トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ: 艦船

(画像はwikipediaより転載)   要約  加賀はワシントン条約により廃艦となる予定の戦艦を改装した空母である。三段空母として竣工した。三段空母は実用性に乏しく速度も遅かったため1935年に大改装を行い全通式飛行甲板となり最高速度も向上した。搭載機数も90機と多 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  戦艦アドミラル・ウシャコフはロシア海軍の海防戦艦である。同型艦3隻が建造されており、3番艦のみハーヴェイ鋼を使用している。1905年に3隻とも日本海海戦に参加するが1番艦以外は日本軍に鹵獲され、海防艦見島、沖島となる。第一 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  装甲巡洋艦出雲級は1番艦出雲、2番艦磐手から成る。日露戦争開戦前に竣工、主砲は45口径20.3cm砲、艦首には衝角を持っている。日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争、太平洋戦争で活躍した40年以上の艦歴を持つ巡洋艦である。特に1番 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  1922年に竣工した空母鳳翔は世界で初めて空母として計画されて建造された空母であった。艦載機15機を搭載することができる。当初はアイランド型艦橋であったがのちに飛行甲板前前部に移動している。日中戦争で初の実戦参加、太平 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  秋津洲は飛行艇の長大な航続距離を活かした攻撃を行うための拠点として建造された飛行艇の補給、整備のための専用艦である。3隻の建造が計画されたが完成したのは秋津洲1隻のみであった。戦争後半では飛行艇の支援よりも輸送任務で ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  第二次世界大戦の勃発によりドイツに帰港できなくなったドイツ大型貨客船を日本海軍が買い取り空母へと改装された。1943年12月に空母神鷹となり海上護衛総司令部へ編入されたが機関不調のため日本製の機関へ変更される。1944年3月 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  海鷹は1939年に貨客船あるぜんちな丸として竣工、1941年に海軍に徴庸された。1942年に特設輸送船としてミッドウェー攻略戦に活躍するが1942年12月に海軍に買収、1943年11月に空母への改装が完了、同年12月に海上護衛司令部へ編入 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  青葉型は古鷹型の改良型である。1927年に竣工、主砲が20.3cm連装砲となり日本海軍初の水上機カタパルトを装備している。その後一度の近代化改修を受け太平洋戦争開戦を迎える。太平洋戦争では開戦当初より攻略作戦支援に活躍する。1 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  大鷹型3隻は戦時には軍艦に改装することを条件に海軍が助成金を出して建造した貨客船改造空母である。太平洋戦争開戦後3隻とも特設空母に改装、1941年から42年にかけて竣工した。しかし空母としては小型、低速であったため艦隊空 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  改鈴谷型重巡洋艦として建造が開始されたものの空母不足により空母への改装が決定した。大型化した航空機に対応するために飛行甲板を延長した結果船体前方に艦橋を設置できなくなったため日本の軽空母では珍しくアイランド型艦橋 ...

(画像は水上機母艦千歳 wikipediaより転載)   特徴  千歳型は日本海軍初の水上機母艦として建造された艦であった。1940年に千代田は甲標的母艦として改装した状態で太平洋戦争開戦を迎える。1943年には空母不足から両艦ともに空母へと改装された。竣工後は船団護衛 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  龍鳳は軍縮条約の抜け道として潜水艦母艦として建造、有事の際には航空母艦に改装できるように設計されていた。電気溶接を多用したことと大型艦としては初めてディーゼル機関を採用したことが特徴である。  潜水艦母艦として太平 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  日本海軍は何でも潜水艦に搭載した。零式小型水偵に水上攻撃機晴嵐、甲標的に特攻兵器回天、海軍特殊部隊や戦車まで潜水艦に搭載した。特殊部隊以外は潜水艦に搭載することにあまり意味があるとは思えないが当時の日本は仮想敵国で ...

(画像はwikipediaより転載)   航空母艦 隼鷹型     性能  基準排水量 24,140トン  全長 219.32m  全幅 26.70m  飛行甲板 210.30m x 27.30m  エレベーター 2基  機関出力 56,250馬力  最大速力 25.5ノット  航続距離 10,000海里 / 18ノット   ...

(画像はwikipediaより転載)    起重機船とはクレーン船のことで基本的には自走能力の無い浮桟橋のようなものにクレーンが付いている船のことだ。起重機船さんこうは大正時代に日本に輸入され、戦艦大和の建造、戦艦伊勢の航空戦艦化などに活躍した。2024年現在も現役で ...

(画像はwikipediaより転載)    工作艦メデューサは米海軍で初めて工作艦として建造された工作艦である。主に太平洋戦争で活躍した本艦は開戦後、真珠湾での復旧活動、南方での損傷艦艇の修理に活躍した。この工作艦メデューサの活動海域をみると当時の米軍が安全と認識 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦 赤城とは、天城型巡洋戦艦の2番艦であったが、ワシントン条約により空母へ改装された。当初は三段空母であったが、のちに全通式空母に改装、これらの変遷を経たために艦内の構造は複雑、居住性は最悪であった。太平洋戦争 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  太平洋戦争開戦後に計画、設計され後期に実戦に投入された強行輸送艦である。21隻就役した内、16隻が撃沈されたが、生き残った5隻の内の1隻には数十回の輸送任務を全うした日本海軍中最高の「幸運艦」も存在する。戦後は復員船、捕 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  陸軍ではSB艇と言われた二等輸送艦は太平洋戦争の中期に輸送艦不足から短期間に設計、ブロック工法で終戦までに69隻が建造された。本級は多くの戦場への物資輸送に従事、戦後は復員船として活躍した。しかし戦争後期に建造されたた ...

(画像はwikipediaより転載)    河内級戦艦は日本初の弩級戦艦であった。主砲は後の戦艦のように中心線に一列に並ぶ形式ではなく、前後に2基、左右舷側に2基ずつの合計6基が設置されるという形式であった。艦首の形状も1番艦河内が垂直艦首、2番艦摂津がクリッパー型と異 ...

(画像はwikipediaより転載)    薩摩級戦艦は日本初の国産戦艦である。初の戦艦でありながら世界最大の戦艦であり、最新のタービン機関を搭載した画期的な戦艦であった。第一次世界大戦に参加した他は目立った活躍はしていないが、日本戦艦史に残る名艦であるといえる。 ...

(画像はwikipediaより転載)    第二次世界大戦のアメリカ参戦は真珠湾攻撃によって始まった。これによって米戦艦部隊は壊滅的打撃を受け、以後、空母中心の戦術に変更せざる得なくなったと言われているが実際には米国は戦中も戦艦の建造を続けて10隻もの新鋭戦艦を戦場 ...

(画像はwikipediaより転載)    戦艦香取級は敷島級の後継にあたる戦艦であるが、就役が日露戦争後であったためあまり知られていない戦艦であるが、完成当初は世界最強、最新鋭の戦艦であった。海戦を一度も行うことなくワシントン軍縮条約により廃艦となった。   戦 ...

(画像はwikipediaより転載)    このドイッチェラント級は通称「ポケット戦艦」と呼ばれているが正式には装甲艦、その後は重巡洋艦と類別されているので戦艦ではない。しかし戦艦並みの28cm砲と巡洋艦並みの速力を持った本級は連合国側から恐れられた。   ポケット戦 ...

↑このページのトップヘ