トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

政治経済

01_マルクス
(画像はマルクス wikipediaより転載)

 

超要約

 

 人類の歴史には下部構造の生産と上部構造の政治・社会体制がある。下部構造が進歩すると上部構造との軋轢が起こり闘争が発生、新しい上部構造が出来上がる。人類というのはそれを繰り返して進歩してきた。

原始共産制

奴隷制社会

封建社会

絶対王政

資本主義(←イマココ)

共産主義(歴史的必然性!絶対なる!マジでなる!なるに決まってんじゃん!(マルクス))

ということのようだ。しかしあくまで理論なので「じゃあ、証拠あるんですかぁー?」などということは言ってはいけない。

 

唯物史観とは

 

下部構造と上部構造によって社会は進歩する

 唯物史観とは経済学者のマルクスが考えた歴史観である。世の中には何かを生み出す生産とそれを管理する政治・社会体制があり、この二つの関係によって歴史は動いてきたという考え方で、生産というのは時間が経つと新しい技術や手法が開発されたりして技術が進歩する。これに対してそれを支配する政治・社会体制というのは既得権益側なので保守的である。ここで進歩する生産と現状維持を図る政治体制が衝突して闘争状態になる。この闘争の結果、新しい政治・社会体制が出来上がり社会は次の段階に移行するという考え方である。

 唯物史観の考えでは歴史は原始共産制から始まり、奴隷制社会、封建制社会、絶対王政、資本主義社会と進歩していき、資本主義は必ず共産主義に進歩する。難しい言い方をすると下部構造(生産)が進歩すると上部構造(政治・社会体制)が変化するとなる。中心はあくまで下部構造でその変化によって上部構造が変化する。そして下部構造は「生産=物」であるのに対して、上部構造は政治や社会体制という制度や規則という実体のない概念でしかない。このため下部構造「生産=物」の変化によって歴史を見る方法ということで唯物史観と呼ばれているのだ。

 

あくまで個人の感想です!

 と、これでも何だか分からない人が多いと思う。何だか分からないというので良いと思う。この歴史観はあくまでも理論であり、恐らくマルクスも世界中の歴史を精査して法則を導き出した訳ではない。上部構造には政治や社会体制以外にも文化や芸術、宗教も入るので、これらが全て生産によって変化するというのはちょっと単純すぎる。相互に影響し合っているというのが常識的な見方だ。これに対してマルクスの親友エンゲルスが反論しているが、これはこれでまた批判の対象になっている。要するに叩けばホコリがいくらでも出てくる理論なのだ。

 たぶんマルクスにとっては、一番大切なところは5段階の歴史のうち最後の部分で、資本主義の下部構造(労働者)が上部構造(資本家)との闘争によって新しい政治体制(共産主義)が成立するというところなのだろう。但し、この唯物史観は今でも日本共産党や共産主義者で信じている人も多いので理屈だけは知っておくとよい。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_赤旗
(画像はwikipediaより転載)

 

共産主義国家

 

駄目だったから駄目は駄目

 最近、共産主義について調べている。以前から興味はありその都度調べていたが、今回は一応系統立てて調べてみた。おおよそは分かっていたのだが、ソビエトの歴史など調べると知らないことが多く楽しい時間であった。と、それは良いのだ。今回私が書きたいのは共産主義が何故、何がダメなのかということだ。共産主義が駄目だということはみんな知っている。何故ならソビエトは崩壊したじゃないか。今更何故そんなことを書く必要があるのかと思われるかもしれない。

 しかしこれは違う。ソビエトが崩壊したからと言って共産主義が駄目というのは論理として成立しない。理由は簡単である。現在においても世界中に共産主義国家というのは存続しているからだ。一番大きな共産主義国家に中華人民共和国がある。さらに朝鮮民主主義人民共和国、そしてキューバ等、未だに共産主義国家は多い。全人類の何割かは共産主義を国是とする国家に所属していると言っていい。このように書くと当然の批判として「中国は実質資本主義国家である」「北朝鮮は独裁国家である」という意見があるのは承知している。

 

ソビエトだって共産主義の理想通りではない

 確かにその通りである。では逆に問いたい。ソビエトは100%理念を実現した社会主義国家であったのかということだ。ソビエトだってマルクスの理念の通りの純粋な社会主義国家ではなかったではないか。1922年に成立、1924年にはレーニンが亡くなりスターリンが跡を継ぐ。スターリンは有名な独裁者である。独裁者がいる時点で社会主義ではない。ソビエトだって社会主義を実現した国家ではないのだ。

 こういう考え方もできる。仮にソビエトが社会主義の理想に近い国家であったとする。そしてそれが崩壊した。しかしそれは理念が間違っていたのではなく、たまたま地理的、時代的、または個別の要因によって崩壊しただけだ。将来的には社会主義国家、または共産主義社会が実現されるのだ。という論理もありうる。つまり共産主義とソビエトというのはイコールではないのだ。

 

人は他者との違いを求める

 まあ、つまらない前置きは良いとして本題に入ろう。共産主義というのは資本(工場、農地等)を労働者が共有、そしてそこから生まれた生産物(製品や食糧)はみんなで分配するという考え方。社会主義というのは一時的にそれを国家が行うというものだ。むろんこれは一時的で将来的には国家はなくなり共産主義社会となる。

 制度的に相当問題があることは100年前から指摘されている。結局、ほとんどの場合、汚職が蔓延する独裁国家になってしまうのだ。それはそれとして、私は、共産主義にはもう一つ別の問題があると考えている。それは人間にはアイデンティティ(自己同一性)があるということだ。自己同一性とはその言葉通り、私は私であるという認識である。私が私であるということは、逆に言えば私は他者とは違うということだ。

 身体は他者とは違う。経験も他者とは違う。これで人間は自己同一性が満たされるのかといえばそうではない。「私は有名大学出身である」「私は一流企業に所属している」「私は人と違う才能を持っている」など、もっと具体的なことで他者との違いを確認したい生き物なのだ。

 

違うは価値になる

 衣食住に関しても同じだ。人間は人と同じ食事をして人と同じ仕事をして人と同じ家に住む。こんなことには耐えられない。人と違うことをして見た目でも他者に差をつけたいのだ。そうするとどうなるのか。料理の得意な人が他の人と違う料理を作る。デザインの得意な人がオシャレな服を作る。そうすると他者との差をつけたい人がその製品に殺到する。

 美味しい料理が存在するということは、同時に不味い料理が存在するということだ。オシャレな服があるということは、同時にダサい服が存在するということになる。そこでオシャレな服には価値が出てしまう。オシャレな服を持っていることはダサい服を持っていることよりも資産価値が出てしまう。その時点で平等ではなくなってしまうのだ。そこに資産を持つ者と持たざる者の差が出来てしまう。

 さらにこの美味しい料理人、オシャレな服を作る人というのは何をやっているのかを考えてみる。この人達は原料を購入、そして加工して製品を作り上げている。これはそのまま工場だ。そして作っている人は一人工場の資本家に他ならない。この時点でもう共産主義ではなくなってしまう。

 もちろん個人で楽しむだけで売らなければ共産主義ではある。しかし前述のように人間というのは他の人と差をつけたいのだ。これは人間の自己同一性の問題で、人間の本質的なものなのだ。その本能は抑えることはできない。

 結局、共産主義を貫徹しようと思えばこれらの行為を強制的に禁止することになる。その時点で共産主義の限界を露呈したことになるのだ。もう人類の理想ではなくなっている。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_マルクス
(画像はカール・マルクス wikipediaより転載)

 

超要約

 

 資本(工場や農地、会社等)を労働者で共有、そこから出た生産物も労働者で平等に分けるという思想。社会主義は国家が間に入ってそれを行う。実際にやってみると社会主義国家は、生産性は下がり汚職が蔓延、独裁国家になってしまった。

 

共産主義とは

 

資本主義の真実

 マルクスが生きた19世紀のヨーロッパというのは資本主義の発達で資本家(会社のオーナー)と労働者の貧富の差が激しかった。これに疑問を持ったマルクスは思った。「そもそも何で会社は利益を出すことができるのだろうか?」と。例えば工場がある。材料を人が機械を使って加工して製品とする。儲かった金から材料費と諸経費を払う。さらに仕事をした人に給料を払う。そうしたら残金はゼロになるはずじゃないか。何で利益が出るのだ?そこでマルクスは考えた。材料費と諸経費は当然払わねばならない費用なので関係ない。では、利益はどこから出てきたのかというと、それは人件費なのではないかと。

 材料は材料の価値でしかない。そこに労働者が加工することによって材料以上の価値が生まれる。それが利益だ。労働者が加工したのだからその利益を生み出したのは労働者だ。それなのに資本家が労働者に給料を払ったはずなのに利益が残る。つまりは資本家は労働者に全部払っていないと考えたのだ。確かにマルクスは正しい。これは間違いなく資本主義の事実なのだ。

 

マルクスの考えた未来

 マルクスはさらに考えた。未来はどうなるのかと。前提として労働者の立場は弱く、資本家の立場は強い。そこで立場の強い資本家はどんどんと労働者の給料を減らして利益を増やしていく。労働者はどんどん貧しくなっていくが労働者の我慢にも限界がある。労働者たちは団結して資本家と戦う。つまりは革命だ。この革命により資本家はこの世から消え、労働者だけになり工場はみんなのもの。出来た製品もみんなで平等に分ける世界。これが共産主義なのだ。

 そしてその前段階として工場や農地という資本は国が管理して、分配も国がやろうというのが社会主義。共産主義との違いは国が一枚かむかどうかだ。そうして人類は理想の世界を手に入れるのだ。貧困はこの世からなくなりみんなが平等に豊かに生きていける。これが資本主義の次にくる社会主義社会、そしてその先に国家すらも消滅した人類の夢、共産主義社会があるのだ。とマルクスは考えた。

 しかし実際にやってみるとそううまくは行かなかった。頑張っても頑張らなくても賃金は同じ。こうなると出来るだけ手を抜いた方が得だとなってしまう。そして生産性はどんどん下がっていった。さらに国が管理するというのも問題だった。生産を管理する官僚に権力が集中し汚職が蔓延。さらにそれら官僚の頂点に立つ国の元首に全ての権力が集中した結果、独裁国家になってしまった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

04_零戦52型
(画像はwikipediaより転載)

 

教育は大切なのだの巻

 

知的水準の高い社会

 「人は何のために学ぶのか?」とは、結構お約束の哲学的な疑問である。実は私はかなり勉強好きなのでこれはもう疑問というよりも「これを疑問と思うのがギモン」レベルだ。調べものをする。勉強するは私の生活の中心なのだ。という私の自慢話はどうでも良いのだ。そんなものは誰も聞きたくはない。おっさんの自慢話、説教というのは人類最悪の行為と言って良い。

 とはいいつつ、何のために学ぶのかというのを考えることは大切だ。今、世間では学校無償化というのが問題になりつつある。高校無償化、大学無償化等々。そしてこういう問題が出ると必ず出る議論が「自分が勝手に高校や大学に進学して自分の知識や教養を高めるのにどうして国が金を出さなければならないのか」という批判である。

 これはこれでごもっとも。一つの意見としてはあるだろうが、私はこれに対しては異論がある。勉強というのは確かに自分自身のためにやっている行為である。大学の研究者というのは大概その研究が好きな趣味人と言っても過言ではない。高校、大学の勉強だって自分のためといえばその通り、もっと言えば義務教育だって自分のためと言えるのかもしれない。

 では教育はいらないのか。もし教育がなかったらどうだろう。誰も字が読めないし足し算引き算も出来ない。これでは現在の科学中心の世界では致命的なのだ。全くそういった教育を受けていない国民が多数であったとしたらその国ってどうなるの?と考えてみれば、教育というのは本人のためだけでなく社会や国家にとって必要なことなのだ。こう考えればスッキリするのではないか。

 さらに社会の構成員の知識、知性、教養がどんどん高くなっていけば、国家としてはすごいことになる。社会全体がハイレベルになるのだから科学技術や政治も国民の水準に従ってどんどん高くなっていくのだ。いいことではないか。でも、必要なのは「理系の知識だけだ。文系はいらないよねー」。こういった話もしばしば聞く。しかしそうではないのだ。社会として見た場合、全体的に水準が上がらなければダメなのだ。理系のみが優れていても文系の教養がなければ社会の成長というのは頭打ちになってしまう。たぶん。

 

世の中曼荼羅なのだ

 何故かといえば、これらの知識というのはどこかで繋がっているのだ。関係があるのだ。理系と文系なんて簡単に分けられるものではない。どこかで理系の知識も文系の知識も必要になる。それらが影響しあってさらに水準が上がっていくのだ。芸術や文学も同様である。どこでなにが関係してくるのかは分からない、しかし必ずどこかで関係してくるのが知識なのだ。

 かつて日本はゼロ戦という名機を作った。ゼロ戦以外にも一式戦闘機隼、紫電改、雷電、三式戦闘機、四式戦闘機。世界最高水準の航空機を作っていた。これらを作っていたのは東京帝国大学航空機学科の若いエリートエンジニアたちであった。東大は今も難関であるが、実は毎年3,000人が合格する。4学年併せると12,000人が在学しているのだ。東京都の人口の1,000人に1人は東大生なのだ。だが当時はそうではない。東京帝大の航空機学科の採用枠はせいぜい5〜6人程度である。東京帝大全体の在学生の数も推して知るべしだ。その選び抜かれたエリートたちが設計したのが上記の航空機だ。

 彼らは知識も能力も世界レベルでもトップクラスであったと言っていい。では、その彼らが作った航空機は本当に世界のトップクラスであったのか。ゼロ戦や四式戦闘機は本当に世界の最高水準であったのかといえば実はそうではない。確かに機体設計は秀逸であった。しかし日本は航空機用エンジンの技術が欧米ほど進んでいなかった。どうしても欧米に比べて性能の低いエンジンで設計しなければならなかった。そして故障も多い。エンジンだけではない。機体自体もデリケートで油漏れなどは日常茶飯事であった。

 それに比べて欧米の航空機は違う。雨ざらしにしておいても電源一発で起動するのだ。可動率も高い。何が違うのか。それは基礎技術の違いである。確かに機体設計は優秀な人材が揃った。しかしその設計を実現する技術が欧米に比べて未熟だったのだ。良いエンジンが作れない、設計をしても部品が作れない、ベアリングが作れない、プレス加工ができない等々。さらにはそれら部品を作る機械は外国製だったりと設計以外の基礎技術が弱いのだ。

 ゼロ戦にしても全部を日本人が設計している訳ではない。機体とエンジンは日本製ではある。しかしプロペラは米国製、機銃はスイス製、クルシー無線帰投装置は米国製である。実は主要パーツは外国製だったりもするのだ。当時の日本の技術では作れないのだ。これが航空機の稼働率の低さになってしまう。スーパーエリートの設計者がいるだけではダメだ。同時に製造技術、加工技術等、様々な技術が必要であり、それを習得できる基礎知識を持った人材が必要なのだ。

 

誰かが何とかしてくれる!

 では今現在はどうか。日本は当然ベアリングも作れるしプレス加工もできる。耐久財も日本製で基礎技術の高さは世界随一である。これらは昨日今日に得たものではない。太平洋戦争から、いや、もっと以前からのながーーーい蓄積によって得られたものだ。学校教育も充実して義務教育だけでなく高校まで行くのが当たり前となった優秀な人材。これらの蓄積が現在の技術を支えているのだ。この広い裾野のどこにどの知識が必要なんてわからない。総合的なものだ。

 故に理系だけ、文系だけ(これはないか(汗))という風に学問を限定してはダメだ。単純に考えても技術を生かすためには政治が大事である。政治自体が文系であることはもちろんであるが、政治問題は時として歴史問題でもある。社会や経済の知識も大切であるし、芸術だって工業製品のデザインという実用的な価値もある。文学も人の内面を理解するには大切だ。技術に限らず、学問というのもどれか一分野さえあればそれでいいという訳ではないのだ。

 最初に書いたように社会の水準は高ければ高いほどよい。高校無償化、大学無償化大賛成である。日本は教育水準の高い国民で構成されていた繁栄したのだ。教育には最優先で金をかけなければダメだ。その他の問題はその教育を受けた優秀な人が何とかしてくれるのだ!(最後は丸投げ(汗))

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ