01_F4U
(画像はF4U wikipediaより転載)

 

F4Uコルセア

 

 

性能(F4U-1)

全幅 12.49m
全長 10.16m
全高 4.48m
自重 4,074kg
最大速度 671km/h(高度6,066m)
上昇力 14.68m / 秒
上昇限度 11,278m
エンジン出力 2,000馬力(P&W R-2800-8/8W エンジン)1基
航続距離 3,573km(増槽装備時)
乗員 1名
武装 12.7mm機関砲6門(携行弾数計2,350発)
爆装 907kg(2,000ポンド)
初飛行 1940年5月29日
総生産数 12,571機
設計・開発 レックス・ブレン・ベイゼル / ヴォート社

 

概要

 F4Uは太平洋戦争開戦前に開発された米海軍艦上戦闘機であまりの高性能から戦前に開発された機体でありながら1950年代まで米軍で使用され続けた。当時の戦闘機は3年ほどで旧式機とされていたことを考えると驚異的である。むろん最後は戦闘機としての運用ではなかったものの設計の優秀さが良く分かる。このF4Uは、当時の米海軍の主力戦闘機F2Aバッファローの後継機として開発が開始、計画当初から2,000馬力エンジンであるプラット&ホイットニーR-2800エンジンを使用する予定であった。

 初飛行は1940年5月29日で量産機の初飛行が1942年6月25日、量産機の初飛行まで2年以上かかったことになる。最初の型であるF4U-1は、全長10.16m、全幅12.49m、全高4.48m、全備重量5,461kg、翼面荷重187kg屐∈嚢眤度671km/h、上昇力は高度6,066mまで7分42秒、実用上昇限度11,278m、航続距離1,633km、武装は12.7mm機銃6挺、胴体下、翼下合計で907kg分の爆弾を搭載できる。高出力のエンジンに直径約4.06mの大型プロペラを装備したことにより主脚が長くなることが問題視された。この対策として逆ガル翼を採用する。結果、主脚が短くなり同時にパイロットからの視界が良好となった。高速の艦上戦闘機であるためか戦闘機には珍しくダイブブレーキを装備している。

 

陸上機として運用される

 外観から分かる通り機体は頑丈で、コックピットは防弾版で囲まれており、燃料タンクには自動消火装置が装備されていた。しかし母艦機としては当初の型は致命的で、着陸時に液漏れや失速等の不具合があったため空母での運用は不適とされた。この結果、ほとんどが海兵隊に引き渡されることとなった。実戦配備は1943年からで、1943年2月12日、最初のF4U12機がガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に到着、二日後の2月14日に初空戦を行った。初戦では日本の海軍航空隊に酷い目に遭ったものの、その後は運用方法を改善、その高性能振りを発揮することとなった。F4Uは、その後も陸上基地での運用を行い、ラバウル航空戦を戦い抜いた。そして1945年になると前述の着艦の問題も解決、空母でも運用されるようになっていった。大戦機としてはP51マスタングと並んで最強のレシプロ機の一つと言われている。

 

 

戦後

 戦後は、主力戦闘機の座はジェット機に譲ったものの、何と1953年まで戦闘爆撃機として運用され続けた。1940年に初飛行をした戦闘機としては驚異的な寿命であろう。国外では英軍、フランス軍など数か国で運用された。米国同様、戦後も運用され続け、1979年にホンジュラス空軍から退役したことによりF4Uは全機退役した。長期間使用されたため、F4U-1からF4U-7まで数多くのバリエーションがある。総生産数12,571機。

 

⇒航空機一覧へ戻る

 

amazonでF4U コルセアを探す

楽天でF4U コルセアを探す

 

F4Uコルセア 3.5
F4Uコルセア 3.5"
第二次大戦のF4Uコルセアエース (オスプレイ軍用機シリーズ) [ マーク・スタイリング ]
第二次大戦のF4Uコルセアエース (オスプレイ軍用機シリーズ) [ マーク・スタイリング ]
ハセガワ 1/48 F6F-3 ヘルキャット “USS ESSEX” H JT34 F6F3 エセツクス カイ [H48ヒJT34N]【NYAP】
ハセガワ 1/48 F6F-3 ヘルキャット “USS ESSEX” H JT34 F6F3 エセツクス カイ [H48ヒJT34N]【NYAP】

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング