トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

爆撃機

01_深山
(画像は深山 wikipediaより転載)

 

 超重爆撃機 キ91とは、日本が計画した富嶽に次ぐ超大型爆撃機である。全幅はB29を上回る巨人機であった。計画値通りであれば性能もB29に匹敵するものであったが、戦局の悪化により超重爆の必要性はなくなり開発中止となった。

 

超重爆撃機 キ91 〜概要〜

 

性能(計画値)

全幅 48.0m
全長 33.0m
全高 10,0m
自重 5,800kg
最大速度 580km/h(高度10,000m)
上昇力 8,000mまで20分30秒
上昇限度 13,500m
エンジン出力 2,500馬力4基
航続距離 10,000km(爆弾無し)
武装 20mm連装機関砲4門、20mm4連装機関砲1門
爆装 最大8,000kg
設計・開発 土井武夫 / 川崎航空機

 

開発

 1943年5月、陸軍は、川崎航空機に対して超重爆撃機キ91の試作を命じた。キ91の性能要求は、最大速度が高度10,000mで580km/h、航続距離は爆弾4,000kgを搭載して9,000km、武装は20mm機関砲12門、爆弾の最大搭載量8,000kgという空前のものであった。試作指示を受けた川崎航空機は、土井武夫技師を設計主務者として6月から基礎研究を開始、10月には設計が開始された。高度10,000mでの高性能を実現するためには、与圧キャビン、排気タービン過給器が必要であったが、これは同時期に川崎航空機で試験中であったキ108(キ102戦闘機の高高度戦闘機タイプ)が与圧キャビンを採用予定であることから、キ108で実験を行ったのちキ91で実用化するという方針に決まった。

 計画では、キ91は、全幅48.0m、全長33.0m、全高10.0m、重量5,800kgというB29を超える大きさであり、中島飛行機で設計中の超大型爆撃機富嶽に次ぐ大きさであった。エンジンはハ214ル(陸海軍統合名称ハ42/21型 2,500馬力)で、プロペラは直径4.4m4翅の超大型プロペラであった。武装も強力で、機首、前下方、後上方、後下方には20mm連装機関砲、尾部には20mm4連装機関砲の合計12門の20mm機関砲を予定していた。爆弾搭載量は8,000kgとB29の9,000kgには及ばないものの日本の爆撃機では最大のものであった。1944年4月と5月にモックアップ審査が行われ結果は良好であったようだが、空襲の激化、材料の欠乏、ハ241ルエンジンの開発遅延等から1945年2月に開発中止が決定した。予定では1946年6月に試作1号機、1947年3月に2号機が完成する予定であった。

 

生産数

 計画のみ。

 

まとめ

 

 当時の日本には基礎技術力が圧倒的に不足していた。与圧室を作る技術、強力なエンジンを作る技術のどちらも欧米に比べて未熟であった。さらに、仮にキ91が完成していたとしても、当時の日本にはこの超重爆を量産する資源も生産能力もなかった。そして生産能力があったとしても米国の防空システムを突破することは難しかったであろう。B29ですら貧弱な防空システムと高高度性能の低い日本機相手に1割以上の損害を出していたことを考えると、高性能の米国戦闘機に対して優位に戦える可能性は低い。つまるところキ19が実戦に投入され戦果を挙げる可能性はゼロであったと言っていい。まさしく当時の日本の国力を超えた巨人機であったといえる。この機体を開発する資源やコストをもう少し有効に使用することは出来なかったのかと悔やまれる。しかし米国ですら開発に手間取った巨人機を開発しようとした技術者の挑戦のみは評価されてもいいだろう。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_天山艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 艦上攻撃機 天山とは、太平洋戦争中に完成した日本海軍の攻撃機でその性能は防弾性能と機銃の能力以外は、同時代の米海軍雷撃機TBFアベンジャーの性能を遥かに凌いだものであった。1943年に前線に配備された後、終戦まで活躍した。

 

艦上攻撃機 天山 〜概要〜

 

 

性能(12型)

全幅 14.894m
全長 10.865m
全高 3.820m
自重 3,083kg
最大速度 481.5km/h(高度4,000m)
上昇力 5,000mまで10分24秒
上昇限度 9,040m
エンジン出力 1,850馬力
航続距離 1,746km(正規状態)
武装 7.7mm機銃1挺、7.7mm旋回機銃2挺
爆装 800kg爆弾(または魚雷)1発または
   500kg爆弾1発または
   250kg爆弾2発または
   60kg爆弾6発
設計・開発 松村健一 / 中島飛行機

 

開発

02_天山艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 1939年12月、海軍は、九七式艦攻に代わる次期艦上攻撃機の開発を計画、十四試艦上攻撃機という名称で中島飛行機に開発を指示した。これを受けて中島飛行機では、松村健一技師を設計主務者として開発を開始、1941年春には試作1号機が完成した。同年3月14日には初飛行した。

 十四試艦攻は、エンジンを当時、未だ開発中であった国産エンジンの中で最大のパワーを持つ護11型(1,870馬力)を採用、プロペラは3.5m4翅プロペラが装備された。機体は大型化し全長は空母のエレベーターに乗る11mギリギリになり、重量も九七式艦攻の2,200kgに対して3,800kgと1,5倍以上増加したが主翼は切り詰められた。このため翼面荷重は139.78kg/屬塙發た字となった。尾輪は引込式で、武装は左翼内に7.7mm機銃1挺、後上方、後下方に7.7mm旋回機銃各1挺が装備された。この新たに装備された後下方機銃は、防御用と共に魚雷投下後に艦上を掃討することを想定して装備された。

 

トラブルが多発

 初飛行には成功したものの、最新の護11型エンジンはトラブルが多く、機体自体にもトラブルが多発した。これらのため海軍に領収されたのは初飛行から4ヶ月後の7月19日になってからであった。海軍による性能試験の結果、最高速度は465km/hと性能要求を上回り、その他の項目もおおむね性能要求を上回っていたが問題が多く、改修、改造などが続けられた。

 1942年末には性能試験が完了し離着艦試験に入ったが、十四試艦攻はこれまでにない重量であったため着艦フックの破損や母艦の着艦ワイヤーの切断といった事故が多かった上、母艦からの離艦距離が長いことも問題となった。離艦距離の問題は胴体両側に離艦促進用ロケット(RATO)を装備することで解決、その他の問題も強度や形状を変更することで解決した。

 

制式採用

 1943年2月、戦局の悪化から審査完了を待たずに生産を開始、生産しつつ改良が加えられた。合計で133機生産されたが、7月には十四試艦攻の性能向上型の開発が始まったため生産が打ち切られた。8月には護12型エンジンの制式採用が決定、8月30日には護12型エンジンを搭載した十四試艦攻が制式採用された。制式採用の名称であるが、1943年7月27日付けで改定された『航空機名称付与様式』によってそれまでの年式から山名に命名規則が変更されたため十四試艦攻の制式名称は天山11型となった。

 11型の性能は、最高速度が464.9km/h(高度4,800m)、上昇力が高度5,000mまで11分、実用上昇限度が8,650m、航続距離が正規状態で1,463km、過過重で3,447kmであった。

 

12型

03_天山艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 エンジンを火星25型(1,850馬力)に換装した型で1943年6月に生産開始、1944年3月17日に天山12型として制式採用された。エンジン換装と同時に排気管を推力式単排気管に変更された。尾輪は固定式となっている。性能は、最高速度が16km/h向上して481.5km/h、高度5,000mまでの上昇時間が36秒短縮され10分24秒、実用上昇限度も8,650mから9,040mに向上、航続距離も1,463kmから1,746kmに増加した。

 1944年11月には後上方機銃を13mm旋回機銃、後下方銃を7.9mm機銃に換装、さらに三式空6号無線電信機四型(レーダー)を搭載した12甲型が制式採用された。この12型の内2機は、エンジンを火星25型丙に換装、尾輪を引込式に戻し、カウリング、風防などを再設計した仮称天山13型が試作されている。

 

生産数

 11型が133機、12型、12甲型が1,133機、合計1,266機生産された。

 

戦歴

 

新鋭艦攻第一線へ

 天山を最初に受領した部隊は1943年7月1日に開隊した第531空である。制式採用前であったが18機を保有していた。次に配備されたのは1943年9月1日に開隊した第551空で当時スマトラ島に展開していた同部隊に24機の天山が空母千代田で輸送された。最初に天山を受領した第531空が南東方面カビエン(ラバウルの北にある島)に進出。当時同地域に展開していた第582空に編入された。初出撃は、12月3日の第六次ブーゲンビル沖航空戦で6機の天山が出撃、戦果を記録したものの米側には損害の記録はない。

 実戦部隊に配備された天山は時速250ノットに達すると尾部に振動が発生、そのまま操縦不能となり海中に突入するという事故が複数発生した。このため551空天山隊はシンガポールで尾部の補強工事を受けた後、1944年2月11日には内南洋トラック諸島に到着した。しかし2月17日にはトラック島大空襲に遭遇、所属機のほとんどを消失、残った天山も4月30日の敵機動部隊攻撃により全機を失った。その後6月3日には551空に天山11機が補充され「あ」号作戦に参加した。同時期、攻撃256飛行隊天山14機が八幡空襲部隊として硫黄島に進出、数回にわたって敵艦船に雷撃を行っている。

 

マリアナ沖海戦

 6月19日には日本海軍史上最大規模の機動部隊である第一機動部隊と米海軍機動部隊がマリアナ沖で激突した。第一機動部隊は空母大鳳、翔鶴、瑞鶴で編成された第一航空戦隊、隼鷹、飛鷹、龍鳳で編成された第二航空戦隊、千歳、千代田、瑞鳳で編成された第三航空戦隊の空母部隊を基幹としていた。この内、一航戦には天山が44機、二航戦には18機、三航戦には9機(旗艦千歳のみ。他は九七式艦攻)が配備されている。海戦の結果はVT信管とレーダーを駆使した米艦隊の一方的な勝利で海戦が終わった時、残存していた天山は一航戦が1機、三航戦が5機の僅か6機のみであった。

 

終戦まで

 1944年4月29日、天山13機装備の553空が千島列島最北端の占守島に進出。北海道から千島列島の哨戒任務についたが553空は天山1機と九七艦攻4機を残して比島に進出した。この1機の天山は1945年春に事故により失われている。

 1944年夏には新たにT攻撃部隊が発足。天山装備の攻撃262飛行隊が同部隊に編入された。同年10月には台湾沖航空戦が勃発、T攻撃部隊他、攻撃256飛行隊23機、攻撃252飛行隊24機、攻撃263飛行隊29機、634空10機の合計86機の天山が参加しているものの実際には目立った戦果はない。

 その他、エンガノ沖海戦を始め比島航空戦にもしばしば10機程度の少数機による索敵、攻撃が行われている。1945年になると特攻隊である第二御楯隊に天山が編入、いよいよ天山も特攻に使用されるようになってくる。この攻撃で雷装の天山艦攻が護衛空母ビスマルク・シーに止めを刺した可能性が高い。

 1945年3月になると沖縄戦の前哨戦である航空戦が展開されるがこの攻撃にも攻撃251飛行隊の天山22機が参加している。沖縄に集結している米軍に対して海軍も各航空隊を九州に集結、天山も攻撃251飛行隊に加え、254飛行隊、256飛行隊の計34機、210空13機、601空の合計103機の天山が動員、さらに台湾には攻撃252飛行隊の14機、253飛行隊の14機が終結、沖縄航空戦に参加している。これらの天山隊は一部特攻隊として編成されたものの多くは少数機による地味な攻撃を行った。

 これら以外には艦攻という機種が海上護衛に適していたため多数機が海上護衛部隊で使用されている。

 

艦上攻撃機 天山の関係書籍

 

肥田真幸『青春天山雷撃隊』

肥田真幸『青春天山雷撃隊』
肥田真幸 著
光人社 2011年

 海軍兵学校67期という戦前に飛行学生を終えた最後の期出身の著者。太平洋戦争中盤まで内地で教官任務に就いたのち、天山を2番目に配備された部隊の隊長として実戦に参加。多くの修羅場をくぐり抜け終戦まで戦い続けた。天山の後部機銃を20mm機銃に変更して実戦で使用する等、興味深い。

 

まとめ

 

 天山は試作機完成後に故障が相次ぎ、制式作用、前線に登場するのが遅れた攻撃機であったが、基本性能は非常に高く、防弾装備と機銃以外は同時期の連合軍雷撃機の性能を遥かに上回っていた。高性能であったが前線に登場するのがあまりにも遅かったため戦局に決定的な影響を与えることが出来なかった悲運の航空機である。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九七式軽爆
(画像はwikipediaより転載)

 

 九七式軽爆撃機とは、連合軍のコードネーム「アン」。三菱重工製の軽爆撃機であった。日本陸軍では数少ない単発軽爆撃機で1938年に制式採用され、日中戦争、太平洋戦争の初期まで使用された。固定脚で信頼性も高かったが、旧式化に伴い前線から消えていった。

 

九七式軽爆撃機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 14.55m
全長 10.34m
全高 3.66m
自重 2,230kg
最大速度 423km/h(高度4,000m)
上昇力 5,000mまで10分36秒
上昇限度 8,600m
エンジン出力 850馬力
航続距離 1,700km(増槽装備時)
武装 7.7mm機銃1挺、7.7mm旋回機銃1挺
爆弾搭載量 300kg(正規)
      400kg(最大)
設計・開発 河野文彦 / 三菱重工

 

背景から開発まで

 日本陸軍は、戦闘機、偵察機に比べて爆撃機に注目するのが遅かったと言われる。その陸軍爆撃隊には軽爆撃機という区分があった。軽爆撃機というのは陸軍を支援する小型爆撃機のことでそれ以外の爆撃機を重爆撃機、超重爆撃機といった。

 1932年頃、日本陸軍では、軽爆撃機は双発、単発のいずれが良いかという論争が行われていた。単発派は軽量であることを重視、さらには双発機は単発機の1.5倍のコストがかかることから数が維持できないという理由であった。これに対して双発派は、爆弾搭載量、視界や防御力の点から双発が適当としていた。結局、この論争は双単併用という日本的な解決方法で解決した。この結果、日本では単発の軽爆撃機と双発の軽爆撃機という2種類が存在することとなった。

 

開発

 1935年、陸軍は中島飛行機、三菱重工に新重爆の開発を内示、1936年2月に試作を指示した。同時に石川島、三菱、中島、川崎航空機の4社に当時制式採用されていた九三式単軽爆の後継機の開発が内示された。1936年5月5日、三菱キ30、川崎キ32として新軽爆の試作が指示された。

 三菱にはキ30という名称で試作が指示されたが、これに対して三菱は河野文彦技師を設計主務者として開発を開始、1937年2月には試作1号機が完成した。初飛行は2月28日で5月から審査が開始された。そして16機の増加試作機の製作が決定、1938年6月に九七式単軽爆撃機として制式採用された。

 生産は制式採用に先立つ1938年3月から開始されており、1940年まで生産が続けられた。エンジンはハ5(850馬力)で、プロペラは3,175m3翅プロペラが装着された。脚は固定式で、主翼は低翼に近い中翼式、胴体内に爆弾倉が設けられた。性能は最大速度423km/h(高度4,000m)、上昇時間は高度5,000mまで10分36秒、実用上昇限度は8,570m、航続距離1,700km、武装は、翼内に7.7mm機銃1挺、後席に7.7mm旋回機銃1挺、爆弾搭載量は正規で300kg、最大400kgであった。

 本機は、やや鈍重ではあったが、急降下爆撃も可能であったものの胴体内爆弾倉の影響で操縦員と後席乗員の連絡が難しいという欠点があった。

 

生産数

 三菱重工で636機、陸軍航空工廠で180機以上、合計816機(686機とも)が生産された。

 

戦歴

 1938年1月には、飛行第9大隊(のちの飛行第90戦隊)が九七式軽爆への改変を開始、改変は4月頃で終わる予定であったが実際には8月頃までかかったと言われている。4月の徐州会戦に参加したのが初の実戦投入であったと思われる。続いて5月には飛行第5大隊(のちの飛行第31戦隊)が改変を開始している。1939年5月に勃発したノモンハン事件では九七式軽爆を装備した飛行第10戦隊が参加、その後、飛行第16戦隊、飛行第31戦隊も参加している他、中国戦線では飛行第34戦隊が九七式軽爆を装備していた。

 1941年12月の太平洋戦争開戦時には16戦隊、31戦隊、第21独立飛行隊の独立飛行第82中隊が九七式軽爆を装備している。開戦後は16戦隊が比島攻略に参加、31戦隊はマレー作戦に参加している他、独立82中隊が中国戦線で活躍したものの、1942年春頃には第一線を退いた。

 

まとめ

 

 九七式軽爆はM103ナゴヤという名称でタイ空軍に24機が供与された機体ではあったが、太平洋戦争初期には旧式化に伴い傑作機九九式双軽にその地位を譲ることとなる。特徴が無いことが特徴ともいわれる目新しさの無い機体ではあったが、扱いやすく搭乗員には評判の良い機体であった。川崎航空機の九八式軽爆と並んで日本陸軍が採用した数少ない単軽爆の一つである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_桜花
(画像はwikipediaより転載)

 

 特別攻撃機 桜花とは、太平洋戦争後期に開発された特別攻撃機である。搭乗員1名が乗機、火薬ロケットにより最高速度648km/hを発揮、機首に搭載された1,200kg爆弾により機体もろとも敵艦を撃沈することを目的としている攻撃機である。無論搭乗員が生還する可能性は全くない。

 

特別攻撃機 桜花 〜概要〜

 

性能

全幅 5m
全長 6m
全高 1m
自重 2,140kg
最大速度 648.2km/h(高度4,000m)
上昇力  -
上昇限度  -
エンジン出力 800kg3基
航続距離 37km
弾頭重量 1,200kg
設計・開発 三木忠直 / 海軍航空技術廠

 

背景から開発まで

 1944年、405空に在籍した太田正一特務少尉は、ロケット推進式の小型有人滑空爆弾を一式陸攻の胴体に懸架して、それを空中から発射、敵艦を撃沈するという意見を海軍航空技術廠(空技廠)に提出したのが始まりである。搭乗員必死である上、母機が投下点に到着する以前に撃墜されてしまう危険性が高いため反対意見も多かったが、太田少尉の並々ならぬ熱意により計画が開始される。発案者の名前をとりマルダイ部品という名目で秘密裏に50機が空技廠に発注された。

 

開発

02_桜花
(画像はwikipediaより転載)

 

 空技廠では、実質的には三木忠直少佐が主務者として開発を開始。設計は1944年8月16日から開始。最大でマッハ0.85に達する高速に耐えらえれる機体の設計。火薬ロケットの使用。高翼面荷重機であることや胴体下面懸架式親子飛行機という初めての形式であるなど、新しいことが多かった。このため入念な設計と実験が行われており、決して粗雑に製作された機体ではなかった。

 1944年9月初旬、試作1号機が完成する。エンジンは推力800kgの四式1号20型火薬ロケットで胴体後部に3基搭載された。計算上の最高速度は648.2km/h、航続距離は高度3,500mで発射した場合、約37kmであった。機首には、1,200kg徹甲爆弾が装備された。ロケットエンジンのため高温となる尾部を除き、胴体や主翼、尾翼は全木製であった。全木製としたのは、材料不足という理由はあったものの、レーダーや電波信管に対するステルス化という目的もあった。

 同年10月23日、初飛行はダミー機の投下実験という形で行われた。このダミー機は、ロケットエンジン、操縦者、爆弾、装備品の代わりに固定バラストを搭載して実機と同じ重量配分とした機体であった。実験は成功であり、これにより懸架式親子飛行機という一つのハードルは超えることができた。

 最も大切なのは機体そのものの操縦性や安定性の確認であったが、これはどうしても搭乗員が登場して飛行することが必要であった。最大の問題は高速の本機をどうやって着陸させるかということであったが、機体にバラストとして水を搭載、実験を終えた段階で水を放出して軽量化、揚力を大きくした状態で着陸するという方法に落ち着いた。それでも着陸速度は殺人機と呼ばれた雷電並みであった。この実験機は、軽量化のために主翼は鋼製、尾翼は軽合金とされた。

 搭乗員の操縦による飛行実験は、10月31日に行われた。結果は予想以上に安定性は良く、軽快さは戦闘機並みで着陸も容易であった。11月6日、火薬ロケットを使用した飛行実験が行われたが、この実験でも安定性も操縦性も良好であった。11月20日には爆弾の起爆実験が行われた。この実験以後、「マルダイ」は桜花11型と呼ばれるようになる。さらに1945年2月には機体の強度実験が行われた。この実験の結果、実用には十分であることが確認されたため生産が開始された。

 

仮称桜花練習用滑空機(桜花K-1)

 桜花搭乗員訓練用に作られた滑空機で外形は11型とほとんど変わらないが、ロケットエンジン部分が流線形に整形されており、機内には水バラストタンクが設置されていた。

 

22型

03_桜花22型
(画像は桜花22型 wikipediaより転載)

 

 エンジンをツ11エンジンジェット、さらに緊急加速用として11型で使用されている四式1号20型ロケットをさらに1基、胴体下に搭載、爆弾は600kgで機体は小型化された。兵装はレーダー波を探知する逆探や防弾鋼板も装備される予定であった。最高速度は426km/hに低下する代わりに129.65kmの自力飛行が可能であった。

 1945年2月15日前後に設計が開始され、1ヶ月程度で設計が完了した。4月頃には試作1号機が完成、6月には実験が開始されたが、7月には母機が地上滑走中に試作1号機が母機から転落するという事故を始めとしてトラブルが多発した。空中投下実験は8月12日で母機から離脱しようとした瞬間、突然緊急加速用ロケットが噴射し墜落した。テストパイロットの長野一敏飛曹長は殉職。その後、終戦となった。

 

33型

 33型は、橘花にも搭載されたターボジェットエンジン、ネ20を装備した型で22型のツ11エンジンの2.35倍のパワーが予定されていた。33型は当時開発が進んでいた十八試陸攻連山を母機とする機体で、主翼は木製であるが、それ以外は全軽金属製であった。設計が開始されたが、43型を優先的に開発するという海軍の方針のため設計は中止、そのまま終戦となった。

 

43型

04_桜花43型
(画像は桜花K-2 wikipediaより転載)

 

 43型は、カタパルト射出用の桜花で甲乙2種類が存在する。甲型が潜水艦からのカタパルト射出用、乙型は陸上基地からのカタパルト射出用であった。エンジンにネ20を採用、全軽合金製であった。乙型には訓練用の桜花K-2と呼ばれる複座桜花があり、1945年8月上旬に2機が完成している。風防は涙滴型で前後それぞれが涙滴形となっている。

 

その他バリエーション

 21型は陸爆銀河に搭載できるように軽量化された機体で、爆弾を600kgに変更した型であった。他にも飛行機曳航型の53型等が計画されていた。

 

生産数

 11型が155機、桜花K-1が45機生産されている。アメリカ、イギリス、日本、インドに合計14機が現存している。

 

戦歴

 初めての桜花部隊は1944年10月1日に神ノ池基地で開隊した721空である。当時の海軍の航空隊の編成は、航空機で編成された飛行隊が整備を始めとした後方支援機能を持った航空隊の下に組み込まれ航空隊司令の指揮下で作戦行動するというものであった。つまり飛行隊というユニットが航空隊という器に入ると考えると分かりやすい。

 飛行隊は作戦や状況によって別の航空隊に組み込まれたりすることもある。これは空地分離方式と呼ばれ、1944年7月10日から採用されている。721空は戦闘機と攻撃機の混成部隊で戦闘機隊は戦闘306飛行隊(定数24機のち48機)、攻撃機は攻撃711飛行隊(定数48機)が配属されており、桜花隊はどの飛行隊にも所属しない721空直属部隊である。

 訓練が開始されたのは11月中旬で当初はフィリピン戦に投入される予定であったが、投入予定の桜花50機は空母信濃で輸送中に母艦が雷撃により沈没、桜花も海底に沈んでしまったために投入は見送られた。1945年2月15日、721空は第5航空艦隊に編成替えとなると同時に戦闘305飛行隊、戦闘307飛行隊、攻撃708飛行隊が編入された。これにより定数は戦闘機192機、攻撃機96機に増強された。因みに定数とは保有することができる最大数であるので実際に配備されている機数は定数を下回る場合がほとんどである。

 桜花の初陣は1945年3月21日で、午前11時35分、15機の桜花を搭載した18機の一式陸攻が攻撃708飛行隊長野中五郎少佐直率の下出撃、零戦隊約30機の直掩を受けたものの、米機動部隊の戦闘機約50機の攻撃を受け目標に到達する前に一式陸攻は全滅、護衛の零戦隊も分隊長二人を含む7機を失うという損害を出した。4月1日には陸攻6機に桜花3機を搭載して出撃、桜花3機、陸攻2機を失った。

 4月12日には陸攻8機に桜花8機を搭載して出撃、桜花8機、陸攻5機を失っている。この攻撃で土肥三郎中尉機が米駆逐艦マナート・L・エーブルに命中、轟沈した他、駆逐艦スタンリーにも2機が命中し同艦は大破した他、桜花の至近弾を受けた掃海駆逐艦ジェファーズも大破している。

 4月14日には桜花7機、陸攻7機が出撃、全機未帰還となった。2日後の16日にも桜花6機、陸攻 6機が出撃、桜花5機、陸攻4機が未帰還となった。28日には桜花4機、陸攻4機が出撃、桜花1機が未帰還となった。5月4日には桜花7機、陸攻7機が出撃、駆逐艦シェーに命中、シェーが大破した他、「至近弾」2機により掃海艇、上陸支援艇が大破している。この攻撃での未帰還は桜花6機、陸攻5機である。さらに11日には桜花4機、陸攻4機が出撃、桜花3機、陸攻3機が未帰還となった。25日には桜花12機、陸攻12機が出撃、各3機が未帰還となっている。

 以降、一ヶ月近く出撃はなかったが、6月22日には桜花6機、陸攻6機が出撃、各4機が未帰還となった。これが最後の出撃で桜花の出撃は合計10回、未帰還となった桜花は55機、陸攻51機で搭乗員の戦死者は桜花隊55名、陸攻隊365名であった。桜花を搭載し重鈍となった一式陸攻の多くは射点到着前に撃墜されたが、一旦発射した桜花はレーダーで追尾することは困難であり、一撃で駆逐艦を大破させる威力があった。

 

まとめ

 

 日本陸海軍の航空機は戦争後半になると機体のバリエーションが多くなる傾向がある。桜花も例外ではなく数多くのバリエーションが計画された。搭乗員が必ず死亡する攻撃機のバリエーションがこれほど計画されているというのは、軍首脳部がこの特攻機にどれだけ期待していたのかが良く分かる。戦争の狂気以外の何物でもない。

 

 


ミリタリーランキング

01_四式重爆飛龍
(画像はwikipediaより転載)

 

 四式重爆飛龍は三菱重工が開発した航続重爆で、最高速度537km/h、航続距離3,800kmであった。軽量コンパクトにまとめられた機体は、のちに雷撃機にも改造され1944年の実戦配備以来、終戦まで戦い続けた。日本が生んだ最高傑作機の一つである。

 

四式重爆撃機 飛龍 〜概要〜

 

 

性能

全幅 22.5m
全長 18.7m
全高 5.6m
自重 8,649kg
最大速度 537km/h(高度6,090m)
上昇力 6,000mまで14分30秒
上昇限度 9,470m
エンジン出力 2,000馬力(2基)
航続距離 3,800km
武装 20mm機関砲1門、12.7mm機関砲4門
爆装 800kg爆弾(または魚雷)1発または
   500kg爆弾1発または
   250kg爆弾3発または
   50kg爆弾15発
設計・開発 小沢久之丞 / 三菱重工

 

開発

02_四式重爆飛龍
(画像はwikipediaより転載)

 

 キ49(九七式重爆)の後継機の開発を指向する陸軍は、1939年12月、三菱重工に対してキ67の開発を内示した。これに対して三菱は小沢久之丞技師を設計主務者として研究を開始、1940年9月に試作が内示、1941年2月に正式に試作が指示された。

 試作を命じられた三菱側は、完成した航空機が得てして当初の指示にはない使い方をされることを念頭に性能要求では500kgとなっている爆弾搭載量も最大で800kg搭載できるようにする等、余裕を持った設計が行われた。さらには目玉としては急降下爆撃、超低空飛行が可能なことなどがあった。

 

試作機完成

 1942年12月に試作1号機が完成する。初飛行は12月27日で翌年には試作2号機、3号機も完成、初飛行を行った。完成したキ67は海軍の一式陸攻に比べると小型コンパクトにまとめられていた。エンジンは信頼性の高いハ104(1,900馬力)でプロペラは直径3.6mの4翅プロペラを採用した。

 燃料タンクは、胴体内燃料タンクは装甲板や厚いゴム被膜で防弾しており、翼内タンクは下面がセミ・インレグラルタンク(燃料タンクがそのまま外板になっている構造。)となっており、被弾した際には燃料が自動的に下方に流れ出て火災を防ぐように設計されていた。機銃は5ヶ所で、前方、後上方、尾部、両側面が12.7mm機関砲(ホ103)が装備、死角が無くなるように視界が広く取られた。

 最高速度は537km/hで安定性不良、プロペラの不調、タイヤのパンク等が問題点として指摘されていたが、一つ一つ解消していった。ただ、プロペラの不調に関しては電気系統のトラブルが原因で、電気系統に弱い当時の日本では最後まで手を焼いた。1943年2月には17機の増加試作機が発注され、1944年2月までの間に完成した。この増加試作機で後上方機銃が20mm機関砲(ホ5)に変更され、以後、量産機の標準となった。制式採用は1944年8月であったが、生産は同年初頭には開始されており、3月には量産1号機が完成している。

 生産451号機以降は尾部銃座が連装銃架となり1型乙と呼ばれた。これに伴い20号機(試作機が20機存在するため生産1号機)から100号機までが1型、101〜450号機までが1型甲と呼ばれた。

 

雷撃機化

 1943年12月、陸軍は、三菱に対してキ67を雷撃機改修を内示、1944年1月5日に正式に改修が指示された。差し当たり17、18号機の2機が改修されたが、結果は極めて良好であり、陸軍は17号機以降全機に雷撃装備を施すことが決定した。さらに追加装備として電波警戒器タキ1供超低空用電波高度計タキ1靴鯀備していた。

 

2型、1型改

03_四式重爆飛龍
(画像はwikipediaより転載)

 

 1940年1月よりキ67のエンジンをハ214(2,350馬力)に換装するという研究が開始された。そして1943年9月に1型にハ214を搭載、試験を行った。1945年1月12日、キ67、2型の試作が指示されたが設計中に終戦となった。さらに1型に排気タービン付きハ104ルに換装した1型改も2機製作されたが、最大速度は545〜551km/hと大して向上しなかったため試作のみで終わった。

 

キ109特殊防空戦闘機

 キ109はキ67の防空戦闘機型で、1943年11月20日に試作が指示されている。これは75mm高射砲を装備した特殊防空戦闘機で、小沢久之丞技師を設計主務者として開発を開始、1944年8月末に試作1号機が完成している。テストの結果、操縦性、運動性は良好であり、75mm砲の命中率も高いため早速44機の緊急生産が命令された。

 しかし、1944年11月、実際に2機の試作機で来襲したB29を迎撃したところ、高空性能不足で有効射程に入れなかった。このため軽量化と空気抵抗の低減が行われたが、結局、期待した性能には達しなかった。試作機2機、量産機20機が生産されている。

 

その他試作機

 1944年2月には滑空機曳航装置を装備した型、5月には四式自動爆撃照準器と自動操縦装置を連携させる実験機が製作された。8月には機上サーチライトを装備した実験機が完成している。同月、イ号1型甲空対艦無線誘導ミサイル母機型と体当たり攻撃用ト号機の試作が指示されている。イ号母機は1944年10月に1号機が完成、12月までに全10機が納入されている。

 ト号機は銃座を全て廃し、800kg爆弾2発を搭載した型で15機が製作された。1945年2月にはキ167櫻弾装備特攻機の試作が指示されている。ト号同様、銃座は全て廃されている。試作2機の他、小数機が改修され実戦で使用されている。尚、キ167という計画番号は非公式。

 1945年7月には長距離襲撃機型、特殊航続延長機型が計画されている。特殊航続延長機型は両翼端を75cm延長し、燃料タンクを増設、さらに翼下に落下タンクを各1個装備、武装は尾部の機関砲のみとした機体で、長距離襲撃機型は20mm機関砲を胴体下面に4門、尾部に1門、機首に1門装備することを予定したものであったが、どちらも完成することなく終戦を迎えた。他にも、キ67を輸送機化したキ97輸送機は、1943年2月に試作指示が出たが、1944年9月に開発中止となった。全木製重爆キ112、重爆掩護機キ69が計画されたがいずれも計画のみで終わっている。他にも重爆指揮官機型も計画されていた。

 

生産数

 生産は、三菱名古屋製作所が564機(試作機含む)、熊本製作所が42機、川崎航空機が91機の合計697機が完成している(635機説あり)。

 

戦歴

 1944年5月、四式重爆は豊橋で訓練中の飛行第98戦隊に配備された。この戦隊は陸軍初の雷撃隊で、1944年2月より海軍761空の指揮下に入り、3ヶ月にわたって雷撃の訓練を行っていた部隊であり、四式重爆を配備された98戦隊は同機での訓練を開始、8月に海軍でT攻撃部隊が編成されると98戦隊も同部隊に加えられた。この時点で98戦隊の隊員は暗夜行動可能27組、月明時夜間行動可能5組とかなりの練度にまで達してた。

 四式重爆の初出撃は、1944年10月12日夜で、台湾より98戦隊の四式重爆20機が出撃したものの、1機は離陸に失敗、19機が索敵攻撃に出撃したものの敵機動部隊を発見することができずにバラバラに帰還、台湾にたどり着けたのは8機、中国大陸への不時着3機、行方不明8機という大損害を出してしまった。続く13日の攻撃では16機が出撃、1機以外は全て不時着・未帰還となり98戦隊の可動機はわずか2機となってしまった。同月、浜松では四式重爆を装備した飛行第110戦隊が編成、同月下旬には特攻機であるト号機装備の富嶽隊が編成(翌月全機が突入戦死)、11月には新たに特殊防空戦闘機型のキ109を装備する107戦隊が編成された他、60戦隊も四式重爆に改変されており、1945年1月には61戦隊、2月には62戦隊が四式重爆への改変を行っている。

 7戦隊も四式重爆を装備した部隊で98戦隊同様、雷撃訓練を受けた部隊であったが、この戦隊も98戦隊と同じくT攻撃部隊に編入されたものの台湾沖航空戦には参加せず、11月には比島に進出、数度の攻撃に参加した後内地へ帰還したのち、12月には新編の110戦隊と共にサイパン攻撃を行っている。1945年2月には米軍の硫黄島攻略作戦に際して60戦隊、110戦隊が米艦船攻撃を行っており、3月の沖縄侵攻では7戦隊、60戦隊、62戦隊、98戦隊、110戦隊が沖縄決戦に参加している他、1月に四式重爆に改変した61戦隊が蘭印方面で活躍している。

 

まとめ

 

 四式重爆は性能が高く、操縦性、運動性能も良かったため多くのバリエーションが考案された。しかし登場したのが太平洋戦争後半であり、生産数も少なかったため戦局を覆すほどの活躍は出来なかったが、1944年秋の実戦投入以来、多くの戦場で活躍した傑作機であった。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

01_百式重爆呑龍
(画像はwikipediaより転載)

 

 百式重爆呑龍は、戦闘機の援護を不要とすることを目的に設計された陸軍の重爆撃機である。このため設計者も一式戦闘機隼、二式単戦鐘馗を手掛けた小山悌技師を充て開発に乗り出した。結果、九七式重爆と大差ない重爆撃機となってしまったため歴史の中に埋もれてしまった。

 

百式重爆撃機 呑龍 〜概要〜

 

 

性能

全幅 20.42m
全長 16.81m
全高 4.25m
自重 6,540kg
最大速度 492km/h(高度5,000m)
上昇力 5,000mまで13分39秒
上昇限度 9,300m
エンジン出力 1,520馬力2基
航続距離 2,000km(正規)
武装 20mm機関砲1門、7.92mm機銃5挺
爆装 最大750kg
設計・開発 小山悌 / 中島飛行機

 

開発

02_百式重爆呑龍
(画像はwikipediaより転載)

 

 1937年12月、陸軍は中島飛行機に対してキ49の名称で九七式重爆の後継爆撃機の開発を指示した。性能要求は最高速度が九七式重爆の400km/h以上であったのに対して、500km/h以上、航続距離も九七式重爆の1,500〜2,100km以上に対して3,000km以上、爆弾搭載量は九七式重爆の750kgに対して1,000kgと増加していた。これに対して中島飛行機は、これまで重爆を手掛けていた松村健一技師に代わり(海軍機部門に転属)隼や鐘馗を設計した小山悌技師を設計主務者として開発を開始した。

 この設計主務者に小山技師を据えた判断は陸軍の要求が最高速度500km以上を要求する高速重爆であったため、戦闘機の設計を主に行っていた小山技師に白羽の矢が立ったものであるのだろう。その結果完成した重爆は、太い胴体に平面形の主翼というまさに戦闘機の性格を持った重爆であったと言える。

 1939年8月中旬、試作1号機が完成、本来、エンジンはハ41(1,260馬力)が搭載される予定であったが、生産が間に合わずハ5改(1,080馬力)が搭載されたが、ハ41を搭載した2号機、3号機が完成すると1号機もハ41に換装された。

 上昇力は5,000mまで14分、上昇限度は9,000m、航続距離3,400kmでほぼ要求を満たしたものであったが、最高速度は490km/h、爆弾搭載量は750kgと要求を下回っていた。武装は後上方に20mm機関砲1門、その他前面、尾部、両側面に7.7mm機銃各1挺を装備、合計6挺もの機銃を装備していた。

 1939年9月から年末にかけて基本審査が行われ、1940年1月に実用実験開始、同年8月に制式採用となるはずであったが、この時期、同時進行で開発されていた九七式重爆2型と性能がほぼ拮抗してたため問題となったが、将来の拡張性を考慮した結果、1941年3月、キ49は百式重爆として制式採用された。愛称は中島飛行機太田工場のある太田市にある大光院新田寺の通称「呑龍様」から呑龍と命名された。

 

2型

03_百式重爆呑龍
(画像はwikipediaより転載)

 

 百式重爆呑龍の制式採用の条件が性能向上型の開発であったこともあり、1941年3月、制式採用と同時に2型の研究が開始された。2型はエンジンをハ41の発展型ハ109(1,500馬力)に換装、最高速度は492km/h、上昇力が高度5,000mまで13分39秒、実用上昇限度が9,300m、航続距離が2,000〜3,000kmと1型に比べて僅かに性能が向上していた。1943年8月、基本審査完了、1943年6月には百式重爆2型として制式採用された。

 2型甲は、武装が後上方20mm機関砲(ホ1)、前部、側面両側の機銃を7.92mm機銃に変更、さらに尾部機銃を7.92mm連装機銃とした型であった。2型乙は甲の尾部銃座を12.7mm機関砲(ホ103)に変更した型であった。この乙の一部には推力式単排気管が装備されていた。丙型は電波警戒器タキ1(レーダー)を搭載した哨戒機型で推力式単排気管を装備した型で2型の内35機が改造された。

 

3型

 エンジンをハ107(2,000馬力)またはハ107を2段2速過給器に変更したハ117(2,470馬力)に換装した型である。1941年12月に試作1号機が完成したが、エンジンの開発に手間取ったため、完成したのは1942年4月末であった。1、2号機はハ107仕様であったが、1942年8月上旬に完成した3号機はハ117仕様であった。1943年12月百式重爆3型として制式採用された。

 機体自体にも大幅な改良が加えられ、ナセル間隔の増加、脚の高さの延長、水平尾翼の面積が増加された。武装も尾部機銃が20mm機関砲に変更、後上方、後下方が12.7mm機関砲に変更、爆弾搭載量も当初の要求通りに1,000kgに増加した。同時に燃料タンクの容量も1,000L増加されている。

 性能はハ107装備機が最高速度569km/h(高度4,800m)、ハ117装備機が540km/h(高度5,500m)で、上昇力も5,000mまで10分30秒と向上したが、実用上昇限度は8,500mに低下した。この3型は制式採用は決定したもののキ67(四式重爆飛龍)の開発に重点を置くため6機が製作されたのいで終わった。

 

キ50・キ58・キ80

 キ50は空中給油機型で試作のみ行われた。キ58はキ49の機体をベースとした爆撃機直接掩護用の多座戦闘機である。胴体上面に20mm機関砲を追加、20mm機関砲5門、12.7mm機関砲3門を装備していた。3機が試作されたのみで終わった。キ80は同じくキ49の機体をベースとした空中式用の機体で2機が試作された。

 

生産数

 百式重爆は合計819機(または832機、796機)が生産された。

 

戦歴

 最初に百式重爆が実戦配備されたのは1942年7月から8月にかけてで、配備された部隊は満洲に展開する飛行第7戦隊と第61戦隊であった。両部隊ともに九七式重爆からの改変で、改変が完了した9月には南方進出が決定、10月には7戦隊がジャワ島、61戦隊がスマトラ島に到着、海上を哨戒しつつ洋上航法や艦船攻撃の訓練を行った。

 1943年3月になると7戦隊はビルマに帰還する12戦隊に代わりスラバヤに進出するが、4月には装備機を百式重爆2型に改変するために浜松に帰還、スラバヤにはジャワ島の61戦隊が進出した。6月になると61戦隊にポートダーウィン攻撃命令が下り、一式戦闘機隼を装備する59戦隊などと共にチモール島ラウンテン飛行場に進出、数度の攻撃に参加したのち61戦隊も百式重爆2型に改変するために内地に帰還している。1943年7月になると百式重爆に改変した7戦隊が再びジャワ島に進出、さらに同月ニューギニアのブーツ東飛行場に進出、8月には7戦隊同様百式重爆2型に改変した61戦隊もニューギニアに進出したものの11月までには両戦隊ともに戦力のほとんどを失ってしまったため、1944年2月には7戦隊は人員の一部を61戦隊に転属させ内地に帰還、その後61戦隊は少数機による作戦を実施している。

 その他百式重爆を装備した戦隊であるが、1943年5月になると満洲に展開する74戦隊、95戦隊にも百式重爆が配備、1944年1月には62戦隊にも1型が配備されている。1944年2月になると満洲に展開していた74、95戦隊は内地に展開して哨戒、訓練を行ったのち9月には比島に進出、62戦隊もマレー半島に進出したのち10月には比島に進出して多くの作戦に参加、1944年12月には62戦隊、1945年1月には74戦隊、95戦隊も内地に帰還した。

 

まとめ

 

 百式重爆呑龍は傑作爆撃機九七式重爆と四式重爆撃機の間に挟まれた目立たない爆撃機で、同時期に製作された九七式重爆2型と性能はほぼ拮抗していたが、将来性を見込んで採用した機体であった。3型まで改良された時点で性能は大幅に向上したが、四式重爆の開発が始まってしまったため開発は打ち切られてしまった悲運の爆撃機であった。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九七式重爆
(画像はwikipediaより転載)

 

 九七式重爆は陸軍初の近代的重爆撃機であった。中島、三菱の競作であり、その採用には政治的思惑も噂されているが、性能は素晴らしく、同時期の海軍の爆撃機九六式陸攻の最高速度を100km/h以上上回った傑作爆撃機である。

 

九七式重爆撃機 〜概要〜

 

 

性能(1型)

全幅 22.00m
全長 16.00m
全高 4.35m
自重 4,691kg
最大速度 432km/h(高度 -000m)
上昇力  -
上昇限度 8,600m
エンジン出力 1,080馬力
航続距離 2,500km
武装 7.7mm連装機銃1挺、7.7mm機銃3挺
爆装 最大 1,000kg
設計・開発 三菱

 

背景から開発まで

 それまでの九三式重爆の旧式化に伴い、陸軍は、新重爆の開発を計画。1935年9月、陸軍航空本部は中島飛行機、三菱、川崎に次期爆撃機の研究に着手させた。その結果、1936年2月15日、中島飛行機と三菱に試作命令が出た。この新重爆は、最大速度がそれまでの九三式重爆の200km/hに対して、一挙に400km/hの速度を要求されたことが特徴的であった。そしてこの重爆が目標としていたことはそれまでの重爆が単に地上支援が任務であったのに対して、新重爆は航空撃滅戦(敵航空機の殲滅)であった。

 

開発

02_九七式重爆
(画像はwikipediaより転載)

 

 中島、三菱に命じられた試作機の完成期限は1936年10月であったが、両社共に遅れた。1936年12月、三菱が一足早く試作機を完成させた。性能はほぼ要求値を満たしており、1937年4月末の基本審査でも大きな問題は指摘されなかった。一方の中島飛行機は1937年3月に試作1号機が完成、6月より基本審査が行われた。両社の試作機を比較すると、まずエンジンは三菱がハ6(700馬力)、中島がハ5(950馬力)であり、寸法は三菱がやや大きく、中島はスマートな流線形であった。性能はどちらも甲乙付け難く、陸軍内部においても意見が二分されてしまった。

 この結果、陸軍は三菱の機体に中島製のエンジンを装着するということで解決、1937年6月11日、三菱に対して増加試作機(キ21)の製作が指示された。この決定は、両社の優れているところだけを抽出するというものであったが、問題はここからである。三菱にはエンジンの変更と共に陸軍の指示により機体の改修が命じられた。この内容は中島製の試作機の長所を全て三菱製に反映させるというもので、案の定、完成した機体はスマートな流線形を持つ中島製試作機にそっくりな形状となった。

 これを知った中島側は、自社の設計を三菱に「横取り」されたと不満を抱き、三菱側は自社の自慢のエンジンを不採用にされたことや設計の変更をさせられたことに不満を感じた。結局、この決定は両社に不満を持たせる結果となってしまった。しかし、この陸軍の決定により九七式重爆という傑作機が生まれたというのは皮肉な話である。

 試作機1、2号機は試験のため中国戦線に投入、さらに1937年末(1938年説あり)までに製造された増加試作機6機の内、5機も戦線に投入され、これらのフィードバックを残りの1機の増加試作機に反映させる方針であった。同時にエンジンをハ5改(850馬力)に換装された量産機(1型)が三菱、中島で製作されていった。

 

1型

 1型甲は、1型よりも燃料搭載量を増大させたタイプで武装は後上方に7.7mm連装機銃、機首と後下方に7.7mm機銃各1挺の合計4挺であった。

 1938年7月20日に試作1号機が完成した1型乙は、尾部銃と側方銃(左右兼用)が各1挺追加された。以前から安定性が不十分であった上に武装強化により重心位置が後退したため水平尾翼が大型化された。燃料タンクも防弾ゴムが装備されている。最大速度は432km/h、上昇限度8,600m。

 丙型は2型へのつなぎとして製造された機体で、外翼の形状の変更、車輪の大型化、燃料搭載量の増大等が行われている。

 

2型

 エンジンをハ101(1,450馬力)に換装した機体である。1939年11月14日、試作が指示された。1型丙のエンジンをハ101に改修して各種テストを実施、1940年12月に完成した。エンジンの換装に伴いエンジンナセルの形状を変更、車輪も完全な引込脚に変更された。武装もそれまで左右兼用であった側方銃も左右に各1挺設置された。エンジンの換装により最大速度は1型の432km/hに対して478km/hと大幅に向上した。2型乙の登場により2型甲と呼ばれた。

 2型乙は後上方機銃を12.7mm機関砲(ホ103)に換装、機銃座の風防を球形に改良された型である。2型丙は、機上電波警戒器タキ1(レーダー)を装備した機体で1944年2月中旬に試作機が完成、その後数機が生産された。2型は生産中に単排気管の装着、防弾装備の充実等が行われている。

 

輸送機型

 1型をベースに100式輸送機(キ57)として制式採用された。MC-20として民間にも転用されている。さらには貨物輸送機とされた機もあり、これはMC-21と呼ばれた。

 

生産数

 1型は、試作機2機、増加試作機6機、量産機350機が生産され、1型甲型は143機、乙型が120機、丙型が160機生産されている。1型は合計2型は1944年9月まで生産が続けられ2型甲が1,025機、2型乙が257機の合計1,282機が生産された。総生産数は試作機も含めると2,063機である。

 

戦歴

 1937年7月7日、盧溝橋事件の勃発により日中戦争が始まる。当時の日本陸軍が採用していた重爆は九三式重爆であったが、能力的には十分といえるものではなかった。このため1937年10月末、独立第3中隊に実用実験を兼ねて九七式重爆の試作1号機、2号機が配備、約2ヶ月の実用実験が終了した後、この2機は飛行第6大隊に引き渡された。さらに1938年6月までには大隊の全12機が九七式重爆に改変された。

 1938年8月には第6大隊は飛行第60戦隊に改編、以降、要地攻撃や地上部隊支援、さらには重慶等の奥地攻撃に活躍する。この頃になると九七式重爆は満洲の58、61戦隊、台湾の14戦隊にも配備されるようになっており、61戦隊は1939年に勃発したノモンハン事件にも参加している。このノモンハン戦の最中、九七式重爆を装備した62戦隊が誕生、さらに内地の7戦隊、1940年春には98戦隊、6月から8月の間に12戦隊が九七式重爆に改変された(1941年5月には12戦隊、98戦隊が2型へ改変されている)。

 太平洋戦争開戦時には1型丙を装備した62戦隊、12戦隊、60戦隊、98戦隊が仏印に進出、進出時に悪天候により14機を失ったものの145機が仏印に集結した。1941年12月8日、太平洋戦争が開戦するとこれらの戦隊はマレー攻撃、シンガポール攻撃に参加、その後ビルマのラングーン航空撃滅戦に参加、1942年2月には98戦隊に搭乗した第一挺身団によるパレンバン油田への空挺降下が実施、3月には九七式重爆によるビルマへの航空撃滅戦が行われている。

 一方、太平洋戦争開戦時に比島攻撃に参加した14戦隊は、1943年3月2日にシンガポールから島伝いにラバウルに進出、ソロモン、ニューギニア航空戦に参加したのち、1944年3月には比島に移動した。比島には12戦隊の九七式重爆と共に第7飛行師団の指揮下に入り比島決戦に活躍した。他にも比島にはタキー1機上電波警戒機を搭載した九七式重爆二型を装備した独立飛行31中隊が哨戒部隊として参加している。

 その他の戦線では、1943年3月には58戦隊、60戦隊がインド洋の哨戒任務や中国大陸での作戦を行っており、12戦隊や14戦隊、62戦隊等も中国大陸で活躍している。1945年になると九七式重爆はすでに旧式化していたが、同年3月に始まった沖縄戦では九七式重爆が義烈空挺隊を乗せて沖縄の飛行場へ強行着陸を敢行している。

 

まとめ

 

 九七式重爆は、日中戦争のさ中に開発された重爆撃機で太平洋戦争終戦まで使用され続けた。生産中に防弾性能の強化も行われたが、連合軍爆撃機に比べれば防弾装備は無きに等しい。沖縄への特攻攻撃である義烈空挺隊の搭乗機としても有名である。戦後も少数がタイで運用されている。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_連山
(画像はwikipediaより転載)

 

 連山は太平洋戦争中期に計画、末期に完成した大型陸上攻撃機である。目的は遠距離の米軍基地を破壊するためのものであったが、試作機が完成した時点ではもはや戦局はひっ迫しており、試作機のみで生産は打ち切られた。戦後、米国でテストされたがエンジン不調のためその飛行性能は分からず仕舞いである。

 

大型陸上攻撃機 連山 〜概要〜

 

 

性能(一部計画値)

全幅 32.54m
全長 22.93m
全高 7.20m
自重 17,400kg
最大速度 593km/h(高度8,000m)
上昇力  -
上昇限度 10,200m
エンジン出力 2,000馬力4基
航続距離 3,700〜7,470km
武装 20mm機銃6挺、13mm機銃4挺
爆装 2,000kg爆弾(または魚雷)2発または
   1,500kg爆弾2発または
   800kg爆弾3発または
   250kg爆弾8発または
   60kg爆弾18発
設計・開発 松村健一 / 中島飛行機

 

開発

 

02_連山
(画像はwikipediaより転載)

 

完成まで

 太平洋戦争開戦後、遠距離にある敵基地を攻撃する必要性に迫られた日本海軍は、長距離爆撃機の開発を計画するようになった。このため海軍は4発エンジンの大型陸上攻撃機の開発を志向、1942年12月末、大型機深山開発に実績のある中島飛行機に計画番号N-40の試作計画を内示した。内示からおよそ半年後の1943年5月、この計画は陸海空共同試作機に指定される。

 この内示を受けた中島飛行機は、試製深山と同じ松村健一技師を設計主務者に計画に着手した。そして1943年9月14日、十八試陸上攻撃機試製連山(G8N1)の試作が中島飛行機に発注された。正式な発注に前後して、8〜9月には基礎設計が完了、12月には木型審査も完了した。そして1944年9月末、試作1号機が完成、10月23日初飛行に成功した。試作内示を受けてからわずか1年10ヶ月であった。

 1944年12月29日には試作2号機が完成、1号機とともに試験が行われた。この試製連山は日本では経験の少ない4発重爆である上、戦時下という悪条件の下であったが、作業は順調に進み、失敗が非常に少なかった。これには理由がある。設計主務者の松村健一技師は、作業に失敗を減らすために発動機、プロペラ等の選定には確実性のある資料に基づいて行うことや事前の研究、実験を綿密に行うこと、計画重量を超えない等以外にも以前の航空機設計の失敗からのフィードバックや目前の計画に集中し、それ以外の「欲をかかない」ことを求めた(例えば「将来の性能向上を見越す」等)。これらの対策が試製連山を成功に導いたといえる。

 

連山の特性

 エンジンは排気タービン付の誉24型ル(2,000馬力)でプロペラは6翅にすることも考えられたが結局無難な4翅とした。翼面荷重は速度を重視した高翼面荷重(239kg/屐砲箸掘△海里燭疥ッ緡ν僂某道劵侫薀奪廚噺討个譴襯侫薀奪廚硫縞にもう一枚フラップが付くフラップを採用した。胴体は厚い外板と少数の縦通材を使用する厚板構造の真円断面で、膠着装置は当時では珍しい前車輪式膠着装置(尾輪がなく前輪と主翼下部の車輪のみで機体を支える)が採用された。

 兵装は機首の前方に13mm連装機銃、胴体上方、下方、尾部に20mm連装機銃、側方左右に13mm機銃各1挺であり、側方機銃以外は全て動力式銃架であった。爆撃兵装は爆弾の搭載量は4tで、魚雷も搭載することが可能であったが、この時期にはもう大型機による魚雷攻撃というのは非現実的なものとなっていた。

 結局、連山は4機が完成したが、1945年6月には戦局の関係から開発中止が決定する。この4機の内、3号機は空襲で大破、4号機も破損したが、1、2号機の部品を使用して4号機は修復され戦後、米国に運ばれテストされた。1946年6月に飛行テストが行われたがエンジンの不調のためテストは2回で打ち切られた。連山が全力を発揮することはついになかった。

 

バリエーション

02_連山
(画像はwikipediaより転載)

 

 試作機4機のみの連山であったが、バリエーションは計画されていた。まず、特攻機桜花の母機として使用するために改修を加えたG8N1A、エンジンをハ43/11型ルに換装したG8N2、このG8N2を鋼製化したG8N3があった。

 

生産数

 連山は試作機6機、増加試作機10機、量産機32機が発注されていたが、1945年6月に連山の開発中止が決定してしまったため試作4号機が完成するにとどまった。連山の総生産数は試作機4機のみである。

 

まとめ

 

 連山は、深山とことなり大きな問題もなく完成した。大型陸上機の経験の少ない日本において非常に珍しいことであったが、そこには作業に関わった人々の知恵と努力があった。連山は、結局、実戦には参加せず、その能力を知られることもなく米国で廃棄されてしまったが、その技術は中島飛行機に継承されていった。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

01_一式陸攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 一式陸攻は1941年に制式採用された双発爆撃機でその性能は当時としては随一のものであった。そのため多くの改良型が開発されたが、防弾装備を軽視したため戦場では「ワンショットライター」と呼ばれるほど脆く、多くの機体が撃墜されていったが、機体性能は素晴らしく傑作機といっていい。

 

一式陸上攻撃機 〜概要〜

 

 

性能(22型)

全幅 24.88m
全長 19.63m
全高 6.00m
自重 8,050kg
最大速度 437.1km/h(高度4,600m 250kg爆弾4発搭載時)
上昇限度 8,950m
エンジン出力 1,850馬力(2基)
航続距離 6,060km(偵察時)
武装 20mm機銃2挺、7.7mm機銃3挺
爆装 800kg爆弾(または魚雷)1発または500kg爆弾1発または
   250kg爆弾4発または
   60kg爆弾12発
設計・開発 本庄季郎 / 三菱

 

開発

02_一式陸攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 1937年9月末、海軍は、三菱に対して仮称一二試陸上攻撃機(G4M)の開発を命じた。要求された性能は最高速度398.1km/h(高度4,000m)、航続距離4,815km、800kg爆弾または魚雷搭載可能であること、乗員7〜9名、発動機は金星(1,000馬力)を使用することというものであった。これは当時、制式採用されていた九六式陸攻と爆弾搭載量は同じにして速度は50km/h以上、航続距離は800km以上を増大させるという苛烈なものであった。

 これに対して三菱は九六式陸攻の設計主務者であった本庄季郎技師を設計主務者として検討を開始した。本庄技師は当初は発動機4発の重爆を想定していた。これは双発でも要求性能は発揮することはできたが、防御面が不十分になるためエンジン2発のパワーで本来の性能、もう2発で防御関係の重量を支えるという構想であった。しかし、この構想は海軍側の猛反発に遭い、結果双発高速陸攻が完成するが、同時に防御装備が貧弱であり連合軍からは「ワンショットライター」と呼ばれることとなる。

 爆弾倉を胴体内に持つため胴体はいわゆる「葉巻型」となった。これは空力的には非常に優れた設計であった。翼内には燃料タンクが設けられ、さらに偵察任務の場合には爆弾倉内に増設タンクを搭載することが可能、脚は電動式で機体内に完全収納されるものであった。エンジンは当初は金星エンジンを採用する予定であったがより高性能な火星11型(1,530馬力)が完成したため火星エンジンを採用している。機銃は7.7mm機銃が前方に1挺、胴体上方に1挺、左右側面に各1挺、後方に20mm機銃が1挺の合計5挺が装備された。

 1939年9月、試作1号機が完成、翌10月23日初飛行が行われ、最高速度が444.5km/h(性能要求398.1km/h)、航続距離は5,556km(同4,815km)と性能要求を大幅に超えたもので関係者を驚かせたという。そして一連の審査が終わった1940年1月24日海軍に領収、順調に進んでいたが、掩護機型生産のため(下記参照)作業は大幅に遅れ、1年以上経た1941年4月2日一式陸上攻撃機として制式採用された。

 

海軍の型番の命名規則

 以下、一式陸攻のバリエーションについて解説するが、海軍の型番の命名規則は一の位がエンジンの変更、十の位が機体の変更を表している。つまり最初期型は11型で、機体設計に変更を加えると21型、エンジンに変更を加えると22型となる。さらにエンジンに変更を加えると23型という風に変わっていく。

 

G4M1シリーズ 型番10番台

 

03_一式陸攻
(画像はwikipediaより転載)

 

一式大型陸上練習機11型・一式陸上輸送機11型

 一式陸攻が制式採用される以前、十二試陸上攻撃機の高性能に注目した海軍は掩護機型を思い付く(G6M1)。三菱側は性能が低下すると反対したが、海軍は方針を変えず生産を命じた。改良点は爆弾倉を廃し、代わりに胴体下面に砲塔を設置、前後に20mm旋回銃2挺を搭載、上方銃座を20mm機銃に変更、燃料タンクの防弾化などである。1940年8月に試作機が完成したが予想通り重量超過となり失敗した。この試作機は練習機や輸送機に変更され、一式大型練習機11型(G6M1-L)、一式陸上輸送機11型(G6M1-L2)として制式採用された。

 

11型(12型とも)

 高高度性能を強化する目的でエンジンを火星15型に変更したもの。これにより最高速度が11型に比べ18.5km/h速くなった他、上昇時間、上昇限度も向上した。最高速度463km/h、航続距離6,030kmとなった。途中の生産機から燃料タンクに厚さ30mmの防弾ゴムを装備、防弾性能が強化された。11型、12型併せ略符号はG4M1である。

 

G4M2シリーズ 型番20番台

 

04_一式陸攻
(画像はwikipediaより転載)

 

22型(G4M2)

 22型は1942年11月24日に試作1号機が完成する。12型との変更点は、主翼、水平尾翼の形状を変更、プロペラを4翅に変更、燃料タンクの容量の増加、尾輪を引込脚に変更、上部機銃を20mm機銃に換装した他脚の補強も行われた。重量が増加したためエンジンを火星21型(1,850馬力)に変更している。22型甲は電探装備機で、22型乙は胴体上方の機銃が変更されている。最高速度437.1km/h、上昇限度8,950m、航続距離は2,500km。

 

24型(G4M2A)

 エンジンを火星25型(1,850馬力)に変更した機体。1944年に1号機が完成する。24型甲は側方銃を20mm1号銃に変更したタイプで、24型乙は24型甲の上方銃を変更したもの。24型丙は24型乙の前方銃を12.7mm機銃に変更したタイプである。24型丁は特別攻撃機桜花の母体とするために設計されたタイプで桜花用の懸吊装置を設置した他、防弾鋼板の設置などがされている。一部の24型丁には離陸補助用の四式噴進器2本が装備されている。

 

25型、26型、27型

 25型は、エンジンを火星27型(馬力不明)にしたものであったが、発動機工場が被爆してしまったため1機のみ製造された。26型はエンジンを火星25型乙に変更したもので2機が試作された。内1機は26型丁として桜花の母機となっている。

 27型はエンジンを火星25型ル付に変更したもので1機が改造された。

 

G4M3シリーズ 型番30番台

 

34型

 34型は、連合艦隊側から航続距離を犠牲にしても防弾性能を強化して欲しいという要望の下にエンジンは火星25型のままで機体の防弾性能を強化したタイプである。燃料タンクを防弾ゴムで覆ったものであったが、設計の途中で設計主務者である高橋巳治郎技師が病に倒れたため完成は遅れた。1944年1月試作1号機が完成、初飛行を行った。最高速度は481km/hと24型よりも向上していたが、重量が増大したため強度不足が生じその対策に手間取った。

 さらに海軍側から航続距離を延長せよという要求が出されたため作業は再び遅れた。そして再び海軍から武装を強化せよという要求が出された結果、完成は遅れに遅れ1944年10月に34型生産1号機が完成した。こうして生産が開始された34型であったが、そのころには攻撃機の主力は陸爆銀河や四式重爆飛龍(陸軍)に代わっており、一式陸攻は輸送や対潜哨戒に使用されていた。このため34型も輸送用や対潜哨戒用に改造された34型甲、上方機銃を長銃身の99式2号銃に変更した34型乙、機首前方機銃を13mm機銃に変更した34型丙もある。

 36型(G4M3D)はエンジンを火星25型乙に換装したもので、桜花の母機として36型丁も製作される予定であった。37型はエンジンを火星25型ル付に換装したもので2機が改造されテスト中に終戦となった。

 

生産数

 G4M1シリーズは、試作機が2機、11型が403機、12型が797機の合計1,202機、G4M2シリーズが、22型から27型までは三菱名古屋製作所で640機、水島製作所で512機(513機とも)の合計1,152機(1,153機とも)、G4M3シリーズが、約516〜530機ほど生産された。総生産数は2,420機、または2,435機である。

 

戦歴

 最初に一式陸攻が配備されたのは高雄空で、1941年5月、九六式陸攻から一式陸攻に改変されている。初めての実戦参加は同年7月27日の成都空襲で、以降、高雄空の一式陸攻は中国戦線での攻撃に度々参加している。そして9月には新たに鹿屋空が一式陸攻に改変を開始、両部隊ともにその後仏印進駐に参加している。

 太平洋戦争開戦時に一式陸攻を装備していたのも両部隊で、開戦劈頭フィリピンの各基地の攻撃に参加、12月10日には鹿屋空の一式陸攻隊がマレー沖海戦で戦艦プリンス・オブ・ウェールズ、レパルスに雷撃を行っている。その後、零戦隊と共に比島・蘭印の各作戦に参加、この中で2月28日には高雄空の一式陸攻隊が水上機母艦ラングレーを撃沈している。

 

南東方面(ソロモン・ラバウル)の一式陸攻

 当初2航空隊のみであった一式陸攻隊であったが、1942年2月には新たに三沢空、4空にそれぞれ一式陸攻が配備、4空は2月14日にはラバウルに進出、20日には戦闘機の援護を受けずに米機動部隊攻撃を実施、参加17機中12機が被撃墜、2機が不時着という大損害を受け(ニューギニア沖海戦)、戦力回復後に行われた珊瑚海海戦においても出撃12機中隊長機以下4機を失うという損害を受けていた。このため内地で哨戒任務に就いていた三沢空にもラバウル進出が命ぜられ、8月には三沢空もラバウルに進出した。この頃になると九六式陸攻から一式陸攻への改変は進み、1空、千歳空が新たに一式陸攻を装備するようになっている。

 1942年8月7日に米軍はガダルカナル島に上陸、第一次ソロモン海戦が開始、4空、三沢空の一式陸攻隊は出撃87機中24機と実に30%の戦力を失うという大損害を受けており、これ以降でも8月中にさらに11機が撃墜されている。このため同月中に木更津空、9月には千歳空と高雄空の一部がラバウルに鹿屋空(751空)の一部(27機)がカビエンに進出、同時に戦力を消耗し尽くした4空(702空)が内地に帰還したもののラバウルには三沢空(705空)、木更津空(707空)、千歳空(703空)、高雄空(753空)の4個飛行隊79機が集結した。その後、12月には707空は戦力を消耗して解隊、代わりに九六式陸攻装備の701空(旧美幌空)が進出している。その後これらの航空隊と再度進出した702空によりラバウル航空戦が展開されるが、1944年2月には751空がトラック島に後退、おびただしい犠牲を出した一式陸攻隊によるソロモン航空戦は終止符を打った。

 

千島列島、中部太平洋の一式陸攻

 一方、北東方面(千島列島)では752空(旧1空)の一式陸攻隊45機が幌筵島に進出、アッツ島に来襲した米艦隊への攻撃を行ったものの戦果はなく、アッツ島の玉砕ののちの1943年11月にはマーシャル諸島に移動している。中部太平洋では開戦当初は千歳空(703空)と1空(752空)が展開していたが、ラバウル方面の戦局が逼迫したため千歳空はラバウルに進出、中部太平洋は1空のみとなったが1942年11月には755空(旧元山空)がウェーク島に進出した。1944年に入ると平和であったマーシャル諸島も米機動部隊の攻撃を受けるようになり、2月に入ると米軍が上陸、さらにトラック島も米機動部隊の空襲を受けるようになった。

 

終戦まで

 この後、米軍の攻撃はマリアナ諸島、台湾、比島にも及ぶことになるが、戦力の差が決定的になってしまった状態では一式陸攻も戦果は少なく消耗する一方であった。この戦争後期に特筆すべきなのは721空で、通称神雷部隊と呼ばれるこの航空隊は「人間爆弾」桜花を搭載する部隊であった。飛行隊長は野中五郎少佐で一式陸攻24丁型で各1機特攻機桜花が搭載可能であった。初出撃は3月21日で一式陸攻18機が出撃、全機撃墜されている。以降、6月22日までに計10回出撃が行われているが損害に対して目立った戦果は挙げられていない。

 

まとめ

 

05_一式陸攻
(画像はwikipediaより転載)
雷撃中の一式陸攻。一式陸攻の胴体の高さが2.5mであることを考えると海面ギリギリで雷撃する一式陸攻の搭乗員の練度の凄さが良く分かる。

 

 一式陸攻は完成当時世界トップクラスの飛行性能を持った双発爆撃機であったが、実戦では防弾装備を軽視した結果、機銃弾が命中すると即座に発火、連合軍パイロットから「ワンショットライター」と呼ばれる機体となった。これは海軍が防弾能力を軽視した結果であった。このため海軍は太平洋戦争初戦期で多くの優秀な搭乗員を失ってしまった。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_深山
(画像はwikipediaより転載)

 

 深山は中島飛行機が開発した大型陸上攻撃機である。4発エンジンで全幅はB-29に匹敵する42mに達したが、性能が海軍の要求値に達せず試作機含め6機のみで生産が中止された。この6機の内4機は輸送機に改造されたが、予備部品の不足と油圧系統の不良に最後まで悩まされた。

 

大型陸上攻撃機 深山 〜概要〜

 

性能(試製深山)

全幅 42.14m
全長 31.02m
全高 6.13m
自重 20,100kg
最大速度 420km/h(高度3,000m)
上昇力 2,000mまで5分17秒
上昇限度 9,050m
エンジン出力 1,570馬力
航続距離 5,161km(偵察過荷重)
武装 20mm機銃2挺、7.7mm機銃4挺
爆装 800kg爆弾(または魚雷)4発または
   250kg爆弾12発または
   60kg爆弾24発
設計・開発 松村健一 / 中島飛行機

 

背景から開発まで

 

大型攻撃機(大攻)と中型攻撃機(中攻)の違い

 1938年、それまで陸上攻撃機としていたものを大型攻撃機(大攻)、中型攻撃機(中攻)という二種類に分類した。主要任務、特性は同じであるが、爆弾搭載量が大攻1,500kg、中攻が800kg、航続距離が大攻が3,000海里(5,556km)、中攻が2,000海里(3,704km)と異なる。その他、乗員数、搭載機銃数等も異なるが、大攻と中攻の大きな違いは爆弾搭載量と航続距離であるといえる。

 

ダグラス社よりDC-4Eを購入

02_DC-4E
(画像はDC-4E wikipediaより転載)

 

 1937年12月、日本の航空産業は四発重爆の開発経験のないため、海軍は米国ダグラス社からDC-4を製造権付きで購入することを決定する。このDC-4はのちに活躍するDC-4Aではなく、DC-4Eと呼ばれる別型である。しかし日本海軍が四発重爆の開発を計画していることは極秘であったため名目上は大日本航空株式会社が購入、中島飛行機が製造するという形式が採られた。

 大日本航空は当時、1938年11月に戦時体制の一環として数社の民間航空会社が合併して誕生した半民半官の会社で日本国内の航空輸送事業を独占していた。1938年、DC-4Eはこの大日本航空の旅客機という名目で95万ドル(当時の金額で190万円)で購入された。このDC-4E、実は失敗作であり、それを承知の上でダグラス社は大日本航空に売り渡したとも言われている。それはともかく、こうして購入されたDC-4Eは1939年10月日本に到着、早速組み立てられ11月13日に初飛行を行った後、密かに霞ヶ浦に運ばれ分解調査が実施された(※筆者注、このへんの時系列は今ひとつはっきりしない)。

 

開発

02_深山
(画像は右が深山、左は連山 wikipediaより転載)

 

 1938年、十三試大攻(G5N1)の計画要求が出された。この中での性能要求はDC-4Eをベースとする四発大型陸上攻撃機で、最大速度444.5km/h以上、航続力は爆装時4,482km以上、偵察時8,334km以上というもので中島飛行機に開発を命じた。中島飛行機は松村健一技師を中心に作業を開始、ベースが旅客機であるので主翼はそのままで胴体を再設計するという方針で開発が進められた。

 開発が開始されたもののベースとなるDC-4Eの製造図面の入手が必要であったため1938年2月、中島飛行機は技師数名をダグラス社に派遣する。製造図面は同年5月に引き渡しが完了する。中島飛行機では同月、全木製グライダーが製作され実験が行われている。1939年6月22日には実物の1/2サイズによる強度試験が実施。1941年2月末には試作1号機が完成する。

 当初は主翼の構造はそのまま生かす方針であったが、DC-4Eの低翼から十三試大攻では中翼に変更、胴体、尾翼は完全な新規設計であった。武装は、前方、胴体中央部上面、胴体下面、後方に1挺、胴体側面に各2挺の合計6挺であった。この内、上面には動力銃架に設置された20mm機銃、後方には20mm機銃が配置されている。

 エンジンは中島製護11型(1870馬力)が予定されていたが、開発が間に合わなかったため火星12型(1,530馬力)4基となった。1941年4月8日初飛行、ついで完成した2号機も海軍に領収された。海軍において試験が開始されたが、重量超過な上、エンジンの馬力が不足しており、最大速度は391.7km/hで要求値よりも約53km/h遅く、航続距離も要求値の50〜60%程度と期待外れのものであった。さらには油圧系統の不調が続出する。

 増加試作機4機は、護エンジンが完成したため、それまでの火星12型に代わり護11型が装備されたが、信頼性が低い上に振動が大きかったため開発は難航したが、1942年中頃には3号機、さらに4〜6号機が海軍に領収された。プロペラは1〜2号機の3翅から4翅に変更されている。これらは深山改(G5N2)と呼ばれている。最高速度は420.4km/hと約30km/h向上、航続距離も増大したが要求値には達しなかった上、相変わらず油圧系統のトラブルに悩まされていた。

 

輸送機型

 4機製造された深山改は性能が要求値に達しなかったため攻撃機としての使用は断念、輸送機に改造された(G5N2-L)。武装は撤去され、後下方銃座の位置には観音開きのハッチが設けられた。貨物搭載量は4tで油圧による操縦系統は人力に切り替えられたが、非常に重くなるため油圧で補助するという方式に変更された。

 

生産数

 試作機深山が2機、増加試作機の深山改が4機の合計6機である。火星エンジン装備の深山2機は空襲で破壊され、深山改の4機の内1号機はテニアン島で破壊され、2号機は事故で消失。終戦時は厚木基地に2機が残存していた。

 

戦歴

 輸送機に改造された深山は、1944年2月半ばに輸送部隊である1021空(通称「鳩部隊」)に配属された。配属された深山は2機で尾翼には当初は「鳩-1(2)」と記入されたがのちに鳩という呼称が廃止されたため尾翼には「21-1(2)」と記載されるようになった。3月にはさらに2機が配属、1021空は、1号機から5号機までの合計4機を保有するようになった(4号機は「死に番」であるため欠番)。これら4機の深山は、3月上旬より輸送飛行が開始されたものの故障が続出した上に部品が不足しており運用は難しかった。このような状況の中、4月19日には台湾から鹿屋に向かった深山2号機が墜落してしまった。

 6月には1号機がテニアンに進出したものの、その後、米軍がテニアン島に上陸したことにより1号機は失われている。1021空は残った2機(3号機、5号機)でマニラ方面への輸送任務を行っていたが1944年8月24日に輸送任務中止が命ぜられたため2機の深山は相模空に整備用の教材として引き渡され、そのまま終戦を迎えた。

 

まとめ

 

 深山は十三試大艇(二式大艇)と同時に計画された4発大攻である。どちらも4発であったが、飛行艇に対して陸上機の設計実績がなかったため二式大艇のような成功はしなかった。しかしたとえ開発されていたとしても防弾性能の不備により目立った活躍は出来なかったであろう。因みに深山は、キ68またはキ85として陸軍での採用が計画され、1942年4月には実物大模型審査が行われたが深山の性能不足が明らかになったため1943年5月に計画が中止されている。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九六式陸攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 九六式陸攻は全金属製双発攻撃機でそれまでの攻撃機を超越する高性能を示した。最高速度は当時の艦上戦闘機を上回り、航続距離、運動性能全てが優秀であったが、防弾性能は皆無である。九六式陸攻は日中戦争から太平洋戦争終戦まで活躍する。

 

九六式陸上攻撃機 〜概要〜

 

 

性能(11型)

全幅 25.0m
全長 16.45m
全高 3.685m
自重 4,770kg
最大速度 348km/h(高度2,000m)
上昇力  -
上昇限度 7,480m
エンジン出力 910馬力
航続距離 4,550km(過荷重状態)
武装 7.7mm旋回銃3挺
設計・開発 本庄季郎 / 三菱重工

 

背景から開発まで

 ワシントン、ロンドン軍縮条約で対米6割とされた日本海軍は、航空機によってその劣勢を補おうとした。そこで目を付けたのが雷撃可能な陸上攻撃機であった。最初に七試大型攻撃機(のちの九五式大攻)の開発を指示、さらに中距離陸上機の開発を三菱重工に命じた。これが八試特殊偵察機(八試特偵)と呼ばれる機体でこれが改良され九六式中攻となる。

 

開発

 

八試特偵

 1933年、三菱は海軍より八試特偵の開発を指示された。九六式艦戦の時と同じように当時の航空本部長山本五十六少将の判断により細部にわたる指示はせずに性能要求は大枠のみを示し、技師に自由に腕を振るわせるという方針であった。このため三菱に提示された性能要求は「乗員3名、巡航速度222km/h以上、航続距離3,330km、自動操縦装置が装備されていること程度の簡単なものであった。

 これに対し三菱は本庄季郎技師を設計主務者として開発を開始、1934年4月18日、試作1号機が完成する。この八試特偵は、全金属製中翼単葉双発機で日本初の引込脚を装備、沈頭鋲の使用、自動操縦装置の装備等斬新なものであった。なお、試作中に計画が変更され、乗員が5名、7.7mm機銃2挺が設置されることとなった。

 1934年5月7日初飛行が行われた。当初は重量超過や重心位置や剛性不足等の問題が発生したが、テスト飛行の結果は非常に優秀であった。馬力不足から上昇力に問題があり、実用上昇限度は4,600mと今ひとつであり、巡航速度は203km/hと性能要求を下回ったものの、全体的な性能は素晴らしく、特に航続距離は4,380kmと性能要求を1,000kmも上回るものであった。操縦性能も抜群で安定性も良好、その軽快さは戦闘機並みであり、テストパイロット達から絶賛された。

 

九試中攻(九六式陸攻)

02_九六式陸攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 1934年2月、八試特偵の実用機型ともいえる九試中攻の開発が指示された。設計主務者は八試特偵と同じく本庄季郎技師で1935年6月に試作1号機が完成する。機体は最新の超ジュラルミンが使用され、主翼と尾翼は八試特偵のものをほぼそのまま流用したが、胴体は完全に再設計され操縦席は正副並列式となった。

 機銃は前上方、後上方、後下方の3ヵ所に7.7mm機銃が設置され、爆弾・魚雷の懸吊、投下装置が設置された(爆弾等は機外に懸吊される)。エンジンは九一式600馬力エンジン2基が装備された。初飛行は1935年7月で最高速度は315km/hを記録、3,000mまでの上昇時間も八試特偵の16分54秒に対して9分43秒と航続距離以外の全てにおいて八試特偵を凌駕していた。一時期、座席の配置が問題となり時間を浪費したが、1936年6月には、九六式陸上攻撃機として制式採用された。

 

11型

 最初期の量産型で34機が製造された。エンジンは金星3型(790馬力)で最高速度は348km/hであった。続いて21型が生産された。これは金星41型または42型(どちらも1,075馬力)エンジンに換装された型で最大速度は376km/hに達した。乗員5名。

 

22型

 1939年4月、それまで後上方の機銃が7.7mmであったのを20mm機銃に変更、胴体側面に7.7mm機銃を各1挺新設、機銃を合計4挺とした武装強化型の22型が制式採用された。後上方銃座は涙滴形風防が採用されている。乗員は7名となった。エンジンは途中の生産機から金星45型(1,000馬力)に変更されている。

 

23型

 1941年2月、一式陸攻の生産に集中するために三菱での九六式陸攻の生産は打ち切られ、中島飛行機に生産が移行された。この中島飛行機で最終生産型の23型が生産されている。23型はエンジンを金星51型(1,300馬力)に変更、最大速度は415km/hとなった。

 

その他バリエーション

 九六式陸上輸送機は11型、21型がある。11型は乗員5名、乗客10名を乗せることができ、12型は乗員以外に落下傘兵12名を乗せることができた。その他民間型もあり、これは乗員4名と乗客8名を乗せることができる。ニッポン号と呼ばれた。

 

生産数

 試作機が21機、11型で34機、21型が343機、22型が238機、23型が412機生産されている。

 

戦歴

 最初に九六式陸攻が配備されたのは館山空で1936年早春のことであった。さらに4月1日には海軍初の陸攻専門部隊である木更津空が誕生、6月には九六式陸攻が配備された。1937年7月、盧溝橋事件が勃発すると木更津空は長崎県大村基地に鹿屋空は台北に進出、8月14日には18機の九六式陸攻が中華民国軍の飛行場等を爆撃に成功している。この際、九六式陸攻の被撃墜2機、不時着1機、大破1機の損害が発生、以降、3日間に渡って中国本土の基地を攻撃したものの陸攻隊も9機を失うという損害を出している。これが有名な渡洋爆撃の最初であったが、中華民国軍の反撃は激しく、17日には木更津空、鹿屋空ともに兵力が半減してしまっている。

 これ以降、木更津空、鹿屋空で編成された第一連合航空隊(一連空)は陸戦協力や敵飛行場、交通施設等への爆撃、1938年2月には重慶への無差別爆撃も行ったものの、陸攻隊の損害も30機に達したため、3月には内地に帰還した。これと入れ替わりに同月、台湾の高雄で新しく高雄空が編成、さらに1939年10月には千歳基地で千歳空、1940年10月には美幌空、11月には元山空が開隊するなど、徐々に陸攻隊が充実していく。

 1941年になると新鋭の一式陸攻が部隊に配備されるようになり、鹿屋空、高雄空が一式陸攻に改変されていった。しかし未だ一式陸攻は全部隊に配備されるまでには至っておらず、太平洋戦争開戦時には一空、元山空、千歳空が九六式陸攻を装備していた。太平洋戦争開戦後は美幌空、元山空の陸攻隊がマレー沖海戦に参加、航行中の戦艦を撃沈するという快挙を成し遂げた。同時に比島では一空の九六式陸攻がクラーク基地に対して爆撃を行い、中部太平洋では千歳空の九六式陸攻がウェーク島攻撃を実施している。

 1942年1月には一空、元山空がラバウルへ進出、珊瑚海海戦等にも参加したものの7月には一空が内地へ帰還、兵力の補充のため、11月には701空(旧美幌空)がラバウルに進出しているが、この頃には主力は一式陸攻に代わっており、九六式陸攻は徐々に第一線から後退していったものの、終戦まで哨戒、索敵、船団護衛等に活躍した。

 

まとめ

 

 九六式陸攻は当時の戦闘機を凌ぐ高速であったため海軍内部に戦闘機不要論を引き起こす結果となった。しかしこれは防弾性能を全て犠牲にした結果であり、実際に戦闘に参加した九六式陸攻は防弾装備の欠落のため多大な損害を受けることとなる。そして防弾装備を強化されることなく終戦まで使用され続けた。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

01_流星
(画像はwikipediaより転載)

 

 流星は戦闘機、爆撃機、攻撃機の3機種の機能を全て兼ね備える万能機として設計された。戦争後期に生産され実戦にも参加したが、ほとんど活躍することなく終戦を迎えた。基本性能だけを見れば世界最高級の航空機であるが、エンジンの不調や各種不調に悩まされた航空機であった。

 

艦上爆撃機 流星 〜概要〜

 

性能

全幅 14.4m
全長 11.490m
重量 自重 全高 4.07m
自重 4,030kg
最大速度 567km/h(高度6,000m)
上昇力 6,000mまで10分20秒
上昇限度 11,250m
エンジン出力 2,200馬力
航続距離 1,852km(増槽装備時)
武装 20mm機銃2挺、13mm機銃1挺
爆装 800kg爆弾(または魚雷)1発または
   500kg爆弾1発または
   250kg爆弾2発または
   60kg爆弾6発
設計・開発 尾崎紀男 / 愛知航空機

 

背景から開発まで

 それまで艦上攻撃機、艦上爆撃機と機種を分けていた海軍航空であったが、機体の性能の進化、また同時に艦艇の性能の向上により艦上攻撃機には高機動性、艦上爆撃機には積載能力の向上というように艦攻と艦爆の設計上の差が少なくなっていった。

 この結果、艦攻と艦爆、そして艦偵の機種統合という動きが現れるようになってきたが、これはまた実施部隊からしても好都合であった。このような事情を踏まえ1941年、海軍は愛知航空機に対して十六試艦上攻撃機という名称で、艦上攻撃機と艦上爆撃機の両方機能を備えた高性能艦上機の開発を命じた。

 

開発

02_流星
(画像はwikipediaより転載)

 

 1941年10月、海軍は愛知航空機に対して十六試艦上攻撃機の開発を命じた。海軍からの性能要求は、当時の新鋭機零戦を上回る速度と武装を持ち、優れた空戦能力を持った艦上攻撃機の能力と艦上爆撃機の能力を持った艦上機の開発という毎度ながらの過酷な要求であった。

 これに対して海軍からの要求を受けた愛知航空機は尾崎紀男技師を設計主務者として計画を策定、1942年1月から本格的な設計が開始された。機体は日本では珍しい逆ガル翼の主翼に胴体内爆弾倉を設け魚雷以外の爆弾はこの爆弾倉内に搭載することとし、これによって空気抵抗の減少を図った。尚、扉は油圧による開閉式である。

 武装は当初は翼内に7.7mm機銃各1挺、後部座席に旋回式7.7mm機銃1挺であったが、増加試作中に武装強化が要求され、翼内に20mm機銃各1挺とされた。さらに1944年には旋回銃も13mm機銃に変更が要求され、結局、20mm機銃2挺と13mm機銃1挺という強力な武装となった。エンジンは誉11型(1,800馬力)でプロペラは4翅VDM定速プロペラが採用されていた。

 1942年12月試作1号機が完成、初飛行が行われた。完成した流星は予想以上に重量があり、さらには誉エンジンのトラブルやその他故障が頻発し、量産に入ったのは1944年4月であった。同年10月には実施部隊で使用できるレベルにまで達したが、その後も実験が続き、制式採用されたのは1945年3月であった。

 生産は開始されたものの東海地震や空襲などにより捗らず、終戦までに合計111機が生産されたのみである。試作機は増加試作機も含め9機(8機の可能性あり)が製造され、これらは試製流星(B7A1)と呼ばれ、その後の量産型はエンジンを誉12型(1,825馬力)または誉21型(2,000馬力)に換装、流星改、または流星11型と呼ばれた(B7A2)。さらに試製流星改一(B7A3)と呼ばれるエンジンをハ42/11型に換装した性能向上型も計画されたが計画のみで終わった。

 

評価

 スペックとしてはエンジン出力、爆弾搭載量では米国艦上攻撃機には劣っていたものの、速度、航続力は上回っており、世界最高性能と言って良い機体であったが、誉エンジンの不調や油圧系統のトラブル泣かされ、稼働率は低かった。流星は実戦にも参加したが戦果は不明である。流星の実戦部隊が編成されたのが昭和20年3月であり、初の実戦が7月24日で、英国機動部隊に対するものであった。戦果は不明であるが、111機製造され、終戦時の残存機が58機と大きく消耗していた。戦闘で撃墜されたものは15機で、その他の消耗の理由は不明である。

 

生産数

 愛知飛行機で試作機1機、増加試作機8機、量産機82機、大村の第21航空廠で約20機の合計111機が製造された。終戦時には58機が残存している。

 

戦歴

 1945年3月に流星が制式採用されると同月流星を運用するための部隊第5飛行隊が編成、第一航空艦隊75空(のちの752空)に麾下に配属されることとなった。これが唯一の流星部隊で初の実戦は前述の通り7月24日、25日で英機動部隊である第37機動部隊に対し薄暮攻撃を実施するため流星12期が1733から1818の間に千葉県木更津基地を出撃するが、戦果は無く、夜戦型ヘルキャットの攻撃を受け4機が撃墜されている。8月9日にも12機が出撃、6機が未帰還、13日にも4機が出撃したが全機未帰還、最後の出撃は終戦の日である8月15日の午前中である。

 

まとめ

 

 流星は戦闘機、爆撃機、攻撃機の全てを合わせた万能機となる予定であったが、あまりにも計画が理想的に過ぎた。海軍の性能要求は、当時の日本の技術力を大幅に超えたものであり、その上登場時期も遅すぎた。機体設計は素晴らしかったが、他の戦争後期の日本機同様にエンジンの不調に泣かされた機体でもあった。しかし、工場の工作精度の低下や空襲が頻発したこの時期に至ってはどのような航空機であっても高性能を発揮することは出来なかっただろう。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

01_銀河
(画像はwikipediaより転載)

 

陸上爆撃機 銀河 〜概要〜

 

 

 陸上爆撃機銀河は、海軍唯一の陸上爆撃機である。その設計製作は日本最高の技術を誇った空技廠が行った。結果、当時の新鋭戦闘機よりも高速であり、新鋭爆撃機よりも長大な航続距離を持つという当時の水準をはるかに凌駕した超高性能機であった。しかしエンジンの不調や粗悪乱造によりその高性能を発揮することなく消えていった悲運の航空機であった。

 

<性能(試作機)>

全幅 20m
全長 15m
重量 自重7265kg
最高速度 567km/h
上昇時間 −
実用上昇限度 9400m 
航続距離 5371km
武装 20mm機銃2挺
   800kg爆弾1発または500kg爆弾2発、もしくは250kg爆弾2発。

 

背景から開発まで

02_銀河
(画像はwikipediaより転載)

 

 銀河は海軍航空技術廠、通称空技廠によって計画された、当時の航続距離世界最高性能を狙った機体で、当初は純粋な実験機Y-20として計画されていた。その計画が進行していた最中、爆弾1トンを搭載し、航続距離5600kmの急降下爆撃機という意見が出たことにより、Y-20は海軍初の陸上爆撃機として開発されることとなった。

 具体的には当時の最新鋭戦闘機である零戦並みの速度、同じく新鋭の一式陸攻並みの航続距離の両立を狙った野心作で正式な計画要求書が提出されたのが1940年末だったことから十五試双発陸上爆撃機と呼ばれるようになった。

 

開発

03_銀河
(画像はwikipediaより転載)

 

 特徴としては、これまでの陸攻の操縦席が正副操縦士が左右に並列に並ぶ方式であったが、高速を出すためには胴体は、重量軽減や空気の抵抗の点から細い方が好ましかった。このため、十五試双発陸上爆撃機は自動操縦装置を設けた上で、操縦席を縦列に並ばせることとし、胴体の幅が一式陸攻2mに対して1.2mに縮小することが可能となった。

 縮小された胴体は空気抵抗の少ない流線形でまとめられ、主翼も理想的なアスペクト比が設定された。しかしこの計画された高性能を引き出すためのエンジンは当時、該当するものが無かったため、試験機に試験エンジンを使わないという禁を破って、当時試験中であった十五試ル号エンジン(のちの誉エンジン)が採用された。

 これら最新の技術が注ぎ込まれた、十五試双発陸上爆撃機は、1942年6月に1号機が完成する。試作機は、多少のトラブルがあったものの性能は期待通りのもので、最高速度も当時の最新型の零戦32型を上回る566.7km/hを記録、航続距離も初期の一式陸攻を1000km以上上回る5371kmを記録した。間違いなく当時の水準を超えた高性能機であったといえる。

 生産は1943年8月から中島飛行機小泉工場で行われるが、当時、日本最高の技術力を持つ空技廠が製作したものと同等の能力を持つ機体を作ることは中島飛行機であっても困難であった。そのため設計変更が続き、さらには戦訓等に基づく用兵者側からの改修要求が次々と出されたことから生産は困難を極めた。それでも1944年9月20日には制式採用前であったがプレスリリースされ、10月には陸上爆撃機銀河として制式採用された。

 

11型

 試作機3機のみは集合式排気管であったが、4号機以降は推力式単排気管に改められている。エンジンは誉11型もしくは12型で、機体設計の微妙な変更や装備の違いがある。後期型は、夜間飛行時の内面反射が問題となったため局面ガラスから角ばったものに設計が変更されているのが大きな違いである。

 

11甲型

 甲型は、後上方銃を二式13mm旋回機銃に変更したもの。二式13mm旋回機銃はドイツラインメタル社系統の13mm機銃。

 

仮称銀河11乙型

 甲型の後上方銃を四式13mm連装上方銃架に変更したもの。四式13mm機銃はアメリカブローニング社の系統の13mm機銃。この銃架は動力式で四式中型動力銃架とも呼ばれた。

 

仮称銀河11丙型

 乙型の前方銃を二式13mm旋回機銃にし、レーダーを搭載したもの。武装は前方二式13mm機銃。後方四式13mm機銃と、ともに13mm機銃となっている。

 

仮称銀河12、13、14型

 12型はエンジンを誉23型(2000馬力)に換装したもの、13型は複数の説があり、誉21型(2000馬力)に換装したもの、またはツ11型ジェットエンジンを胴体下面に搭載した実験機である。14型は三菱のハ-43(2200馬力)に換装したもの。

 

仮称銀河21型(夜戦白光)

 銀河を夜間戦闘機に改修したもので、後席の直後に20mm二号4型連装斜め銃を2基、合計4挺を装備したもの。携行弾数は各150発。完成は1944年6月以前で空技廠によって製作された。最高速度550km/h、上昇時間が5000mまで8分30秒、上昇限度10200m、航続距離2963km、過荷重では6019kmであった。しかし誉エンジンの不調のため後に火星25型エンジンに換装されている。武装も改修された。

 

極光

 川西飛行機によって製造された銀河の夜間戦闘機型。エンジンが火星25型エンジンに変更された他、武装が20mm斜め銃2挺、20mm旋回銃1挺に変更された。性能は、最大速度522.3km/h、5000mまでの上昇時間が9分23秒、実用上昇限度9560m、航続距離が過荷重で3981.6km。97機製造された。

 

16型

 極光の速度がB-29 を迎撃するには不適当と判明したことから極光の斜め銃を廃し爆撃機型に再設計したのが16型である。16型には甲乙丙型があり、武装は11型の甲乙丙と同様である。

 

その他

 16型のエンジンを火星25型丙に換装した17型、胴体下面に20mm機銃20挺を装備したB-29 基地攻撃用が30機製造されている他、胴体下面に20mm機銃12挺を装備した襲撃機型も存在したという。さらに桜花22型母機型、鋼製実験機、エンジンをハ-43に換装した銀河33型も計画されていた。

p> 

生産数

 試作機3機のみ空技廠で製作された。総生産数は1002機、または1008機と言われる。ほとんどが11型であるが、極光が97機あり、基地攻撃用に改造された11型が30機存在する。

 

戦歴

 制式採用は1944年10月であったが、1943年8月の生産開始から完成した試作機、初期の量産機は十五試双発陸爆として実戦部隊に引き渡されていった。一番最初に銀河を配備されたのは521空で1943年8月のことであった。定数は96機であったが、銀河の生産は軌道に乗らなかったため実際に配備された銀河は定数を大幅に下回っていた。

 1944年3月1日には522空、15日には534空が新たに編成、それぞれ轟部隊、曙部隊と呼ばれた(521空は鵬部隊)。錬成を続けていた各部隊であったが戦局の悪化は錬成の時間を十分にとる事を許さなかった。同年4月には521空に対してマリアナ方面への進出命令が発令、4月18日にグアム島に銀河隊が進出、さらにカロリン方面、ビアク島等にも進出して米機動部隊を迎撃する準備を整えていた。

 初出撃は6月15日で名指揮官で有名な江草隆繁少佐の指揮の下、本隊8機、別動隊2機が出撃、それぞれ艦船攻撃を敢行したものの江草少佐も含め本隊の8機は全滅した。その後も19日まで連日艦船攻撃に出撃しているものの損害は大きかったのに対して目立った戦果は挙げられなかった。同時期、内地では特設飛行隊制度が採用、各航空隊の改編が始まった。

 この改変により521空は解隊、新たに攻撃401飛行隊として761空に編入、その他の航空隊も522空は攻撃406飛行隊、524空は攻撃405飛行隊に改編されどちらも762空に編入、10月には763空に編入された他、横須賀で新たに銀が装備の攻撃501飛行隊が編成、752空に編入された。そして1944年9月25日、T攻撃部隊の編制が正式に発令されると752空がT攻撃部隊に編入された。

 1944年10月には捷号作戦が発令、銀河隊も台湾沖航空戦、比島航空戦に参戦するものの目立った戦果はなく、逆に出撃する度にほどんと全機を失うという悲惨な結果となった。11月になると戦局の悪化を挽回すべく銀河隊でも特攻隊が編成されているが、大型機である銀河は体当たりには向かず戦果よりも損害の方が大きかった。その後も終戦まで正攻法やウルシー泊地特攻等の奇策に銀河は使用され続けるもどれも目立った戦果は挙げられていない。

 

まとめ

 

 銀河は空技廠が設計した当時の水準を大きく超えた傑作機であった。爆撃機でありながら、試作機完成時点での新鋭戦闘機零戦32型の最高速度を20km/h以上上回り、航続距離も同じく当時最新鋭であった一式陸攻を1000km以上上回っていた。

 しかしこれは日本最高の技術を誇る空技廠が設計製造したもので、エンジンも初期の熟練工により組み立てられた高品質の誉エンジンを使っていた故の高性能であった。しかし基礎技術力が低かった日本では量産機でその高性能を維持することは不可能であり、さらに熟練工を無造作に兵隊として戦地に送り込み、代わりに「素人」の工場動員によって製造を行わせた軍首脳部の人的ミスの結果でもあった。

 基礎技術が低い上に素人により製造された銀河は粗悪乱造された低性能の銀河は、人命軽視によるパイロットの消耗を補填するために速成教育された経験不足の搭乗員により運用され戦場に消えていった。技術を含む学術は全体の水準が高いことが重要であり、その時代、その瞬間に求められている一分野の学術が高いだけでは意味を為さない。これは全ての分野においていえることだ。同時に管理者による合理的な采配がどれほど重要なのかも分かる。

 世界最高性能の傑作機であり、試作機の高性能が量産機にも維持されていれば戦局を大きく動かしたかもしれない陸爆銀河の歴史は、進歩には、学術、生産、運用の総合力が必要であることを物語っている。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

01_晴嵐
(画像はwikipediaより転載)

 

 晴嵐は太平洋戦争後期に開発された日本海軍で唯一の水上攻撃機である。攻撃機とは水平爆撃と共に雷撃ができる機種のことで、爆撃のみの機種は爆撃機と呼称された。水上攻撃機とは水上、すなわちフロートを持つ水上機であり、なおかつ雷撃が可能な航空機ということである。この機は一般に「潜水空母」と呼ばれる伊400型潜水艦用に開発された機体であった。

 

水上攻撃機晴嵐〜概要〜

 

 

性能

全幅 12.26m
全長 10.64m
全高 4.58m
出力 1400馬力
最大速度 474km/h(フロート投棄時560km/h)
武装 13mm旋回機銃1門、800kg爆弾1、または45cm魚雷1、または250kg爆弾4発

 

背景から開発まで

 潜水艦に水上機を搭載するという考えは以前からあり世界中で研究されていた。日本でも大正時代から研究が続けられていたが、実戦に使用したのは世界で唯一日本のみである。各種実験機の後、最初に制式採用されたのは九六式水偵であった。その後、1940年になると零式小型水偵が制式採用、順次新水偵に更新されていった。

 また日本は、1942年になると伊400型超大型潜水艦の開発を開始、この潜水艦に搭載するための高性能水上機の開発が志向された。潜偵の技術、さらには瑞雲等にみられるような水上攻撃機、爆撃機の技術、これらの結晶として誕生したのが晴嵐である。

 

開発

 1942年5月15日、海軍は、極秘裏に愛知航空機に十七試攻撃機の開発を指示した。愛知航空機は尾崎紀男技師を設計主務者として基礎研究を開始、1943年5月初めに試作設計に着手。1943年11月1号機が完成する。この晴嵐も数百機単位での量産化が計画されており、計画では、1944年度に100機、1945年度に120機生産する計画だったという。しかし、実際完成したのは、試作機・増加試作機8機、生産機が20機の合計28機のみであった。この中の2機(試作6号機と7号機といわれている)は、陸上機型に改修されている。これは試製晴嵐改と呼ばれる。

 

晴嵐と南山

02_南山

 

 一般には、この陸上機型晴嵐は南山と呼ばれているがこれにはいくつか説があるようだ。一つが晴嵐を「南山」として陸上攻撃機として使用する計画であった説。もう一つはそもそも十七試攻撃機は「南山」と呼ばれるはずであったが、「南山」は「難産」に通じるため晴嵐と改めた説。さらに、フロート付きの機体を晴嵐、陸上機型と車輪なしでカタパルト射出式のものを南山と呼んだ説などがある。

 

晴嵐の性能

 燃料タンクは翼内に8個のタンクを持ち、さらに74Lの集合タンクを持つ。総容量は962L。エンジンは初期のものは、1100馬力液冷式熱田21型エンジン。それ以外は1400馬力液冷式熱田32型エンジンを装備する。熱田21型エンジンを装備した機体は初期の極少数のみであるという。何機が熱田21型エンジンを装備した機体なのかは不明。

 最高速度は熱田21型エンジンを装備した機体が時速380km(フロート装着時)、4000mまでの上昇時間が8分36秒、航続距離2000km、熱田32型エンジンを搭載した機体は、最高速度486km(フロート装着時)、3000mまでの上昇時間が5分55秒、航続距離1111kmである。このスペックは愛知航空機側と海軍側の資料で若干異なっている。

 因みに晴嵐はフロートは投棄することも可能であり、250kg爆弾の場合はフロートを装着したままでも搭載可能であったが、魚雷や800kg、250kg爆弾を搭載した場合は、フロートを外す予定であった。投棄した場合は速度が85km増大し、最高速度559kmに達する見込みであり、武装は250kg爆弾2発または800kg爆弾1発、または91式改三強航空魚雷1本が搭載できた。さらに固定武装としては後席に二式13mm旋回機銃1挺を搭載している。

 潜水艦が浮上してから射出するまでは3分程度であったといわれている。伊400に搭載されている3機全部を射出するには10数分を要した。射出した3機を回収するのには30分以上が必要であった。 終戦により伊400、伊401に搭載されていた晴嵐は海中に投棄された。戦後、1機が米軍に接収された。その1機のみが現存している。

 

晴嵐の配属部隊と実戦

 

 1943年11月に試作1号機が完成、その後の量産化の目途も付いた1944年2月15日、晴嵐を運用する部隊として631空が編成された。母艦である伊400型も1944年12月に伊400潜が完成、1945年3月までに伊401潜、伊400型の不足を補うために改造された伊14潜も完成した。1945年4月には631空とこれら伊号潜で編成された第一潜水隊との合同訓練を開始、当初はパナマ運河の破壊を目的としていたものの戦局の悪化により米機動部隊の拠点、ウルシー環礁攻撃を実施することが決定した。

 1945年6月25日、これら部隊にウルシー環礁攻撃が下令された。事前準備として伊13潜、伊14潜がトラック泊地に高性能偵察機彩雲を輸送、事前偵察が行われた結果、8月17日に作戦決行が決定された。7月24日、準備が完了した伊400潜、伊401潜は大湊を出航、搭乗員は神龍特別攻撃隊を編成、決死の覚悟で出撃したが、出撃直前に終戦となり本土に帰還した。

 

晴嵐の生産数

 晴嵐は試作機8機、量産機20機が製造され、内2機が陸上機型に改修された。

 

水上攻撃機晴嵐の模型

 

タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.54 日本海軍 愛知 M6A1 晴嵐

 安定のタミヤの製品。海軍の隠れた傑作機を再現している。実物の晴嵐は現在、スミソニアン博物館に保管されているが、そのレストアのスポンサー企業としても有名。

 

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.37 日本海軍 愛知 M6A1 晴嵐

 地球上、あらゆる地域での作戦行動を前提に開発された特殊な攻撃機である晴嵐。零戦50機分と言われたコストには全機に装備されたジャイロ等の機器も含まれている。

 

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.38 日本海軍 愛知 M6A1-K 南山 (晴嵐改)

 前述のように南山とは晴嵐の陸上機モデルと言われているが、実は様々な説がある。それはともかく晴嵐に陸上機モデルがあるのは事実。その貴重な陸上機モデルを再現したのがこのキット。

 

タミヤ 1/350 艦船シリーズ No.19 日本海軍 特型潜水艦 伊-400

 本来はパナマ運河を破壊する目的で建造された伊400型潜水艦だったが、完成した時にはもうパナマ運河破壊はほぼ無意味となっていた。しかしその潜水艦と攻撃機で世界中あらゆる場所を攻撃できるという発想は戦略潜水艦としての先見性があった。

 

水上攻撃機晴嵐の書籍

 

高橋一雄『神龍特別攻撃隊』

 恐らくほんの数人しかいないだろうと思われる水上攻撃機晴嵐搭乗員の手記。著者は潜偵乗りで選抜され伊400型潜水艦の潜偵隊員に選ばれる。パナマ運河爆破作戦が特攻を前提に作戦を立てていたことなどが書かれている。著者は実際に伊400型に乗艦して洋上で終戦を迎えている。その緊迫した描写も貴重だ。

 

伊四〇〇と晴嵐 全記録 改訂増補版

高木晃治 (著)
双葉社; 改訂増補版 (2017/8/9)

 晴嵐は伊400に搭載されるために製作された水上攻撃機である。この伊400と晴嵐の双方を綿密に取材して完成させたのが本書だ。当時の最強の潜水艦伊400と時代を超えた超高性能水上攻撃機晴嵐の全貌が分かる。

 

まとめ

 

 晴嵐は山本五十六発案と言われているパナマ運河爆破作戦の一環として潜水空母伊400と共に潜水艦からの発進を前提として開発された水上攻撃機であった。この組み合わせは、世界初の戦略潜水艦であり時代を先取りしてはいたが、日本の国力と技術力、経済力の全てがそれを許さなかった。結局、伊400型潜水艦で完成したのは3隻、晴嵐は28機ととても戦略を大きく動かすものではなかったが、晴嵐の高性能は日本の航空技術者の水準の高さを証明したといえる。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


ミリタリーランキング

01_九五式陸攻
(画像は九六式陸攻 wikipediaより転載)

 

 大攻とは、日本海軍の航空機種別で大型攻撃機の略である。一式陸攻等中型攻撃機とは主要目的は同じであるが、爆弾搭載量、航続距離に大きな違いがある。日本初の大型攻撃機、略して大攻は、1933年に完成した九五式陸攻で、全幅31.68m、全長20.15m、爆弾搭載量1600kgの巨人機であった。

 

九五式陸上攻撃機〜概要

 

<性能>

全幅 31.68m
全長 20.15m
重量 11t
最高速度 244.5km/h
上昇時間 3000mまで9分30秒
実用上昇限度 5130m 
航続距離 2883km
武装 7.7mm機銃4挺、爆弾搭載量1600kg

 

<概要>

 1932年、当時、海軍航空本部技術部長であった山本五十六少将の発案により生まれた機体で、1932年、七試特殊攻撃機として計画がスタート、1933年3月、試作1号機が完成、11月制式作用された。機体は全金属製の双発でエンジンは当時最も強力であった広工廠製の九四式1型(900馬力)2基を装備していた。引込脚は採用しておらず、乗員は正副操縦員、偵察、爆撃、射撃担当が2名、通信、射撃担当が1名、発動機、射撃担当が1名の計7名であった。武装は7.7mm機銃が胴体前面に1挺、後上方に2挺、胴体後下方に1挺の合計4挺で爆弾は250kg爆弾6発または400kg爆弾4発、1トン魚雷2本を装備することができた。

 初飛行は1933年5月で、山本五十六少将立ち合いの下行われた。飛行は順調に行われたが、エンジンの不調、補助翼のフラッター等のトラブルが発生した。初飛行時かどうかは不明であるが、飛行実験中にこの補助翼フラッターにより1機が東京湾に墜落する事故が起こった。それでも1936年6月2日制式採用となり、九五式陸上攻撃機と命名された。しかし総重量11トンにも達する本機に対して900馬力エンジン2基とはあまりにも非力であり、速度性能、上昇性能等の飛行性能は想定していた程ではなかったことや同時に採用された九六陸攻が予想以上の傑作であったため、陸攻は九六式陸攻1本に絞られることになり生産は打ち切られた。

 

運用

 1936年4月1日、木更津に大攻隊が開隊する。定数は常用4機、補用2機であった。1936年9月に北海事変が発生、大攻隊は中攻隊と共に第11航空隊を編成し、台湾に展開したが、進出の際、事故により1機を失う。日中戦争が始まると大攻隊にも出動命令が下る。1937年9月14日、大攻隊は済州島に進出、9月30日、1機が江湾鎮、2機が南翔鎮を爆撃する。これが大攻隊初の実戦であった。以降、出撃を繰り返すが、10月24日、飛行場での事故により一挙に5機を失ってしまった。

 その後も攻撃は残った1機によって続けられ、さらに内地から2機が追加され1937年末まで作戦に参加した。1938年1月大攻隊は内地に帰還する。大攻はのちに連山、深山と製作されるが、戦闘に参加した大攻は、この九五式陸攻のみである。

 

生産数

 生産は広海軍工廠で8機、その後1936年に三菱で2機の合計10機が製造された(8機、13機という説もあり)。

 

まとめ

 

 九五式陸攻は九六式陸攻の陰に隠れてあまり知れることのない機種であるが、全幅31m、九六式陸攻よりも6mも大きい巨人機であり、3ヶ月間とはいえ多くの戦闘に参加した。その間に事故で大半を失ってしまうが、戦闘で撃墜された機体は存在しない。以降、大型攻撃機は企画されるが戦闘に参加することはなく、故に九五式陸攻が大攻として唯一戦闘を経験した機種となる。

 

01_B36
(画像はコンベアB36 wikipediaより転載)

 

 超重爆撃機 富嶽とは、太平洋戦争後期に中島飛行機創業者中島知久平の独創によって計画された超大型戦略爆撃機である。当時、大型機の開発経験の無い日本には実現困難な計画であった。特にエンジンには5,000馬力が必要であり、このようなエンジンは当時はどこも実用化していなかった。中島飛行機の社内計画として開始、一時は陸海軍の正式の計画にまでなるが、結局実現困難として開発中止となる。

 

超重爆撃機 富嶽 〜概要〜

 

 

性能(試製富嶽最終案)

全幅 63.00m
全長 42.00m
全高 8.80m
自重 338,000kg
最大速度 780km/h(高度15,000m)
上昇力  -
上昇限度 15,000m
エンジン出力 5,000馬力(ハ54)6基
航続距離 19,400km(爆弾5,000kg搭載時)
乗員 6名
武装 20mm機関砲4門
爆装 最大20,000kgまたは魚雷20本
設計・開発  - / 中島飛行機

 

開発

02_B29
(画像は戦略爆撃機B29 wikipediaより転載)

 

 1942年11月、中島飛行機「大社長」中島知久平は、群馬県太田市に中島飛行機首脳部と幹部技術者を集めて超大型戦略爆撃機を製作するという決意を表した。これに呼応した幹部、技術者は一式戦闘機隼や四式戦闘機疾風の設計で有名な小山悌技師をまとめ役として「必勝防空研究会」を設置、超重爆の研究を開始した。この計画は「Z計画」と名付けられ、1943年1月末には基本方針が出来上がった。この「Z計画」の「Z」とは海軍の「Z旗」が由来であり、そのZ旗とは「皇国の荒廃この一戦に在り」を意味する。

 Z飛行機の基本コンセプトは、米軍機に対して、々丗概離が優越していること、爆弾搭載量が優越していること、B度が優越していることであった。要するに「無敵爆撃機」を製作しようとした訳であるが、このコンセプトからして当時の日本の技術力を超越したものであるのは言うまでもない。このため軍部からは批判の声が強かった。こんなものにリソースを割くのであれば戦闘機を製作せよという訳である。

 しかし「変人」中島知久平はこんなことではめげない。めげるような男であるならばそもそも中島飛行機などという会社は存在しなかったであろう。中島は小山悌技師を同道、陸軍に対して米本土爆撃が可能であることを力説した。この結果、軍部に理解者が現れ始め、ついには「富嶽」という名称で軍の正式な計画となった。

 

Z飛行機計画

03_B29とB36
(画像は戦略爆撃機B29とB36 wikipediaより転載)

 

 以上のように中島飛行機が独自に研究した飛行機は「Z飛行機」と呼ばれ、軍部によって正式に認められた計画によって完成が企図された飛行機が「富嶽」と呼ばれている。つまりZ飛行機計画が正式に採用されて富嶽計画となった訳である。では、このZ飛行機とはどんな飛行機であったのだろうか。

 Z飛行機には複数の案があったが、最終案として残ったものは全幅65m、全長45m、全高12m、重量が自重67.3トン、最大爆弾搭載量50,000kg、最大速度は高度7,000mで680km/h、実用上昇限度12,480m、航続距離は16,000kmというとんでもない化け物飛行機であった。エンジンは6発で搭載が予定されていたのはハ44(2,450馬力)2基をタンデムに連結したハ54エンジン(5,000馬力)であった。

 このようにZ飛行機は空前の超大型機であったが、中島知久平が考案した使用法もまた壮大なものであった。まずZ飛行機には1,000kg爆弾20発を搭載するZ爆撃機、20mm機関砲96門を装備したZ掃討機、7.7mm機関銃400挺を装備したZ掃討機、1,000kg魚雷20本を装備するZ雷撃機、武装落下傘兵200名を搭乗させるZ輸送機があり、これらを駆使して戦っていく。

 第一段階は防衛線で、数百機の爆撃機型Z飛行機で日本本土空襲が可能な位置にある飛行場を爆砕、来襲する敵爆撃機は掃討機型が高度差を利用して上空から機関砲の雨を降らせて全て撃墜する。機動部隊に対してはまず掃討機型で対空砲火を沈黙させる。次いで爆撃機型で絨毯爆撃を行い、撃ち漏らした艦船を雷撃機型で撃沈する。この雷撃機型は1機で1隻が割り当てられており、1隻に対して搭載魚雷20本を撃ち込む。これらにより日本に来襲する敵航空機、艦隊を壊滅させる。

 第二段階では、ドイツ占領下のフランスに前進基地を設けて米本土を猛爆撃する。これでも降伏しなかった場合は、4,000機のZ爆撃機、2,000機のZ掃討機、2,000機のZ輸送機で米本土を占領するというものだ。第三段階はドイツ国内に拠点を設け、ソ連やイギリスを猛爆撃するという壮大な計画であった。もちろん実現する可能性は全くない。

 余談であるが、これを架空戦記としてシミュレーションしたのが、檜山良昭『大逆転!幻の超重爆撃機「富嶽」』シリーズで、元零戦搭乗員坂井三郎氏も舌を巻く程の専門知識を持つ著者が合理的に「仮に富嶽が量産された場合」をシミュレートする。

 

「試製富嶽」委員会の設置

04_B52
(画像は現代の戦略爆撃機B-52 wikipediaより転載)

 

 中島知久平の熱意により、1944年1月下旬に中島知久平を委員長として「試製富嶽委員会」が背設置されることが決定、陸軍航空技術研究所、海軍航空技術廠を始め、大学、民間企業の専門家をメンバーとした委員会は、1944年3月(4月とも)正式に発足した。

 ここで一番の問題となったのはやはりエンジンであった。Z飛行機で搭載予定であった5,000馬力級エンジンであるハ54は、その元となるハ44エンジンすら試作の段階であったため、開発は難航した。このため様々な代替案が用意されたがどれを採用しても能力が低下することは必須であった。エンジンの開発は難航していたものの、委員会員が協議の上完成させた試製富嶽最終案は以下の通りとなった。

 全幅63m、全長42m、自重338トン、最高速度15,000mで780km/h、航続距離が爆弾15,000kg搭載で16,500km、エンジンはハ54が6基、プロペラは6翅または8翅プロペラで20mm機関砲4門、与圧室装備で乗員6名であった。しかしこの遠大過ぎる計画は明らかに実現困難であったため、1944年4月には開発中止が決定、1945年4月に委員会は正式に解散した。

 

生産数

 計画のみ。

 

超重爆撃機 富嶽の関係書籍

 

檜山良昭『大逆転!幻の超重爆撃機「富嶽」』

 仮に富嶽が完成していたら。。。というシミュレーションである。著者は架空戦記物の草分け的な存在の檜山良昭氏。戦史や当時の技術に対する造詣の深さは元零戦搭乗員の坂井三郎氏を唸らせるほどであった。本書では、富嶽のエンジンが苦難の末に開発に成功、富嶽の量産が始まる。

 中島知久平の計画では富嶽は数百機を生産することになっているが、本書では月産10機程度しか生産できない。当時の日本の工業力を考えれば妥当な数である。日本軍は、この富嶽を以って陸海合同で戦略空軍を発足、米本土爆撃を始め、様々な作戦に活躍するが所詮20〜30機程度の富嶽では戦局を覆すことは出来ず、富嶽も1機、また1機と消耗していく。

 架空戦記というと当時の日本の技術力、工業力や時代背景を完全に無視した荒唐無稽な作品が多いが、本書は「ハ54エンジンの開発に成功した」という設定の下、日米の国力差、空襲の激化による生産数の減少等、可能な限りリアルに「富嶽」をシミュレートする。

 

まとめ

 

 富嶽は航空機好きなら誰でも知っている中島飛行機が計画した幻の超重爆撃機である。確かに中島知久平の計画通りにこの富嶽が生産されていれば戦局は大逆転したであろう。しかし、もしこの富嶽を日本が製造できる技術力と工業力があれば、日本の軍用機はもっと高性能であり戦場を席巻していたであろうから、そもそも大逆転させなければならない状況にはならなかった。

 技術的にも工業力的にも完全に不可能であった本計画であったが、陸海軍共にこの計画を取り上げて正式な委員会まで設置してしまったことに当時の日本の末期的状態が見て取れる。富嶽は富士であり、富士は日本の象徴であるが、この富嶽計画もまた当時の日本の状態を表す象徴的な計画であった。

 しかし、無理な計画、遠大な計画を目指してそれを実現させていくのが技術であり、この富嶽計画に関わった技術者達の挑戦は決して無駄ではなかった。戦後、中島飛行機はその技術力と会社規模を恐れたGHQの命令により解体されるが、数年後には分割された会社のほぼ全社が再集結して「富士重工業」を成立させる。無論、社名の「富士」は「富嶽」に由来している。富嶽は確かに当時の日本の国力を完全に無視した実現不可能な計画であった。しかし当時の中島飛行機の人々の心に夢として刻み込まれ、それは戦後も生き続けたのである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_橘花
(画像はwikipediaより転載)

 

 特殊攻撃機橘花とは、太平洋戦争末期に日本海軍が計画、中島飛行機が開発したジェット攻撃機である。試作機1機が11分飛行したのが唯一の飛行記録である。2回目の飛行は失敗、そのまま終戦となった。海軍の期待は大きく戦闘機型等多くの派生型が計画されたが画餅となった。

 

特殊攻撃機 橘花 〜概要〜

 

 

性能

全幅 10.00m
全長 9.25m
全高 3.50m
自重 2,300kg
最大速度 679.7km/h(高度6,000m)(計算値)
上昇力 10,000mまで29分18秒(計算値)
上昇限度 10,600m(計算値)
エンジン出力 推力475kg(ネ20)2基
航続距離 680km(計算値)
乗員 1名
武装  -
爆装 500kg爆弾1発または
   800kg爆弾1発
設計・開発 松村健一 / 海軍航空技術廠

 

背景から開発まで

02_橘花
(画像はwikipediaより転載)

 

 1944年3月10日、日本海軍はドイツ航空省に対してロケット機、ジェット機の技術譲渡交渉を正式に申し入れた。ドイツでもジェット機、ロケット機は試作段階であり、完成した図面を日本側に提供することは不可能であったが、現時点で揃えられる限りの資料がドイツ側から日本側に提供された。これらは主にエンジンの製造図面、ジェット機、ロケット機の設計図面等で、ドイツ側から日本に送られたUボート(呂501潜)と日本から来航したイ号29潜に分けて日本へ送られた。

 ドイツを出発した呂501潜は大西洋上でイギリス海軍駆逐艦の攻撃により撃沈されてしまうが、イ号29潜は無事にシンガポールに到着したが、シンガポールから日本へ向かう途中に米潜水艦の攻撃により撃沈されてしまった。しかし、シンガポールで同乗していた巌谷技術中佐が一部資料を所持した上で空路日本に帰国したため日本は貴重な図面を得ることが出来た。

 以降、潜水艦による交流は成功しなかったが、一部のデータは、ドイツ駐在の海軍技術者の手によって暗号で送られた。

 

開発

03_橘花
(画像はwikipediaより転載)

 

 ジェットエンジン研究の先進国はドイツであったが、日本でも研究は進んでいた。1944年、無事に帰国した巌谷技術中佐がもたらした資料を参考に陸海軍官民合同研究会が開催され、ジェットエンジンは海軍、ロケットエンジンは陸軍の主導で行うことが決定された。因みに、この際に決定したジェットエンジンの陸海軍共通名称であるが、ジェットエンジンは「ネ●●●」とカタカナと三ケタの数字で呼ばれることが決定した。この「ネ」は「燃料ロケット」三ケタの数字の上一桁はメーカー番号、下二桁はエンジンの馬力相当出力である。これは1,000馬力級であれば「10」、2,000馬力級であれば「20」と表記される。あと空技廠が製作した場合にはメーカー番号は付与されない。例えば「ネ20」であれば、空技廠製の2,000馬力級ジェットエンジン、「ネ230」であれば中島製3,000馬力級ジェットエンジンという具合である。

 空技廠で開発されていた国産ジェットエンジン「ネ10」は1944年9月には全力運転に成功したが、性能は不安定であり未だ実用レベルには達しておらず、ネ10は、ネ10改、ネ12と改良されていったもののエンジンの耐久性は低いままであった。この頃から空技廠ではドイツ型ジェットエンジン「ネ20」の開発が開始されていたが、このネ20はネ10に比べて小型高性能であり、耐久性も及第点に達したため開発はネ20を中心に進められることとなりネ10の開発は打ち切られることとなった。

 

橘花開発開始

04_橘花
(画像はwikipediaより転載)

 

 1944年8月、中島飛行機に対してジェット機「皇国二号兵器」の開発を指示(当時は「橘花」という名称ではなかった)、中島飛行機側は設計主務者に艦上攻撃機天山や百式重爆呑龍の設計主務者である松村健一技師を充てて開発を開始した。機体はドイツ製Me262を模倣した無難な形状に決定、とにかく「飛ばす」ことを目的に開発が進められたのに合わせて海軍では生産計画が立案された。おれは10月には木型審査完了、12月には月産30機、翌1945年1月には月産60機、2月100機、3月150機という遠大な計画で、機体設計すら完了していない状態では無謀という他の無い計画であった。

 1944年12月末、正式に試製橘花計画要求書案が交付される。この要求書で双発単座の陸上攻撃機と明記された。名称に特攻機を示す「花」が使用されていることからも分かるように当初は特攻機として計画されたようであるが、計画が進むにつれて機体の安定性や操縦性等が求められるようになり、落下傘の装備も要求されていたことから、橘花は、特攻機から徐々に通常の攻撃機と性格を変化させていったものと考えられる。

 設計中、空襲の被害を避けるため設計室は栃木県佐野市に疎開、橘花の生産は何と群馬県世良田村の養蚕小屋で行われた。1945年6月25日、この養蚕小屋で試作1号機が完成した。機体は全幅10.00mと零戦よりも2mも小さいコンパクトな双発機で主翼はエンジンから先の外翼が上方に折り畳めるようになっていた。素材はジェラルミンであるが、胴体中央部の一部外板には鋼板、翼端には木を使用しており、主車輪は零戦、前輪は銀河の尾輪の流用であった。

 7月27日に地上滑走、8月7日に初飛行した。8月11日には第二回飛行が行われたが離陸に失敗、そのまま終戦となった。

 

生産数

 完成したのは試作機1機のみである。他に完成直前の2号機、ほぼ完成状態の24機があった。

 

まとめ

 

 海軍の期待が集まっていた橘花には多くの計画があった。しかし完成が1945年6月という終戦直前であったことからも分かるようにこれが当時の日本の航空技術の限界であった。ドイツではMe262が1941年に初飛行、1,430機が生産され実戦部隊も編成されていた。英国でも同時期にグロスターミーティアが実戦配備、米国も1942年にはP59が初飛行、1944年にはP80シューティングスターが初飛行している。太平洋戦争開戦前、九七式戦闘機や零戦、二式大艇等の世界水準の航空機を開発していた日本であったが、技術競争が激しくなる中で基礎技術力の低さが如実に現れた結果であったといえる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_キ102
(画像はキ102 wikipediaより転載)

 

 襲撃機キ93とは、第一陸軍航空技術研究所で開発された襲撃機で全幅19mという巨大な機体であった。1945年4月に試作機1機が初飛行を行ったのちに空襲によって大破、そのまま終戦となった。75mm砲を装備する計画もあった機体で完成していればタンクバスターとして活躍した可能性がある。

 

襲撃機 キ93 〜概要〜

 

性能

全幅 19.00m
全長 14.22m
全高 4.85m
自重 7,826kg
最大速度 624km/h(高度8,300m)
上昇力 4,000mまで4分18秒
上昇限度 12,050m
エンジン出力 2,400馬力(ハ214)2基
航続距離 2,350km
乗員 2名
武装 57mm機関砲(ホ402)1門、20mm機関砲(ホ3)2門、12.7mm機関砲(ホ103)1門
爆装 250kg爆弾2発
設計・開発 安藤成雄 / 第一陸軍航空技術研究所

 

開発

 1943年2月、陸軍航空本部は、第一陸軍航空技術研究所(一技研)、陸軍航空工廠に対してキ93の名称で正式に開発の指示を出した。これに対して一技研では安藤成雄中佐を設計主務者として開発を開始した。陸軍自身が設計開発を行うのは1927年に完成した試製三座軽爆撃機以来、実に16年振りであった。

 1943年5月から設計開始、1945年3月に試作1号機が完成した。初飛行は4月8日に20分間飛行したが、その際事故が発生、ほぼ修理が完了した4月30日に空襲によって完全に破壊されてしまった。試作2号機も製作されていたが、完成直前に終戦となった。

 全幅19mという巨大な機体で、セミモノコック構造で乗員2名で前方に操縦員、後方に同乗者席という配置になっていた。エンジンはハ214M(2,400馬力)でプロペラは直径3.80mの定速6翅プロペラであった。武装は前方固定砲に57mm砲1門(ホ402。弾数20発)、20mm砲2門(ホ5。弾数各600発)、後上方旋回砲として12.7mm旋回機関砲1門(ホ103。弾数400発)で、爆弾搭載量は250〜800kgである。

 防弾性能を非常に重視しており、操縦席前方には厚さ70mmの防弾ガラスと12mmの鋼板の防弾装置、搭乗員席の背部には厚さ15mmの防弾鋼板、燃料タンクはゴムで被覆されており、後方には厚さ10mmの防弾鋼板が設置されていた。

 

生産数

 試作機1機のみ。

 

まとめ

 

 キ93は戦争末期に試作機が完成、1回飛行したのみの機体であった。当時の最先端の技術を投入した機体で計画通りの性能を発揮することが出来れば全幅19mの大型機でありながら双発戦闘機並みの運動性能を発揮して活躍するはずであったが、当時の日本の航空機のエンジンの性能低下は目を覆うばかりであったため仮に量産されていたとしても計画通りの性能を発揮することはなかったであろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_キ115剣
(画像はwikipediaより転載)

 

 キ115剣とは、太平洋戦争末期に中島飛行機が開発した特攻専用のレシプロ機である。大量に余ったエンジンを有効活用するために木材や鋼鉄などの入手が容易な材料で簡単に製造できるように設計されていた。完成した試作機は長所が一つもないと言ってもいいくらい性能は劣悪であったため制式採用されることはなかった。

 

キ115剣 〜概要〜

 

性能

全幅 8.60m
全長 8.55m
全高 3.30m
自重 1,690kg
最大速度 550km/h(高度 - m)
上昇力  -
上昇限度  -
エンジン出力 1,150馬力(ハ115海軍名「栄21型」)1基
航続距離 1,200km(増槽装備時)
乗員 1名
爆装 800kg爆弾(または500kg)
設計・開発 青木邦弘 / 中島飛行機

 

開発

02_キ115剣
(画像はwikipediaより転載)

 

 中島飛行機は工場に大量に残されたハ25(栄12型)やハ115(栄21型)エンジンの活用を考えた結果、簡易的な攻撃機を大量に生産することを思い付いた。これは500〜800kgの爆弾を搭載した600km/h程度の速度の突撃機で脚は離陸後投棄して着陸は胴体着陸とする。さらに機体の材料は木材や鉄板を活用するという「廃材利用機」ともいえるものであった。

 この計画は、暗に特攻を示唆するものであったため、当初は陸軍によって拒否されたが、戦局がひっ迫した1945年1月20日、中島飛行機に開発指示がでた。これに対して中島は青木邦弘技師を設計主務者として開発を開始、わずか1ヶ月半後の3月5日に試作1号機が完成した。

 機体は徹底的に簡素化され、入手しやすい材料によって簡単に大量生産ができるようになっていた。このため主脚にはショックアブソーバーもなく、風防は半解放式で前面はガラスだが、後方のガラスは一部のみであった。離陸には離陸促進用ロケットを使用、爆弾は胴体下面の切り欠きに半分胴体に内蔵した形で搭載するという設計であった。エンジンはハ115(1,130馬力)でプロペラは2.9mハミルトン定速3翅プロペラであった。翼面積が小さく機体重量はそれなりにあるため翼面荷重は212kg/屬販軅錣簇擦2倍という非常に高いものであった。

 審査は3月から開始されたが、視界不良、ショックアブソーバーが無いため離着陸が難しい上に50kg以上の爆弾を搭載するとバウンドして転覆する可能性が高かった。他にも安定性、操縦性、運動性全てが悪い上に強度不足で最高速度も計画値に達していなかった。ため、6月下旬に審査主任の高島亮一少佐は不採用と判定した。この際、キ115を使用した作戦での推定攻撃効果という数値が算出されているが、これによるとキ115の内、30%は離陸に失敗、離陸した70%の内50%は敵機に撃墜される。残りの20%の内対空砲火により15%は撃墜され、5%が命中もしくは命中に近いものとなるが、実際に効果があるのは3%で、さらにこの3%も大きい艦艇に対しては効果は薄いというものであった。つまりは100機出撃して、その内3機が小艦艇に損害を与えることが可能ということである。

 

生産数

03_キ115剣
(画像はwikipediaより転載)

 

 終戦までに105機が生産されている。

 

まとめ

 

 キ115剣は特攻専用に開発されたレシプロ機であった。海軍の桜花と異なり完全な特攻機としてではなく帰還することも想定はされていたが、それは建て前上であり実際には完全な特攻機であったと考えてよいだろう。全ての性能は劣悪であり、爆弾を装備すると離陸時に転覆するという酷い機体であった。それでも実戦配備を要求し続けた上層部に対して審査主任の高島亮一少佐は要求を撥ね付け続けた結果、実戦に使用されることなく終戦を迎えた。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_彗星
(画像はwikipediaより転載)

 

 艦上爆撃機 彗星とは、液冷エンジンを搭載した日本海軍の急降下爆撃機であった。その誕生は早く1940年には試作機が初飛行している。その時の最高速度は551km/hを記録、当時の新鋭戦闘機零戦を凌駕した。しかし信頼性は低く、特にエンジントラブルに泣かされた機体であった。戦争後期には芙蓉部隊で集中運用され実績を挙げている。

 

艦上爆撃機 彗星 〜概要〜

 

 

性能(12型)

全幅 11.50m
全長 10.22m
全高 3.74m
自重 2,635kg
最大速度 580km/h(高度5,250m)
上昇力 3,000mまで4分36秒
上昇限度 10,700m
エンジン出力 1,400馬力(熱田32型)
航続距離 1,516km
武装 7.7mm機銃2挺(弾数各600発)、7.7mm旋回銃1挺(約600発)
爆装 500kg爆弾1発または
   250kg爆弾1発または
   30kg爆弾2発または
設計・開発 山名正夫 / 愛知時計電機

 

背景から開発まで

 1937年、海軍は次期新型艦上爆撃機として十三試艦爆の性能要求を決定、愛知時計電機に対して開発を指示した。この性能要求は前代未聞ともいうべき厳しいもので、当時現用であった九六式艦爆に対して、最高速度、巡航速度、航続距離等、全ての面で1.7倍前後の高スペックを要求していた。これは当時、試験中で実用化もされていない十一試艦爆(のちの九九式艦爆)を遥かに超える性能であった。

 

開発

02_彗星
(画像は彗星11型 wikipediaより転載)

 

 1937年、海軍から十三試艦爆開発の指示を受けた愛知時計電機は、山名正夫技師を設計主務者として開発を開始した。この要求に応えるためにエンジンはドイツダイムラー・ベンツ社製液冷式DB601エンジンを国産化した熱田12型(1,200馬力。陸軍名「ハ40」)を採用した。

 爆弾は内蔵式で最大500kg爆弾まで搭載することが出来た(500kg爆弾の場合は爆弾倉の扉は閉じられない)。制動板(急降下時に速度が上がり過ぎないように空気抵抗を発生させる板)は主翼後端に位置し、急降下時以外は主翼の一部として機能していた。燃料タンクはセミインテグラル方式でこれは燃料タンクの一部が機体の外装の一部になる方式で、彗星は主翼下面が燃料タンクとなっており、これは脱着することが可能であった。

 胴体内に爆弾倉を内蔵する形式の割には機体は徹底して空気抵抗を減少させており、液冷エンジンと相まって流線形の美しいシルエットとなった。この機体全体の抵抗は当時のレシプロ機の限界といえるものであった。武装は、機首に九七式7.7mm機銃2挺、後席に九二式7.7mm旋回機銃1挺、爆撃兵装は胴体内に500kgまたは250kg爆弾1発、主翼下に30塲弾各1発を搭載することが出来た。

 1940年11月15日、試作1号機が完成、初飛行が行われた。液冷式エンジンと限界まで抵抗を減らした機体は、一連の性能試験で最高速度551km/hと艦爆でありながら、制式採用された直後の新鋭戦闘機零戦よりも20km/h近い高速を発揮することとなった。これは艦爆としては世界最高記録であり、同時期の米海軍急降下爆撃機ドーントレスよりも140km/h以上、後継機のSB2Cヘルダイバーよりも70km/h近い高速であった。

 しかし実用面となると話は違った。のちに問題となる液冷エンジンの不調はこの時点から発生していた他、燃料タンクからの燃料漏洩等多くの不具合が発生していたが、あまりの高性能に目がくらんだ海軍は試作機を実用実験と耐熱実験を兼ねて南方に進出させただけでなく、試作3号機、4号機を艦上偵察機に改修、空母蒼龍に搭載され実戦にまで投入された。最高の条件で製作された試作機ですら不調が起こっている状態で実戦で活躍できるはずもなく、これら試作機2機は、何ら戦果を挙げぬままミッドウェー海戦で失われてしまった。

 それでも1942年7月6日、艦上偵察機として制式採用されたが、翌月15日には試験中の5号機が空中分解事故を起こし、搭乗員2名が殉職している。この空中分解は急降下爆撃が主任務の艦上爆撃機としては致命傷であったため、艦爆としての制式採用は大幅に遅れ、1943年12月になってやっと艦上爆撃機彗星11型(D4Y1)として制式採用となった。

 

 

二式艦偵11型(D4Y1-C)

03_彗星
(画像は二式艦偵11型 wikipediaより転載)

 

 1942年7月6日に制式採用された彗星の艦上偵察機型であり、最高速度533km/h、自重2,440kg、胴体内の爆弾倉には燃料タンクが増設されていた。さらに偵察装備としては、写真偵察用の固定自動航空写真機K-8型を搭載しており、これは高度10,000mから地上の飛行機の識別が可能であり、電動により一定の間隔で100枚の連続写真の撮影が可能であった。12型は、後述する彗星12型を改造した型で、1944年10月に制式採用、最高速度579.7km/h。翌月には後席機銃を二式13mm旋回銃に換装した12甲型が制式採用された。

 

12型

04_彗星
(画像は彗星12型 wikipediaより転載)

 

 1944年10月に制式採用された型で、エンジンを熱田32型(1,400馬力)に換装した型であったが、熱田12型以上に故障が多かった。照準器は、前期型は光学式九八式射爆照準器であったが、後期型では望遠鏡式の二式射爆照準器1型に変更されている。12甲型は後席の旋回銃を二式13mm旋回銃に換装した型で1944年11月に制式採用された。12戌型(丙型)は、後席に九九式20mm機銃を斜め銃として搭載した夜間戦闘機型である。

 

21,22,22甲型(航空戦艦搭載用)

 21型、22型、22甲型は、航空戦艦伊勢、日向搭載用に各部を強化、制動板を廃止し、カタパルト射出用に改造した型で、21型は1944年3月17日、22型は同年10月、22甲型は11月に制式採用、少数が生産された。21型は彗星11型を航空戦艦用に改造したもの、22型は彗星12型、22甲型は12甲型を航空戦艦用に改造した型である。

 

33型(D4Y3)

05_彗星
(画像は彗星33型 wikipediaより転載)

 

 故障の多い熱田32型エンジンを信頼性の高い金星エンジンに換装した型で1944年5月に正式採用された。初期型は金星61型エンジンであったが、後期型は金星62型エンジンに変更された。馬力は300馬力増加したが、空冷エンジンの採用によって空気抵抗は増加したため最高速度は若干低下した。

 エンジンの換装した上で着艦フックは廃止されたため実質的には陸上爆撃機となった。尾輪は固定式、着艦フックの廃止、垂直尾翼の面積増大、武装は後席の機銃を一式7.9mm旋回銃に変更、胴体内の他に主翼下にも250kg爆弾が各1発装着できるように改造されている。

 

43型、54型(D4Y4)

 33型を防弾強化、噴進器を装備、単座化した型で防弾は、風防前面に防弾ガラスを装備、コックピット前部には5mm厚、後部には9mm厚の防弾鋼板を装備した他、燃料タンクも防弾式に変更された。噴進器は離陸用に機首下面に4FR110型噴進器(推力1,200kg)2本、緊急空中加速用に後部胴体下面に4FH121型噴進器(推力2,000kg)3本(のち2本)が装備された。

 武装は、単座化したため後席の旋回銃は廃止、機首の7.7mm固定機銃2挺も1945年4月には廃止された。胴体内には800kg爆弾1発が搭載可能となったが、爆弾倉扉は廃止された。照準器は初期型は望遠鏡式(一部光学式)であったが、後期型は照門式に変更された。これらの改修のため自重は2,635kg(12型は2,510kg)に増大、最大速力は552km/hに低下した。特攻機的性格の機体ではあるが、後部胴体内には救命筏は搭載されている。さらにエンジンを誉(陸軍名「ハ45」)に換装する54型の計画もあったが計画のみで終わっている。

 

生産数

 愛知では、1942年から1944年の間に11型(二式艦偵含む)が660機、12型が320機、33型が1944年から1945年までに536機、43型が1945年に296機生産されている。他にも第11航空廠でも生産されており、こちらでは1944年から1945年までに約430機生産された。合計2,253機(2,157機とも)。

 

まとめ

 

 彗星は生産性を重視せず、戦闘機すら振り切る高速、高性能を追求した実験機的性格の機体であった。完成当初、制式採用されたばかりの零戦を20km/hも上回る高速に海軍関係者は魅了され、試作機の実戦投入という暴挙に出たほどであった。しかし高性能の反面、生産性、信頼性は低く、実戦部隊での稼働率は低かった。彗星は、目先の高性能に目がくらみ、後方や支援体制を軽視する日本的な性格が顕著に表れた航空機であった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九九式艦爆
(画像はwikipediaより転載)

 

 九九式艦上爆撃機とは、日本海軍で初めて全金属製単葉の艦上爆撃機で開発時は世界最高水準の機体であった。しかし太平洋戦争開戦後は旧式化が目立つようになり、さらには防弾性能が皆無であったため搭乗員からは「九九式棺桶」「九九式棺箱」というあだ名まで付けられていた。

 

九九式艦上爆撃機 〜概要〜

 

 

性能(22型)

全幅 14.36m
全長 10,23m
全高 3.35m
自重 2,750kg
最大速度 428km/h(高度5,650m)
上昇力 3,000mまで5分48秒
上昇限度 10,500m
エンジン出力 1,300馬力(金星54型)
航続距離 1,050km
武装 7.7mm機銃2挺、7.7mm旋回機銃1挺
爆装 250kg爆弾1発または
   60kg爆弾4発
設計・開発 五明得一郎 / 愛知時計電機

 

開発

03_九九式艦爆
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本海軍最後の複葉艦爆である九六式艦爆が完成に近づいた1936年、海軍は十一試艦上爆撃機の開発を愛知時計電機(1943年愛知航空機に社名変更)、中島飛行機、三菱重工の3社に指示する。三菱はのちに辞退、中島は山本良造技師を設計主務者として開発を開始、愛知は五明得一郎技師を設計主務者として開発を開始した。補佐として後に艦爆流星、特殊攻撃機晴嵐等を開発した尾崎紀男技師、森重盛技師がついた。

 設計は1936年11月から始まり、1937年12月25日に試作1号機が完成、1938年1月6日初飛行に成功した。この試作1号機は、エンジンに出力の低い光1型(730馬力)を搭載した機体であったが、2号機以降は強力な金星3型(840馬力)に換装、主翼の設計も変更されより大きくなった。1939年3月からは増加試作機の製作を開始する。中島も1938年3月には試作機を完成、性能試験が行われるが、12月には愛知の試作機が九九式艦上爆撃機(D3A1)として制式採用された。

 性能は、最高速度が381km/h(高度2,320m)、上昇力が高度3,000mまで6分27秒、実用上昇限度が8,070m、航続距離が1,473kmと大幅に向上した。機体は全金属製単葉低翼で、主翼は製作に手間がかかるものの空力的には理想的な楕円形を採用、空母搭載を考慮して翼端部は折り畳めるようになっていた。尚、当初、翼端部は下方に折り畳んだが途中からは上方に折り畳むように変更された。

 胴体は外板と縦通材で強度を確保するセミモノコック構造で、特に急降下爆撃後の引き起こしの際、機体には大きな荷重がかかるため十分な強度が確保された。脚は引込式も検討されたが、主翼の強度の点で不利になることや急降下時に脚自体が抵抗板の役割を果たすために固定脚とされた。

 エンジンは三菱製の金星3型(840馬力。陸軍名「ハ112」)エンジンで同クラスの傑作エンジン栄(1,000馬力。陸軍名「ハ25」)に比べやや大型ではあったが信頼性は高く将来的には拡張性の高さという点では栄よりも上であった。零戦、隼、九七式艦攻等は栄を採用しているが、零戦は最終型の54型では金星に変更されている。プロペラは直径3.1mの定速ハミルトンプロペラであった。

 武装は機首に7.7mm機銃2挺(弾数各500発)、後席に7.7mm旋回機銃1挺、爆弾は250kg爆弾1発、若しくは60kg爆弾2発の搭載が可能であった。

 

22型

02_九九式艦爆
(画像はwikipediaより転載)

 

 1942年8月にエンジンを金星54型(1,300馬力)に換装、機体各部に改修をおこなった12型が完成、さらに改良が加えられたのち1943年1月には九九式艦上爆撃機22型として制式採用された。エンジン以外にも水平尾翼、背鰭、風防、カウリングが再設計され燃料タンクも増設された。翼下の爆弾懸吊装置も2個増設され、60kg爆弾4発まで懸吊可能となった他、射爆照準器も九九式射爆照準器に変更されている。生産は1942年末から行われている。

 性能は、最大速度が428km/h(高度5,650m)に増加(11型は381km/h)、高度3,000mまでの上昇時間が5分48秒(同6分27秒)に短縮され、実用上昇限度は10,500m(同8,070m)に向上した。但し、航続距離は1,050km(同1,473km)と大幅に減少している。

 生産は制式採用前の1942年末から始まり、1944年まで生産が行われた。同時に昭和飛行機でも1944年から生産され、合計220機が製造されている。この昭和飛行機製の機体はエンジンが推力式単排気管に改良されていた。この22型を改良した練習機型も製作されている。これは仮称九九式練習用爆撃機12型(D3A2-K)と呼ばれる。

 

木製九九式艦爆「明星」

 太平洋戦争開戦後、資材不足のため九九式艦爆の木製化が行われた。計画は1943年から始まり、1945年1月31日には試作1号機の初飛行が行われた。試作機7機が製造されたのみ。

 

生産数

 11型は試作機を含め476機が生産された。22型は愛知で816機、昭和飛行機で220機、明星7機の合計1,519機(1,486機とも)生産された。終戦時には135機が残存している。現在では1968年にバラレ島から回収された機体が修復され、飛行可能状態で米国で保存されている。

 

まとめ

 

 九九式艦爆は開戦初日から海軍の中心となって活躍し続けた。しかし防弾装備が皆無であったため一回の戦闘での消耗は激しく、珊瑚海海戦では33機中9機と約1/3を失った。さらに第二次ソロモン海戦では出撃27機中、23機が撃墜され、南太平洋海戦では出撃57機中40機が撃墜されている。搭乗員の生還率も低く、日本の場合は撃墜=死であることが多かった。このため戦争中盤には日本軍の攻撃機の搭乗員の練度は大幅に低下していく。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九九式襲撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九九式襲撃機・軍偵察機とは、1939年に初飛行した日本陸軍の襲撃機・偵察機であった。機体は堅実な設計で固定脚を採用、安定したエンジンを装備していたため本来の用途以外にも練習機や連絡機として終戦まで活躍した隠れた傑作機である。

 

九九式襲撃機・軍偵察機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 12.10m
全長 9.21m
全高  - m
自重 1,873kg
最大速度 424km/h(高度3,000m)
上昇力 5,000mまで8分47秒
上昇限度 8,270m
エンジン出力 940馬力(ハ26供
航続距離 1,060km
武装 7.7mm機銃1挺、7.7mm旋回機銃1挺
爆装 50kg爆弾4発または
   15kg爆弾12発
設計・開発 大木喬之助 / 三菱重工

 

軍偵と襲撃機

 襲撃機とは1938年の『航空器材研究方針』に初めて登場した区分で、敵飛行場にある飛行機や地上部隊の襲撃を主任務とする機種で、軽快で超低空飛行、急降下爆撃が可能であることが要求されていた。武装は、50kg以下の爆弾を200kg搭載できること、固定機関銃、旋回機関銃各1挺、特別装備としてガス雨下装置を搭載でき、その装置量は爆弾量の1/2以上とすることが要求されていた。ガス雨下装置とは毒ガスを空中から散布する装置のことである。

 その後、1940年の『研究方針』改定時には、襲撃機の性能の中に高速であることと単座であること、さらに特別装備であったガス雨下装置が爆弾との交換装備となった。1943年の改定ではこの項目は省略されている。因みに毒ガスは1925年のジュネーブ議定書において使用が禁止されている。この条約は1928年に発効している。日本はこの条約に署名、1970年に批准している。

 この1938年の『研究方針』以降は、軍偵察機は襲撃機と同一機種とすることが決められていた。軍偵察機とは陸軍の偵察機の区分の一つで他には直協偵察機、司令部偵察機がある。直協偵察機とは地上部隊との連携の下に偵察活動をする機種で、司令部偵察機とは戦略偵察を行う機種である。つまり「直協=近距離」「軍偵=中距離」「司偵=遠距離」と考えて良い。そして同一機種を襲撃機型と偵察機型に分ける方針が決定した。

 

開発

02_九九式襲撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 1937年12月、陸軍は三菱重工に対して襲撃機の開発を内示した。1938年2月、正式に開発が指示される。これに対して三菱は大木喬之助技師を設計主務者として開発を開始した。同年12月、軍偵察機型の開発が指示されるが、これは襲撃機型に航空写真機を装備しただけのものにする計画であった。

 1939年6月には試作1号機が完成した。初飛行の結果、特に問題点は指摘されず、最高速度424km/hを記録、操縦性は良好と高評価であった。7月からは基本審査が開始、同時に増加試作機11機の製作が発注された。10月からは実用審査が開始、12月に九九式襲撃機として制式採用された(1940年5月説もあり)。

 エンジンはハ26供940馬力。海軍名「瑞星」)を採用、プロペラは2.9m3翅定速ハミルトンプロペラであった。主翼は低翼で、エンジンが小型であったため胴体はコンパクトにまとめられた。性能要求では引込脚、胴体内爆弾倉を要求していたが、1,000馬力級エンジンを採用している関係上、重量増加、機体大型化になるためこれらの要求は退けられた。武装は翼内に7.7mm機銃1挺、後席に7.7mm旋回機銃1挺が装備された。爆弾は50kg爆弾4発、15kg爆弾12発であった。

 軍偵型は写真機が垂直撮影用に1基、斜め撮影用に1基が装備され、偵察用窓も追加された。襲撃機型にあった防弾装置は廃止された。爆弾も軍偵は特別装備となりその量も半減されている。1943年11月以降は、火力不足から一部の機の翼内銃を12.7mm機関砲(ホ103)に換装、さらに一部の機は旋回機銃も12.7mm機関砲に換装された。

 

生産数

 試作機2機、増加試作機11機が製作された。量産機は1940年初頭から1943年末まで生産が行われ、1944年以降は立川陸軍航空工廠で生産が行われた。三菱では試作機も含め1,472機、立川陸軍航空工廠でも1,000機近くが生産された。襲撃機型、軍偵型併せ総生産数は2,385機である。

 

まとめ

 

 九九式襲撃機は大戦後半になると爆弾搭載量の少なさや速度の遅さから旧式化が否めなかったが、不整地でも離着陸できる固定脚に堅実な設計と操縦性能、運動性能の良さから汎用性が高く、終戦まで練習機や連絡機、要人輸送機としても使用された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九九式双軽爆撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九九式双軽爆撃機とは、1939年に制式採用された日本陸軍の双発軽爆撃機である。航続距離、爆弾搭載量こそは少なかったものの、速度、運動性能は抜群であり太平洋戦争終戦まで活躍した。双発爆撃機でありながら急降下爆撃も可能であり汎用性の高い機体であった。

 

九九式双軽爆撃機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 17.47m
全長 12.88m
全高 4.32m
自重 4,550kg
最大速度 505km/h(高度5,600m)
上昇力 5,000mまで8分30秒
上昇限度 10,100m
エンジン出力 1130馬力2基
航続距離 2,400km
武装 7.92mm連装機銃1挺、7.92mm機銃2門挺
爆弾搭載量 300〜500kg
設計・開発 土井武夫 / 川崎航空機

 

陸軍爆撃機が航続距離が短く爆弾搭載量が少ない理由

 日本陸軍の爆撃機は、航続距離が短く爆弾搭載量が少ない機体が多い。これは、地上部隊との協同が主な任務であったことやソビエトを仮想敵国としていたことから国境付近に展開している敵を攻撃することが主眼となっていたためであった。地上部隊との協同、国境付近の敵への攻撃には長距離を飛行する必要がなく、頻繁に往復することが可能であるため爆弾搭載量も少なくても問題無かった。むしろ敵戦闘機に対抗するために運動性能、速度が重視された結果であった。

 

開発

02_九九式双軽爆撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 1937年12月末、陸軍は、旧式化した九三式双軽爆撃機に代わる軽爆撃機キ48の開発を川崎航空機に指示した。これを受けた川崎航空機は、のちに二式複戦屠龍や三式戦闘機飛燕の開発で有名になる土井武夫技師を設計主務者として開発を開始した。

 エンジンはハ25(1,000馬力。海軍名「栄」)を搭載。プロペラは直径2.8m3翅プロペラを採用、爆弾は全弾胴体内に収納できるよう設計されていた。爆弾倉の扉はそれまでの単純な左右に開く方式だと機体の安定が悪く、命中率が低下していた。そこでキ48では爆弾扉は二重繰り上げ方式という独自の方式を採用していた。機銃は7.7mm機銃で後上方に連装1基、前方、後下方に1挺の合計4挺が設置された(後期生産型では7.92mm機銃)。脚は引込脚を採用し、尾輪も引込式であった。

 1939年4月に設計完了、同年7月上旬には試作1号機が完成した。8月から基本審査、11月から実用審査が行われた。最大速度は480km/h(高度3,500m)、5,000mまでの上昇時間が9分、実用上昇限度は9,500m、航続距離が2,400kmという圧倒的な高性能を示した。このため審査は順調に進み、爆撃審査では苦心して開発した二重繰り上げ方式爆弾扉の効果で命中率は90%近かった。増加試作機も発注され、1940年5月11日に九九式1型双軽爆撃機として制式採用された。

 

2型甲

 1940年6月、エンジンを二速過給器付きハ115(1,130馬力。海軍名「栄21型」)に換装した性能向上型の設計を開始した。設計は1941年2月に完了したがエンジンの製作が遅延していたため試作機の完成は遅れ、1年後の1942年2月に試作1号機が完成した。最大速度は25km/h向上した他、武装も強化され、機銃の数は変わらなかったが、口径は7.7mmから7.92mm機銃に変更された。搭載爆弾もそれまでの100kg爆弾から250kg爆弾の搭載が可能となった。1943年2月、九九式2型双軽爆撃機として制式採用された。

 

2型乙

 キ66用に開発された制動板(急降下爆撃時に機体の速度を落とすための板)を装着した急降下爆撃機型で搭載爆弾も500kg爆弾の搭載が可能となった。九九式2型双軽爆撃機乙型として制式採用された。この乙型は制動板以外にも急降下爆撃用に各所に改良が加えられている。乙型をベースに後上方機銃を12.7mm機関砲に改修、機首側面に7.92mm機銃が追加された2型丙も製作されている。

 

生産数

 1型試作機は4機、増加試作機5機、量産機が557機生産されている。2型試作機は3機、2型甲は1942年4月から1944年10月まで550機が生産されている。乙型が1943年5月から1944年10月まで858機が生産されている。総生産数は1,977機である。

 

まとめ

 

 九九式双軽爆撃機は、速度と軽快な運動性能が特徴の爆撃機であったが、爆弾搭載量は少なく防弾装備がなかったため米軍からの評価は低い。大戦中盤には旧式化が目立つようになっていったが、この時期の航空機の発達速度からいえば仕方が無かったのかもしれない。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九七式艦攻
(画像はwikipediaより転載)

 

 九七式艦上攻撃機とは、中島飛行機と三菱重工が開発した全金属製単葉攻撃機である。中島製は1号、三菱製は2号と呼ばれる。どちらも高性能であったが、中島製は特に性能が高く、栄エンジンを搭載した3号は、太平洋戦争開戦後も海軍の主力攻撃機として活躍した。三菱製は固定脚で約150機ほど生産されている。

 

九七式艦上攻撃機 〜概要〜

 

 

性能(3号)

全幅 15.518m
全長 10.3m
全高 3.7m
自重 2,200kg
最大速度 377.8km/h(高度3,600m)
上昇力 3,000mまで7分40秒
上昇限度 7,640m
エンジン出力 970馬力
航続距離 1,021km(正規状態)
武装 7.7mm旋回機銃1挺
爆装 800kg爆弾(または魚雷)1発または
   250kg爆弾2発または
   60kg爆弾6発
設計・開発 中村勝治 / 中島飛行機

 

開発

02_九七式2号艦攻
(画像は三菱製2号 wikipediaより転載)

 

 1935年秋、海軍は、中島飛行機、三菱重工の2社に対して十試艦上攻撃機の名称で新型艦上攻撃機の開発指示を出した。これを受けた中島飛行機では中村勝治技師を設計主務者として開発を開始した。全金属製単葉機で密閉式風防、折りたたみ翼にフラップ、可変ピッチプロペラやセミインテグラル・タンク、日本の実用機としては初である油圧機構の引込脚を装備した画期的な機体であった。

 可変ピッチプロペラとは速度によってプロペラの角度を変える機能のことで、高速になるにつれてプロペラの角度は水平に近くなっていきプロペラを効率的に回転させる機能で、日本海軍機としては初の採用であった。セミインテグラル・タンクはタンクの外壁の一部が機体の外装となっているタンクでこれにより燃料の容量を多く確保することが出来る。エンジンは最新の栄エンジンを搭載したかったが未だ開発中だったため光3型エンジン(710馬力)が採用された。のちに栄エンジンに変更される。

 1936年12月31日、試作1号機が完成、1937年1月18日初飛行に成功した。三菱製は1936年10月末に試作1号機が完成、11月21日に初飛行に成功した。両機とも海軍に領収され、性能試験が行われた。性能要求では最大速度は333km/h以上であったが、中島製は368km/h、三菱製は固定脚であったため若干遅かったがそれもで353km/hと両機とも基準を満たしていた。速度以外の性能も両機とも大幅に上回っており、1937年11月26日、中島製を九七式1号艦上攻撃機(後に11型と改称)、三菱製を九七式2号艦上攻撃機(後に61型と改称)としてどちらも制式採用された。

 1938年4月より量産が開始、秋には栄エンジン(1,000馬力)を搭載した試作機が完成、1939年12月、九七式3号艦上攻撃機(後に12型と改称)として制式採用された。

 

生産数

 1号艦攻、3号艦攻は中島で練習機30機を含む669機製造された他、愛知航空機、広工廠でも約580機製造された。中島製九七式艦攻の合計は約1,250機、三菱製2号艦攻は約150機で合計1,400機が生産された。

 

まとめ

 

 九七式艦上攻撃機は完成当時は速度、航続距離等、海軍の性能要求を上回っており、世界的に見ても最高水準の艦上攻撃機であった。技術的には全金属製単葉、引込脚、可変ピッチプロペラ等、かなり先進的なものであったが、太平洋戦争開戦後はその防弾性能の低さから多くの機体と搭乗員を失うこととなる。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九八式単軽爆撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九八式軽爆撃機とは、川崎航空機によって開発された陸軍の単軽爆撃機である。三菱製九七式単軽爆と制式採用を競ったが三菱に軍配が上がり、不採用になるところであったが、日中戦争の勃発により制式採用された。液冷式エンジンを装備、九七式単軽爆を凌ぐ846機が生産された。

 

九八式軽爆撃機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 15.00m
全長 11.64m
全高 2.90m
自重 2,349kg
最大速度 423km/h(高度3,940m)
上昇力 5,000mまで10分55秒
上昇限度 8,920m
エンジン出力 850馬力
航続距離 1,220km
武装 7.7mm機銃1挺、7.7mm旋回機銃1挺
爆弾搭載量 300kg(正規状態)
      450kg(最大)
設計・開発 井町勇 / 川崎航空機

 

背景から開発まで

 日本陸軍は、戦闘機、偵察機に比べて爆撃機に注目するのが遅かったと言われる。その陸軍爆撃隊には軽爆撃機という区分があった。軽爆撃機というのは陸軍を支援する小型爆撃機のことでそれ以外の爆撃機を重爆撃機、超重爆撃機といった。

 1932年頃、日本陸軍では、軽爆撃機は双発、単発のいずれが良いかという論争が行われていた。単発派は軽量であることを重視、さらには双発機は単発機の1.5倍のコストがかかることから数が維持できないという理由であった。これに対して双発派は、爆弾搭載量、視界や防御力の点から双発が適当としていた。結局、この論争は双単併用という日本的な解決方法で解決した。この結果、日本では単発の軽爆撃機と双発の軽爆撃機という2種類が存在することとなった。

 

開発

 1935年、陸軍は中島飛行機、三菱重工に新重爆の開発を内示、1936年2月に試作を指示した。同時に石川島、三菱、中島、川崎航空機の4社に当時制式採用されていた九三式単軽爆の後継機の開発が内示された。1936年5月5日、三菱キ30、川崎キ32として新軽爆の試作が指示された。

 これに対して川崎航空機は井町勇技師を設計主務者として開発を開始、1936年12月に設計完了、1937年3月試作1号機が完成した。三菱のキ30と共に5月より陸軍による審査が開始される。性能は両試作機ともに同程度であったが、キ32はエンジンの故障が多かったため採用はキ30に決まりかけていた。しかしこの審査中の7月に盧溝橋事件が勃発、新型爆撃機の必要性が高まったためキ32に対しても増加試作機5機の製作が命じられた。

 この増加試作機は各所が改良され1938年2月までに完成する。九七式単軽爆乙として審査が開始された。エンジンの不調は相変わらずであったが、改修を重ねた結果、改善されたため1938年8月15日、九八式単軽爆撃機として制式採用された。同年6月には三菱製キ30が九七式単軽爆として制式採用されていたにも関わらずキ32が制式採用された背景には、三菱が九七式重爆の生産に追われており九七式単軽爆の大量生産が困難であったという背景がある。生産は1938年7月より1940年5月まで行われた。

 キ32は胴体内に爆弾倉を持つ固定脚機でエンジンは当初は水冷式のハ9(800馬力)を搭載していたが、のちにハ9恐機850馬力)に変更した。プロペラは直径2.90mの3翅プロペラを採用していた。武装は機首に7.7mm固定銃、後席には7.7mm連装銃を搭載していたがその後単装式の7.7mm旋回機銃に変更されている。爆弾搭載量は正規状態で300kg、最大450kgであった。急降下爆撃は可能であったが専用の投弾装置を持たないため急降下爆撃時には翼下に爆弾を搭載する必要がある。

 

 

生産数

 1938年7月から1940年5月までの間に846機生産されている。

 

まとめ

 

 九八式単軽爆撃機は、エンジンの信頼性の低さにより採用が見送られかかったが、日中戦争の勃発により制式作用された。しかし実戦に投入されてからもエンジンの不調は続き稼働率は低かった。太平洋戦争開戦後の1942年には前線から姿を消したが訓練用等で使用された。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ