トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

艦船

01_淡路
(画像は淡路 wikipediaより転載)

 

要約

 

 御蔵型海防艦は択捉型海防艦の設計を大幅に改良して誕生した海防艦である。択捉型の建造途中に設計が完了したため設計が反映できる艦から択捉型から御蔵型に変更された。大きな変更点は主砲に対空砲が装備されたこと、爆雷投射機が2基になり爆雷搭載量が36個から120個に増加されたこと、船体の構造が耐寒、耐氷仕様でなくなり構造が簡略化されたこと、船体が択捉型よりも1m延長したこと等がある。燃料搭載量を200トンから120トンに減らしたため航続距離は減少した。8隻が竣工、5隻が戦没している。

 

御蔵型海防艦

 

02_御蔵
(画像は wikipediaより転載)

 

海防艦とは

 海防艦とは1898年に制定された艦種類別である。これは主に旧式化した戦艦や巡洋艦に対して与えられた名称で、英語の「coast defense ship」を邦訳したもので沿岸防衛艦というような意味であった。このため海防艦とは新規に建造されるものではなく、第一線を退いた旧式艦艇が類別変更されるものであった。しかし軍縮条約の結果、駆逐艦の保有数にも制限がかかるようになると、日本海軍は、条約の制限外であった2000トン以下の艦艇の増強を開始する。その結果生まれたのが900トンクラスの警備用艦艇であり、日本海軍はこれもまた海防艦と呼称することにしたのであった。

 

 

 

建造

03_能美
(画像は wikipediaより転載)

 

 1941年、戦時計画により海防艦30隻の建造が始まった。これが択捉型でこの択捉型は、改占守型と呼べるようなもので個艦としては性能が良いものの量産に向かない占守型に小規模な改良を加えた程度のものだった。しかし太平洋戦争が始まると実戦部隊からのフィートバックがあり、設計を大幅に変更。新たに乙型海防艦と呼ばれる海防艦を設計した。以降、建造予定の択捉型も順次、この乙型海防艦に設計変更することとなった。その結果、30隻中、択捉型は14隻のみとなり、残りは乙型海防艦として建造されることとなった。この乙型海防艦こそが御蔵型である。

 それまでの占守型、択捉型は主に北方警備用に設計された艦であったため、北方警備用としては申し分ないものであったが、対空火器、対潜火器が貧弱で船団護衛等には向かず、また戦時設計ではない上に質の高い艦を持つことで欧米との数の格差を埋めようとする個艦優越主義の下に設計された艦であるため工期が非常に長く量産には向かない艦であった。御蔵型は初めてこれらの問題点を大掛かりに修正した艦であった。

 

 

御蔵型の特徴

04_屋代倉橋
(画像は wikipediaより転載)

 

 主な修正点としては、占守・択捉型海防艦で使用されていた旧式駆逐艦の主砲を転用した三年式45口径12センチ単装平射砲から45口径12センチ高角砲連装1基(A型改三)、単装1基に変更、爆雷投射機も択捉型が九四式爆雷投射機1基に対して御蔵型は倍の2基を搭載している。爆雷数も占守型が18個、択捉型が36個であったのに対して120個と一挙に3倍以上の搭載数となった。それまでの海防艦が高角砲を持っていないという致命的な欠点が本級より改善されている。その他、25mm連装機銃2基、掃海具等は択捉型と同じである。

 船体もそれまで北方で運用するために必要であった耐氷、耐寒機能も排除され、上甲板の上部構造の全通も廃している等、簡略化された構造になっている。全長は120個の爆雷を搭載するために1m延長延長され、建造には電気溶接も多用された。しかし燃料搭載量は択捉型200トンに対して120トンに減少されてしまった。これにより航続距離が択捉型が16ノットで8,000海里であるのに対して同ノットで5,000海里と3,000海里減少しているが戦時設計の海防艦としては十分な航続距離であると言って良い。

 これらの設計変更の結果、御蔵型は基準排水量は70トン増加して940トンとなり、航続距離こそは減少したものの、主砲は対空射撃可能となり爆雷搭載量は3倍以上となった。船体部の工事工数は占守型よりも40%、択捉型よりも20%減少しており、実際の建造期間も占守型の平均建造期間が271.8日となり、占守型の587.5日、択捉型の326.9日に比べると占守型の46%、択捉型の83%の工期で完成している。一応、択捉型の約8割で完成しているものの量産性はまだ高いとは言えず、さらに設計を簡略化した改乙型海防艦日振、鵜来型へと繋がっていく。

 

 

戦歴

04_屋代倉橋
(画像は wikipediaより転載)

 

 1943年10月30日に竣工した御蔵は、それまでの択捉型と同様に翌月には海上護衛総司令部に所属、船団護衛に活躍するが、1945年3月28日戦闘中に亡失、5月25日除籍となった。2番艦三宅は太平洋戦争を生き抜き、戦後復員船として活躍、役目を終え1948年7月2日に解体された。3番艦淡路は1944年1月25日に竣工、船団護衛に活躍するも同年6月2日、米潜ギターロの雷撃により沈没してしまう。僅か4ヶ月強の活躍であった。4番艦能美も1944年2月28日に竣工、船団護衛に活躍するが1945年4月14日米潜ティランテの雷撃により沈没した。1番艦御蔵と同日の5月25日に除籍される。

 5番艦倉橋は、2月19日竣工。船団護衛に活躍し終戦を迎える。戦後は6番艦屋代と共に掃海任務に就いた後、1947年9月賠償艦として英国へ引き渡されるが、当時の英国は同様の護衛艦が余っていたため1948年1月に解体された。6番艦屋代も船団護衛に活躍した後に終戦を迎える。前述の掃海任務に就いたのち1947年8月賠償艦として中華民国に引き渡される。艦名雪峰として活躍、1950年正安に改名、1963年に除籍解体された。

 7番艦千振は1944年4月3日竣工、レイテ沖海戦では燃料補給部隊を護衛、11月7日、マニラ湾にて僚艦と共に米潜グロウラーを撃沈するが、翌年1月12日、米雷撃機の空爆により撃沈。3月10日除籍となる。8番艦草垣は1944年5月31日に竣工するも8月7日、3番艦淡路を撃沈した米潜ギターロの雷撃により沈没、10月10日除籍となる。約2ヶ月の短い活躍であった。

 

まとめ

 

 御蔵型海防艦は択捉型海防艦の建造中に設計が完成し、間に合った艦から御蔵型に変更されていった。船体は簡略化したが、装備は択捉型を大きく上回っていた。合計で8隻が竣工したが、内5隻が戦火の中で失われ、終戦時に残存していたのは僅か3隻のみであった。船団護衛に東奔西走した海防艦、その戦いの激しさはこの数字からも明らかである。

 

関連リンク

前級択捉型海防艦

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_択捉
(画像は wikipediaより転載)

 

要約

 

 択捉型海防艦は太平洋戦争開戦前に計画、開戦後に建造された海防艦で基本設計は占守型海防艦と同じであり、違いは船首と舵の形状、爆雷搭載数が増えたこと等である。短期間の工期で建造するための設計の簡略化は不十分であったが、それでも占守型の56%の工期で建造、戦中に14隻が竣工、南方での船団護衛に活躍したが、8隻が戦没している。戦後生き残った数隻は中華民国や人民解放軍に編入されて戦後も活躍した。

 

択捉型海防艦

 

02_佐渡
(画像は wikipediaより転載)

 

海防艦とは

 海防艦とは1898年に制定された艦種類別である。これは主に旧式化した戦艦や巡洋艦に対して与えられた名称で、英語の「coast defense ship」を邦訳したもので沿岸防衛艦というような意味であった。このため海防艦とは新規に建造されるものではなく、第一線を退いた旧式艦艇が類別変更されるものであった。しかし軍縮条約の結果、駆逐艦の保有数にも制限がかかるようになると、日本海軍は、条約の制限外であった2000トン以下の艦艇の増強を開始する。その結果生まれたのが900トンクラスの警備用艦艇であり、日本海軍はこれもまた海防艦と呼称することにしたのであった。

 

 

 

船団護衛用海防艦

 1941年、日米開戦の可能性が濃厚になる中で日本海軍は戦時体制に徐々に移行している。この中で計画されたのがマル急計画と呼ばれる戦時建造計画であった。この計画には、米英国と戦争が開始された場合に必須となる南方地帯からの物資輸送を護衛するための護衛用海防艦30隻の建造が含まれていた。これが択捉型海防艦であった。主に南方での運用を前提にしていた海防艦であり、戦時大量生産を考慮すべきであったのだが、時間の制約上、新規に設計することはなく、占守型海防艦の設計をほぼそのまま受け継いだものであった。このため公式には択捉型海防艦は占守型海防艦として分類されている。

 

択捉型海防艦の性能

 占守型との違いは、舵を半平衡舵から平衡舵に変更して大型化していることや艦首を直線に近い形状にして簡略化等である。その他も出来るだけ簡略化を図り、生産性を向上させている。武装は占守型と大きく変わらず、主砲は旧式駆逐艦の物を再利用した三年式45口径12センチ単装平射砲3門で、この砲は旧式な上、仰角が+33°と対空射撃には向かない砲であった。対空用の武装としては25mm連装機銃2基、さらに対潜用に九四式爆雷投射機1基を装備していた。爆雷数のみは占守型の18個に対して倍の36個を搭載している。タービンは占守型と同じ22号10型ディーゼル機関2基2軸で最大速度19.7ノット、航続距離も16ノットで8,000海里と占守型と同等の性能を持っている。燃料搭載量は占守型よりも20トン少ない200トンである。レーダーやソナーは装備に間に合った艦は新造時から搭載している。

 戦時を意識して計画された艦ではあったが、元になった占守型は軍縮条約によって保有量において不利となった日本海軍が個艦の性能を米英に比して高性能とすることで量の不利を補おうとする個艦優越主義の下に設計された艦なので個艦としての能力は高いものの、大量生産には向かない設計であった。このため建造計画30隻の内、16隻は、のちに乙型、改乙型の設計が完了するとそれぞれの型に設計が変更されていき、結局、択捉型として完成したのは14隻のみであった。

 

 

建造

03_満珠
(画像は wikipediaより転載)

 

 この択捉型14隻の内、起工したのは2番艦松輪が最初で1942年2月20日に起工、続けて3、4番艦が2月中に、1番艦も翌3月には起工した。1943年3月23日に2番艦松輪が最初に竣工したのを皮切りに13隻が1943年中に竣工している。一番最後の択捉型は14番艦笠戸で、1943年8月10日起工、1944年2月27日に竣工している。全14隻の平均工期は326.9日で最短が14番艦笠戸の201日、最長が1番艦択捉の418日である。戦時急造と呼べるレベルの工期ではないが、それでも占守型の平均工期587.5日に比べれば択捉型は占守型の約55.6%の工期で完成している。無論、占守型が平時の建造で択捉型が戦時中の建造であることもあるので一概に比較はできないがそれなりの数字といえる。

 

戦中、戦後の活躍

 起工から約1年の1943年3月に2番艦松輪が竣工、同月中にさらに2隻、5月に2隻、6月に1隻、7月に2隻と順次竣工していった。1944年2月に竣工した14番艦笠戸まで合計14隻の択捉型海防艦は占守型が主に北方警備に使用されたのに対して南方の船団護衛に使用された。そのため損害も多く、終戦までに全14隻中8隻が戦没、1隻大破、1隻は修理中で終戦時に稼働状態にあったのはわずか4隻のみであった。

 択捉型海防艦で終戦を迎えたのは合計6隻で、4隻が稼働状態、1隻が大破状態。1隻が香港で修理中であった。大湊で大破状態であった14番艦笠戸はそのまま修理されることなく1948年に解体。稼働状態にあった4隻は戦後復員船として多くの日本人を内地に帰した後、戦時賠償艦として連合国に引き渡された。この4隻の内、1番艦択捉、10番艦福江はそれぞれ米国と英国に引き渡されたものの、これらの国では使用されることもなくどちらも1947年中に解体されている。残り2隻は中華民国に引き渡され、4番艦隠岐が「固安」、7番艦対馬が「臨安」として中華民国海軍に編入された。さらに終戦時修理中であった12番艦満珠も中華民国が海防巡艦七号として押収された。

 中華民国に押収された択捉型海防艦の内、臨安(対馬)は、中華民国海軍の艦艇として人民解放軍相手に活躍したのち退役、1963年に解体された。固安(隠岐)は1949年2月に人民解放軍に鹵獲され、機雷敷設艦「長白」として南海艦隊に編入、1982年に除籍された。海防巡艦七号(満珠)は1949年に人民解放軍に鹵獲され、1954年に「南寧」として南海艦隊に編入、1979年に退役した。

 

まとめ

 

 択捉型海防艦は、占守型と異なり主に南方での船団護衛に使用された。このためほぼ同型艦でありながら主に北方警備に使用された占守型が太平洋戦争終戦までに4隻中、1隻が撃沈されたのみであったが、択捉型は14隻中8隻を失い、稼働状態にあるのはわずか4隻という満身創痍の状態であった。対潜護衛を第一目的に設計された択捉型は、戦没艦8隻中6隻が潜水艦による雷撃での戦没であったことは皮肉であった。日本と米国の国力、技術力の差が如実に表れてしまった結果であったといえる。

 

関連リンク

前級占守型海防艦

 

-->

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_占守
(画像は占守 wikipediaより転載)

 

要約

 

 占守型海防艦とは日本海軍が主に北方での漁船の警備、救難のために建造した排水量860トンの小型艦艇である。北方での活動を想定していたため、船体は耐氷構造で、解氷装置、暖房等が充実していた。速度は19ノットと遅いもののディーゼル機関の採用により航続距離は長く燃費の良い艦であった。高性能であったが、武装は旧式駆逐艦から転用した12センチ平射砲、爆雷数も少なく、何よりも造船工数が多く、量産には不向きな艦であった。4隻中3隻が終戦を迎え、1隻が賠償艦としてソビエトに引き渡された。

 

占守型海防艦

 

02_国後
(画像は国後 wikipediaより転載)

 

海防艦とは

 海防艦とは1898年に制定された艦種類別である。これは主に旧式化した戦艦や巡洋艦に対して与えられた名称で、英語の「coast defense ship」を邦訳したもので沿岸防衛艦というような意味であった。このため海防艦とは新規に建造されるものではなく、第一線を退いた旧式艦艇が類別変更されるものであった。

 この流れが変わったのが1930年のロンドン海軍軍縮条約の締結であった。この条約は列強各国の補助艦艇の建造を制限するためのもので、この条約の結果、それまでのワシントン海軍軍縮条約では対象外であった空母、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦に至るまで軍縮の対象となった。しかしこの条約では排水量2000トン以下、速力20ノット以下、備砲6.1インチ砲4門以下の艦は対象外とされた。つまりは無限に建造することが可能なのだ。

 

 

北方警備用艦艇

 では、この無制限の枠をどう使うのか。日本海軍が考えたのは、北方警備用艦艇の建造であった。当時の日本の国土は北は南樺太、占守島を北端とする千島列島が含まれており、この海域の豊富な漁業資源を求めて多くの日本漁船が操業していた。この日本漁船の警備や事故時の救助等をするために速度は遅くとも航続距離が長く耐氷性に優れた艦艇が必要とされていたが、日本海軍には適当な艦が存在しなかった。このため海軍は駆逐艦を派遣して代用としていたのだ。

 しかし駆逐艦とは本来艦隊戦闘を行うための艦種であり、速度は速く小回りが利くように設計されている。武装も魚雷を装備する等重武装であるが、こと漁船の警備、救助等にはオーバースペックであり、むしろ高速、重武装故の燃費の悪さや北方の極寒海域で活動するための専用装備を持っていない点がマイナスポイントであった。

 北方警備用の専用艦艇を開発することは上記の点からメリットがあったのは言うまでもないが、ロンドン海軍軍縮条約によって保有数が制限された駆逐艦を北方警備から本来の任務に戻すということも重要な目的であった。このため海軍はロンドン海軍軍縮条約が締結された翌年の1931年から北方警備用艦の建造を計画するが、予算不足のため実現するには至らなかった。

 

新型海防艦完成

03_八丈
(画像は八丈 wikipediaより転載)

 

 初めて建造計画が承認されたのが、1937年の第三次補充計画でこれにより警備用小型艦艇の建造が決定した。この小型艦艇は海防艦に類別され翌年の1938年に建造開始、のちに占守型海防艦と命名された。排水量は860トンであるが、計画の排水量は1200トンとされた。これは同計画で計画されていた戦艦大和を秘匿するためのもので大和の排水量65000トンを同計画で建造される様々な艦艇に割り振ったためである。

 前述のように北方警備を主目的に設計された艦であるため舷側は高く、船体は耐氷構造となっている。暖房設備は充実しており、艦内は露天甲板に出ることなく移動することが可能であった。当時の日本の艦艇の建造方針である個艦優越主義の下に設計された艦であるため艦自体のスペックは高かったが、大量生産向きではなく、造船工数は9万と後の丙型海防艦の4倍近い工数を必要とした。

 機関は燃費の良い22号10型ディーゼル機関を採用、2基2軸で出力4,050馬力、速力19.7ノットと駆逐艦の70%程度の速力しかないものの、航続距離は16ノットで8,000海里と同じ7弉茲之造された陽炎型駆逐艦の18ノットで5,000海里よりも遥かに長大なものであった。搭載している燃料が占守型220トンに対して陽炎型622トンであることからも占守型の燃費の良さが良く分かる。因みにこの22号10型ディーゼル機関は飛行艇母艦秋津洲、潜水空母伊号13型等に採用されている。

 武装は主砲に三年式45口径12センチ単装平射砲3基を装備したが、これは予算の都合上、旧式駆逐艦の「おさがり」であった。大正3年に開発されたこの砲は手動式で射程距離15,000mであるが、仰角が+33°であり、航空機に対しては無力であった。占守型はのちにソナーやレーダーも追加で装備されていくが、この主砲が換装されることはなかった。北方警備が主目的ではあったが、掃海や艦船の護衛等も任務としているため、25mm連装機銃2基、九四式爆雷投射機1基、爆雷18個、掃海具を装備している。

 そしてこの占守型海防艦に対しては軍艦籍が与えられた。この「軍艦」とは日本海軍の軍制上の用語であり、一般に言う軍艦とは異なる。簡単に説明すると、日本海軍の艦艇には軍艦とそれ以外の艦艇があり、軍艦の方がランクは上であった。このため軍艦の艦首には菊の御紋と呼ばれる金色の菊のエンブレムが取り付けられた。軍艦籍を与えられている艦種は、主に戦艦、空母、巡洋艦等の大型艦艇であり、駆逐艦、潜水艦等には与えられていなかった。

 900トンに満たない占守型海防艦に対して軍艦籍を与えられた理由は、海防艦の主目的が北方海域で活動する日本漁船の警護や救難が任務であったからだ。これらの任務の遂行上、ソビエト連邦の艦船等とやり取りする必要性があることが想定されたため、通常の艦艇よりも上のランクの軍艦籍が与えられたのだった。

 

占守型海防艦の活躍

04_石垣
(画像は石垣 wikipediaより転載)

 

 同型艦は占守、国後、八丈、石垣の4隻で、1番艦占守が1938年11月に起工、続いて国後が1939年3月、八丈、石垣が同8月に起工している。2年弱の建造期間を経て1940年6月30日に占守が竣工、続いて国後が同年10月3日、4番艦石垣が1941年2月15日、遅れて3番艦八丈が同年3月31日に竣工している。

 1940年、6月30日、最初に竣工した1番艦占守は、舞鶴鎮守府に本籍を置き(つまり舞鶴が占守の母港)、第二遣支艦隊、南遣艦隊に配属され、主に南シナ海方面で作戦に当たった。1940年から1941年初頭に次々と竣工した占守型も全て本籍は舞鶴で、2番艦国後、4番艦石垣は竣工後すぐに大湊要港部部隊に編入、3番艦八丈は占守と共に第二遣支艦隊、南遣艦隊と異動したのち、1941年10月には国後、石垣と共に大湊要港部部隊に編入された。ここで占守以外の3艦は本来の目的である北方警備の任に就いた。

 太平洋戦争が始まると2番艦以降は引き続き北方警備の任に就き、1番艦占守のみは南方作戦に活躍した。1942年7月1日には、類別等級が改正、海防艦が軍艦籍から除籍され、ただの海防艦となった。1944年7月10日、4番艦石垣が米潜水艦により撃沈され北方警備の占守型は2隻のみとなったが、1945年1月には占守が大湊警備府に配属、再び姉妹艦3隻が北方の警備、救難等に活躍、終戦を迎えた。

 戦後は空襲で被弾した八丈はそのまま舞鶴で放置、1番艦占守、2番艦国後の2隻は復員船として復員業務に当たったが、国後は静岡県御前崎付近で座礁、そのまま放棄された。八丈は1948年に解体されたが、無事に生き残った占守は戦後に賠償艦としてソビエトに引き渡され、ソビエト太平洋艦隊に編入された。1953年には通報艦、1957年には工作艦に類別変更され運用されたのち1959年5月に退役、解体された。

 

まとめ

 

 戦前の個艦優越主義の下に設計された艦であったため大量生産には向かず、造船工数も丙型海防艦の24000に対して90000と圧倒的に多かった。そして主砲も平射砲で対空射撃は出来ず、爆雷も18個と貧弱であった。しかしこれらの装備は、平時の漁船警護、救難活動等を主な目的として想定していたためであり、個艦としては高性能な艦艇であった。幸運にも戦前に竣工した艦でありながら終戦時には4隻中3隻が残存していたという幸運な型でもあった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_奄美
(画像はwikipediaより転載)

 

はじめに

 

 海防艦とは沿岸防衛用の旧式艦の総称であったが、のちには護衛任務を主任務とする800〜900トンクラスの小型艦艇の名称へと代わっていく。初の新造海防艦は占守型でこれは北方警備を想定したものであった。その後、太平洋戦争が近づくにつれ構造が簡略化され、大量生産されていく。全型合計で178隻が建造され、戦時中は船団の護衛等に活躍、一部は戦後、海上保安庁の巡視船として活躍している。最後の海防艦が現役を退いたのは1966年で戦時の簡略化した設計であったとはいえ、20年以上も現役でいられるほど完成度の高い艦であった。

 

日本海軍の海防艦

 

巡洋艦出雲
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本海軍の海防艦とは、本来、沿岸防衛用に使用される軍艦の総称で、英語のCoast Defence shipの邦訳であった。艦種自体は明治時代から存在しており、旧式化した戦艦や巡洋艦、さらには砲艦等の小型艦艇や鹵獲した艦艇等もまとめて「海防艦」と称されていた。つまりは第一線の任務には使用できないものの後方の沿岸防衛用やその他の補助任務には使用可能な艦艇で日本海海戦で旗艦を務めた戦艦三笠や朝日、敷島、富士等の日露戦争時の主力戦艦、出雲や磐手等の巡洋艦も第一線引退後は海防艦として類別登録されていた時期もあった。

 

 

新造海防艦

 

 海防艦とは二線級の旧式艦が指定されるものであったため、当然新型艦等が建造されるはずもなかったが、1930年代に入ると事態は一変する。それはロンドン海軍軍縮条約の締結であった。ロンドン海軍軍縮条約とは、第一次世界大戦以降、列強各国の軍事費が財政を圧迫していることから締結された軍縮条約で、1922年のワシントン海軍軍縮条約が主力艦の保有量を制限したのに対して、1930年のロンドン海軍軍縮条約は当時は補助艦扱いであった空母、巡洋艦やそれ以下の小型艦艇の保有量を制限した条約であった。

 この条約により駆逐艦、潜水艦までが制限の対象になったものの、2000トン以下の小型艦艇は対象外とされた。つまりは2000トン以下であればいくらでも建造できるということになり、駆逐艦の保有量まで規制された各国の海軍にとってはいわゆる「抜け道」で、特に規制された駆逐艦の代用艦として2000トン以下の艦艇の建造に各国は注目することとなった。因みにこの対象外とされる基準はトン数以外にも速度が20ノット以内、砲は6.1インチ砲4門以内である。つまりは排水量2000トンで最高速度20ノット、6.1インチ砲4門搭載の艦艇は条約の制限を受けないということである。

 

占守型海防艦

 

02_占守
(画像は占守 wikipediaより転載)

 

 この条約の締結を受けて日本海軍は早速上記の制限内での艦艇の建造を計画した。特に必要性が高かったのが北方警備用の艦艇でそれまで駆逐艦で「代用」していたものの、高出力、軽構造の駆逐艦は北方の波浪や氷結には弱く、専用艦の開発が求められていた。このため早速、新型艦の建造が計画されたものの、不況の折でもあり、中々予算が通らなかった。結局、1937年度になってやっと新型艦の建造費が承認された。

 この時建造された新型艦が日本海軍史上初めて新造された「海防艦」占守型であった。当時の日本の最北端の島名を与えられた占守型は、まさに北方での漁船の遭難、救出、警備や居留民の保護を主任務と想定して開発された艦艇で排水量はわずか860トンという小型艦であった。しかし防寒装備や氷結防止装置、耐流氷構造を備え、任務上、長期間の行動が可能なように設計されていた。さらには南方での任務も可能にするため通風能力も強力なものであった。この新型海防艦に関しては公表される際、それまでの海防艦の常識とあまりにも排水量が違うために担当者が、本級の排水量860トンを8600トンと書き換えてしまい、それがそのままそれが発表されてしまったというエピソードもあったようだ。

 このように様々な機能を装備された占守型は当時の日本海軍の主流を占めていた思想で、高性能の艦艇を少数建造するという個艦優越主義の影響もあり、精密で複雑な設計となってしまった。このため次級以降は段々と簡略化されていくこととなる。占守型はネームシップ占守が1938年に起工、1940年6月30日に竣工、さらに2番艦国後、3番艦八丈、4番艦石垣も1941年4月までに竣工した。これら占守型は1番艦占守のみ開戦後も南方で任務に就いたが、他の3艦は本来の目的通り、主に北方で活動している。この占守型4隻の内、1隻が米潜水艦の雷撃により撃沈されたものの、他3隻は終戦まで生き残り、1番艦占守は戦時賠償艦としてソビエト連邦に引き渡し、他の二艦は戦後解体された。

 占守型は建造当初は軍艦として艦首に菊の御紋を持ち、艦長は中佐・大佐が充てられていたが、1942年7月の艦艇類別等級の改正により、海防艦は、軍艦籍から排除され、新たに一艦種として海防艦が規定されたため、海防艦の艦首の菊の御紋は外されることとなった。

 

 

択捉型、御蔵型海防艦

 

03_択捉
(画像は択捉 wikipediaより転載)

 

 太平洋戦争開戦が意識され出した1941年4月、日本海軍は戦時建造計画を策定する。この計画には新たに海防艦択捉型30隻の建造が計画されていた。この択捉型の設計は一部簡略化されているものの基本設計は占守型を踏襲していたため占守型の精密で複雑な設計はほとんど変更されることはなかった。占守型との主な相違点は爆雷搭載数が18個から36個に増加されたこと、旋回性能を向上させるために舵を大型化したこと、艦首の構造を簡略化したことである。

 この択捉型が建造されているさ中、海軍は新たに海防艦の対空兵装と爆雷搭載数の増加、誘爆防止装置を装備した乙型海防艦の開発が決定される。このため択捉型30隻中、変更が間に合った11番艦御蔵から合計8隻が乙型海防艦に変更、海防艦御蔵型となった。そして合計で択捉型14隻、御蔵型8隻が竣工した。これら海防艦は当初は乙型と分類されていたが、のちに丙型、丁型海防艦が建造されると甲型海防艦に分類変更される。

 

 

日振型、鵜来型海防艦

 

05_昭南
(画像は能美 wikipediaより転載)

 

 乙型海防艦が建造されている中、さらに戦時型として大幅に構造を簡略化した改乙型の設計が完了した。このため乙型海防艦の内、残り8隻は戦時型の設計が反映された改乙型として建造されたが、この内3隻は日振型、5隻は鵜来型と呼ばれている。これらは、兵装の違いによって日振型と鵜来型に分かれる。日振型は爆雷投射機こそは旧来の九四式爆雷投射機であるが掃海具を備えている型で、これに対して鵜来型は最新の三式爆雷投射機を装備しているが、掃海具を装備しておらず、重爆雷投射兵装艦といえる。端的に書けば日振型は掃海能力、鵜来型は重爆雷能力を持つことが特徴である。

 開戦前の建造計画で日振型3隻、鵜来型5隻が完成、さらにその後の二度の建造計画で新たに日振型6隻、鵜来型15隻が追加された。これらを合わせると建造された改乙型海防艦は日振型9隻、鵜来型20隻である。そしてこの改乙型海防艦も択捉型、御蔵型同様、丙型、丁型海防艦の建造により甲型海防艦に分類変更された。

 この改乙型は、大量生産を意識して設計されたため、船体はの大部分を平面をして艤装も簡略化された。このため造船工数は大幅に減少、占守型の僅か35%の工数で建造できるようになったが、同時に建造時点で開発されていた新兵器(レーダー、ソナー等)は全て採用、戦後も1960年代まで海上保安庁の巡視船として使用されていることからしても、一概に「安かろう悪かろう」の艦とは言えない。

 

 

丙型、丁型海防艦

 

07_第17号
(画像は第17号 wikipediaより転載)

 

 ブロック工法の採用や設計の簡略化により造船工数は3万強と占守型の35%程度にまで削減された大量生産型の改乙型であったが、戦局は厳しくさらなる大量生産が求められた。このためさらに徹底した簡略化が図られたのが丙型、丁型海防艦である。丙型、丁型海防艦の設計にあたっては、それまでの海防艦、戦時標準船の設計で培ったノウハウを全て採用、さらに作り易くするため船体を鵜来型の940トンから800トンと小型化、最高速度も16ノット程度と割り切って設計された。

 数百隻単位の大量生産が計画されたが、ディーゼル機関が必要数を満たせないため、蒸気タービン機関の艦も建造された。ディーゼル機関装備の艦を丙型(第一号型海防艦)、蒸気タービン機関装備の艦は丁型(第二号海防艦)と呼ばれる。一切の無駄を省いたため居住性は最悪、最高速度も丙型が16.5ノット、丁型が17.5ノットと低速で、丁型に至っては海軍初の単軸推進となった。しかし兵装は12センチ高角砲2門と三式爆雷投射機に爆雷120個とそれなりに強力なものであった。

 この結果、造船工数は2万4000と改乙型よりもさらに削減、4ヶ月で建造することを目標としたが、3ヶ月で完成した艦も多い。最短は75日である。総生産数は丙型が56隻、丁型が67隻であるが、損害も多く、丙型は26隻、丁型は25隻が撃沈されている。

 

 

おわりに

 

 最初に新造された海防艦は占守型でその設計を踏襲した択捉型、さらに御蔵型と続く。その後、大量生産向けに設計された日振型、鵜来型が続き、さらに簡略化された丙型、丁型と続く。総生産数は占守型4隻、択捉型14隻、御蔵型8隻、日振型9隻、鵜来型20隻、丙型56隻、丁型67隻である。この内、終戦まで生き残ったのは占守型3隻、択捉型5隻、御蔵型3隻、日振型4隻、鵜来型17隻、丙型30隻、丁型42隻である。終戦時残存艦の多くは戦時賠償として戦勝国に譲渡されたが、日振型、鵜来型の内数隻は戦後、海上保安庁の巡視船として活躍している。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_工作艦明石
(画像はwikipediaより転載)

 

 工作艦明石は日本海軍で初めて工作艦として建造された艦であった。能力は非常に高く、当時は国内にすらなかった貴重なドイツ製工作機械を多数装備していた。太平洋戦争中は主に海軍の拠点であったトラック島において活躍。数えきれないほどの艦艇を修理した。1944年パラオにて大破着底、1954年解体された。

 

工作艦とは

 

 軍艦の構造が複雑化、鋼鉄化していくにつれて整備、修理に高度な工作機械、技術が必要になっていった。このような技術は造船所や工廠にあるため軍艦は定期整備にまたは戦闘で損傷した場合にはこれらの施設に入渠することが必要となっていった。

 しかし技術の進歩により作戦海域が広がっていくと整備や損傷のために整備修理能力を持った施設に戻るための時間的損失が問題となっていった。このため世界の海軍は艦艇に工作能力を持たせ、移動工廠とすることを考え始めた。その結果開発されたのが工作艦である。

 

工作艦 明石 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 9000トン
 最大排水量 11036トン
 全長 158.5m
 全幅 20.564m
 吃水 6.29m
 機関出力 10065馬力
 最大速力 19.24ノット
 航続距離 8000海里/14ノット
 乗員 艦固定員 336名
    工作部  433名
 武装 12.7cm砲連装2基
    25mm連装機銃2基
 搭載艇 11m内火艇2隻
     9m内火艇1隻
     12m内火ランチ3隻
     12m伝馬船1隻
     6m通船1隻
     30t積運貨船1隻
 クレーン 中央部右舷23トン 1台
      前後マスト10トン 2台
      両舷5トン 2台
 同型艦 1隻

 

特徴

 日本海軍では工作艦の必要性は認められていたものの、予算的な問題で戦闘艦を優先して建造されていた。このため工作艦は艦齢の高い旧式艦に工作能力を付与し、工作艦として活動させていた。最初の工作艦は日清戦争で活躍した軍用船品川丸と元山丸で、さらに日露戦争では三池丸、関東等があった。数こそはあるものの日本海軍の工作艦の非力さはやはり問題となり、ついに新型の工作艦を開発することとなる。

 この工作艦建造は日本初であったため丹念に諸外国の工作艦が調査の対象とされた(特に参考にしたのは米海軍工作艦メデューサ)。調査は1933年頃より始まり、およそ3年後の1936年に基本計画がまとまった。この計画では新型工作艦は平時には海軍工廠の修理業務の代行、戦時には艦そのものが移動工廠として活動することが期待された。

 そしてその新型工作艦は「明石」と命名され、は1937年1月に起工、1939年7月に竣工する。完成した明石は上甲板中央に23トンを1基、10トンを2台、5トンを2台の計5基のデリック、クレーンを装備、搭載艇は本艦用5隻、工作部用7隻の12隻を持つ。

 艦内には17の工場があり、発電能力は戦艦大和に匹敵するものだった。工作機械も当時海軍工廠ですら配備していないドイツ製の工作機械なども含め、艦艇の修理、整備のために必要なあらゆる工作機械が配備されていた。さらに内部には溶鉱炉や溶接設備、木工所まであり部品の製造まで出来たという。このため米軍は明石を最重要攻撃目標に指定していたほどだった。

 

同型艦

明石(起工1937年1月、竣工1939年7月、1944年3月大破着底)

 

工作艦 明石 〜戦歴〜

02_工作艦明石
(画像はwikipediaより転載)

 

 竣工した明石は連合艦隊に所属、日中戦争で艦艇の修理に活躍する。1941年12月6日、明石は南洋委任統治領のパラオに移動、さらにフィリピンのダバオ、スラウェシ島のスターリング湾、モルッカ諸島のアンボン、シンガポール等で艦艇の修理や港湾施設の復旧に活躍した。1942年6月には第2艦隊第11航空戦隊所属でミッドウェー海戦に参加、その後、トラック泊地において同海戦で艦首を失うという大損害を受けた重巡最上に仮艦首を付ける工作を行っている。

 1942年8月11日には母港の呉に帰投するが、一週間後の8月18日には内地を離れ、23日にトラック島に到着した。これ以降明石はトラック泊地に停泊、主にソロモン海での戦闘で損傷した艦艇の修理に活躍する。この間に明石が修理した艦艇の数は数百隻に上る。

 1年以上にわたりトラック泊地に停泊して艦艇の修理を行っていた明石であったが、ソロモン諸島での海戦はすでに米軍が優勢となっており、1944年2月17日には後方基地であったトラック基地にすら米機動部隊の空襲を受けることとなった。明石もこの空襲によって命中弾を受けるが幸いにして不発弾であり損傷は軽微であった。

 1944年2月19〜20日、この空襲を受けて明石他連合艦隊の主力はトラック基地を脱出、さらに後方のパラオ基地に後退した。しかし3月30日、米海軍第58任務部隊はパラオを空襲。危険を察知した連合艦隊司令部は戦闘艦を優先して脱出させていたため、主力艦はすでに退避していたが取り残された明石やその他補助艦艇は空襲を受け、次々に攻撃されていった。ついに明石にも爆弾が命中。その後も次々に爆弾が命中した。消火活動の甲斐もなく明石は大破着底した。1944年5月除籍。

 明石の撃沈により連合艦隊は外地での艦艇修理の拠点を失ったため、新たに特設測量艦白沙を工作艦に変更、明石の代艦としたものの、工作艦として当初から設計された明石に工作能力は遠く及ばず、損傷艦の多くは内地または工廠のある港へ長時間かけて帰投する羽目になってしまった。これにより日本海軍が受けた損失は計り知れないものの、すでに戦争も日本は劣勢となっており、明石が活躍したとしても大勢を覆すことは出来なかった。

 パラオの空襲で大破着底した明石は1944年5月に除籍、大破よりちょうど10年後の1954年に解体された。明石は目覚ましい武勲こそはなかったが、戦闘により損傷した艦艇を後方拠点において修理し続けた。これにより日本海軍の戦闘力がどれほど高められたのかは想像に難くない。工作艦明石は、日本海軍の艦艇で唯一戦略に影響を与えた艦と言えなくもない。

 

工作艦 明石(模型)

 

青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ No.566 日本海軍 工作艦 明石

 明石の模型では定番中の定番。模型業界の老舗アオシマの明石。価格も比較的安価で作り易い。私も製作したが作り易く、エッチングパーツを使用しなくても完成度は高い。

 

青島文化教材社 艦これプラモデルシリーズ No.35 艦娘 工作艦 明石

 上記明石と同じくアオシマ製の明石。こちらは艦娘バージョン。金型も新規製作という。通常版よりは若干高くなるが、より高い完成度を求める方はこちら。

 

青島文化教材社 1/700 ウォーターラインディテールアップパーツシリーズ 日本海軍 工作艦 明石専用エッチングセット

 アオシマ製明石用のエッチングパーツセット。明石はクレーンが目立つのでエッチングパーツを使用すると外観が大きく変わる。

 

ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 日本海軍 工作艦 明石 エッチングパーツ付き

 模型店発祥のピットロード製明石。こちらはエッチングパーツ付属のもの。上級者向け。

 

関連リンク

工作艦メデューサ

 

敷島級戦艦

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

戦艦シャルンホルスト01
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦シャルンホルスト級はポケット戦艦ドイッチュラント級の4番艦、5番艦として計画されたが大型艦に計画を変更されて完成した艦である。第二次世界大戦時にはドイツ海軍の主力として活躍、英空母撃沈の戦果もあげた殊勲艦である。

 

戦艦 シャルンホルスト級 〜概要〜

 

 

性能

 通常排水量 31850トン
 最大排水量 35540トン
 全長 229.8m
 全幅 30m
 吃水 9.91m
 機関出力 16万馬力
 最大速力 31ノット
 航続距離 10000海里/17ノット
 乗員 1669名
 武装 54.5口径28cm砲3連装3基
    15cm砲2連装6基
    10.5cm高角砲2連装7基
    37mm高角機関砲2連装8基
    20mm高角機関砲単装10基
    水偵4機
 装甲 舷側35cm
    甲板10.5cm
    主砲36cm
 同型艦 2隻

 

特徴

 シャルンホルスト級は当初はドイッチュラント級の4番艦、5番艦として建造される予定であったが、フランスがダンケルク級を起工したためより大型の戦艦として設計変更が行われた。主砲はドイッチュラント級と同様の28cm砲であったが、54.5口径の新型に変更された上に前部に3連装2基、後部に同1基を設置しており、さらには38cm連装砲への改修も計画されていた。さらにこの時代の戦艦にしては珍しく53.3cm水上魚雷発射管も装備している。

 主機もディーゼルから超高圧タービンに変更、31ノットの高速を発揮した。当初、シャルンホルスト級の艦首は旧来の垂直に近い形のものであったため、高速航行により波しぶきが艦橋にまで到達してしまい、漏水等の被害が発生したため艦首の形状をアトランティック・バウに改修されたが、凌波性の問題は根本的に解決することはなく、シャルンホルスト級の慢性的な欠点となった。装甲は、計画が度々変更されたためか意外に弱く舷側の大部分は4.5cmの装甲厚しかなかった。

 

建造

 1番艦シャルンホルストは1935年6月に起工、2番艦グナイゼナウは1935年5月に起工した。就役は、1番艦シャルンホルストが1939年1月、2番艦グナイゼナウが1938年5月である。

 

戦歴

 

戦艦シャルンホルスト
(画像はwikipediaより転載)

 

 1930年6月30日に起工されいているが一時建造中止となり、1935年6月15日に建造再開している。1939年1月に竣工したが、公試時に艦首が波をかぶるという不具合が発生、このため6月には艦首形状を変更したが、今度は錨鎖口から波が甲板に吹き上げたので、前部砲塔は浸水により電気系統が故障することがしばしばであった。

 1939年11月、改修作業の終了したシャルンホルストは同型艦のグナイゼナウ、軽巡洋艦ケルン、駆逐艦9隻と共にアイスランドとフェロー諸島のパトロールに出撃した。この出撃の目的は南大西洋で活躍していたポケット戦艦シュペー号を攻撃するための連合軍の戦力を分散することが目的であった。同月、イギリス仮装巡洋艦を捕捉、戦闘状態に入り同艦を撃沈し帰投した。1940年2月、ノルトマルク作戦に参加。4月にはノルウェー侵攻作戦、ヴェーゼル演習作戦の支援部隊として活躍した。

 4月8日には英戦艦レナウンと交戦、グナイゼナウは2発の命中弾を受けた。このためシャルンホルスト、グナイゼナウ共に要修理となりドッグ入りする。6月4日には修理を終え出撃、6月8日には2隻の駆逐艦に護衛されている英空母グローリアスと交戦状態に入った。この戦闘で戦艦シャルンホルストは24200mでグローリアスに砲弾を命中させるという海戦史上最長の砲撃命中記録を出す。グローリアスは撃沈したもののシャルンホルストも護衛駆逐艦の雷撃により被弾、大損害を受ける。その後も航空攻撃を受けつつも辛うじてキール軍港に入港し修理を受けた。

 1941年1月22日、大西洋での通商破壊作戦であるベルリン作戦に参加、合計49,000トンを撃沈するという戦果を挙げた。3月にはフランスのブレスト軍港に入港ここで修理を受ける。4月には、数度の航空攻撃を受け、戦艦グナイゼナウは大損害を受ける。7月には損害の無かったシャルンホルストは修理後の試験と訓練のためラ・パリスに移動するが、ここで英空軍による攻撃で損害を受けたのち、再びブレストに移動する。一方、グナイゼナウは修理と共に改装を受けている。

 1942年1月、修理の済んだシャルンホルストと修理及び改装が終了したグナイゼナウはケルベロス作戦により英仏海峡を強行突破、2月13日にはヴェルヘルムハーフェンに入港、その後キール軍港にて修理を受けたが、グナイゼナウは2月の空襲により大破してしまった。損害の無かったシャルンホルストは1943年3月にノルウェーへ展開、9月には連合軍施設の砲撃を実施、無事に帰還したが、12月、イギリス輸送船団攻撃のため出撃、護衛の英戦艦デューク・オブ・ヨーク以下の英艦隊と交戦、撃沈された。1968名中生存者は僅か36名であった。

 一方大損害を受けたグナイゼナウに対しては大改修が決定、戦艦ビスマルクと同口径の主砲の搭載も計画されていたが、1943年1月のヒトラーの大型艦廃棄命令により廃艦が決定。砲塔は陸揚げされ要塞砲として活用、艦は水上貯蔵庫、防空シェルターとして使用された。1945年3月、ソ連軍の接近によりゴーテンハーフェン湾口に曳航され閉塞船として沈められた。1951年9月、サルベージ会社により浮揚後、スクラップとして解体された。

 グナイゼナウから陸揚げされた副砲はその後もデンマーク軍の要塞砲として使用され続けた。1984年に予備役編入されたが、以降も毎年訓練で発射され続けた。2000年、最後の射撃ののち博物館となる。

 

まとめ

 

 シャルンホルスト級はドイツ海軍の主力艦として第二次世界大戦を戦い抜いた。シャルンホルストは海戦により撃沈されてしまうが、グナイゼナウはヒトラーの大型艦廃棄命令により自沈、閉塞船となる奇妙な最期を遂げた。確かにこの時期に大型艦の必要性は低下しており合理的な判断だったといえるかもしれない。

 

関連リンク

前級ドイッチュラント級戦艦

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_赤城
(画像はwikipediaより転載)

 

 航空母艦 赤城とは、天城型巡洋戦艦の2番艦であったが、ワシントン条約により空母へ改装された。当初は三段空母であったが、のちに全通式空母に改装、これらの変遷を経たために艦内の構造は複雑、居住性は最悪であった。太平洋戦争では第一航空艦隊旗艦として真珠湾攻撃を始め太平洋、インド洋を転戦、1942年6月にミッドウェー海戦で撃沈された。

 

航空母艦 赤城 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 36.500トン
 全長 260.67m
 全幅 31.32m
 吃水 8.71m
 機関出力 13万3,000馬力
 最大速力 31.2ノット
 航続距離 8,200海里/16ノット
 乗員 1,630名
 武装 20cm単装砲6基
    12cm連装高角砲6基
    25mm連装機銃14基
 搭載機 常用66機、補用25機  同型艦 1隻

 

特徴

02_赤城
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本海軍が計画した八八艦隊の1隻として建造された天城型巡洋戦艦の2番艦であったが、ワシントン条約の締結によって同艦型は廃棄が決定、3番艦、4番艦は廃棄されたものの、1番艦天城、2番艦赤城は空母に改装することによって保有が認められたため空母への改修が行われた。1番艦天城は関東大震災により廃艦となってしまうが、赤城は1927年3月に空母として竣工した。

 当初は上下に飛行甲板、中段に艦橋、重巡並みの20cm連装砲2基を備えた三段空母であったが、構造があまりにも意味不明のため1935年11月から1938年8月まで約3年間かけて全通式空母に改装された。この時に世界の空母でも珍しく艦橋が飛行甲板上左側に設置されている(普通は右側)。

 改装前には2本あった煙突も1本にまとめられ航空機の着艦に影響を与えないように下向きに設置、海面に向けて煙を吐き出す形式となった。このため煙突のある右舷居住区は煙突の排気が流れ込んだ。当初、巡洋戦艦として設計され、三段空母に変更、さらに全通式空母へ変更されるという変遷をたどったため、艦内の構造は複雑であった。

 

同型艦

赤城(起工1920年12月6日、竣工1927年3月25日)

 

航空母艦 赤城 〜戦歴〜

03_赤城
(画像はwikipediaより転載)

 

 全通式空母に改装された赤城は、1939年1月に第一航空戦隊旗艦として日中戦争に出撃、海南島攻略戦に参加している。1941年4月には第一航空艦隊に編入。12月に開戦した太平洋戦争では、第一航空艦隊旗艦として真珠湾攻撃に参加、1942年1月にはラバウル攻撃、ポートダーウィン攻撃、チラチャップ攻撃を行う。4月にはセイロン沖海戦に参加、6月のミッドウェー海戦にも旗艦として参加撃沈された。

 

まとめ

 

 ミッドウェー海戦において赤城が撃沈された時、艦長の青木泰二郎大佐は赤城と運命を共にしようとするが説得されて退艦した。このため帰国すると即日予備役に編入、即座に召集され閑職に回される。青木大佐は太平洋戦争を生き抜き、1962年に他界する。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_青葉
(画像はwikipediaより転載)

 

 重巡洋艦青葉とは青葉型巡洋艦の1番艦である。1927年に就役、太平洋戦争では開戦当初より攻略作戦支援に活躍する。1942年のサボ島沖海戦では米艦隊の砲撃の直撃を受け大破、修理が完了した1943年には進出早々B17の爆撃により大破、修理完了後の1944年には潜水艦の雷撃により大破、1945年には米艦載機の空襲により大破している。毎年大破され続けたが、終戦時には大破着底した状態で残存。1946年に解体された。

 

重巡洋艦 青葉 〜概要〜

 

性能(改装後)

 通常排水量 9,000トン
 全長 185.17m
 全幅 17.56m
 吃水 5.66m
 機関出力 10万2,000馬力
 最大速力 33.43ノット
 航続距離 8,223海里/14ノット
 乗員 657名
 武装 50口径20cm砲連装3基
    45口径12cm砲単装4基
    25mm連装機銃4基
    13mm連装機銃2基
    61cm連装魚雷発射管2基
 装甲 舷側 76mm
    甲板 32-35mm
    主砲 25mm
 同型艦 2隻

 

特徴

 艦名は京都府と福井県の境に位置する青葉山から命名された。前級の古鷹型とほぼ同型であるが、主砲が古鷹型の20cm単装砲6基に対して20cm連装砲3基となっている。1937年には佐世保海軍工廠において近代化改修を行っており、これにより主砲が20.3cm砲となり排水量も増加している。

 

同型艦

1番艦 青葉(起工1924年2月4日、竣工1927年9月20日)
2番艦 衣笠(起工1924年1月23日、竣工1927年9月30日)

 

重巡洋艦 青葉 〜戦歴〜

02_青葉
(画像はwikipediaより転載)

 

青葉就役

 1927年9月20日、日本海軍の青葉型重巡洋艦のネームシップ巡洋艦青葉が就役した。青葉型は一応、前級の古鷹型重巡洋艦を改良したものとなっているが実質はほとんど同型艦である。古鷹型との最大の違いは古鷹型が20cm単装砲6門であったのに対して青葉型は20cm連装砲3基であった点であるが、その後の近代化改修によってどちらも20.3cm連装砲に換装されている。

 そのため基本的には古鷹型と青葉型はほぼ同型艦と言って良い。編成でも古鷹型の古鷹、加古と青葉型の青葉、衣笠の4隻は多くの場合戦隊を編成して一緒に行動していた。青葉がすごいのはその生涯に亘っての損害の受け方が尋常ではないからである。最初の損害は1936年の事故で、夜間航行中の青葉に僚艦の衣笠が船尾に衝突してしまった。要するに「カマを掘られた」訳だが、この時の損傷は軽微だったようである。

 

太平洋戦争開戦

 1941年、太平洋戦争が開戦すると重巡青葉はグアム島攻略、ウェーク島攻略に活躍する。1942年4月にはポートモレスビー攻略作戦に参加した後、一旦、本土に戻り整備を受ける。7月には再びソロモン方面に出撃、8月には第一次ソロモン海戦に参加する。この海戦では青葉は小火災が発生した程度であったが、海戦後に潜水艦によって「ほぼ姉妹艦」の加古が撃沈されてしまう。

 

サボ島沖海戦で大破

 1942年10月には五藤在知少将指揮の下、第六戦隊の旗艦となり、僚艦衣笠、古鷹と共にサボ島沖海戦に参加する。サボ島沖海戦では米艦隊を味方艦隊と誤認、「ワレアオバ」の信号を米艦隊に対して送り続けた。その直後、米艦隊が発射した初弾が青葉艦橋に命中する。

 この攻撃により五藤存知少将を含む79名が戦死する。因みに五藤少将は山内一豊の重臣五藤吉兵衛の子孫である。大河ドラマ『功名が辻』では武田鉄矢氏が演じていた。艦橋以外にも砲弾が命中して青葉は大破する。辛うじて撃沈は免れたが、「ほぼ姉妹艦」の古鷹は撃沈されてしまう。これによって青葉の4姉妹は青葉型のみとなってしまった。

 満身創痍の青葉はトラック泊地に帰投する。トラック泊地には、8月に工作艦明石が進出しているので明石による応急修理を受けたのであろう。10月下旬には内地帰投。呉海軍工廠で本格的な修理と改修を受ける。この青葉が内地で修理中に姉妹艦衣笠が第三次ソロモン海戦で撃沈されている。これによってとうとう青葉の姉妹艦は皆無となった。

 

1943年カビエン進出直後に爆撃で大破

 1943年2月、修理が完了し再びトラック泊地に進出。さらに4月にはカビエンに進出するがそこでB-17の投下した爆弾が青葉に命中。青葉は大破し曳航されてトラック泊地に戻ることになる。そこでまたまた工作艦明石の応急修理を受けたのち、1943年8月呉に到着。12月、修理が完了した青葉はシンガポールに進出し輸送任務に従事、1944年2月からインド洋での通商破壊戦に参加する。

 

1944年潜水艦の攻撃で大破、1945年空襲で大破

 1944年6月には渾作戦に参加するが、ここで潜水艦の雷撃により大破。マニラで応急修理を受けて5ノットの速力で辛うじて呉軍港に帰投する。呉に戻ったが損害があまりにも大きいために修理を諦め放置される。そして1945年7月の呉軍港空襲にて大破着底したまま終戦を迎え、翌年11月解体された。

 

まとめ

 

 青葉の戦歴は、1942年10月、サボ島沖海戦で大破。1943年4月、B-17の爆撃で大破。1944年6月、潜水艦の雷撃で大破。1945年7月、呉軍港空襲で大破と太平洋戦争開戦以来、毎年一回、定例行事のように大破してきた重巡青葉はとうとう太平洋戦争を生き抜いた。これを幸運艦と言っていいのかは微妙である。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

伊400
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本海軍の潜水艦にはいろいろなものが搭載できる。これは前回ブログを書いていて気付いたことである。では日本軍の潜水艦には具体的にどのようなものが搭載された、若しくは搭載予定だったのだろうか。今回は趣向を変えて日本軍の潜水艦搭載兵器を特集してみよう。

 

潜水艦に偵察機を積む

 

02_零式小型水偵
(画像はwikipediaより転載)

 

 まず最初にあげられるのは零式小型水偵。これは潜水艦搭載用に設計された小型水上偵察機である。機体は木と金属で成っており、翼はは羽布であった。開発したのはのちに震電を開発して有名になる九州飛行機で、最高速度246km/h、航続距離882km/h、7.7mm機銃1挺に小型爆弾を搭載することもできる。

 

 ↓詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

 

 この零式小型水偵は世界で唯一アメリカ本土を爆撃した航空機なのだ。この任務を遂行したのは有名な藤田信雄飛曹長。1942年に2回空襲をしている。因みにこの潜水艦伊25はタンカーを撃沈するついでにソビエトの潜水艦も撃沈している。なぜこんなところにソビエトの潜水艦がいたのかはよく分らないけど、この攻撃、ソビエトにバレちゃったようだ。結局、大人の事情で表沙汰にはならなかった。

 

潜水艦に潜水艦を積む

 

03_甲標的
(画像はwikipediaより転載)

 

 潜水艦に潜水艦を積む。。。マトリョーシカ人形のような良く分からない状態だが、日本の潜水艦は甲板上に「潜水艦」を搭載することもあった。潜水艦といってももちろん二人乗りの小型潜水艦でその名は甲標的。太平洋戦争開戦前、仮想敵国が激リッチな米国である日本海軍の悩みの種は、その圧倒的な戦力差であった。何とかその差を埋めようと考案されたのが「漸撃戦術」という戦術であった。

 まさか航空機が海戦の主力となるとは露ほども考えなかった日本海軍では、海戦は戦艦で決着を着けるものと当然のように考えていた。しかし残念ながら非常に貧乏な日本は戦艦の数では米国に太刀打ちできない。おまけにワシントン軍縮条約で戦艦の数も制限されてしまっていた。そうなると戦艦以外の攻撃で相手の戦艦の数を減らそうと当然のように考える。それが「漸撃戦術」なのである。

 中部太平洋から何も知らずにのんきに突き進んでくる米国戦艦部隊に対して、潜水艦、陸上攻撃機、母艦攻撃機、甲標的による攻撃で滅多打ちにして残った艦隊を日本の戦艦部隊が攻撃して大勝利を収める。。。というのが構想である。まあ、当然、米国も同じことをするだろうことは容易に想像できるのであるが、そこはそこ、大和魂や精神力で何とかするつもりだったのだろう。

 ともかく、そのために開発されたのが、小型潜水艦甲標的である。名称が甲標的とヘンテコな名前なのはもちろん外国を騙すために「標的ですよ〜」という意味を込めた名前である。最高速度は23ノット、潜航時は19ノットと意外と速い。武装は魚雷2本を艦首に装備しているのみである。太平洋戦争開戦劈頭の真珠湾攻撃から戦争末期まで使用された。舵がスクリューの前に付いているため旋回性能が悪かったことと、なにぶん潜水しているため潜望鏡以外では外が全く見えないのが欠点であった。

 真珠湾攻撃では潜水艦に搭載された5隻の甲標的が発進、戦艦オクラホマに魚雷を命中させている。潜水艦から発進する場合が多かったが、甲標的母艦、陸上基地からも運用された。地味に戦果を挙げてはいるものの生還率が非常に低いため決死の出撃をすることになる。ともあれ、潜水艦に潜水艦を搭載するというのも日本以外無いんじゃないだろうか。

 

潜水艦に爆撃機を積む

 

04_晴嵐02
(画像はwikipediaより転載)

 

 そして晴嵐。偵察機からさらにグレードアップして、潜水艦に攻撃機を搭載することにした。晴嵐とは太平洋戦争開戦後に開発が開始された超高性能水上攻撃機である。最高速度は474km/hでフロートを投棄すると560km/hと零戦52型並みの高速を発揮することができる。航続距離は2,000kmで終戦までに28機が生産された。超高性能仕様だったため生産コストは零戦50機分にも相当すると言われている。

 

 ↓詳しくはこちらをどうぞ

 

 この晴嵐は伊号400型潜水艦に3機、伊号13型に2機搭載することが可能であった。本来の目的は海戦初期の段階で、パナマ運河を破壊して米大西洋艦隊を足止めすることだった。晴嵐が完成したのは1943年、海軍が受領したのは1944年。。。これって開戦当初に必要だった戦力な訳で・・・。ともかくこの晴嵐、世界初の潜水艦搭載攻撃機という意義は大きい。それまで戦術兵器でしかなかった潜水艦が世界中のあらゆる地点を攻撃できるようになったのである。世界初の戦略潜水艦の誕生とまで言われている。まあ、実際の攻撃力は攻撃機3機のみなので微々たるものであるが。。。

 

潜水艦に戦車を積む

 

05_特二式内火艇カミ車
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本の潜水艦は戦車も積んでしまう。その潜水艦搭載戦車とは、水陸両用戦車「特二式内火艇」。もう名称からして戦車なのか船なのか分からない。「カミ車」ともいう。これは海軍の頭文字「カ」と出処不明の「ミ」を合わせた名称。「ネ申」ではないので注意。陸軍の九五式戦車をベースに水上航行可能に改造した車両?、艇?である。

 全長7.42m、最高速度が37km/h、水上では9.5km/h、主砲は37mm戦車砲である。上陸後にフロートを外すことになっているが、本体の装甲があまりにも貧弱であるためフロートを装着したまま使用されることも多かった。本来、強襲揚陸艦に搭載されて運用されるものであるが、潜水艦に搭載して運用することを想定していた。

 実は日本軍にはその強襲揚陸艦の元祖ともいえる特種船あきつ丸が存在していたのであるが、これは海軍とあまり仲がよろしくない陸軍が建造した空母であったため、陸軍とあまり仲がよろしくない海軍が作った戦車を運用することは難しかったのである。陸軍が造った空母に海軍が作った戦車を載せられない。。。もう何だか分からない。因みに後継の特三式内火艇も潜水艦に搭載することができる。

 

人間魚雷回天

 

回天01
(画像はwikipediaより転載)

 

 甲標的は極めて危険度の高い決死の兵器であったが、回天は必ず死ぬ必死の兵器である。これも潜水艦に搭載されていた。初期のものは回天と潜水艦に交通筒が無く、回天を発進さるためには一旦浮上して乗員を回天に登場させる必要があった。つまりは敵の近くで一旦浮上するということでかなり危険が伴った。

 一見、人間が操縦するので命中率が高いのではないかと思われるかもしれないが、当然、窓もない。あったとしても海中は真っ暗で何も見えない。位置の測定は潜望鏡とジャイロスコープで行う。要するに「目が見えない」状態での送還を余儀なくされる。

 潜望鏡を上げれば発見されてしまうので、搭乗員はジャイロスコープとストップウォッチで自艦の位置と目標を計算しながら、同時に操艦もする。強い意志と高い練度、知性、勇気が必要だ。つまりはどの世界においても必要とされる優秀な人材が求められる。回天は一度乗ったら成功、不成功に関わらず脱出することはできない。

 

運貨筒

 

 潜水艇が積めるのであればもちろん同じ潜水艇である運貨筒も積める。この運貨筒というのは物資輸送用の潜水艇だ。潜水艦によって曳航され目的地で切り離される。それを大発等で回収するのだ。南方で使用されたようだ。

 

海軍特殊部隊

 

 正式には呉鎮守府第101特別陸戦隊という。これは潜水艦等で隠密裏に上陸を行い各種の特殊任務を行うという現在のアメリカのSEALチームと同様の発想で1944年に養成が始められた海軍特殊部隊だ。剣道や柔道の有段者を集め信じられないくらい過酷な訓練を行ったようである。もし日本海軍が存続していればSEALのような部隊が独自に日本でも編成されていたかもしれない。

 

まとめ

 

 以上のように日本海軍の潜水艦にはさまざまなものが搭載された。または搭載されるところだった。発想自体は革新的なものも多かったが、水陸両用戦車を搭載するという基本的に意味がないものもあった。この潜水艦を戦略の拠点にするという発想が出てくる背景には日本が海洋国家であったことと、同時に日本の国力が欧米、特に同じ海洋国家であるアメリカに対して劣っていたことが挙げられるだろう。正面切って戦うには国力の違いがありすぎる。そのための「搦め手」としての潜水艦運用であったのだろう。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_空母ミッドウェイ
(画像はwikipediaより転載)

 

 ミッドウェイはミッドウェイ級空母の1番艦であり、1945年に就役以来、1992年に退役するまで50年近くも現役に留まった空母である。この間、航空機はレシプロ機から第三世代ジェット機へと変遷している。それに合わせて艦載機もF4Uコルセア戦闘機から最後はFA/18ホーネットまで搭載した。これらの母艦足り得たミッドウェイの拡張性の高さが分かるというものだろう。

 

空母ミッドウェイ 〜概要〜

 

 

性能 ※カッコ内は改装後

 通常排水量 45000(64200)トン
 最大排水量 60100(70000)トン
 全長 295m(305.26m)
 全幅 49.68m(78.79m)
 吃水 10.67m
 機関出力 21万2000馬力
 最大速力 33ノット
 航続距離 15000海里/15ノット(11520海里/15ノット)
 乗員 4712名
 武装
  建造時
    5インチ砲単装18基
    40mm機銃4連装21基
    20mm機銃単装68基
  改装後
    シースパロー8連装2基
    ファランクスCIWS2基
 搭載機 136〜145機(建造時)
     約100機(朝鮮戦争時)
     68〜80機(ベトナム戦争〜退役時)
 同型艦 3隻

 

同型艦

ミッドウェイ(起工1943年10月、就役1945年9月、退役1992年4月)
フランクリン・D・ルーズベルト(起工1943年12月、就役1945年10月、退役1977年10月)
コーラル・シー(起工1944年7月、就役1947年10月、退役1990年4月)

 

特徴

 空母ミッドウェイは1943年10月に起工、1945年3月進水、1945年9月に就役した当時米海軍最大の艦艇であり、初のパナマ運河を通過することが出来ない艦艇であった。太平洋戦争での日本の特攻隊の戦訓として装甲飛行甲板を装備していた。甲板の装甲厚は89mmで水線にも193mmの装甲が張り巡らされていた。

 搭載されていた艦載機は、当初はF4Uコルセア、SB2Cヘルダイバーであったが、1947年からはF8Fベアキャットも搭載された。1950年代初頭にF9Fパンサー、1956年からはF3Hデーモン、F8Uクルセイダーが搭載、さらにA3Dスカイウォーリア、A4スカイホーク、AD-1スカイレイダーも搭載された。1965年にはF4ファントムが配備され、1970年からは爆撃機はコルセア供A6イントルーダー、、AD-1スカイレイダーに代わり、E2早期警戒機に変更された。因みにF-14戦闘機はフライトデッキが小さすぎるために搭載することが出来なかった。

 

空母ミッドウェイ 〜戦歴〜

02_空母ミッドウェイ
(画像はwikipediaより転載)

 

 1945年9月に大西洋艦隊に就役。1947年には大型の航空機を運用出来るようにするための補強と通信設備の増強が行われた。1953年には最新のレーダーシステムが搭載され、1954年12月から第7艦隊所属となる。1955〜1957年まで近代化改修を受けるた後、再び第7艦隊に配属された。1961年にはレーダーシステムが最新の物に変更されている。1965年4月からベトナム戦争に参加。1966年には再び近代化改修を受けた。

 第二次近代化改修を終えたミッドウェイは1971年から再びベトナム戦争に参加、北ベトナムの港への機雷敷設作業を行った。1973年10月より初の日本駐留空母として横須賀に配属される。1975年4月には陥落寸前のサイゴンからの脱出作戦であるフリークエント・ウィンド作戦に参加した。

 その後もミッドウェイは横須賀を母港として駐留を続けた。1985年にはレーダーシステムが最新の物に変更された後、1986年には第三次近代化改修を受ける。同時に艦載機もそれまでのF4ファントムとA-7コルセアからFA/18ホーネットに変更された。1988年にはソウルオリンピックの警戒任務に就いた。

 1990年8月、湾岸危機が起こるとミッドウェイはアメリカ空母では初めてペルシャ湾に侵入した。そして翌年1991年1月7日、湾岸戦争が始まるとイラクへの航空攻撃を行った。同年6月にはフィリピンのピナツボ火山の噴火に伴い在留米国人の救出活動に参加している。

 1991年、第5空母航空団の母艦としての任務を空母インディペンデンスに引き継ぎ1992年に退役、1997年に除籍された。2004年6月よりサンディエゴ港でミッドウェイ博物館として保存されている。因みに横須賀の第5空母航空団の母艦は1998年にキティホーク、2008年ジョージ・ワシントン、2015年ロナルド・レーガンと変更されている。

 

空母ミッドウェイの改修

03_空母ミッドウェイ
(画像はwikipediaより転載)

 

 空母ミッドウェイは大戦中に建造され、1997年まで就役していた艦齢50年以上にもなる空母であった。この間の航空機の発達は目覚ましく、この発達に対応するためにミッドウェイは数度にわたって近代化改修が行われた。

 

第一次改修(1955〜1957年)

04_空母ミッドウェイ
(画像はwikipediaより転載)

 

 1955年になると近代化改修工事が行われた。具体的には艦首をハリケーン・バウに変更、後部エレベーターを廃止し、艦橋後方に新たにエレベーターを設置した。さらにそれらエレベーターは大型化されている。他にもアングルド・デッキ化(空母の進行方向に対して斜めに伸びる滑走路)、蒸気カタパルトの設置(3基)が行われた。この改装で固定武装のほとんどが撤去された。

 

第二次改修(1966〜1970年)

05_空母ミッドウェイ
(画像はwikipediaより転載)

 

 この改修によりフライトデッキが、それまでの11.412屬ら16.286屬般1.5倍に拡張された。前方のエレベーターが廃止され、艦橋前方と左舷後方に新たに設置された。さらにエレベーターの可搬重量が34tから59tに増強、カタパルトや着艦制動装置も新型が設置された。同時にカタパルトは距離不足のためそれまでアングルド・デッキに設置されていた1基が撤去され2基となる。さらにシースパロー対空ミサイルが装備された。この近代化改修はあまりにも高価になり過ぎたため、ミッドウェイ級空母2番艦であるフランクリン・D・ルーズベルトの近代化はキャンセルされた。

 

第三次改修(1986年)

 この改修では重い艦載機を搭載するために浮力を増す工事とカタパルトの強化も行われた。さらには近接防御システムとしてファランクスCIWSが装備された。しかし、この時の改修に設計ミスがあったらしく、以後、ミッドウェイは船体の動揺も大きく舷側から不自然な白波が立つようになった。

 

空母ミッドウェイ(模型)

 

マイクロエース 1/800 戦艦・空母シリーズ No.8 アメリカ海軍 空母 ミッドウェイ プラモデル

 1/800という微妙なサイズの空母ミッドウェイ。1/700サイズでないのが残念だが、これが現在普通に入手できる唯一のミッドウェイの模型。改修を繰り返した独特の艦型は他の空母にはないもの。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_浅間
(画像はwikipediaより転載)

 

 装甲巡洋艦浅間級は日露戦争前に就役、日露戦争、第一次世界大戦、太平洋戦争に参加する。特に2番艦常磐は太平洋戦争においても敷設艦として第一線で活躍、大破しつつも撃沈されることなく終戦を迎えたという殊勲艦であった。両艦共に戦後解体処分されている。

 

装甲巡洋艦 浅間級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 9700トン
 最大排水量 -トン
 全長 134.72m
 全幅 20.45m
 吃水 7.4m
 機関出力 18000馬力
 最大速力 21.5ノット
 航続距離 7000海里/10ノット
 乗員 661名
 武装 45口径20.3cm砲連装2基
    40口径15cm砲単装14基
    40口径8cm砲単装12基
    4.7cm砲単装8基
    45.7cm水上発射管1門
    同水中発射管4門
 装甲 舷側 17.8cm
    甲板 7.6cm
    主砲 -cm
 同型艦 2隻

 

特徴

 1番艦浅間は1899年に竣工した。艦首に衝角を装備した最後期の軍艦である。主砲は20.3cm連装砲で前後に1基ずつという当時の一般的なレイアウトであった。主砲の射程距離は18000mで発射速度は2発/分である。最大仰角は30°、俯角5°、揚弾は電動で各砲120発の砲弾が搭載されていた。装甲はハーヴェイ鋼で喫水線を中心に配置されている。

 

同型艦

浅間(起工1896年10月、竣工1899年3月)
常磐(起工1897年1月、竣工1899年5月)

 

装甲巡洋艦 浅間級 〜戦歴〜

02_常磐
(画像はwikipediaより転載)

 

 1番艦浅間は1897年10月に就役、一等巡洋艦に類別される。1900年には義和団の乱鎮圧に出撃、日露戦争では仁川沖海戦、黄海海戦、日本海海戦で活躍した。第一次世界大戦では巡洋艦出雲、戦艦肥前と共にアメリカ西海岸での哨戒任務についた。その際にメキシコで座礁事故を起こしている。1921年9月、一等海防艦に類別変更。1935年10月には瀬戸内海で再び座礁。この座礁での損傷により練習艦となった。1945年11月除籍、1947年に解体された。

 2番艦常磐は1899年5月に竣工、同年7月に就役する。1900年、姉妹艦浅間と共に義和団の乱の鎮圧に出撃、日露戦争でも活躍する。第一次世界大戦では青島攻略に参加、1921年9月一等海防艦に類別変更。1922年から1923年にかけて敷設艦に改造された。その後、日中戦争にも参加、太平洋戦争開戦後はマーシャル諸島に展開、1943年6月、本土に帰投。日本近海で機雷敷設や訓練に従事する。1945年8月、大湊で米軍機の空襲を受け大破した状態で終戦を迎える。1945年11月除籍、1946年解体される。

 

装甲巡洋艦 浅間級(模型)

 

1/700 日本海軍一等巡洋艦 浅間

 義和団の乱鎮圧から日露戦争、第一次世界大戦、太平洋戦争と活躍した浅間級巡洋艦の1番艦浅間の模型、1/700スケールモデル。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_水上機母艦瑞穂
(画像はwikipediaより転載)

 

 水上機母艦瑞穂は有事の際には甲標的母艦となることを前提に開発された水上機母艦であった。実際、甲標的母艦となることはなかったが、日中戦争から太平洋戦争初期に活躍、1942年に横須賀から瀬戸内海への回航途中に米潜水艦の雷撃により撃沈された。

 

水上機母艦瑞穂 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 10929トン
 最大排水量 12798トン
 全長 192.5m
 全幅 20.0m
 吃水 7.08m
 機関出力 15200馬力
 最大速力 22ノット
 航続距離 8000海里/16ノット
 乗員 692名
 武装 40口径12.7cm砲連装3基
    60口径25mm連装機銃10基
 搭載機 水上機24機+補用8機
     または甲標的12隻、水上機12機
 同型艦 1隻

 

特徴

 水上機母艦瑞穂は有事の際は日本海軍の秘密兵器甲標的を作戦海域まで輸送し、母艦として運用するための甲標的母艦への改造をすることを前提に建造された特殊な艦であった。機関は海軍では珍しいディーゼル機関で最高速力は22ノットを発揮する。因みに外観上の特徴は「大型煙突がない」ことである。

 水上機母艦としては本艦では珍しくハイン式マットを装備していた。これはなだらかにした艦尾に海面まで至るマットを垂らすことでこれに水上機が自力で進みながら艦上に収容するというもので日本海軍で装備しているのは本艦と神威のみである。

 珍しいディーゼルエンジンだったものの故障が多く、最高速度は計画を大きく下回り18ノット程度しか発揮できなかった。

 

同型艦

瑞穂(起工1937年5月、竣工1939年2月)

 

水上機母艦瑞穂 〜戦歴〜

 1939年2月に竣工した瑞穂は第四艦隊第十二戦隊に編入、当時戦果が拡大していた北支方面に投入された。3月には第四艦隊旗艦となる。1940年2月には連合艦隊付属の予備艦に指定され横須賀に回航、9月にはトラック諸島に寄港、11月には水上機母艦千歳と共に第七航空戦隊を編成した。

 1941年には第七航戦は第十一航戦に改称、11月末には呉を出撃、パラオ滞在中に開戦を迎えた。開戦後はフィリピン攻略から初期の攻略戦に従事する。1942年4月、横須賀にて改修を受けようやく全力航行が可能となるも瀬戸内海への回航途中に米潜水艦ドラムの雷撃により撃沈される。

 

水上機母艦瑞穂(模型)

 

青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本海軍 水上機母艦 瑞穂

 珍しい水上機母艦瑞穂の模型。模型では老舗のアオシマ1/700スケールのもの。模型自体の完成度は高いが主砲、高角砲などのパーツが旧来のものなのが弱点。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_第十六号輸送艦
(画像はwikipediaより転載)

 

 太平洋戦争開戦後に計画、設計され後期に実戦に投入された強行輸送艦である。21隻就役した内、16隻が撃沈されたが、生き残った5隻の内の1隻には数十回の輸送任務を全うした日本海軍中最高の「幸運艦」も存在する。戦後は復員船、捕鯨船として活躍する。

 

第一号輸送艦 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 1500トン
 最大排水量 1965トン
 全長 96m
 全幅 10.2m
 吃水 3.6m
 機関出力 9500馬力
 最大速力 22ノット
 航続距離 3700海里/18ノット
 乗員 148名
 武装 40口径12.7cm砲連装1基
    25mm機銃3連装3基
    25mm機銃連装1基
    25mm機銃単装4基
    爆雷投下軌道1条
 同型艦 21隻

 

特徴

 1944年に竣工した日本海軍の強行輸送艦である。敵制空権下での輸送を前提としているため速力は22ノットと高速である。ガダルカナル島での補給が問題化した1943年4月に計画され、同年11月に起工された。

 短期間で大量に建造するためにブロック工法、電気溶接が採用され、終戦までに21隻が建造された。機関はタービン機関を採用したが一軸推進であったため非常時には不安のあるものだった。武装は対空機銃の他に爆雷を装備、さらにはレーダーやソナーが装備された。

 補給物資は大発4隻、補給物資260トン、特二式内火艇であれば7両、または甲標的2隻、回天ではれば6隻を搭載することができる。艦尾はスローブ状になっており大発や特殊潜航艇の洋上発進も可能であった。

 物資輸送以外にも機雷敷設任務に使用されたりと活躍したがその分、損害も大きく21隻中終戦時に生存していたのは5隻のみであった。就役したのが1944年5月で活躍したのが1年半にも満たない期間であったことを考えるとその損耗率の高さは尋常ではない。

 

第一号輸送艦 〜戦歴〜

02_第十三号輸送艦
(画像はwikipediaより転載)

 

 1番艦が就役したのが1944年と戦争後半であったため、主に中部太平洋からフィリピン及び日本の島嶼部への輸送で活躍したが、制空権、制海権も失った海域での輸送のため主に航空機、潜水艦の攻撃により21隻中16隻が撃沈された。終戦時残存の5隻は復員船、のち捕鯨船として活躍した。3隻はその後解体される。残り2隻は戦時賠償艦として13号がソビエト、16号が中華民国に引き渡された。

 ソビエトに引き渡された13号は1947年にチュメニウラと改称され機雷敷設艦となり、1948年7月には類別変更され救難艦となりさトゥールンと改称された。1964年2月除籍、スクラップとして売却された。中華民国に引き渡された16号は武夷と改称され輸送艦として活躍、1954年に廃艦となった。

 

9号艦の奇跡

 この21隻建造された第一号輸送艦の中で特に9号艦は顕著な活躍をした。9 号艦は1944年9月20日呉で竣工、10月には早速輸送任務に従事、甲標的2基をフィリピンに輸送した。この当時、ミンダナオ海では甲標的に熟知した原田覚司令の下、甲標的が作戦に使用され実績を上げていた。

 その後もレイテ増援輸送作戦(多号作戦)に参加、数度に亘って物資の輸送に成功、12月には米艦隊と交戦する。1945年1月には香港経由で本土に物資を輸送。その後も横須賀、父島間の輸送に12回も成功する。8月には特殊潜航艇海龍を佐伯に輸送、呉で終戦を迎えた。

 戦後は復員船として活躍。1947年戦時賠償として米国に譲渡されるがそのまま太平洋漁業(現在のマルハニチロ株式会社)に貸し出され捕鯨船として活躍、捕鯨船としての職務を全うし1948年6月26日解体された。

 短期間の活躍ながら危険な輸送任務を数十回にわたり実施して生還した幸運艦である。この武勲に対し1944年にと1945年の二回にわたり軍艦表彰を受けている。この第一号輸送艦9号の作戦遂行、生還はこの時期の作戦を行った海域の危険性を考えると奇跡中の奇跡と言っていい。

 他にも駆逐艦雪風や空母隼鷹など幸運艦と呼ばれる艦は数隻存在したが、この9号艦の奇跡は世間ではほとんど知られていない。

 

第一号輸送艦(模型)

 

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.501 日本海軍 1等・2等輸送艦

 現在発売されている第一号輸送艦の模型はタミヤから発売されているこのモデルだけのようだ。二等輸送艦とセットであり、私も購入し製作したが、ストレスなく短時間で完成するので楽しい。非常に安価で完成度も高いのでかなりお買い得のモデル。

 

関連リンク

二等輸送艦

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_二等輸送艦
(画像はwikipediaより転載)

 

 陸軍ではSB艇と言われた二等輸送艦は太平洋戦争の中期に輸送艦不足から短期間に設計、ブロック工法で大量生産された本級は多くの戦場への物資輸送に従事、戦後は復員船として活躍した。しかし戦争後期に建造されたため損害もまた多かった。

 

二等輸送艦(SB艇) 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 810トン
 最大排水量 1040トン
 全長 80.5m
 全幅 9.1m
 吃水 2.33m
 機関出力 2500馬力
 最大速力 16ノット
 航続距離 2700海里/15ノット
 乗員 99名
 武装 40口径8cm砲単装1基
    25mm機銃3連装2基
 同型艦 69隻

 

特徴

 本艇の建造にはブロック建造方式が採用された結果、二等輸送艦はわずか60日で艦が完成されるという常識を打ち破った建艦スピードを達成した。1943年11月に第一艦が起工されて以来、終戦までに69隻が建造された。搭載能力は九七式中戦車であれば9両、九五式軽戦車であれば14両、特二式内火艇カミ車であれば7両、同時に陸戦隊員200名と1週間分の弾薬、食糧を搭載することができた。

 艦首のハッチを開けることで海岸からの揚陸が可能である米軍でいうLSTの機能も持っていたが米軍のLSTが建造されたのはこのSB艇より後だったという。因みにこの二等輸送艦は海軍の水陸両用車も搭載可能だったが、これらの車両を洋上で発進させることも可能であった。戦時の大量生産にしては意外にも高性能だった。

 

二等輸送艦(SB艇) 〜戦歴〜

02_二等輸送艦
(画像はwikipediaより転載)

 

 短期間で大量生産された本級の内、22隻は陸軍によって運用された。フィリピン方面で多用されたが、戦局が劣勢になった状態での運用によって相当数の犠牲が出た。その他硫黄島などへの輸送任務にも活躍しており、戦後は復員業務に活躍したのち戦時賠償艦として引き渡されるか解体された。

 

二等輸送艦(SB艇)(模型)

 

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.501 日本海軍 1等・2等輸送艦

 定番の1/700スケールタミヤウォーターラインシリーズ。値段もお手頃で短時間で作り上げることができる。

 

ピットロード 1/350 日本海軍 輸送艦 二等輸送艦 第103号型

 模型店発の模型メーカーピットロードの二等輸送艦。スケールが1/350と大きい。じっくり作りこみたい方向け。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_巡洋艦出雲
(画像はwikipediaより転載)

 

 装甲巡洋艦出雲級は日露戦争開戦前に竣工、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争、太平洋戦争で活躍した40年以上の艦歴を持つ巡洋艦である。特に1番艦出雲は日露戦争以後も第一線で活躍することが多く、日中戦争、太平洋戦争においても艦隊旗艦を務めたという驚異の戦歴を持っている。

 

装甲巡洋艦 出雲級 〜概要〜

 

性能(竣工時)

 通常排水量 9773トン
 最大排水量 -トン
 全長 123m
 全幅 20.9m
 吃水 7.4m
 機関出力 14500馬力
 最大速力 20.8ノット
 航続距離 7000海里/10ノット
 乗員 648名
 武装 45口径20.3cm砲連装2基
    40口径15.2cm砲単装14基
    40口径8cm砲単装12基
    47mm機砲8基
    45.7cm水中発射管4門
 装甲 舷側 17.8cm
    甲板 10.2cm
    主砲 -cm
 同型艦 2隻

 

特徴

02_巡洋艦出雲
(画像はwikipediaより転載)

 

 未だ自国で巡洋艦を建造する能力を持たなかった日本がイギリスのアームストロング社に発注した装甲巡洋艦である。艦首には当時、まだ効能があるとされていた衝角(体当たりして敵艦を撃沈するための角)が水面下に装備されており、これも当時有効とされていた魚雷発射管も装備されていた。

 機関は石炭を使用するレシプロ機関であったが、1930年代前半から中盤までに老朽化のため石油石炭混合機関に変更されている。装甲は同時代の巡洋艦に比べて強固で材質は当時最新のクルップ鋼が使用されている。

 主砲は45口径20.3cm砲で射程距離18000m、2発/分の発射速度がある。出雲級は艦歴が長いために武装も時期によって異なっている。当初は上記の武装であったが、1924年には8cm速射砲と47mm機砲、魚雷管の一部が撤去された代わりに8cm単装高角砲が1基搭載され、1945年には主砲と副砲の一部が撤去され、40口径12.7cm高角連装砲2基、単装4基(磐手は3基)、13.2mm単装機銃2門が装備された。

 

同型艦

出雲(起工1898年5月、竣工1900年9月、除籍1945年11月)
磐手(起工1898年11月、竣工1901年3月、除籍1945年11月)

 

装甲巡洋艦 出雲級 〜戦歴〜

03_巡洋艦出雲
(画像はwikipediaより転載)

 

 1番艦出雲は1900年9月に竣工した。日露戦争では蔚山沖海戦、日本海海戦に参加した。第一次世界大戦では当初はアメリカ西海岸海域での船団護衛などに活躍、さらに第二特務艦隊旗艦として地中海マルタ島に派遣され、船団護衛に活躍した。

 戦後は練習艦として運用され、1922年には巡洋艦から海防艦に類別変更された。1932年には艦隊旗艦としての機能を充実させるために作戦室が増設され、1934年には水上偵察機が搭載されるようになった。1937年には第三艦隊旗艦として上海に展開、太平洋戦争開戦後も中国で作戦行動を続けた。1942年7月には再び類別変更が行われ一等巡洋艦となる。1943年内地に帰投、練習艦として運用される。1945年7月の呉軍港空襲で転覆、着底、1947年に解体される。

 2番艦磐手も1番艦出雲と同様に日露戦争では蔚山沖海戦、日本海海戦に参加、1921年に海防艦に類別変更、主に練習艦として活躍する。1942年には出雲と同様に一等巡洋艦に類別変更、1945年7月に呉軍港空襲で沈没、戦後に解体された。

 

装甲巡洋艦 出雲級(模型)

 

1/700 日本海軍一等巡洋艦 出雲

 1/700スケールの出雲。定番のスケールのため他の艦船との比較が容易。完成度も比較的評判の良いモデルなのでおすすめ。

 

関連リンク

起重機船さんこう

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦ポチョムキン
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ポチョムキンの反乱として有名なロシア戦艦。最新のクルップ鋼で武装された新鋭艦で第一次世界大戦で活躍、ロシア革命で機関部を破壊されたのち1925年に除籍、解体された。

 

戦艦クニャージ・ポチョムキン・タウリチェスキー 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 12582トン
 最大排水量 -トン
 全長 115.36m
 全幅 22.25m
 吃水 8.23m
 機関出力 1万600馬力
 最大速力 16.6ノット
 航続距離 3400海里/10ノット
 乗員 750名
 武装 40口径30.5cm砲連装2基
    15.2cm砲単装16基
    7.5cm砲単装14基
    4.7cm砲単装6基
    38.1水中発射管5門
 装甲 舷側 22.9cm
    甲板 7.6cm
    主砲 25.4cm
 同型艦 1隻

 

特徴

 黒海艦隊用に建造された戦艦で装甲には最新のクルップ鋼を採用している。他にも統一射撃統制装置を採用したことや石油と石炭併用のボイラーシステムを採用している。主砲は当時としては平均的な30.5cm砲で砲身長は40口径である。揚弾、装填は電動で発射速度は1発/分である。

 

同型艦

戦艦クニャージ・ポチョムキン・タウリチェスキー(起工1898年10月、竣工1905年5月)

 

戦歴

02_戦艦ポチョムキン
(画像はwikipediaより転載)

 

 当初は1903年を予定していた本艦は事故により竣工が遅れ、1905年5月にやっと竣工した。竣工直後の6月に有名なポチョムキンの反乱が発生した。9月には戦艦パンテレイモンと改名される。1910年オーバーホールを受け、さらに1912年にはオスマン帝国の弩級戦艦に対抗するために改修を受けた。

 第一次世界大戦開戦によりロシア海軍の艦艇として数々の戦闘に参加する。1917年の二月革命により艦名を公爵を意味するクニャージを除いたポチョムキン・タウリチェスキーに改名する。しかし艦名の由来となったポチョムキン公爵は圧政者であったため、艦名をボレーツ・ザ・スヴォボードゥに改名した。

 1917年12月には赤軍の管理下に編入される。1918年2月よりウクライナに放置される。11月には侵攻してきたイギリス・フランス軍に拿捕、1919年にはイギリス軍によって機関を爆破、武装が撤去された。ソビエトにより奪還されたのちの1925年11月除籍、解体された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_起重機船さんこう
(画像はwikipediaより転載)

 

 起重機船とはクレーン船のことで基本的には自走能力の無い浮桟橋のようなものにクレーンが付いている船のことだ。起重機船さんこうは大正時代に日本に輸入され、戦艦大和の建造、戦艦伊勢の航空戦艦化などに活躍した。2020年現在も現役で活躍している。

 

起重機船 さんこう 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 5011トン
 最大排水量 -トン
 全長 82m
 全幅 5.5m
 全高 28.8m
 同型艦 1隻

 

同型艦

さんこう(起工1921年5月、進水1922年12月、竣工1923年7月)

 

起重機船 さんこう 〜経歴〜

02_起重機船さんこう
(画像はwikipediaより転載)

 

 起重機船さんこうは、1921年にイギリスのコーワンズ・シャルドン社で製造された建造当時では世界最大の起重機船であった。部品として日本に輸入され、三菱重工神戸造船所で起工、1923年に竣工する。1937年には水中速力21ノットという当時としてはケタ違いに高速であった71号艦(潜水艦)の進水作業を行い、戦艦大和の建造にも活躍した。太平洋戦争開戦後の1943年には戦艦伊勢の航空戦艦化改装作業や水上機母艦千歳艦橋部取付を行う。

 終戦後の1946年には航空戦艦伊勢、日向、巡洋戦艦榛名の解体作業、1947年には日露戦争以来の殊勲艦である巡洋艦出雲の解体作業、1948年には呂27号潜水艦の解体作業を行う。1974年には沖縄国際海洋博覧会の海上実験都市アクアポリスの建造にも携わった。近年では岩国基地拡張工事、2015年には新笠岡港での大型変圧器揚陸に活躍した。現在は日興産業株式会社(広島県)所有のクレーン船として活躍している。

 

起重機船 さんこう(模型)

 

トミーテック 1/700 技MIX KC03 300t 海上起重機船 公称3324号

 伝説の起重機船さんこうが模型化しているのはあまり知られていない。発売しているのはトミーテックで艦船模型の一般的なサイズである1/700スケール。同スケールの艦船は多いので色々遊べそうだ。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦オスラビア
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ペレスヴェート級は、軽装甲、軽武装で高速という後の巡洋戦艦のような戦艦で姉妹艦全艦が日露戦争に参加している。内、バルチック艦隊旗艦となったオスラビア以外は日本軍に鹵獲され戦艦相模、周防となった。戦艦ペレスヴェートはのちにロシアに返却された。

 

戦艦ペレスヴェート級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 12683トン
 最大排水量 -トン
 全長 132.43m
 全幅 21.79m
 吃水 7.92m
 機関出力 1万5000馬力
 最大速力 18.5ノット
 航続距離 10000海里/10ノット
 乗員 752名
 武装 45口径25.4cm砲連装2基
    45口径15.2cm砲単装11基
    7.5cm砲単装20基
    4.7cm砲単装20基
    38.1cm水上発射管3門
    同水中発射管2門
 装甲 舷側 22.9cm
    甲板 7.6cm
    主砲 22.9cm
 同型艦 3隻

 

特徴

02_戦艦周防
(画像はwikipediaより転載)

 

 ペレスヴェート級は、兵装、装甲を抑える代わりに速力を重視した戦艦である。結果、18.5ノットとロシア戦艦中最高速を実現した。船体の装甲にはハーヴェイ鋼や最新のクルップ鋼を使用しているものの戦艦というよりのちの巡洋戦艦に近い物であった。主砲は当時の主流である30.5cm砲ではなく、口径の小さい25.4cm砲であった。

 

同型艦

ペレスヴェート(起工1895年11月、竣工1901年6月)
オスラビア(起工1898年10月、竣工1901年8月)
ポベーダ(起工1898年8月、竣工1902年7月)

 

戦歴

03_戦艦ペレスヴェート
(画像はwikipediaより転載)

 

 1番艦ペレスヴェートは完成すると極東艦隊に配属され、1902年旅順に到着した。1904年日本軍の砲撃により旅順港内で沈没した。その後、日本軍に鹵獲され戦艦相模として日本海軍に編入された。1916年4月ロシアに返還されたが1917年1月にドイツ軍が敷設した機雷に触雷撃沈した。

 2番艦オスラビアは1901年に竣工はしたものの計画よりも排水量がオーバーしてしまった関係で稼働が1903年にまでずれ込んでしまった。竣工したオスラビアはバルチック艦隊の旗艦として喜望峰を周り対馬海峡に到着するが日本海海戦で日本海軍の集中砲火を浴び撃沈された。

 3番艦ポベーダは就役後の1903年、極東艦隊に配属され旅順艦隊に配属された。日露戦争での日本軍の砲撃により旅順港内で沈没、後に日本軍に鹵獲された。鹵獲後は戦艦周防として日本海軍に編入された。1912年には一等海防艦に類別変更、第一次世界大戦では青島攻略戦に参加、艦砲射撃を行う。1922年、ワシントン軍縮条約により除籍、護岸用として自沈した。

 

戦艦ペレスヴェート級(関係書籍)

 

連合艦隊vsバルチック艦隊―日本海海戦1905

ロバート・フォーチェック
大日本絵画 (2009/12/1)

 日本海海戦について歴史的背景、兵器、人員、戦略など、総合的に書かれた本。日本海海戦について詳しく知りたいという方にはおススメ。

 

ツシマ 上 ~バルチック艦隊遠征

ノビコフ・プリボイ
原書房; 新装版 (2009/11/20)

 日本海海戦に参加したロシア海軍水兵の記録。日本海海戦で捕虜になった際に捕虜仲間から当時の状況を聞き取り海戦の全体を調べた。ロシア側から見た日本海海戦が分かる貴重な本。

 

日本海海戦の真実 (読みなおす日本史)

野村 實
吉川弘文館 (2016/8/17)

 元海軍士官であり、歴史学の博士号を持つ著者が日本海海戦について書いている。丁字戦法の考案者は秋山真之ではないこと、日本海海戦後の東郷平八郎が神格化されてしまったという問題等、興味深い。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_飛行艇母艦秋津洲
(画像はwikipediaより転載)

 

 秋津洲は日本海軍が飛行艇の長大な航続距離を活かした攻撃を行うための拠点として建造された飛行艇の補給、整備のための専用艦である。3隻の建造が計画されたが完成したのは秋津洲1隻のみであった。戦争後半では飛行艇の支援よりも輸送任務で活躍している。

 

飛行艇母艦秋津洲 〜概要〜

 

性能(竣工時)

 通常排水量 5000トン
 最大排水量 -トン
 全長 114.8m
 全幅 15.8m
 吃水 5.4m
 機関出力 8000馬力
 最大速力 19ノット
 航続距離 8000海里/14ノット
 乗員 338名
 搭載能力 航空燃料689トン
      航空魚雷36本
      爆弾800kg30個、500kg15個、250kg100個、60kg100個
      最終時のみ魚雷艇5隻
 武装 40口径12.7cm高角砲連装2基
    25mm連装機銃2基
    九四式爆雷投射機1基
 同型艦 1隻

 

特徴

 飛行艇母艦秋津洲は日本海軍独自の戦術である飛行艇による長距離攻撃を行うための洋上拠点として建造された飛行艇補給、整備をするための専用艦である。同型艦は3隻建造予定であり、以降も多くの飛行艇母艦の建造が計画されたが、完成したのは秋津洲のみである。

 艦尾には二式大艇を吊り上げることが出来る35トンクレーンを装備、飛行艇を艦上に上げて整備、補給を行うことが出来る。但し、この状態で航行することは想定されていない。艦内には燃料、弾薬の他、工作室もあった。外観上の特徴は独特の迷彩塗装で攻撃力がほぼ無い秋津洲のせめてもの防御策であった。

 

同型艦

秋津洲(起工1940年10月、竣工1942年4月、1944年9月沈没)

 

飛行艇母艦秋津洲 〜戦歴〜

 太平洋戦争開戦後の1942年4月に竣工した秋津洲は5月にはラバウルに進出した。同戦域には飛行艇部隊の横浜航空隊が展開しており、横浜空への支援任務に活躍した。8月には、さらに前線に近いショートランド島に進出。この地に進出している飛行艇部隊の支援を行う。12月には本土に帰還、横須賀で整備を受けたのち、1943年1月には再びショートランド島に進出、2月からはマーシャル諸島、ギルバート諸島などで活動した。6月には千島列島の幌筵島に移動、キスカ島撤退作戦の支援にあたる。キスカ島撤退作戦終了後は、輸送任務に活躍した。1944年8月には工作艦不足から工作艦に改造されるが、11月米艦載機の攻撃により撃沈された。

 

飛行艇母艦秋津洲(模型)

 

青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ No.565 水上機母艦 秋津洲 プラモデル

 青嶋次郎が1924年に創業した模型会社の老舗中の老舗。タミヤと並んで艦船模型では定番中の定番の会社。アオシマ製の秋津洲。

 

ピットロード 1/700 スカイウェーブシリーズ 日本海軍 水上機母艦 秋津洲 プラモデル

 1981年に模型店から出発した模型メーカー。艦船模型では有名。精密なモールドには定評がある。ピットロード製の秋津洲。

 

フジミ模型 1/3000 集める軍港シリーズ No.4 トラック泊地 プラモデル 軍港4

 1961年創業の模型メーカーでは後発のフジミ模型。セットの中に1/3000スケールの秋津洲がある。他にも工作艦明石など面白い組み合わせだ。

 

栄光の日本海軍パーフェクトファイル 68号 (秋津洲水上機母艦) [分冊百科]

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_工作艦メデューサ
(画像はwikipediaより転載)

 

 工作艦メデューサは米海軍で初めて工作艦として建造された工作艦である。主に太平洋戦争で活躍した本艦は開戦後、真珠湾での復旧活動、南方での損傷艦艇の修理に活躍した。この工作艦メデューサの活動海域をみると当時の米軍が安全と認識した海域が良く分かる。

 

工作艦メデューサ 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 10620トン
 最大排水量 -トン
 全長 147.47m
 全幅 21.41m
 吃水 6.07m
 機関出力 7000馬力
 最大速力 16ノット
 航続距離 -
 乗員 499名
 武装 51口径12.7cm砲単装4基
    50口径7.6cm高角砲単装2基
 同型艦 1隻

 

特徴

 1924年に就役した工作艦メデューサは独力で水上艦艇の大規模修理を完遂する能力を持つ米海軍で初めて工作艦として設計された艦であった。艦内には鍛冶、ボイラー修理から溶接、旋盤等、艦底を修理するためのあらゆる工作機械が装備されていただけでなく、水上機の修理も行えるようになっており、さらには大型洗濯機や製パン設備、冷蔵庫なども持つ給糧艦的な艦でもあった。

 

同型艦

工作艦メデューサ(起工1920年1月、竣工1924年9月、解体1951年)

 

戦歴

02_工作艦メデューサ
(画像はwikipediaより転載)

 

 メデューサは竣工すると太平洋艦隊に配属、以降、太平洋戦争開戦までは主に輸送任務に従事した。太平洋戦争開戦時には真珠湾に停泊しており、日本海軍の真珠湾攻撃時には特殊潜航艇甲標的を撃沈する戦果を挙げている。攻撃終了後には工作艦としての修理任務に活躍した。以降、1942年3月までは真珠湾で復旧活動を行った。

 1942年4月、メデューサはニューヘブリディーズ、エファテ島に進出した。このエファテ島とは、ガダルカナル島東南約1000kmにある島で日本軍の根拠地であったラバウルからガダルカナル島までの距離に等しい。メデューサはここで1944年3月まで戦闘で損傷した艦艇の修理任務を遂行した。

 1944年3月メデューサはエファテ島を出航、ニューギニア、ガダルカナル島とソロモン海近海で修理任務を行った。日本海軍のラバウル航空基地は1944年2月にはほぼ全部隊が撤収を完了しており、本艦がソロモン海近海で作戦行動を行ったということはこの海域が後方地帯となったことを意味すると考えてよいだろう。

 以降、アドミラルティ諸島マヌス島を拠点として艦艇修理を担当、1945年1月にはニューギニア島ホーランディア(ニューギニア島中央北部パラオ諸島の南方)で艦艇修理を行った。1945年7月には再びマヌス島に進出終戦を向かえる。1946年11月退役、1947年除籍され1951年に解体された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦ポルタヴァ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ペトロパブロフスク級は速力こそ若干遅かったものの、それ以外の性能面では当時の一流戦艦と比べても遜色のないものであった。同型艦3隻とも日露戦争に参加、3隻とも撃沈されるが、戦艦ポルタヴァは後に日本軍により浮揚、戦艦丹後となったのち再びロシア軍に編入、さらにイギリス軍に鹵獲、ソビエト海軍に編入という数奇な運命を辿る。

 

戦艦ペトロパブロフスク級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 11354トン
 最大排水量 -トン
 全長 112.38m
 全幅 21.31m
 吃水 7.77m
 機関出力 1万1250馬力
 最大速力 16.5ノット
 航続距離 4000海里/10ノット
 乗員 632名
 武装 40口径30.5cm砲連装2基
    45口径15.2cm砲連装4基
    45口径15.2cm砲単装4基
    4.7cm砲単装12基
    3.7cm砲単装28基
    45.7cm水上発射管2門
    同水中発射管4門
 装甲 舷側 40.6cm
    甲板 7.6cm
    主砲 35.6cm
 同型艦 3隻

 

特徴

02_戦艦丹後
(画像はwikipediaより転載)

 

 本級は当時の世界の戦艦の水準からしても速力が若干劣る以外は(16.5ノット。同時期に竣工したイギリス戦艦カノーパス級は18ノット)、遜色のない性能を有していた。艦形は艦首、艦尾は著しく突出、かつ水線部分から上部に上がるにつれて絞られていくといういわば「ピラミッド型」のような形状をしていた。これは備砲の視界を確保するためにも有効であった。主砲は40口径30.5cm砲で当時の平均的なもので1発/分の発射性能を持つ。

 

同型艦

戦艦ペトロパブロフスク(起工1892年5月、竣工1899年)
戦艦ポルタヴァ(起工1892年5月、竣工1899年)
戦艦セヴァストポリ(起工1892年5月、竣工1899年)

 

戦歴

03_戦艦チェスマ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ペトロパブロフスクは1899年に就役すると太平洋艦隊に所属。1900年5月に旅順口に到着し、太平洋艦隊の旗艦となった。日露戦争時、旅順港外で触雷して沈没。乗艦していたロシア太平洋艦隊司令官ステパン・マカロフ中将も戦死した。戦艦ポルタヴァは1900年に就役、黄海海戦に参加したが、日本軍による旅順口砲撃により大破着底した。後に日本軍により浮揚鹵獲され戦艦丹後となる。この戦艦ポルタヴァは数奇な運命をたどるがそれは後述する。戦艦セヴァストポリは黄海海戦に参加、旅順港外において駆逐艦、水雷艇の攻撃により着底、日本軍による鹵獲を避けるために1905年1月に沖合で自沈した。

 

戦艦丹後(戦艦ポルタヴァ)

 1905年5月日本軍により浮揚鹵獲された戦艦ポルタヴァは戦艦丹後と命名され一等戦艦として日本海軍に編入された。編入された後、ボイラーは日本製に変更され、さらに兵装などが変更された。1912年には一等海防艦へ類別変更、第一次世界大戦では日本とロシアは同盟国となったため1916年にロシアに返還された。この際、艦名ポルタヴァは既に使用されていたために戦艦チェスマと変更された。

 

戦艦チェスマ(戦艦ポルタヴァ)

 戦艦チェスマとなったポルタヴァは白海艦隊に編入、ロシア内戦ではソビエト軍に参加した。このためロシア内戦に介入した連合軍により鹵獲された。イギリス軍では刑務所として使用されていたが、イギリス軍の撤退により白海艦隊に復帰、1923年廃棄処分が決定、翌年に解体された。

 

関連リンク

前級シソイ・ヴェリキー級戦艦

 

次級ロスティスラブ級戦艦

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦ドレットノート
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ドレットノートは当時の戦艦の主砲が前後に4門、速力が18ノット程度あったのに対して主砲10門、速力21ノットと圧倒的な火力と速力を発揮した。このために本艦以前の戦艦は一気に陳腐化してしまったという革命的な戦艦である。現在、大きい、スゴイという意味で使用されている「超ド級」という言葉の語源でもある。

 

戦艦ドレットノート級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 18110トン
 最大排水量 -トン
 全長 160.6m
 全幅 25m
 吃水 9.4m
 機関出力 2万3000馬力
 最大速力 21ノット
 航続距離 6620海里/10ノット
 乗員 773名
 武装 45口径30.5cm砲連装5基
    40口径7.6cm砲単装27基
    45cm水中発射管5門
 装甲 舷側 279cm
    甲板 7.6cm
    主砲 27.9cm
 同型艦 1隻

 

特徴

 戦艦史に革命をもたらした戦艦である。本級以前の戦艦は基本的に前後に主砲塔を持ち、舷側に副砲を多数配置するというのが基本的な方であったが、本級は、主砲塔を前後に2門、舷側左右に2門、戦艦の中心線上中央部に1門の合計5基(10門)を装備する。これによりあらゆる方向への攻撃に対して最低でも6門の主砲を発射することができる。以前の戦艦と比較すると正面では前弩級戦艦が2門であるのに対してドレットノートは6門、側面では前弩級戦艦が4門であるのに対してドレットノートは8門と圧倒している。

 さらに機関も高速を出すために最新のタービン機関を採用、これにより前弩級戦艦が18ノット程度であったのに対して21ノットという高速を出すことが出来た。この高速により戦場ではドレットノートが「敵を選べる」状態になったといっていい。主砲を強化したことによりそれまで艦首下部に付いていた衝角は廃止された。

 しかし新しい型であることから問題点も多かった。まず、舷側の装甲板が下に設置しすぎたために水面下に没してしまい価値を半減させてしまった。そして檣楼の前に煙突を設置したことにより檣楼に煙突からの煙がかかってしまい、射撃式装置の能力を低下させた。これらの欠点はあったものの前弩級戦艦の倍の火力と3ノットの優速はそれまでの戦艦を一気に陳腐化させてしまった。

 

同型艦

(起工1905年10月、竣工1906年12月)

 

戦歴

02_戦艦ドレットノート
(画像はwikipediaより転載)

 

 1906年に就役したドレットノートは1907年から1911年までイギリス本国艦隊の旗艦を務めた。1914年に第一次世界大戦が始まるとドレットノートは北海第4戦艦戦隊の旗艦として活動した。1915年にはドイツ海軍の潜水艦U-29を体当たりで撃沈したが、これは戦艦による潜水艦撃沈の唯一の戦果であり、その記録を作ったのが衝角を廃しした本艦であったのは皮肉であった。

 本艦登場以後の弩級戦艦の発達は目覚ましく第一次世界大戦時にはすでに低速艦となっていたこともあり、本艦はドイツ航空機に対して対空戦闘をした以外は戦闘には参加していない。戦後は予備艦となり、1920年3月に退役、1923年解体された。

 

戦艦ドレットノート(模型)

 

トランペッター 1/700 イギリス海軍戦艦 HMS ドレッドノート 1915 プラモデル

 中国のトランぺッター社の製品。1/700と艦船模型では標準サイズといっていい。

 

ズベズダ 1/350 イギリス戦艦 ドレッドノート ZV9039 プラモデル

 ロシアのズベズダ社のドレットノート。スケールは1/350と大きい。

 

イギリス海軍戦艦ドレッドノート: 弩級・超弩級戦艦たちの栄光 1906-1916 (オーナーズ・ワークショップ・マニュアル)

 一冊ドレットノートについて書いてある本。かなり詳しい。ドレットノートへの愛が止まらない方にはおススメ。

 

まとめ

 

 ドレットノートは戦艦史の革命ともいえる艦であった。前弩級戦艦との戦いでは正面では3倍、側面でも2倍の火力で圧倒した。さらに速力が3ノットも高速であったため、ドレットノートが戦場を選ぶことができるという無敵の戦艦であった。しかし、実戦に投入された時点ではすでに旧式化しており目立った活躍をすることはなかった。とはいえ本艦の登場が世界に与えた衝撃は小さくない。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦ロスティスラブ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ロスティスラブは世界で初めて石炭・重油混合燃焼装置を採用した戦艦であった。主要装甲部分にハーヴェイ鋼を使用した強力な防御力を持った戦艦であったが、主砲が25.4cm砲と攻撃力が弱かった。第一次世界大戦では艦砲射撃等に活躍した後、ロシア革命で放棄され、ドイツ軍に接収、さらにドイツの敗北によりイギリス軍に接収されるという数奇な運命を辿った。

 

戦艦ロスティスラブ 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 8880トン
 最大排水量 -トン
 全長 107.23m
 全幅 20.73m
 吃水 6.71m
 機関出力 8700馬力
 最大速力 15.6ノット
 航続距離 3000海里/10ノット
 乗員 650名
 武装 45口径25.4cm砲連装2基
    15.2cm砲連装4基
    4.7cm砲単装12基
    3.7cm砲単装16基
    45.7cm水上発射管4門
    同水中発射管2門
 装甲 舷側 35.6cm
    甲板 7.6cm
    主砲 25.4cm
 同型艦 1隻

 

特徴

02_戦艦ロスティスラブ
(画像はwikipediaより転載)

 

 沿岸防御型の小型戦艦である戦艦ロスティスラブは黒海艦隊用として竣工した。特徴は主砲のみならず副砲も砲塔式となり、主要部分の装甲は最新のハーヴェイ鋼が使用された。世界初の石炭・重油混合燃焼装置を採用した戦艦でもある。主砲が当時主流であった30.5cm砲ではなく25.4cm砲であり、攻撃力が劣るという欠点があった。主砲弾は1門当り80発、合計320発が内蔵されていた。

 

同型艦

戦艦ロスティスラブ(起工1894年1月、竣工1896年8月)

 

戦歴

 黒海艦隊に所属した戦艦ロスティスラブは1905年、戦艦ポチョムキンの反乱の鎮圧に参加した。第一次世界大戦が始まると艦砲射撃等に活躍した。1917年のロシア革命の当初は本艦も戦闘力を維持していたが、1918年になると規律は乱れ、乗組員は艦を去っていった。

 結局、セヴァストポリで放棄された戦艦ロスティスラブはセヴィストポリを占領したドイツ軍に接収されるが、1918年、第一次世界大戦が終結すると今度はイギリス軍に接収された。1919年、イギリス軍が撤収する時にロスティスラブの動力を破壊したため、以後は浮砲台として使用された。1920年11月に自沈させられ、1930年に解体された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦シソイ・ヴェリキー
(画像はwikipediaより転載)

 

 ロシア海軍の前弩級戦艦である。舷側をニッケル鋼で覆い、主砲の全周囲にもニッケル鋼の装甲を設ける等、近代戦艦としての完成度を高めた戦艦である。義和団の乱の鎮圧に活躍したが、日本海海戦で日本駆逐艦の雷撃により撃沈された。

 

戦艦シソイ・ヴェリキー 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 10400トン
 最大排水量 -トン
 全長 107.23m
 全幅 20.73m
 吃水 7.77m
 機関出力 8500馬力
 最大速力 15.7ノット
 航続距離 -海里/-ノット
 乗員 586名
 武装 40口径30.5cm砲連装2基
    15.2cm砲単装6基
    4.7cm砲単装12基
    3.7cm砲単装18基
    45.7cm水上発射管6門
 装甲 舷側 40.6cm
    甲板 7.6cm
    主砲 30.5cm
 同型艦 1隻

 

特徴

 バルト艦隊初の1万トン級戦艦ナヴァリンの系統をひく戦艦であるが、船体形状は英戦艦ロイヤルサブリン級に酷似している。戦艦ナヴァリンと同様、バルト艦隊用の戦艦として建造された。装甲は戦艦ナヴァリンが複合装甲であるのに対してシソイ・ヴェリキーはニッケル鋼と進化している。さらに主砲フランス式の全周囲が防御されている形式で天蓋にも装甲が施された。発射速度は1発/1分である。最大の特徴はロシア戦艦として初のボイラーにベルヴィール水管缶を採用したことである。

 

同型艦

戦艦シソイ・ヴェリキー(起工1891年7月、竣工1896年8月)

 

戦歴

02_戦艦シソイ・ヴェリキー
(画像はwikipediaより転載)

 

 同時期に建造された戦艦ナヴァリンと同様に本艦も部品の供給や技術的な問題により竣工までに5年以上を要した戦艦であった。竣工後はバルト艦隊に配属され地中海海域の作戦に従事しました。1900年に中国で義和団の乱が勃発すると戦艦ナヴァリンと共に中国に派遣された。

 1902年には修理のためにバルト海に戻るが1904年、日露戦争によってバルチック艦隊に配属される。日本海海戦での砲撃戦では沈まなかったが、夜間に日本海軍の駆逐艦の雷撃により撃沈された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦ナヴァリン
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ナヴァリンはロシア海軍初の1万トン級戦艦である。主砲こそ古かったものの低い乾舷と40cmに及ぶ重装甲によって建造当時は撃沈不可能と言われていた。1904年、バルチック艦隊に配属され、日本海海戦で鈴木貫太郎司令麾下の駆逐艦隊の攻撃により撃沈された。

 

戦艦ナヴァリン 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 10206トン
 最大排水量 -トン
 全長 109m
 全幅 20.42m
 吃水 8.38m
 機関出力 9140馬力
 最大速力 15.5ノット
 航続距離 3050海里/10ノット
 乗員 622名
 武装 35口径30.5cm砲連装2基
    15.2cm砲単装8基
    4.7cm砲単装8基
    3.7cm砲単装15基
    38.1cm水上発射管6門
 装甲 舷側 40.6cm
    甲板 6.3cm
    主砲 30.5cm
 同型艦 1隻

 

特徴

 戦艦ナヴァリンはバルト艦隊用に建造されたバルト艦隊初の1万トン級戦艦である。舷側で最大40.6cmにもなる複合装甲と並列で配置された4本の煙突が特徴である。その他司令塔や主砲にはフランス製のニッケル鋼が使用され防御力の強化が図られており、さらに極めて低い乾舷を採用したため、船体面積を減らすことができ、重装甲と相まって就役当時は砲撃での撃破は不能と看做されていた。

 逆に乾舷の低さは高い防御力を発揮はしたが航洋性という点から見ると欠点であった。主砲は30.5cm連装砲2基と当時の平均的な装備であったが、当時でもすでに旧式化している黒色火薬を使用していた。

 

同型艦

ナヴァリン(起工1890年5月、竣工1895年6月)

 

戦歴

 1890年に起工し、1891年10月に進水したナヴァリンであったが、装備の納入が遅れたことやボイラーの不具合によって竣工したのは1896年と遅かった。竣工したナヴァリンは予定通りバルト艦隊に配備され、地中海を中心に活動した。1898年にはスエズ運河からシンガポール、香港を経て極東に派遣され、義和団の乱の鎮圧に活躍した。

 1902年、義和団の乱の鎮圧が完了するとナヴァリンはバルト海に戻った。そこで改修を受ける。この改修によってナヴァリンは測距儀、無線機が装備された。さらに砲塔の増設も行われている。1904年に日露戦争が勃発するとナヴァリンはバルチック艦隊に配属され、喜望峰を周り極東へ向かった。1905年日本海海戦において「鬼貫太郎」こと鈴木貫太郎司令率いる駆逐艦隊の雷撃により撃沈された。

 

関連リンク

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦アドミラール・ウシャコーフ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦アドミラール・ウシャコーフはロシア海軍の海防戦艦である。同型艦3隻が建造され、3隻とも日本海海戦に参加する。1番艦以外は日本軍に鹵獲され、海防艦見島、沖島となる。その後も様々に類別を変更されたのち1930年代中盤から後半まで使用された。

 

戦艦アドミラル・ウシャコフ級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 4971トン
 最大排水量 -トン
 全長 87.32m
 全幅 15.83m
 吃水 5.94m
 機関出力 5750馬力
 最大速力 16ノット
 航続距離 2600海里/10ノット
 乗員 404名
 武装 45口径25.4cm砲連装2基
    45口径25.4cm砲単装1基
    12cm砲単装4基
    4.7cm砲単装6基
    3.7cm砲単装16基
    38.1cm水上発射管4門
 装甲 舷側 25.4cm
    甲板 7.6cm
    主砲 20.3cm
 同型艦 3隻

 

特徴

02_海防艦沖島
(画像は海防艦沖島 wikipediaより転載)

 

 本級はドイツ海軍のオーディン級やスウェーデン海軍の艦艇に対抗して建造された海防戦艦である。本来は4隻建造することを計画されていたが3隻のみが就役した。装甲は旧来のニッケル鋼であるが、3番艦ゲネラール=アドミラール・アプラークシンのみは最新のハーヴェイ鋼を使用している。このため3番艦のみは装甲が薄くなっている。

 

同型艦

アドミラール・ウシャコーフ(起工1892年1月、竣工1895年2月)
アドミラール・セニャーヴィン(起工1892年8月、竣工1894年8月)
ゲネラール=アドミラール・アプラークシン(起工1894年10月、竣工1896年5月)

 

戦歴

03_砕氷艦見島
(画像は砕氷艦見島 wikipediaより転載)

 

 就役後、訓練に従事した本級であったが、日露戦争が始まると3隻ともバルチック艦隊に編入されスエズ運河を通りインドシナでバルチック艦隊本隊と合流した。日本海海戦により1番艦は撃沈、2番艦、3番艦は日本軍に鹵獲された。

 鹵獲後、日本海軍に編入され、2番艦アドミラール・セニャーヴィンは海防艦見島、3番艦ゲネラール=アドミラール・アプラークシンは海防艦沖島と改名された。編入された後は第4艦隊に所属、見島は砲塔の爆発事故により主砲、副砲等が換装されている。

 第一次世界大戦が始まると両艦ともに青島方面での作戦に参加した。沖島は1922年除籍、その後雑役船となり、佐世保で練習船として使用された。1924年廃艦となり、当初は記念艦として保存する予定であったが荒天時に座礁、破壊されたため1939年に解体された。

 一方、見島は1918年に砕氷艦として改装され、シベリア出兵ではウラジオストクやシベリア方面に進出した。1922年には潜水母艦に改造され、十年以上にわたり活躍する。1935年10月除籍、1936年5月標的艦として沈没した。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦トリ・スヴィティテリア
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦トリー・スヴャチーチェリャは建造当時はロシア最大の戦艦であった。19世紀末の建造から第一次世界大戦まで参加し、ソビエト海軍に編入されて1923年に廃艦となったという長期間使用された艦であった。これは主砲を最新の40口径30.5cm砲を採用したことによる。

 

戦艦トリー・スヴャチーチェリャ 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 12480トン
 最大排水量 -トン
 全長 115.14m
 全幅 22.25m
 吃水 8.66m
 機関出力 11300馬力
 最大速力 17ノット
 航続距離 3980海里/10ノット
 乗員 753名
 武装 40口径30.5cm砲連装2基
    15.2cm砲単装8基
    12cm砲単装4基
    4.7cm砲単装10基
    3.7cm砲単装40基
    45.7cm水上発射管4門
    同水中発射管2門
 装甲 舷側 45.7cm
    甲板 7.6cm
    主砲 40.6cm

 

特徴

 戦艦トリー・スヴャチーチェリャは竣工時点でロシア海軍最大の戦艦で名前はロシア語で「三成聖者」の意味。装甲は国産装甲ではなく、イギリスより輸入したニッケル鋼が使用された。主砲は従前の35口径30.5cm砲ではなく、砲身が延長された40口径30.5cm砲が採用された。動力機関もイギリスからの輸入であるが、最高速度は17.7ノットと高性能を発揮した。本艦は世界で初めて無線通信装置を搭載した戦艦でもある。

 

同型艦

(起工1891年9月、竣工1897年8月)

 

戦歴

02_戦艦トリ・スヴィティテリア
(画像は改装後の戦艦トリ・スヴィティテリアwikipediaより転載)

 

 戦艦トリー・スヴャチーチェリャは竣工すると黒海艦隊に配属。1905年には戦艦ポチョムキンの反乱の鎮圧に参加。1911年から1912年にかけて近代化改修が行われた。この改装では重心が下げられ、各種の兵器類の変更が行われた。外観上も別物といっていいほど変更された。

 第一次世界大戦が始まると、ロシア海軍の数少ない主力艦として艦砲射撃等に活躍、ロシア革命後はソビエト海軍に編入された。1923年に廃艦となるが、1925年になってやっと除籍された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦ドヴィエナザット・アポストロフ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ドヴィエナザット・アポストロフは1892年に就役した黒海艦隊用の沿岸防御型戦艦である。戦艦ポチョムキンの反乱の鎮圧作戦に参加した以外には目立った活躍は無い。1931年に解体されている。

 

戦艦 ドヴィエナザット・アポストロフ 〜概要〜

 

性能

(画像はwikipediaより転載)

 

 通常排水量 8709トン
 最大排水量 -トン
 全長 104.24m
 全幅 18.29m
 吃水 8.38m
 機関出力 8750馬力
 最大速力 15.7ノット
 航続距離 4000海里/10ノット
 乗員 611名
 武装 30口径30.5cm砲連装1基
    22.8cm砲単装4基
    15.2cm砲単装8基
    4.7cm砲単装10基
    3.7cm砲単装8基
    38.1cm水上発射管5基(ニコライは6基)
 装甲 舷側 35.6cm
    甲板 -cm
    主砲 25.4cm
 同型艦 2隻

 

特徴

 戦艦インペラトール・アレキサンドル2世級に次いで建造された艦で、艦名はロシア語で十二使徒という意味。前級の主砲が連装1基であったのに対して2基装備したデザインに優れた戦艦であった。主砲は蒸気機関により動作する。装填機構が船体に固定されていたために砲弾装填時には砲を中央線上に向ける必要があった。このために主砲の発射速度は1発/4分と遅い。主砲に天蓋はない。

 

同型艦

(起工1888年2月、竣工1892年12月)

 

戦歴

02_戦艦ドヴィエナザット・アポストロフ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦ドヴィエナザット・アポストロフは1892年に就役したが、特に大きな作戦に参加することはなかった。1905年に戦艦ポチョムキンに反乱が起こると鎮圧に出動するが失敗している。1911年武装解除され、1912年に宿泊船に改造された。1918年まで機能していたが、1931年に解体された。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦インペラートル・アレキサンドル2世
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦インペラートル・アレキサンドル2世級はロシア海軍初の近代戦艦である。姉妹艦にはインペラートル・ニコライ1世があり、バルチック艦隊に配属され、日本海海戦で日本軍に鹵獲された。以降、二等戦艦壱岐となり、1915年に標的艦として撃沈されている。

 

戦艦インペラートル・アレキサンドル2世級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 9500トン
 最大排水量 -トン
 全長 105.53m
 全幅 20.42m
 吃水 7.87m
 機関出力 8500馬力
 最大速力 15.3ノット
 航続距離 4000海里/10ノット
 乗員 611名
 武装 30口径30.5cm砲連装1基
    22.8cm砲単装4基
    15.2cm砲単装8基
    4.7cm砲単装10基
    3.7cm砲単装8基
    38.1cm水上発射管5基(ニコライは6門)
 装甲 舷側 35.6cm
    甲板 -cm
    主砲 25.4cm
 同型艦 2隻

 

特徴

 本級はドイツ海軍のザクセン級装甲艦に対抗する目的で建造されたバルチック艦隊用に設計された小型戦艦である。姉妹艦は2隻あり、主砲や装甲等が若干異なる。主砲は連装1基で天蓋が付いているが、破片を防ぐ程度の能力しかない。砲弾の揚弾、装填は水圧によって行われる。発射速度は1発/5分である。

 

同型艦

インペラートル・アレキサンドル2世(起工1885年7月、竣工1891年6月)
インペラートル・ニコライ1世(起工1886年8月、竣工1891年7月)

 

戦艦インペラトール・アレキサンドル2世級の活躍

 

1番艦インペラトール・アレキサンドル2世

02_戦艦インペラートル・アレキサンドル2世
(画像はwikipediaより転載)

 

 1891年に竣工したインペラートル・アレキサンドル2世は、バルト艦隊に配属。1896年8月には地中海艦隊に配属、さらには1897年からはマルタ島に移動、国際艦隊に参加した。1901年9月にはバルチック艦隊の拠点であるクロンシュタットに帰還した。1902年から1904年にフランスで改装を受け武装が強化されたが、1907年には練習艦となり、1917年5月にはザリャ・スヴォボデ(ロシアのカザフスタン近郊の地名)と改称される。1922年スクラップとして売却された。

 

2番艦インペラートル・ニコライ1世

03_戦艦インペラートル・ニコライ1世
(画像はwikipediaより転載)

 

 姉妹艦のインペラートル・ニコライ1世は1891年、バルト艦隊に配属、1893年には大西洋を横断してアメリカに行った。その後、その後、アレキサンドル2世と同様に国際艦隊に所属、太平洋に回航された。日清戦争後の1895年4月には長崎に寄港している。1898年4月には大規模な改修を受けている。1905年1月には第三太平洋艦隊旗艦としてバルチック艦隊に配属、日本海海戦で日本海軍に降伏した。

 

二等戦艦壱岐

 日本海軍によって鹵獲された戦艦インペラートル・ニコライ1世は、二等戦艦壱岐と改名し、横須賀鎮守府籍となるが、同年12月には一等海防艦に類別変更された。1915年5月退役、10月には標的艦として戦艦金剛、比叡の砲撃により撃沈される。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

01_戦艦トライアンフ
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦艦スイフトシュア級はチリ海軍がイギリスに発注した戦艦であったが、チリが財政難に陥り購入を放棄したことからイギリスが購入したという複雑な経過を経てイギリス海軍に編入された戦艦であった。性格的には高速戦艦、二等戦艦に該当する。

 

戦艦スイフトシュア級 〜概要〜

 

性能

02_戦艦スイフトシュア
(画像は戦艦スイフトシュア wikipediaより転載)

 

 通常排水量 11800トン
 最大排水量 -トン
 全長 146.2m
 全幅 21.6m
 吃水 7.7m
 機関出力 1万2500馬力
 最大速力 19ノット
 航続距離 6210海里/10ノット
 乗員 800名
 武装 25.4cm砲連装2基
    19cm砲連装14基
    14ポンド砲単装14基
    7.6cm砲単装2基
    5.7cm砲単装4基
    45cm水中発射管2門
 装甲 舷側 17.8cm
    甲板 7.6cm
    主砲 25.4cm
 同型艦 2隻

 

特徴

 本級は本来、チリ海軍向けに建造された戦艦であった。しかし日露戦争においてロシアが海軍力を増強しており、本級をロシアが購入するのを防ぐためにイギリス海軍が購入したという経緯がある。本級の特徴は排水量11800トン、主砲25.4cm、最高速度19ノットという軽装、高速の戦艦である。このためイギリス海軍で使用されたいた他の戦艦と性格が異なっており、艦隊運用面で支障をきたした。結果的に単独で運用されることが多かった。

 

同型艦

スイフトシュア(起工1902年2月、就役1904年6月)
トライアンフ(起工1902年2月、就役1904年6月)

 

戦歴

03_戦艦トライアンフ
(画像は戦艦トライアンフ wikipediaより転載)

 

 本級は完成すると2隻とも本国艦隊、そして海峡艦隊に配属された。1909年には地中海艦隊に異動、1912年にはどちらも本国艦隊に復帰した。1913年にスイフトシュアは東インド基地、トライアンフは香港基地にそれぞれ配属された。

 1914年、第一次世界大戦が始まるとスイフトシュアはインド洋に展開、その後スエズ運河の防衛に活躍した。トライアンフは中国においてドイツ領青島の攻撃に参加した。その後、地中海に異動するが、1915年5月ドイツ海軍UボートU-21の雷撃で撃沈される。スイフトシュアはガリポリの戦いに参加した後、練習艦、標的艦となり1920年にはスクラップとして売却された。

 

まとめ

 

 本級は独特な経過を経てイギリス海軍に所属したため、他の戦艦との共同運用が難しく、海外で運用されることが多かった。経過においては日本海軍の二等戦艦になる可能性もあったが、結局、イギリス海軍が購入した軽装甲、高速戦艦であった。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング

 

↑このページのトップヘ