トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

雑記

01_北方領土
(画像はwikipediaより転載)

 

プーチンの温情を期待しちゃダメよ

 

はじめに

 どうも。中の人です。つまりはブログの管理人、そして執筆者であります。このブログでは出来るだけ自分の意見や個人的なことを書くのは止めようと思っていたのだが、最近、何となくこれらのことを書てみたくなったのだ。今後もたまに書くつもりではあるが、私は比較的(かなり)飽きっぽい性格なのでまたやめてしまうかもしれないが、今回は少し自分の意見というのを書いてみたいと思う(以前は書いていた)。

 

ロシア擁護発言

 今年の2月24日以降、ウクライナ戦争のことが話題に上らない日はない。それはそうであろう。21世紀の現在において大国が隣国に軍事侵攻するという思ってもみないことが起こったのだ。もちろん今までも戦争はあった。しかし今回の戦争はどうみても純粋な侵略戦争である。それも20世紀型というのか、戦車を先頭に軍隊が侵攻して来るというかなりステレオタイプの軍事侵攻であった。これは世界中大騒ぎになるに決まっている。

 もちろん国際法に違反しているのはロシアであって、ロシアが批判されなければならないのは当然のことである。現にマスコミの論調もロシア批判、ウクライナ擁護でほぼ統一されている。とはいってもウクライナが「正義」であるとは思えない私であるが、そんな私ですら奇異に感じるのがひたすらロシア擁護ともとれる発言を繰り返す鈴木宗男氏、そして最近、同氏のパーティーでウクライナ批判ともとれる発言をした森喜朗氏に対してである。

 意見とは人それぞれであってよいので、その発言自体を批判するつもりも否定するつもりもないのであるが、私は何故そのような発言が出て来るのかが理解できないのである。ウクライナという主権国家にロシア軍が大挙して侵攻、さらには占領地での虐殺を始め多くの戦争犯罪を行っている。これは国際法上の明確な違反であり、人道上も非難されるべきものだ。しかし鈴木、森両氏はそれらについてロシアを擁護、ウクライナを批判するような発言をしている。この原因はなんなのだろうか。

 

原因ななんなのさ

 鈴木宗男氏、森喜朗氏の経歴を考えるとどちらもプーチン氏との面識があることが窺える。特に森氏とプーチン氏は非常に信頼し合っている関係であるとも言われおり、鈴木氏もプーチン氏が最初に会った国外の政治家であるということを度々喋っている。つまりは両氏がロシア寄りの発言を行う理由は、単にプーチン氏に対して好意を持っているからなのだろうか。そうであればそれは全く個人の自由であるので、正直、私としては特に興味もない。

 しかし、私が以前からどうしても疑っているのは、鈴木氏や森氏等がロシア寄りの発言を、特に鈴木氏が繰り返すのは、プーチン氏におもねることによって北方領土が返還されることを期待しているのではないかということだ。以前から森氏とプーチン氏はそれぞれ「ヨシ」「ウラジミール」と呼び合っており、二人の友情物語のようなものが作家の佐藤優氏によって語られており、鈴木氏もプーチン氏が義理人情にあつい人物であると語っている。仮に両氏が、そのような人間関係からプーチンの義理人情によって北方領土の返還を狙っているのだとすれば、はっきり言って無駄である。可能性は99.9%ないと言ってよい。

 

権力って意外と複雑

 軍事オタク、歴史オタクでしかない私が偉そうに言えたことではないが、この理由について少し私見を書いてみたい。そもそも国家の意思決定というものはどういうものなのか。まず、そこから考えなくてはならない。例えばロシアの場合、国外の私達からみると元首であるプーチン氏が全て一人で決断しているように見える。しかし恐らく実際はそうではない。人口が1億3,000万人もいるロシア、それらを円滑に統治するためには政治家がおり、官僚機構が存在する。さらに軍隊に警察を始めとする治安機関、情報機関、さらにはオリガルヒ等も存在する。

 これらはそれぞれに職権がある以上、そこには権力が存在する。当然、上に上がれば上がるほど強くなる。特に武力を背景にした軍や警察、情報機関の権力というのは馬鹿にできないだろう。これらの官僚組織やオリガルヒ等は単なる人形ではなく、それぞれに意思を持っている。それは思想かもしれないし組織保存の意思かもしれないし、権力者の個人的な欲望かもしれない。これらの意思をある程度満足させなければ権力というのは維持できない。不満が高まれば求心力を無くしてしまうし、最悪反乱を起こされてしまう。

 「そんなもの弾圧してしまえばいい」と思うかもしれないが、仮にそうだとしても弾圧する組織の権力者の意思は少なくとも満足させなければならない。そうでなければ弾圧すらできないのだ。そういった組織も一つでは力を持ちすぎてしまう。なので安定して権力を掌握したければ複数の組織の権力者の意思を満たす必要がある。簡単に弾圧といっても弾圧する組織を維持するのも大変なのだ。何にしろ、トップに立つ人間というのはこれらの意思を持った権力者達の中でバランスを取りながら権力を維持しているに過ぎない。これはロシアに限った話ではなく、人類の全てのトップに対して言えることだ。「生殺与奪は思いのまま」というような絶対的な強権を持った権力者などというものは空想上の産物に過ぎないのだ。

 

国家という人格

 さらに国家というのは多くの国民が存在する。彼らの思想というのはその国のおかれた地理的条件、歴史によってある程度決定されている。例えば日本だと、日本というのは海に囲まれており、隣国には中国、ロシア、北朝鮮、韓国等の国があり、反対側には米国がある。中国、ロシア、北朝鮮という旧共産圏の国々と海を挟んで対峙しているという地理的条件がある。歴史的には日本は共産主義思想を受け入れなかった上に第二次世界大戦によって米国に完敗、米国の進駐を許した。この結果、同じ価値観を共有するようになった日本と米国は強力な同盟関係を構築、旧共産圏と対峙するようになったという歴史がある。米国は米国で海に囲まれた地理的条件で海の両端の国(英国、日本)と強力な同盟関係を持つことで自国の安全保障としている。

 つまりそれぞれ国家には地理的、歴史的に制約された「意思」と呼べるようなものが存在しており、それらは歴史の積み重ねで生まれた国家の大きな方向性である。さらには上述のように国家内には様々な権力が存在する。それらの複雑な関係によって意思決定がなされているのが国家であり、たった一人のトップの意向によってひっくり返すことは難しい。最高権力者といってもこれら複雑な力関係の中で「裁量権の大きな人」という程度でしかないのだ。仮にプーチン氏が北方領土の返還を義理人情によって決定したとしたらどうなるのか。恐らく国内右翼からは猛攻撃を受ける。それ以外にも戦争で手に入れた領土を何の理由もなく日本に譲渡するというのは多くのロシア人にとって納得できるものではないであろう。少なくともロシアにとってメリットはあまりにも少ない。

 

本人もそんな気がないのでは?

 では、プーチン氏にそんな意向があるのかといえばそれは全くないであろう。プーチン氏が権力を掌握した2000年以降、2014年にはクリミア半島を併合、今年に入ってはウクライナに軍事侵攻を行い、ウクライナ東部地域を併合してしまっている。客観的にみればプーチン氏が権力を掌握して以降、領土は拡張されている。この流れの中で北方領土のみを日本に返還するという可能性というのは非常に低い。プーチン氏自身にとっても何も得るものはないのだ。ただ、唯一得られるものがあるといえば、自身の政治生命と生命そのものを失うリスクのみであろう。

 そんな状況の中でプーチン氏が森喜朗氏との「友情」や鈴木氏のロシア擁護に感銘を受けて北方領土を日本に返還する等ということは理屈から考えるとほぼない。実際、プーチン氏が権力を掌握してから22年が経つが、森氏の「友情」や鈴木氏の活躍があったにもかかわらず北方領土は返還されていない。結局はそういうことなのだ。

 

おわりに

 とまあ、私が思っていることを適当に書いてみたが、実際どうなのかは誰にも分からない。ロシア寄りの発言をしている人は、単純にプーチンが好き、ロシアが好きだったり、自身の分析の結果であるのかもしれない。ただ、仮にプーチンを擁護することで北方領土が返ってくると考えているのであれば、その可能性は非常に低いというよりほぼほぼ無理であろう。ある日突然、「ヨシ(喜朗)、北方領土を日本に返すよ!」となるかもしれないがそんな日は当分来ないだろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_凱旋門
(画像はwikipediaより転載)

 

 今日は知っているようで知らないフランスの歴史について書いてみよう。「ルイ○○世」や「ブルボン王」「フランス革命」等の単語は知っていても、フランス国の歴史は意外と知らない人が多い。特に今回はフランス革命以降から現代までの権力の変遷について、私自身もちょっと忘れてしまっているので自分自身の備忘録も兼ねて簡単に分かり易く書いてみる。

 

<1789〜1791年>フランス革命期

 

 

02_バスティーユ襲撃
(画像はwikipediaより転載)

 

 ブルボン王朝によって支配されていたフランスに、1789年フランス革命が勃発する。これ以降、フランス国王は、名目的には未だルイ16世であるが、権力は国民会議に移る。国民会議とは革命以前から存在する平民も含めた会議である。その後1791年、過激化するフランスに嫌気がさしたルイ16世がオーストリアへの逃亡を企てる。これが有名なヴァレンヌ事件だ。実は、1789年からこの時間まで、フランス国王というのは未だその権威を失っていなかった。しかし、国王がしたことにより国王の権威は失墜する。自国を見捨てる国王というのは如何なものか。。。ということだ。

 

<1791〜1804年>第一共和政

 

03_フランス国旗
(画像はwikipediaより転載)

 

 以降、国民会議が名実ともに権力を掌握する。これが第一共和政。これによってブルボン王朝は消滅する。しかしこの第一共和政の政治は派閥に分裂し混とんとした恐怖政治となる。数千人の人々が虐殺され、経済も停滞し市民には不満が高まっていた。

 

<1804〜1814年>第一帝政

 

04_ナポレオン
(画像はwikipediaより転載)

 

 この中で登場したのが有名なナポレオン・ボナパルトだ。ナポレオンはクーデターを起こし、後に自らを皇帝と称する。これがフランス第一帝政だ。ナポレオンはヨーロッパ中で戦争をするが、1813年ライプツィヒの戦いで敗北したのち1814年退位する。

 

<1814〜1830年>再びブルボン王朝(王政復古)

 

05_王政復古
(画像はwikipediaより転載)

 

 安定した王政を望むヨーロッパ諸国の干渉によりルイ18世が即位する。これによりブルボン王朝が復活する。ルイ18世はルイ16世の弟である。王位はその後弟のシャルル10世に引き継がれるが、自由主義運動に対して抑圧したことから、七月革命が起こり退位する。ここにブルボン王朝は終焉を迎える。

 

<1830〜1848年>オルレアン朝

 

06_ルイ・フィリップ
(画像はwikipediaより転載)

 

 七月革命によりシャルル10世は退位し、革命を主導したラファイエットによりルイ・フィリップが国王に選ばれる。ルイ・フィリップはブルボン家支流の王家の血筋でありながらも自由主義者として知られていた。その自由主義者のルイ・フィリップも普通選挙実現への要求に対して抑圧を図ったため二月革命が起こり退位させられる。余談だが、このオルレアン朝初期の1831年にフランス外国人部隊は創設される。

 

<1848〜1851年>第二共和政

 

07_第二共和政
(画像はwikipediaより転載)

 

 二月革命の結果、再び共和政が布かれる。しかし普通選挙を行った結果、中流市民であるブルジョア階級と労働者であるプロレタリア階級の対立が激化していく。それまでは王対市民だった対立が市民同士の階級対立となっていく。この混乱は数千人もの死者を出すことになる。その結果、市民はこの混乱を収束してくれる強力な指導者を待望するようになっていた。この市民の期待を一身に背負ったのはナポレオン・ボナパルトの甥であるナポレオン三世であった。彼は1848年の選挙で大勝し大統領に選ばれた。

 

<1851〜1870年>第二帝政

 

08_第二帝政
(画像はwikipediaより転載)

 

 大統領に選ばれたナポレオン三世は、その後、議会との対立を強め1851年クーデターを起こし皇帝に即位する。皇帝に即位したナポレオン三世は、外征の成功により世論の圧倒的支持を受ける。この支持を背景にインフラ整備等を積極的に行っていく。しかしメキシコ出兵の失敗によりケチが付き徐々に権威は失墜していく。そして1870年の普仏戦争の中でナポレオン三世はプロセイン軍の捕虜となってしまう。

 

<1870〜1940年>第三共和政

 

09_パリ・コミューン
(画像はwikipediaより転載)

 

ナポレオン三世が捕虜になったことでフランス市民は共和政への移行を望むようになる。その結果、1870年9月4日第三共和政が成立する。この体制でフランスは第一次世界大戦、第二次世界大戦に突入する。

 

<1940〜1944年>ヴィジー政権

 

10_ヴィジー政権
(画像はwikipediaより転載)

 

 1940年、フランスはナチスドイツに占領され、傀儡政権としてペタン元帥を首班とした政権が生まれる。これがいわゆるヴィジー政権である。1940年の日本軍による北部仏印進駐、1941年の南部仏印進駐を認めたのもこのヴィジー政権である。同時にペタン元帥に反対するド・ゴール准将はイギリスに亡命し、ロンドンに自由フランスを組織する。

 

<1946〜1958年>第四共和政

 

11_パリ解放
(画像はwikipediaより転載)

 

連合国軍の侵攻によってドイツの占領から解放されたフランスは、一時的に臨時政府を組織するが、1946年、新しい憲法草案が可決され、第四共和政がスタートする。

 

<1958〜 現在>第五共和政

 

12_ド・ゴール将軍
(画像はwikipediaより転載)

 

 大戦後、成立した第四共和政であったが、当時植民地であったアルジェリア政策に不満を持ったフランス軍アルジェリア駐留軍がド・ゴール将軍の政界復帰を要求してクーデターを起こす。1958年ド・ゴール将軍は新憲法を国民に承認させ第五共和制が始まる。以降、現在にいたるまで第五共和制は維持されている。

 

−フランス史まとめ−

 

 フランスのブルボン王朝以降の歴史について簡単に書いてみた。第三共和制までは共和制と独裁制が交互に行われている。まず独裁制のブルボン王朝が潰れ、その後第一共和政が行われる。でも数千人が死ぬ恐怖政治となってしまい、これを打破するために英雄が待望され、ナポレオンが登場する。ナポレオンが失脚した後、「やっぱり王家がいい」ということで王朝が復活する。王政復古とオルレアン朝である。

 しかし王朝になるとやはり「自由主義じゃなーい」ということで再び共和制になる。これが第二共和政だ。共和制になると大体フランスは恐怖政治になる。そうするとまた英雄が待望される。そこで登場したのがナポレオン三世。これが第二帝政と呼ばれる。独裁になると今度は共和制を望むようになる。それが第三共和政だ。第四共和政はナチスの占領まで続くが、占領後は新憲法を定め第四共和政がスタートする。さらにアルジェリア軍のクーデターにより第五共和制が始まり現在に至る。

 

独裁(ブルボン王朝)

共和制(第一)

独裁(ナポレオン)

独裁(ブルボン王朝、オルレアン王朝)

共和制(第二)

独裁(ナポレオン三世)

共和制(第三)

共和制(第四)

共和制(第五)

 

 ブルボン王朝以降、現在に至るまでの大まかな流れは以上の通り。フランス革命以降、あまり知られていないだろうフランスの現在に至るまでの政権の推移を簡単に書いてみた。ブルボン王朝以前やそれぞれの政権時の概略はいつか気分が向いたら書いてみたい。

 

↓良かったらクリックして下さい。


人気ブログランキング

↑このページのトップヘ