦練習生の募集があることを知り応募、採用された。しかしこの時、整備分隊の上官の心証を悪くしてしまったため三等兵から二等兵への昇進が半年遅れた。このためその後もすべて同期よりも半年昇進が遅れるという不利益を受けてしまう。これを海軍では「特三」と称した。

 戦闘機搭乗員としての訓練を終えた田中国義一空兵は、上海に進出した13空に配属されたが、そこには黒岩利雄赤松貞明、虎熊正等の戦闘機の神様のような先輩達が大勢いた。そこに新人として田中一空兵を始め、武藤金義岩本徹三等の「ひよっこ」が着任したのだ。13空に着任した田中一空兵は空戦の機会に恵まれ、日中戦争において13機を撃墜する。これは日本海軍の日中戦争での最多撃墜者である岩本徹三兵曹の14機に次ぐ記録であった。

 1941年10月、内地での教員生活を終えた田中一飛曹は新たに編成された台南空に配属、そこで太平洋戦争開戦を迎えた。田中一飛曹の白眉は1942年1月24日の「B-17爆撃機2機同時撃墜」であろう。この日、田中一飛曹はB-17の編隊を発見、早速攻撃をかけたが内、1機が被弾、近くの僚機に衝突して堕ちていった。攻撃は列機を率いて2機で行ったたので協同撃墜ということになる。1942年4月、内地に帰還した田中一飛曹は教員配置に就くが、582空配属となり戦地に行く時、心臓弁膜症が発覚、そのまま教員配置として終戦を迎えた。

 終戦後は建設会社社員を経たのち、1948年より独立して自動車修理を始める。その後戦友の坂井三郎中尉の紹介で雇われ社長、さらに再び独立して自動車塗装専門店を開業、1987年に廃業した。2011年5月25日他界。総撃墜数は単独14機、協同6機の合計20機以上であるという。

 

田中国義少尉関係書籍

 

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

神立尚紀 著
光人社; 新装版 (2010/12/18)

 神立尚紀氏による零戦搭乗員へのインタビュー集。志賀少佐を始め、中島三教、田中国義、黒澤丈夫、佐々木原正夫、宮崎 勇、加藤清(旧姓伊藤)、中村佳雄、山田良市、松平精のインタビューを収録している。戦中の海軍戦闘機搭乗員の中でもベテランの部類に入る搭乗員の記録として非常に貴重である。

 

零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争 (講談社文庫)

神立尚紀・大島隆之 著
講談社 (2015/7/15)

 NHKのドキュメンタリーを書籍化したもの。零戦とその搭乗員を中心に日中戦争の零戦初空戦から太平洋戦争終戦までを描く。本書には海軍航空機搭乗員の取材を多く手掛けている神立尚紀氏が共同執筆しているため、搭乗員の生の声を多く収録することが出来ている。田中国義飛曹長は開戦初期の比島航空戦の部分で登場する。

 

 

まとめ

 

 田中国義少尉は、秦郁彦著『日本海軍戦闘機隊』には「B-17攻撃に特技を示した」と書かれているが本人曰く、やっかいな敵であり、得意なはずがないとのことであった。田中少尉が活躍した主な戦場は日中戦争から太平洋戦争初期までであったが、第一線を離れた後も教員として多くの教え子にその高い技術を教え続けた。

 

⇒日本海軍パイロット一覧へ戻る

 




 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング