トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

その他

01_スピットファイア
(画像はwikipediaより転載)

 

ポートダーウィン空襲

 

ジークは右上方に急旋回をして攻撃を回避したあとあと(ママ)降下した。私もそのあとを追って急降下を行ない、300ヤード(274.3メートル)付近から3分の2秒の連射を行なった。そのままでは攻撃を受けることが予期されていたため、右に急旋回する回避行動をとったのち、ジークの動きを見るために左に旋回した。さらにそのジークを追って急降下を続けると、5,000フィート(1,524メートル)付近で敵機から白い煙が上がり始め、相手はそのまま地上に墜落炎上した。
クリステンアレキサンダー『キラーと呼ばれた男』P215

 

オーストラリア空軍のトップエース、コールドウェル大佐

 これは1943年6月30日、日本海軍航空隊とオーストラリア空軍の戦闘に参加したオーストラリア空軍のエースパイロット、コールドウェル大佐が日本の戦闘機ジーク(零戦)を撃墜した記録である。コールドウェル大佐とは、オーストラリア空軍史上最高の敵機を撃墜したエースで総撃墜数は27.5機にもなる。1910年シドニーで生まれた。30歳の時に年齢を偽り空軍に入隊、翌年少尉に任官した。天性の才能があったようでわずか157時間の飛行時間で実戦に参加、1ヶ月半後にはドイツ空軍のBf109を撃墜して初戦果を挙げた。

 オーストラリア空軍は実力主義であったようで、実績を挙げたコールドウェル少尉はトントン拍子に出世、わずか4年で第11航空団司令に任命され、階級も中佐となる(秦P97)。英国の名機スピットファイアで編成されたこの飛行隊はポートダーウィンに展開、日本空軍と対峙することになる。

 これに対する日本空軍戦闘機隊は、主に海軍の202空で太平洋戦争開戦と同時に台南空と共に比島で航空撃滅戦を展開、南方作戦を終了した後、チモール島に展開していた部隊である。台南空以上にベテランが揃えられていた部隊で赤松貞明中尉や横山保中佐等が在籍していた部隊でもある。海軍航空隊の中でも特にベテランが多い精鋭部隊であった。6月30日の空襲時の202空の指揮官は鈴木實少佐でこれまた日中戦争以来のベテランであった。爆撃機隊は主に陸攻部隊である753空で、一時的に陸軍の戦闘機隊である飛行第59戦隊、爆撃機隊である61戦隊も参加している。

 この空戦の結果、スピットファイア隊は6機が撃墜されたものの、敵戦闘機3機、爆撃機4機を撃墜、不確実撃墜4機を報告している。6機の損失を出したものの、7機(資料によっては8機)を撃墜しているのでスピットファイア隊としては互角の戦いであったといってよい。コールドウェル大佐自身はこの空戦で零戦1機を撃墜し撃墜数は26.5機となった。

 

 

日本側から見てみると。。。

 ここで日本側からこの空戦を見てみたい。6月30日の空襲の目標は内陸に位置するブロックスクリーク基地で、ここには米軍の新鋭爆撃機B24が大量に配備されていた。航続距離3,540kmという性能を誇るB24を地上で破壊するのが作戦の目的である。しかしブロックスクリークは内陸に位置するため攻撃には非常な危険が伴う。このため戦闘機隊の指揮官鈴木實中佐は、6月30日の出撃に関しては特に熟練搭乗員を選んでいた。日本海軍の搭乗員は下士官が一番練度が高い。今回の編成は下士官と下士官からの叩き上げである准士官のみで編成され、唯一の士官である鈴木中佐が指揮官となるという特異な編成で行われた(神立P247)。

 鈴木隊長に率いられた202空零戦隊27機と754空の一式陸攻24機は一路ブロックスクリークに向かう。これに対してコールドウェル大佐率いるスピットファイア38機が激撃に上がった。ここに空戦の火ぶたが切って落とされた。この空戦は予想通りの激烈な空戦となり、百戦錬磨の指揮官である鈴木中佐ですら自分の身を守るのが精いっぱいであったようだ。空戦が終わり基地に帰還してみると出撃27機中帰還したのは25機であった。しかししばらくするともう2機も帰還。全機無事に帰還したのだった。しかも陸攻隊にも2名が機上戦死したものの撃墜された機は無かった。

 

 

撃墜された零戦は1機もない

 そう、実は冒頭のあの精緻な空戦の様子。間違いなのだ。6月30日の空戦では日本側に損害は1機もない。故にあの煙を噴きながら地上に激突した零戦というのは存在しないのだ。しかしこれはコールドウェル大佐が問題なのではない。コールドウェル大佐率いるスピットファイア隊の空戦技術が高かったことは当の鈴木中佐も認めているし、コールドウェル大佐の撃墜戦果も確認されたているものも多い。この空戦では日本側もスピットファイア13機の撃墜を報告しているが、実際に撃墜したのは先ほども書いたように6機のみだ。

 よく「何十機撃墜のエース」というようなものがあるが、実際には本当に撃墜していたのかは誰にも分からない。台南空のエースパイロットである坂井三郎氏に言わせると「戦果報告というのは、まずそのほとんどが誤認」だそうだ(梅本P2)。実際、坂井氏が参加した1942年8月7日の空戦では台南空と米海軍戦闘機隊が激突した結果、台南空は撃墜40機を報告したものの実際撃墜したのは12機であった。戦果が3倍以上に膨らんでいるのだ。当時の台南空の精鋭を以てしてもこれほどの誤認戦果が出るのだ。

 そして彼我の搭乗員の練度が低下してくる上に混戦となってくる太平洋戦争後期の空戦では戦果報告と実際の戦果の差はさらに激しくなる。1943年7月17日、つまりは今回のブロックスクリーク攻撃の翌月行われたブイン基地での迎撃戦では海軍航空隊は45機の撃墜を報告しているが、実際に撃墜していたのは6機、同年11月11日に行われたラバウル迎撃戦では海軍航空隊は71機の撃墜を報告しているものの実際に撃墜したのは7機のみであった(⊃P305,306)。これは報告と実数の極端な乖離があったものを抽出したのだが、それ以外の空戦をみても、平均的に戦果は3倍程度は膨らんでしまうようだ。空戦での戦果確認というのはそれほど難しいものなのだ。

 

 

コールドウェル大佐は零戦を1機も撃墜したことがない?

 コールドウェル大佐が生涯で撃墜した航空機は合計で27.5機。28.5機という資料もあるようだが、27.5機というのが正解のようだ(クリステンP327)。この中でコールドウェル大佐は7機の日本機を撃墜している。その内訳は、零戦4機、一式戦闘機1機、九七式艦攻1機、百式司偵1機で、日時を書くと1943年3月2日に零戦1機、九七式艦攻1機撃墜、5月2日に零戦2機撃墜、6月20日に一式戦闘機1機撃墜、6月30日に零戦1機撃墜、8月17日に百式司偵1機の撃墜を報告している。

 実はこの戦果の内、零戦4機撃墜は全て誤認である。6月30日については前述したが、3月2日、5月2日の空戦でも零戦隊は全機帰還しており、日本側に損害の報告はない。そして6月20日の空戦の一式戦闘機1機の撃墜であるが、これは対戦した陸軍の59戦隊に一式戦闘機1機の未帰還が報告されているのでこれが該当するとも思われるが(秦P383)、オーストラリア空軍はこの空戦で零戦5機(一式戦闘機を零戦と誤認している)の撃墜を報告しているので実際にこの一式戦闘機を撃墜したのが誰なのかは不明である。

 8月17日の百式司偵1機は、202空の田中富彦飛曹長、河原眞治上飛曹機で撃墜が確認されている。以上を総合するとコールドウェル大佐の日本軍に対する戦果は、百式司偵1機、九七式艦攻1機の合計2機、さらに一式戦闘機1機を撃墜した可能性があるというところだろう。ただ、3月2日の九七式艦攻であるが、これはオーストラリア空軍の情報将校がパイロットの証言を集めて九七式艦攻と「判断」しているだけなので、実際にはどこの部隊のどの飛行機なのかは謎である。

 

 

ともあれ。。。

 実戦は命がけである。空戦で相手の撃墜を確認している余裕はない。特に第二次世界大戦では編隊空戦が主流となり、混戦となる場合が多い。日中戦争での零戦初空戦のような最新鋭機を使った一方的な戦いにおいてでも実際の戦果が13機撃墜であるのに対して27機撃墜を報告している。故にコールドウェル大佐の撃墜数が実数と異なることによってコールドウェル大佐が「偽物」である訳ではない。彼は飛行時間も1,200時間近く、隊長としても人望を集めた優秀なパイロットであったのだ。

 「敵機を撃墜」といってもその中には人間が乗っている。敵機を撃墜するということは多くの場合、中の人間を殺戮することでもある。コールドウェル大佐は、現役時代にこれらのことに対して割り切っており、無関心を決め込んでいた。兵隊としては当然のことだ。さらにコールドウェル大佐はパラシュートで脱出した敵パイロットも射殺するという冷酷さを示した。この結果、付いたニックネームは「殺し屋」で、当初は自称もしていたニックネームであったが、晩年になると毛嫌いするようになっていく(クリステンP20)。徐々に「殺戮をした」ことに対して無関心ではいられなくなってきたのだ。

 さらに最晩年になると撃墜した搭乗員の遺族からの面会も拒否(遺族は許している)、撃墜した敵パイロットの話になると涙声になっていたという。オーストラリア空軍のトップエースコールドウェル大佐の「スコア」は実際にはもっと少ない。少なくとも零戦4機の撃墜は完全な誤認だ。英雄を求める人々にとっては残念なことであろうが、故コールドウェル大佐にとっては朗報かもしれない。自身が撃墜、すなわち殺戮したと思っていたのは間違いで、敵パイロットは死んでいなかったのだ。

 

参考文献

  1. クリステン・アレキサンダー『キラーと呼ばれた男』 津雲 2011年
  2. /前衂А愨2次大戦世界の戦闘機隊付・エース列伝』 酣燈社 1987年
  3. 神立尚紀『祖父たちの零戦』講談社 2013年
  4. 梅本弘『海軍零戦隊撃墜戦記』1巻 大日本絵画 2011年
  5. ⊃前衂А愼本海軍戦闘機隊 付エース列伝』酣燈社 1975年
  6. 秦郁彦『日本陸軍戦闘機隊 付エース列伝』酣燈社 1973年

 

 

 


ミリタリーランキング

01_紫電改
(紫電改 画像はwikipediaより転載)

 

横須賀航空隊最後の空戦

 

あまり有名ではない重爆B32

02_B32
(B32 画像はwikipediaより転載)

 

 1945年8月15日正午、天皇陛下の玉音放送があり戦争は終了した。と思いきや、実は15日以降に飛来した米軍爆撃機B32に対する邀撃戦が行われている。このB32とはコンソリデーテッド社が製造した大型爆撃機で最高速度は575km/h、航続距離6115km、武装は12.7mm連装銃5基、約9,072kgの爆弾を搭載することが可能であった。しかしB29のような与圧室がなかったため、高高度爆撃が不可能であった。B32の製造はあくまでもB29爆撃機が失敗した場合の「保険」であったため僅か115機が製造されたのみで生産は終了した。大量生産こそはされなかったものの、15機が極東空軍に実戦配備されており、6月15日以降、しばしば実戦に参加していたようである(秦P252)。

 

 

実は終戦後毎日飛んでいたんだよ

 8月18日、このB32が写真撮影のために飛来した際、横須賀航空隊の戦闘機隊が迎撃している。日時がハッキリしないのだが、今回の執筆にあたって参照した資料の内、坂井三郎著『零戦の最期』と神立尚紀『零戦の20世紀』では、17日(坂井P36、神立P107、サカイダP29、34、53)、同じく神立尚紀『ゼロファイター列伝』と秦郁彦『八月十五日の空』では18日となっている(神立P205、秦P249)。

 このように日にちが異なってしまっている理由としては、恐らくB32が終戦の日である15日の翌日以降、16、17、18日と毎日写真偵察を行っていたことが考えられる。詳しく書くと、8月16日5時30分、第312爆撃群第386爆撃中隊のB32、ライマン・Pコムズ中尉乗機のシリアルナンバー42-108543号機、フランク・R・クック大佐操縦の42-108532号機の2機が出撃、特に迎撃を受けることなく帰還している。そして翌17日、今度はフランク・W・ウェルズ中尉が操縦する42-108532号機、42-108539号機の2機が5時43分に読谷飛行場を離陸、東京上空で写真撮影を行った(Pacific)。この際には日本機の迎撃を受けているが、秦氏によるとこの迎撃を行ったのは厚木航空隊の森本宗明中尉率いる零戦隊12機であったとしている(秦P253)。

 

8月18日の空戦

03_紫電改
(紫電改 画像はwikipediaより転載)

 

 そして18日、ジェームズ・F・クライン大尉乗機のシリアルナンバー42-108532、、ジョン・R・アンダーソン中尉(秦氏によると大尉。秦P252、サカイダ氏によると少尉。サカイダP34)の乗機42-108578の2機が6時55分、読谷飛行場を離陸、写真撮影のために東京に向かった(Pacific)。横空で空戦があったのが、17日か18日か、どちらが正しいのかは分からないが、恐らくこの数回の内の17、18日の2回の出来事がごちゃ混ぜになってしまったのだろう。とりあえず秦氏の説に従って18日ということで話を進めよう。

 8月18日13時頃、「敵大型機、千葉上空を南下中」との情報が入った。因みにこの空戦に参加した坂井三郎中尉の記憶によると「敵大型爆撃機一機、千葉上空を北上中」という情報だったようである(坂井P36)。それはともかく、一応終戦の詔は出ていたのだが、横須賀航空隊では何故か戦闘機は燃料も弾薬も完全に装備された状態で駐機、さらには搭乗員までも待機しているというやる気満々の状態であった。

 坂井中尉の記憶によると、この情報に対して隊長の指宿正信少佐は飛行長に電話で連絡、隊長の指示の下で出撃したとなっているが(坂井P37)、同じく空戦に参加した小町定飛曹長によると誰からも命令されておらず、お伺いもたてている暇もなかったという(神立P107)。まあ、どちらが正解なのかは分からないが、ともかく横空戦闘機隊は出撃する。搭乗員が機体へ走っていくとすでにヤル気満々の整備員達がエンジンを起動させていたという。坂井中尉の記憶によるとその時、零戦が10機ほどと紫電改が5〜6機あったという(坂井P37)。

 

 

最後の横空戦闘機隊発進!

04_零戦22型
(零戦22型 画像はwikipediaより転載)

 

 横空所属の国分道明中尉以下、坂井中尉、小町飛曹長、大原飛曹長、平林上飛曹等が出撃したようだ。この内、坂井中尉は零戦52型、小町飛曹長は紫電改に乗って出撃した。坂井中尉は離陸後、高度6,000mとの指示を受け、6,000mに上昇。僚機が攻撃を開始したことを確認、坂井中尉も後上方攻撃をかけるもミス。B32は、館山上空から大島方面に逃走していった。ここらへんになると味方機も攻撃を中止して帰り始める。しかし坂井中尉は第二撃をかけ、それがB32右翼に命中、そこに別の味方機が攻撃をかけた。B32は高度を下げ、三宅島あたりでは超低空飛行になっていたが、坂井中尉は敵空母の存在を恐れてこれ以上追撃せずに帰還している。

 一方、小町飛曹長は発進後、全力で前方へ出て背面ダイブを実施した。この戦法は直上方攻撃と呼ばれる海軍戦闘機搭乗員が実戦から編み出した戦法で、米軍爆撃機の機銃の死角である前上方から背面急降下で一撃してすり抜けるという有効ではあるが危険な戦法であった。これによりB32に20mm弾が命中したものの、紫電改初搭乗であった小町飛曹長は零戦のつもりで引き起こしをするも重量級の戦闘機である紫電改では引き起こし時のマイナスGによりブラックアウトしてしまった(川崎P293)。そしてさらに伊豆半島上空でもう一撃、合計二撃している(神立P205)。

 最後まで追撃したのは坂井中尉と小町飛曹長だったようであったが(坂井P40、秦P250)、撃墜することは出来なかった。この空戦で一番最後に帰還したのは坂井中尉で、帰還後に敵爆撃機がB29ではなかったことを指摘している(秦P251)。

 

いろいろと食い違いが。。。

05_横須賀航空隊本部庁舎
(横須賀航空隊本部庁舎 画像はwikipediaより転載)

 

 と、ここまではそれぞれの本に書いてあることを時系列に基づいて書いていったのであるが、実はちょっと問題があるのだ。坂井中尉は零戦、小町飛曹長は紫電改に搭乗しいてる。坂井中尉は二撃した後、最後まで追尾して最後に帰還。小町氏も二撃をかけ帰還しているが、この2機の性能は歴然とした差があり、小町飛曹長はインタビューで「零戦で大型爆撃機を迎撃するのはむりでした」(川崎P292)、「零戦だったらとてもあそこまでは追えなかったんじゃないかな」(神立P107)と語っている。

 ここまで読んで頂いた読者には分かると思うが、坂井氏は零戦52型で追撃している。つまりは小町飛曹長の言っていることが正しいとすれば、坂井中尉の言っていることは嘘ということになる。さらに前述のように坂井氏の主張では出撃前に指宿隊長からの出撃命令を受けて出撃したと主張しているが、小町氏によるとそれも無かったという。坂井中尉はたまに著書の中で思い違いがあることが指摘されているが(高木・境田P60)、同じく8月17日(18日の誤りか)に零戦52型でB32を迎撃している大原亮治飛曹長はB32に対して三撃したと語っている(神立P120)。

 坂井中尉は二撃、大原飛曹長は三撃ともに零戦52型で行っていると語っているが、では、小町飛曹長が嘘をついているのか、その可能性はあるものの様々なインタビューの内容を読むと、そのぶっきらぼうで飾り気が無く、自身の撃墜数すらも主張しない小町飛曹長が嘘をつくとも思えない。ということで、戦争が終わってすでに70年以上経過し、当事者も全て故人となってしまった現在、残念ながら真実は、誰にも分からないのだ。「分からない」でいいではないか。

 

その後のB32と横空への処罰

06_日本側全権代表団
(画像はwikipediaより転載)

 

 この横須賀空のベテラン搭乗員達に酷い目にあったB32であるが、前述のようにクライン大尉の#532号機、アンダーソン中尉の#578号機の2機であったが、この2機のB32は横空戦闘機隊の攻撃を25分にわたって受け続け、アンダーソン中尉機#578号機が機上戦死1名を出したものの無事帰還している。その間、2機合計で12.7mm機銃弾4,000発を消費し、日本機14機中3機を撃墜したと申告しているが、もちろん横空戦闘機隊には損害はなかったが、まぁ、航空戦での撃墜判定なんてそんなものである。因みにこれら2機のB32であるが、#532号機は1946年5月、#578号機は1945年後半から1946年のどこかでスクラップにされている。

 帝国海軍航空隊は横須賀で始まった。このため終戦まで横須賀航空隊に配属される搭乗員は特に技量に秀でた者が充てられるというのが伝統だったようだ。横須賀から始まった海軍航空の最後の戦いがまた横須賀航空隊であったというのは何か感慨深いものがある。ところで「そもそも終戦後に戦闘して大丈夫なの?」という疑問を持つ読者も少なくないと思う。意外に知られていないのだが、日本が正式に降伏を行ったのは1945年9月2日、戦艦ミズーリ号での降伏調印なのだ。8月15日は天皇の終戦の詔が放送されて日本国内では武器を置くように命令されたものの国際法上は9月2日が停戦なので問題なかったようである。

 

参考文献

  1. 秦郁彦「夏空に燃えつきた抗戦」『八月十五日の空』文藝春秋1995年
  2. 坂井三郎『零戦の最期』講談社1995年
  3. 神立尚紀『零戦の20世紀』スコラ1997年
  4. ヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース』大日本絵画2000年
  5. 神立尚紀『ゼロファイター列伝』講談社2015年
  6. 川崎浹『ある零戦パイロットの航跡』トランスビュー2003年
  7. 高木晃治・ヘンリー境田『源田の剣改訂増補版』
  8. Pacific Wrecks

 

 

 


ミリタリーランキング

秋水
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 

 日米の航空機は一見、互角であったと考えられる。しかし基礎技術、基礎工業力の貧弱な日本と諸外国では技術の水準に天と地ほどの差があった。これらは短期的に高めることができず、向上させるには長い期間が必要となる。

 

世界に伍する戦前戦中の日本空軍航空機

 

零戦01
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本は現在でこそ航空機、それも軍用機の開発はほとんど行っていないが、戦前戦中は世界屈指の航空機製造技術を持っていた。三菱重工の零戦、中島飛行機の一式戦闘機隼や四式戦闘機疾風、川西飛行機の二式大艇、川崎航空機の三式戦闘機飛燕等、世界一流の航空機を製造していた。他の技術と同様、当初は模倣からスタートした日本の航空機開発であったが、早い段階で模倣から脱し、独自の設計の高性能機を世に送り出していった。

 特に有名なのは零戦と隼である。これらは日中戦争から太平洋戦争終戦まで連合軍相手に善戦を続けた。特に太平洋戦争初期の零戦の航空撃滅戦、ビルマの隼の活躍は有名である。ここで少し零戦と隼について説明してみよう。まずは零戦、零戦とは零式艦上戦闘機の略で零式とは皇紀2600年の末尾の「0」をとって零式と名付けられた。皇紀とは神武天皇が即位した紀元前660年を元年とする暦で明治時代に作られたものだ。

 皇紀2600年とは西暦1940年。計画から3年の歳月を経て完成した画期的な戦闘機であった。エンジンは中島製傑作エンジン栄、外装は超々ジュラルミン。軽量化に成功したため小型のエンジンで533km/hという高速を発揮、特に旋回性能に優れていた。陸軍が制式採用した隼も同様でエンジンにハ25発動機を採用、これは栄の陸軍名でどちらも同じエンジンを採用していたことになる。最高速度は495km/hと零戦には随分劣るものの旋回性能は零戦と互角の軽戦闘機であった。

 太平洋戦争が始まると当時の先進国である欧米の航空機と戦ったが連戦連勝、日本の航空技術のレベルが世界最高であることを世界に知らしめた。零戦に至っては「零戦を見たら逃げて良い」という命令が米軍から出ていたとかいなかったとか。隼も同様で飛行第64戦隊、通称「加藤隼戦闘隊」は終戦の年の1945年初頭までビルマで連合軍と互角の空戦を行っていた。

 その後も日本航空機界は新鋭機と次々に排出、三式戦闘機飛燕、四式戦闘機疾風、百式司令部偵察機、二式大艇、彩雲等を送り出した。四式戦闘機疾風は第二次世界大戦の万能機の一つに数えられ、彩雲は「我に追いつくグラマン無し」という電報が有名である。日本は連合軍には物量では負けたが航空機の性能では一歩も引けを取らなかった。

 

「日本の航空産業は10年以上遅れている」

 

F-15E
(画像はwikipediaより転載)

 

 実はそうではない。戦後、GHQによる航空機製造禁止が解禁された昭和30年代、当時の航空機設計者が渡米して米国の航空機製造過程を見学した結果、そのレベルの高さに舌を巻いたという。これらの話を訊いた当時の通産省航空機武器課課長赤沢氏は「日本の航空産業は10年以上遅れている」と思わざるを得なくなった。

 戦前、戦中の日本製航空機、空戦の結果を見れば互角に見えるかもしれない。確かに堀越二郎や土井武夫等天才的ともいえる航空機設計者は多くいた。彼らの設計は素晴らしく、これらの頭脳が日本の航空機界を支えていた。しかし問題はそこではないのだ。

 航空機を製造するというのは数人の天才がいれば済むという話ではない。航空機は多くの部品を使用する。特にエンジン。エンジンに関しては日本は弱かった。エンジンはトライ&エラーの世界、研究の蓄積がものをいう。新興国であった日本にはその蓄積がなかった。外国からエンジンを購入してライセンス生産、そして国産化したもののエンジンを作る部品の技術が弱い。ドイツから機銃を購入してもこれを製造するプレス加工の技術がない等、設計以前の基礎技術の面で日本は諸外国から大きく後れを取っていた。

 これは航空機に限らず、戦車にしても日本の戦車の砲は手動式。一応旋回させることが可能であったが当時の日本ではベアリングを製造する技術がなかった。故に砲を旋回させるにはものすごい腕力が必要であった。鋼鉄の製造技術も諸外国には遥かに及ばなかった。高性能機が製造されたとしてもそれを製造している機械は米国製等ということはザラである。

 零戦にしても設計は完全に日本人によるものであるが、零戦の高性能を支えたプロペラは米国ハミルトン社のライセンス品、20mm機銃はスイスのエリコン社ライセンス品、クルシー無線機等装置は米国フィアチャイルド社のライセンス品であった。その他製造工程や部品の精度も含めると諸外国との差は致命的なレベルであったとすらいえる。残念ながら日本には天才設計者の頭脳を実現化させる基礎工業力、基礎科学力という点では諸外国に大きく後れを取っていたといえる。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


ミリタリーランキング

01_零戦52型丙
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 

 戦闘303飛行隊とは、太平洋戦争後期に編成された特設飛行隊で、開隊から終戦まで隊長は実力人望共に豊かなベテラン指揮官岡嶋清熊少佐である。1944年に厚木で開隊した戦闘303飛行隊は、台湾沖航空戦、レイテ沖海戦等に活躍、最初の特攻隊である敷島隊の援護も行った。本土防空戦では最前線の九州に展開、特攻隊が数多く出撃する中、制空部隊として終戦まで活躍した。海軍のエースとして著名な岩本徹三少尉、西澤廣義飛曹長、谷水竹雄上飛曹等も所属していた。

 

海軍の「エース部隊」

 

02_零戦21型
(画像はwikipediaより転載)

 

 旧日本海軍の最強戦闘機隊といえば何だろうか?著名な零戦搭乗員である坂井三郎氏が所属した台南空、知名度は低いものの実は部隊練度では台南空を上回っていた3空、最前線のラバウルで米軍の攻撃を防ぎ続けた204空等がある。但し、戦争初期から中期にかけては海軍の戦闘機隊は高い練度を誇っていた。つまりはどの部隊も「エース部隊」であったのだ。陸軍も含めた日本空軍の練度の高さは尋常ではない。それは日本空軍の教育が、厳しい試験を勝ち抜いた少数の優秀な搭乗員に対して「職人技」とも言われる高度な技量を教え込む少数精鋭教育であったことが理由である。

 しかし、太平洋戦争は物量と物量のぶつかり合いであった。航空機搭乗員は次々と戦死していく。米軍の場合はパイロットの保護が非常に重視されていたためパイロットの生還率は非常に高いが、日本軍、特に日本海軍は決戦主義であったため搭乗員の人命を第一に考えるという発想はなかった。つまりは搭乗員は全員戦死してしまっても次の決戦までに育成すればよいからだ。

 その発想で突入した太平洋戦争は前述の通り物量のぶつかり合いであったため搭乗員は非常な勢いで失われていく。そして戦争後期になるとそれまで「消耗品」として扱われていた搭乗員は「宝石よりも貴重」とまで言われるようになった。このため離島に孤立した熟練搭乗員をわざわざ潜水艦で救出するというような戦争初期では考えられなかったようなことも行われるようになった。

 

戦争後期になると状況は一変

 

03_芙蓉部隊
(画像はwikipediaより転載)

 

 このような状況になった戦争後期、構成する搭乗員によって部隊の練度は大きく異なるようになった。つまりは部隊間の実力差が大きくなってきたのだ。この戦争後期で優秀な搭乗員を多く集めたことで有名なのは、局地戦闘機紫電改で編成された「剣」部隊343空であると一般には言われている。これは司令官の源田実大佐の政治力の賜物で、海軍では唯一といっていい最新の米軍機に対抗できる戦闘機紫電改を自分の部隊に集中運用させ、優秀な搭乗員を優先してヘッドハンティングしたと言われている。

 しかし実際はそうともいえない。343空に優秀な搭乗員が多く配属されたのは事実ではあるが、それはあくまで基幹搭乗員であって、優秀な搭乗員を引き抜くという評判が立った理由は、操縦が難しく「殺人機」とまで言われた局地戦闘機雷電の操縦が出来た若年搭乗員達を大量に343空に引き抜いたためだと言われている。実際には熟練搭乗員の比率は他の部隊とそれほど変わらなかったようだ。

 343空に比べて知名度は低いが、実は戦争末期の海軍でナンバー2の練度を誇った部隊がある。それは芙蓉部隊である。これは美濃部正少佐率いる夜間攻撃専門部隊である。当時比較的熟練者の多かった水上機からの転科者が多く、さらに工夫した訓練法で練度を増した。特攻には断固反対で結果、部隊の練度を上げるのに成功したのだ。

 しかし、その芙蓉部隊も海軍最強ではない。当時、海軍には部隊の練度を評価する基準があった。搭乗員の練度を測定するものだった。搭乗員はAランクから順に区分されていた。その基準で当時、最もAランクの搭乗員を擁していたのが今日紹介する戦闘303飛行隊なのだ。

 この戦闘303飛行隊というのは、私の感覚では戦史ファンや戦闘機ファンにはあまり知られていない部隊ではないかと思う。使用機は普通の零戦で戦争末期には九州地区での制空任務に活躍した部隊で、日本海軍のトップエースといわれる岩本徹三、西沢広義、谷水竹雄等、歴戦の搭乗員が在籍していた部隊だ。

 

戦闘303飛行隊の戦い

 

04_零戦52型丙
(画像はwikipediaより転載)

 

 私がチャラく調べたところによると戦闘303飛行隊は、1944年3月1日、特設飛行隊制度発足によって203空隷下部隊として厚木に誕生した。当時の飛行隊長は海兵63期の岡嶋清熊少佐。搭乗員には当初から日本のトップエースの一人である西沢広義、操練35期のベテラン長田延義、同54期の倉田信高、丙飛4期の本多慎吾、丙飛3期の加藤好一郎等の熟練搭乗員が名を連ねていた。

 1944年3月30日(4月末とも)、千歳基地に展開する(安倍正治「忘れざる熱血零戦隊」『私はラバウルの撃墜王だった』)。それはそうと、4月末にさらに幌筵島武蔵基地に移動する(安倍氏前著では5月中旬)。これは武蔵基地に展開していた281空が転出したためだ。その後、1944年8月11日に美幌基地へ移動。9月2日に一時的に百里原基地に展開するが9月14日にはまた美幌基地に戻る。9月18日にT部隊編入が下令され茂原に移動、さらに鹿児島の鴨池基地へ移動待機する。その後、台湾沖航空戦に参加したのち、10月24日フィリピンに到着する。

 10月27日、レイテ沖海戦の一環として特攻作戦が開始された。この特攻機を援護するために海軍でも指折りの実戦経験を持つ西澤廣義飛曹長が任命され、特攻掩護に就く。関行男大尉率いる特攻隊、敷島隊は体当たりに成功、米護衛空母部隊に大損害を与えた。西澤飛曹長は戦果確認後、零戦を現地部隊に引き渡し輸送機によって帰還するが、その帰還途中に米軍機に襲撃され撃墜されてしまう。

 開隊以来の熟練搭乗員西澤廣義飛曹長を失った戦闘303飛行隊は、翌11月15日に本隊は鹿児島へ撤収したようだ。所属航空隊も201空やら221空やらに変わったようであるが、正直、ここら辺はよく分からない。諸説あるものの、本隊がここら辺で内地に帰還したのは間違いないようだ。

 台湾沖航空戦、フィリピンの戦闘でかなりの消耗をした戦闘303飛行隊であったが、1945年から隊員を増強し始める。まず、3月15日に零戦虎徹こと岩本徹三少尉がヘッドハンティングされる。この時点での部隊規模は機材が32機、搭乗員57名であった。3月26日にラバウル帰りのベテラン谷水上飛曹、操練27期の大ベテラン近藤政市少尉が着任している。

 これだけ見ると何か数人のベテラン搭乗員だけしかいないような印象があるが、この戦闘303飛行隊の練度は全海軍中トップクラスであった。因みに谷水上飛曹が有名な撃墜マークを描いたのも戦闘303飛行隊にいた時だ。戦闘303飛行隊は九州に展開する宇垣纒中将指揮下の第五航空艦隊第203空の一隊として以後、終戦まで唯一の制空部隊として本土防衛にまい進する。

 

まとめ

 

 今日は何かダラダラと戦闘303飛行隊について調べたことを書いてしまったのであまり面白くなかったかもしれない。特に戦史に興味の無い人にはなんじゃこりゃーな話なのだが、私は昔から妙に興味があるのでついつい書いてしまった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ