カテゴリ: 搭乗員

 撃墜19機のエースで活躍したのは半年足らずであった。乙飛9期出身であり、日中戦争は経験していない。太平洋戦争開戦時には弱冠20歳であった。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 概要  大正11年愛媛県に生まれる。昭和16年10月乙9期飛練を卒業して、昭和17年2月台南空に …
続きを読む
中瀬正幸一飛曹 〜敵飛行場に強行着陸した秀才〜

(画像はwikipediaより転載)  中瀬正幸は大正7年生まれ、乙飛5期予科練を修了したのち戦闘機搭乗員となった。乙飛5期とは太平洋戦争で中堅、ベテランとして活躍するクラスであるが、中瀬が活躍したのは主に日中戦争である。総撃墜数は18機で敵飛行場に強行着陸をして指揮所 …
続きを読む
松場秋夫中尉 〜沈黙を貫き通した老練パイロット〜

(画像はwikipediaより転載)  岩本、坂井等、著名な撃墜王の先輩にあたるエースである。操練26期を修了した。昭和11年11月、空母加賀乗組。この当時の加賀はすでに単層甲板に改装されたあとだった。その後、日中戦争が勃発。太平洋戦争では各飛行隊を転戦したのち、343空に …
続きを読む

 長野喜一は戦闘機搭乗員の操練最後の期である56期出身で総撃墜数は20機以上ともいわれる搭乗員である。開戦時にはまだ10代という非常に若いパイロットであったが、激烈なラバウル航空戦に参加、幾度も死線をくぐり抜けていった。戦争後期には台湾沖航空戦、比島航空戦に参 …
続きを読む
荻谷信男 〜二週間弱で18機撃墜した異才〜

(画像はwikipediaより転載)  荻谷信男は48期操縦練習生出身で生涯に撃墜した敵機は24機と言われている。当時、海軍航空隊内部でも坂井三郎や岩本徹三という名は知れ渡っていたという。しかし、逆に荻谷は当時ほとんど部内でも知られることがなかった搭乗員であったようだ …
続きを読む

 岡野博は大正10年生まれ、操練54期を修了した。日中戦争は経験していないが太平洋戦争開戦時には十分な訓練を受けての参加である。太平洋戦争を戦い抜いたのち、343空で終戦を迎えたという円熟の搭乗員であった。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 概要 大正10年茨城県 …
続きを読む
笹井醇一中尉 〜軍鶏と呼ばれた海軍士官〜

(画像はwikipediaより転載)  第一次世界大戦のトップエースは80機を撃墜した「レッドバロン」ことリヒトホーヘン男爵である。そのリヒトホーヘン男爵を目指し、東洋のリヒトホーヘンと言われたのが、海軍士官中最多の撃墜数を記録している男、笹井醇一中尉である。著名な …
続きを読む
赤松貞明中尉 〜型破りなグレートエース〜

(画像はwikipediaより転載)  赤松貞明中尉は、太平洋戦争で活躍した主要なエース達が10代後半から20代前半で開戦を迎えていたのに対して、31歳であり、彼らの教官クラスの搭乗員である。そして豪放磊落で多彩なエピソードを持っている海軍航空隊の中でも有名な男だった。 …
続きを読む

 石井静夫は、福岡県出身で昭和16年4月〜昭和18年10月までと2年半の間、台南空、隼鷹戦闘機隊等で活躍、日中戦争で3機、太平洋戦争で26機撃墜した搭乗員である。操練50期だと大体初陣は太平洋戦争なのであるが、この石井静夫は中国戦線が初陣である。太平洋戦争開戦前までに …
続きを読む

 石原進は甲飛3期出身で総撃墜数は16機とも30機ともいわれている。日中戦争、太平洋戦争に参加して戦後は航空自衛隊のパイロットとなったが事故により殉職した。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 概要  大正10年愛知県生まれ。昭和13年10月甲飛3期生として予科練に入隊 …
続きを読む

 乙飛5期といえば太平洋戦争で中核となった予科練のクラスだ。中瀬正幸(18機撃墜)、吉野俐(15機撃墜)、山下佐平(13機撃墜)、角田和男(13機撃墜)等、多くのエースを輩出したクラスだ。その分、消耗も激しかった。乙飛5期戦闘機専修17名中、太平洋戦争を生き抜いたの …
続きを読む

 この大原亮治氏は丙飛4期出身。丙飛4期とは太平洋戦争開戦後に卒業したクラスだ。つまり卒業後、いきなり練度の高い米軍航空隊と戦わなければならないという非常に厳しい状況に置かれていた。ただ、この丙飛4期はまだ初戦期であったせいか後半に比べればまともな訓練を受け …
続きを読む
岩本徹三少尉 〜ズルくても墜とせばいい。孤高の零戦虎徹〜

(画像はwikipediaより転載)  岩本徹三少尉は、太平洋戦争の海軍戦闘機搭乗員で最も有名であるといっていい。大言壮語型の人間で腕は超一流、日中戦争から太平洋戦争をほぼ第一線で戦い抜き終戦を迎えた。総撃墜数は216機と自称しているというが、実際は80機ともいう。撃墜 …
続きを読む
武藤金義少尉 〜妻を愛した空の宮本武蔵〜

(画像はwikipediaより転載)  武藤金義少尉は、撃墜王の坂井三郎をして「日本海軍で最も強靭な戦闘機乗りだった」と言わしめた男である。横須賀航空隊にいた当時、F6Fヘルキャット12機編隊に単機で突入し、みんなの観ている前で4機を撃墜したという逸話を持つ。この光景を …
続きを読む

 仲道渉飛曹長とは丙飛4期という戦中に不十分訓練しか受けられなかった世代の搭乗員で未熟な状態で激烈な航空戦が展開されているラバウルに送りこまれた。そして無事生還しただけでなく、20機もの撃墜を報告した稀有な搭乗員である。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 略歴 …
続きを読む

 撃墜72機といわれる謎の多い撃墜王である。私が現段階で調べた結果が以下のものだ。 日本海軍戦闘機隊のエースとは  生年月日不明である。大正9年前後生まれ。乙種予科練7期生なので、昭和11年6月予科練7期生として海軍に入隊したと推定される(但し、昭和10年とする …
続きを読む
岡部健二少尉 〜艦隊防空戦闘のエース〜

(画像はwikipediaより転載) 日本海軍戦闘機隊のエースとは  著名なエース坂井三郎と同期の母艦戦闘機隊のエースである。戦争後半の同調圧力の中で特攻作戦に強硬に反対した気骨のある搭乗員だ。撃墜数は15機とも、また50機ともいわれる。実際のところは不明であるが、操 …
続きを読む
坂井三郎少尉 〜航空撃滅戦の勇者〜

(画像はwikipediaより転載)  日本でもっとも有名な撃墜王。大空のサムライこと坂井三郎である。坂井は海兵団から操縦練習生を経て最終階級は少尉、戦後に何だか分らない昇進で中尉となったという正真正銘の叩き上げ軍人で、昭和18年、大村航空隊教員時代に多撃墜搭乗員と …
続きを読む
小町定飛曹長 〜部下に愛された敏腕搭乗員〜

(画像はwikipediaより転載)  今日、紹介するのは日本海軍航空隊撃墜王小町定である。小町氏は1920年生まれ、操縦練習生49期を修了後、空母翔鶴に配属される。日中戦争には参加しておらず、初陣は真珠湾攻撃であった。基本的に母艦搭乗員は特に優秀な隊員が配属されるとい …
続きを読む
搭乗員とコックリさん

 コックリさんは知っているだろうか。私が子供の頃、定期的にコックリさんが流行った。いろいろな方法があるようだが私の子供の頃はコインを使っていたと思う。私と同世代だったら一回はやったことがあると思う。コックリさんとはどういうものだったか思い出せない人(私 …
続きを読む
日本海軍戦闘機隊のエースとは

(画像は岩本徹三少尉 wikipediaより転載) エースとは・・・  まず基本的なところから押えておきたい。「そもそもエースってよく聞く言葉だけど、そもそも何?」まずはそこら辺からはじめてみよう。  エース・パイロット(米・英:Flying Ace フライング・エース、仏:A …
続きを読む
西沢広義中尉 〜太平洋最強の撃墜王〜

(画像はwikipediaより転載) 日本海軍戦闘機隊のエースとは  西澤は、大正9年長野県に生まれる。昭和9年3月、高等小学校を卒業すると製糸工場に勤める。昭和11年6月、第7期予科練習生として海軍に入隊。昭和13年8月、霞ヶ浦空で飛行練習生、昭和14年3月〜6月まで大分航空 …
続きを読む

↑この写真の人!!  昭和20年3月26日、谷水は戦闘303飛行隊に編入された。戦闘303飛行隊は昭和19年3月1日に発足した飛行隊で太平洋戦争末期、海軍戦闘機隊の中で最も練度の高い部隊であった。  隊長は海兵63期のベテラン指揮官岡嶋清熊で、隊員には戦地帰りの熟練者 …
続きを読む

↑この写真の人!!  昭和19年2月下旬、横須賀に着いた谷水は飛練以来の戦友、杉野と別れ実家のある志摩に向かった。志摩で母親にあったのち、台湾方面行きの航空便を待つため鹿屋に向かった。そこで台南空より大村航空廠に練戦(練習用の航空機)の領収に来ていることを …
続きを読む

↑この写真の人!!  昭和18年11月1日、谷水達翔鶴戦闘機隊員は「ろ」号作戦に参加するためラバウルの西、ブナカナウ飛行場に進出した。「ろ」号作戦とは、第一航空戦隊(翔鶴、瑞鶴、瑞鳳)の艦隊航空隊をソロモン方面の戦闘に投入し、一挙に体制を立て直そうとした作戦 …
続きを読む

↑この写真の人!!  昭和18年1月、谷水は同期の杉野と共に冨高基地に移動する。冨高基地は艦隊航空隊の訓練基地で1月15日には訓練部隊である第50航空戦隊が開隊している。ここで艦隊航空隊の訓練を行うための移動だ。この時点で艦隊戦闘機隊への編入が決まっていたよう …
続きを読む

↑この写真の人!!  模型愛好家だったら、米軍の星マークに矢が刺さっている撃墜マークの横に立っている搭乗員の写真を見たことがあるかもしれない。零戦の写真集には必ずと言っていいほど掲載されている有名な写真だ。  この写真の男は谷水竹雄飛曹長。初陣から終戦 …
続きを読む
オール先任搭乗員 菊池哲生上飛曹 3/3

 菊池の性格は豪放磊落で気骨のある「日本の張飛」とあだ名されるほどの人物だったが菊池が広い視野で海軍全体を客観的に見ていることが分かる。ただの豪傑ではないのだ。菊池の聡明さを示すエピソードにこんなものがある。  のちの話になるが、昭和19年(1944年)5月 …
続きを読む