ミニマム情報戦記

ブログタイトルは思い付きでちょいちょい変わります。 でもここら辺でタイトル固定かなぁ。。。 銃&ミリタリーがメイン。 最近は軍事書籍の書評が多いみたい・・・。よいと思ったら拍手してね!それだけが心の支え・・・。

アニメ

水中専用モビルアーマー




 立川志らくの創作落語に『頑駄夢落語 らすとしゅーてぃんぐ』というものがある。詳しくは私も知らないし興味もないが、その元になったアニメに『機動戦士ガンダム』というものがあるのだ。こちらは私が子供の頃、よく観ていたので知っている。『機動戦士ガンダム』は続編やスピンオフ、サイドストーリー等が膨大に作られているが、水中専用モビルアーマーというのは初代ガンダム以外には登場しないのではないかと思う。


 決して、温泉に入っていたからという訳ではないが、温泉に入浴中、突然思い出してしまった。水中専用モビルアーマー・・・。そう、グラブロだ。懐かしーなーと思いながら、wikipediaでグラブロについて調べてみた。そもそもwikipediaってなんでこんなにアニメに詳しいのだろうか。


 それはともかく、グラブロはどうも3機製作されたようだ。子供の頃からビグロとグラブロは妙に似てるなーと思っていたところ、グラブロはビグロを元に水中専用モビルアーマーに改造されたという設定のようだ。製作から完成まで1ヶ月半という超高速で完成したモビルアーマーだ。


 『機動戦士ガンダム』の設定自体がちょっとキツキツだったかなー。一年戦争とはいわずせめて3年半戦争位にしておけばその後の設定が楽だったのにと思ってしまう。ソロモン攻略戦の後はマリアナ海戦、レイテ海戦からア・バオア・クー会戦でしめて三年半戦争くらいで良かったような気も・・・。


 と話が脱線してしまったが、この水中専用モビルアーマーグラブロはマッドアングラー隊に配属される。このマッドアングラー隊というのはマッドアングラーというすごい敵っぽいデザインの潜水艦(潜水母艦?)とユーコン級潜水艦で編成される潜水艦隊だ。


 この潜水艦隊は実は連邦軍の潜水艦隊だったということは最近知った。どうもジオン軍に鹵獲されたという設定になっているようだ。ユーコン級は分かるがマッドアングラーは連邦製兵器としてはちょっとワルなデザインのような気がする。まあ、雷を連邦軍の新兵器と勘違いするくらい地球のことを知らないジオン国民が潜水艦を開発するというのは無理なこと、連邦軍製の潜水艦を鹵獲するのが一番だ。


 しかしグラブロはジオン公国謹製、れっきとした宇宙人が製作したモビルアーマーだ。妙に性能は良かったな。しかし続編やサイドストーリーではその他水中専用モビルアーマーというのは見かけない。そしてプラモデルでも見かけない。マッドアングラーもユーコンもプラモデルでは無し。これだけガンプラがたくさん出ているのだから出せばいいのにねー。ガンプラは何でも売れるさ。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






感想 機動戦士ガンダム サンダーボルト




 機動戦士ガンダムはアニメ界にとってのエポックメーキングであった。具体的に書き出すとキリがないが、ガンダムの続編、サイドストーリーの多さや放映から40年近く経っている現在においても新作のガンプラが発売され続けていることからも窺えると思う。


概要
 宇宙世紀0079年12月、一年戦争末期。ジオン公国軍の拠点はア・バオア・クーを残すのみとなっていた。地球連邦軍はジオンにとって重要な補給路である「サンダーボルト宙域」の制宙権を奪還すべく幾度もMS部隊を派遣するが、スナイパーMS部隊「リビング・デッド師団」によってことごとく退けられていた。一方、連邦内の旧サイド4「ムーア」の再興を悲願とする一団「ムーア同胞団」も、連邦に対し貢献度を示すことを目的に艦隊を派遣する。

強力無比な武装や装甲を追加した最新鋭機「フルアーマーガンダム」と、リユース・P・デバイス(以下「RPD」)を装備した実験機「サイコ・ザク」の戦いなど、さまざまな激戦の末に双方の艦隊は壊滅する。ムーア同胞団の生存者たちは、ジオン軍の艦艇「ドライドフィッシュ」を占拠することに成功するが、リビング・デッド師団の救援に駆け付けたジオン軍の「セイレーン機動艦隊」の捕虜となる。ムーア同胞団の生存者たちは、ア・バオア・クー戦の混乱に乗じたかたちで脱出に成功し、終戦を迎える。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 サイドストーリーは、『ポケットの中の戦争』から始まり、『機動戦士ガンダム0083』、『機動戦士ガンダム第08MS小隊』、最近では、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』等数多く制作されている。私はこれらを観る視点の一つとして「戦争を知らない世代が戦争をどう表現するのか」というものがある。


 戦争の残酷さ、悲惨さ、そして逆に戦争に惹かれてしまう人間という、戦争という極端な事象をどういう風に表現するのかということだ。これに関しては戦中派の作品は生々しい。自身が戦争経験があるので当たり前といえば当たり前だ。


 しかし戦争を知らない世代というのはそうはいかない。戦争の悲惨さを表現しようとしても『銀河英雄伝説』のように手足のちぎれた兵士が「お母さん」と叫びながら死んでいくというようなステレオタイプの表現になってしまうことが多い。


 この『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の面白いところは、人の死を表現するというのを諦めたことにあると思う。その代り、戦争の残酷さを表現するためにリビングデット師団という義手義足の部隊を作り出している。死は感覚として理解できないが自分の手足が無くなるというのはある程度理解することができる。


 さらに恋愛を随所に埋め込んでいることも製作者の意図が感じられる。これは恋愛物語ということではない。そこらへんに恋人同士のパイロットがおり、それが死んでいくということを通して戦争の悲惨さを表現しようとしたのだろう。


 実際、これで戦争を表現できているかどうかと言われれば何とも言えないが、試みとしては面白いと思う。これまでのガンダムサイドストーリーとは確実に毛色の異なる作品であるのは間違いない。


 大体、ガンダムの新作が作られるというのはガンプラを売ることが理由の一つだ。だから作品には必ず大量の新型モビルスーツが登場する。私が最初に『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の存在を知った時、メカメカしいデザインのいかにも売れそうなモビルスーツを見て「大体内容は想像つくよなぁー」と思っていたが、観てみたら結構、気になってしまう。モビルスーツのデザインも面白い。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






ローゼンリッター(薔薇の騎士連隊)




 亡命者の子弟で編成された最強の白兵戦部隊として有名なローゼンリッター連隊を紹介しよう。連隊というからにはおよそ1000名程度だろうか。田中芳樹は歴史を良く知っている。それも当たり前で田中芳樹は文学で学習院大学大学院博士課程を出ているのだ。専門は中国文学だったと思う。


 田中芳樹はそれ以外の歴史にも造詣が深い上、物事を深く考察する性格の様だ。それは『銀河英雄伝説』の登場人物が武闘派の人間から末端の兵士までみんな理屈っぽいことからも分かる。田中芳樹がどこまで知っていたかどうかは別として、ローゼンリッターは面白い。


 設定上は上記のように亡命者の子弟で編成された最強の白兵戦部隊ということだ。いわば自由惑星同盟の「外国人部隊」であったといえる。歴史的にみると外人部隊が自国正規軍より王権に信頼されているケースが多い。そして外人部隊側も王権に忠誠を誓うことで自身のアイデンティティーを確保していると思われる。





 現代ではフランス外国人部隊、イギリスのグルカ兵部隊、ロシアのコサック兵等がある。フランス外国人部隊などはフランス軍最精鋭部隊で士官も有能な者が外国人部隊に配属されるという。フランス外国人部隊は1831年に編成された部隊で当時は火砲が現代ほど発達していなかった。


 そのため戦闘は白兵戦となることが多かった。その中でフランス外国人部隊は尋常ではない働きをしたのだった。戦史ではフランス正規軍が3日かかっても落とせなかった砦をわずか30分で制圧した等、類稀な戦闘力を持っていた。理由は「死を恐れなかったから」だと言われている。


 外国人部隊は当初市中の「あぶれ者」で編成された。そして行く場所の無い者がその後も入隊して、一部には自殺志願者の集まりとまで言われる程だった。このような背景からフランス外国人部隊兵士は死を恐れなかったと推測される。





 それ以外の外国人部隊、グルカ兵、コサック兵等も類稀な戦闘力で知られる。外国人部隊が往々にして類稀な戦闘力を発揮する理由の一つは、武力でのみ自己のアイデンティティーを確保する以外にはなかったからだろう。歴史的に見てもこういう例は多い。


 日本史では古代倭王権で機動軍を編成した東国人部隊がいる。東国は古代の早い時期には「外国」という認識が強かったのだ。これは意識的には「外国人部隊」であった。その東国人で編成された部隊、世間ではあまり知らない。始まりは不明であるが、奈良時代くらいまで倭王権の機動軍として活躍した軍団だ。有名な西国防衛の防人、東北侵攻時の鎮兵はおおむね彼らだった。


 さらに戦国時代にはタイ王権の親衛隊まで務めた山田長政の傭兵部隊がいる。東国人部隊、侍の傭兵隊は当時の王権から絶大な信頼を得ていた。それは外国人部隊は国内の政治的な利害関係が希薄であるからだと考えられている。


 さらに外国人部隊の方も、古代の東人が天皇に対して「我ら東人、額に矢は立ても背に矢は立たじ」と宣言したことからも分かるように自己のアイデンティティーを武に求めていた。ローゼンリッター連隊は王権から絶大な信頼を得てはいなかったが、これら歴史上の外国人部隊がローゼンリッター連隊の元になったのではないかと考えるのだ。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






強襲揚陸艦ダイダロス




 ファーストマクロスでダイダロスとプロメテウスってどっちが人気あるんだろう。私はダイダロスの方が人気がありそうな気がする。右手だし。。。ダイダロスは強襲揚陸艦という子供向けアニメにしては微妙な設定だ。プロメテウスより若干小さいという設定で、プロメテウスより30mほど小さい。運悪く、マクロスのフォールド時に周辺にいたかわいそうな艦だ。


概要
 SLV-111 ダイダロスは、地球統合海軍太平洋艦隊所属の大型強襲揚陸艦。全長488m。陸戦兵器デストロイド部隊を海上輸送し、その頑強な艦体にて敵前に強襲上陸作戦を行う。艦内には2層の格納庫があり、艦首には上陸用大型ハッチと展開式ランダー・タラップ、また「超時空要塞マクロス THE FIRST」エピソード:0での冒頭シーンでの確認ではあるが後部に大型ウェルドック用ハッチを備える。プロメテウスと同様に半潜水性能を持ち、通常航行用と半潜水時哨戒用の2つの艦橋(アイランド)を持つ。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 ダイダロスが就役したのは2006年4月。ライブドア事件が落ち着いてきたあたりだろうか。マクロス製作時には近未来の設定だったが、現在では過去の設定になってしまってややこしいけど、ちょっと面白い。全長は488mで現在、米軍が保有する原子力空母よりもはるかに大きい。動力は恐らく反応炉という名の原子炉だろう。


 前面に揚陸用のハッチがあり、後部にウェルドックを備えているらしい。らしいというのは、アニメで登場するダイダロスは後部はマクロスにつながっているからだ。私が気になるのは後部のウェルドックは揚陸艦として当然の機能として、全部のハッチの意味だ。


 全部にハッチがあり、スローブ状のタラップが出る。強襲揚陸艦という特性を考えるとダイダロスは浜辺に乗り上げて揚陸するということなのだろうか。それとも港で物資を搬入するためのものなのか。うーんなんだろう。因みにダイダロスといえばダイダロスアタックが有名だ。


 ダイダロスアタックとはダイダロスの艦首にピンポイントバリアーを集中させ敵艦に突っ込ませる。突っ込んだところで前面のハッチを開けると中にはモンスターをはじめとする重兵器が一斉に反応弾という名の戦術核を撃ちこむというもの。敵艦に短距離で核兵器を使用するのだからこちらの損害もバカにならないような気がするが、まあ、そこはそこ、実際の運用ではうまいやり方があったのだろう。


 このダイダロスアタック、早瀬美沙がタイミングを間違えて味方に大損害を出してしまったこともあったのだが、戦術核を戦闘空域に放出した割には被害は小さかった。そもそも艦橋のオペレーターに一任するというシステムに問題がある気がする。早瀬はバルキリー隊の運用をしつつ、ダイダロスアタックの全てをこなさなければならない。明らかに過重労働だ。


 ダイダロスアタックが失敗したのは一度ではない。私の大好きな参謀のエキセドルが考案した戦法でダイダロスアタックでダイダロスのハッチが空いた際、ダイダロスにリガード部隊を侵入させるという奇抜な戦法を考案し成功させている。その後、マクロス定番の市街戦になる訳だが、マクロスの市街地って足にあったはず。


 ダイダロスから足まで行くのって結構な距離。マクロスってほぼ制圧されちゃったんじゃね?という考え方もできる。それはともかく、エキセドルはすごい。発想の柔軟さは発明はもちろん、修理すらできないほど想像力がないゼントラーディ兵士とは思えない発想の豊かさだ。このエキセドルについてもそのうち詳しく見てみたい。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






大型空母プロメテウス




 子供の頃マクロスファンであり、現在でもファースト、ゼロのみ好きな私にとって大事な兵器を紹介するのを忘れていた。今日、紹介するのは統合軍が開発した超大型空母プロメテウスだ。私は純粋な水上艦艇だと思っていたらどうも違うらしい。何と半潜水航行性能を持つというが半潜水航行性能とはどんな性能なのだろうか。それはともかくwikipediaを見てみよう。


概要
 CVS-101 プロメテウスは、地球統合海軍太平洋艦隊所属の大型航空母艦。全長512m。最新鋭可変戦闘機バルキリー150機他を搭載する。飛行甲板にはエレベーター9基とカタパルト6基(艦首4・アングルド・デッキ2)、その他対空ミサイル、対空ファランクスを備える。半潜水航行性能を持ち、艦橋(アイランド)は流体力学的形状に設計されている。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 半潜水航行性能というのは文字通り半分沈んだ状態で航行できる性能なのだろう。ここは追及しても大したものは出てこなさそうだ。空母プロメテウスが就役したのは2005年11月で、同年、ドイツではメルケルが初の女性首相となった。さらに歌舞伎がユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった月でもあった。


 そんな年に就役した空母プロメテウス。冒頭で「超大型空母」と書いたがどのくらいデカいのかというと、全長512m。512mというのはどのくらいか想像が難しいが、参考までに日本海軍の航空母艦赤城は全長261m、アメリカ海軍の最新鋭空母ジョージブッシュの全長が333mとなっている。空母プロメテウスの大きさがよく分かるだろう。


 今では随分昔の話になってしまったが、2009年のマクロスの進宙式の時に南アタリア島周辺の警備に就いていたためマクロスのフォールドに巻き込まれ宇宙空間に行ってしまった。奇しくもアメリカ海軍の最新鋭空母ジョージブッシュが就役した年の出来事だった。


 宇宙空間に行ったのはいいが、宇宙には空気が無いので、プロメテウスの水密区画以外にいた乗員は全て死亡してしまったようだ。しかし搭載されていたバルキリー等は使用できたと考えられ、以降、マクロスの戦力として重宝されたようだ。


 マクロスは設定が近未来であったために現在ではマクロスの時代は過去のものとなった。因みに参考までにマクロスが放映されていた当時、1983年くらいでは2009年というのはとても未来の話だったのだ。そんな先になればこの位の発展はしているよね?という具合で描かれたのがマクロスの世界であった。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






連邦軍量産型モビルスーツ




 量産型モビルスーツはかっこいい。何たってたくさんあるのがいい。ジムにネモ、ジェガンにジム掘ネモ以外は敵の重要人物に滅多打ちにされているが、実は強いのだ。全くそうは見えないがジムはガンダムと同等の性能だという。それにしてはザクに蹴られたボールが命中して破壊されてしまったりしているが実は強いのだ。


 そもそも宇宙空間でボールを蹴ったらザクも逆方向にすっ飛んでしまう気がするがそこはそこザクは妙に強いのだ。ガンダムがライフルを持っているのに対してジムは拳銃しか持っていない気もするがビームスプレーガンでスプレー攻撃をすることができるのだ。


 ジムもやられメカだったが、ジム兇呂修譴鮠絏鵑襪笋蕕貎兇蠅世辰拭そもそも兇覆里任笋蕕貎兇蠅皀献爐鮠絏鵑襦というより存在感がかなり薄かった気がする。でもジム靴魯ッコよかった。ジムキャノン、ジムスナイパーカスタムもカッコ良かったなぁ。


 それはそれとして、実は私が一番好きな量産型モビルスーツはネモなのだ。何故なら一番やられなかったからだ。私は味方のモビルスーツで強いというのが好きなのだ。ジェガンはガンダムマーク競ラスの高性能ということらしいがやられ振りはかなりのものだった。


 それに対してジェガンの元になったネモは強かった。ほとんどやられることはなかったのだ。設定でもかなりの高性能機ということになっており、アナハイムエレクトロニクスはティターンズには低性能のマラサイを送り、エゥーゴには高性能のネモを送ったという。大人は怖い。独占企業だからできる芸当でもある。


 ネモの活躍はZガンダムを観てもらえれば分かるが、ガンダムUCでもネモは登場する。何故かジュアッグに粉砕されていたが・・・。あの色のネモもなかなか素敵ではあった。ガンダムUCももうちょっとストーリーがちゃんとしていればねぇ。そもそもミネバのキャラ設定がZガンダムと違いすぎるだろう。


 今日の結論としてはネモはかっこいい。因みに私はファーストシリーズの世界から逸脱した設定のガンダムはほとんど見ていない。サイドストーリーの0080や08小隊は観たけど。特に08小隊は良かった。偽装網をかけられたガンダム、空挺降下するガンダム。オープニングだけでも相当観たものだ。彼女とのデートの待ち合わせ時間にすら観たほど好きなのだ。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






地球連邦軍 巡洋艦サラミス




 こんにちは、今日紹介する巡洋艦サラミスは傑作巡洋艦だよね。一年戦争以前に計画生産され、一年戦争で活躍した。その後改修を受け一般に言うサラミス改として長年にわたり地球連邦軍の艦艇として存続するのだ。今回はこの地球連邦軍のワークホース、サラミス級巡洋艦に焦点を当ててみたい。

性能
分類 宇宙巡洋艦
艦級 サラミス級
所属 地球連邦軍
全長 228m(異説212m,288m)
全幅 62.2m
推進機関 熱核ロケット×1基
武装 単装メガ粒子砲×6
連装機銃×6
6連装ミサイルランチャー×2
艦首部2連大型ミサイル発射管×8
(wikipediaより転載)

概要
 宇宙世紀0070年代の軍備増強計画によって、マゼラン級宇宙戦艦と共に大量建造された主力艦艇。大艦巨砲主義の性格が色濃いマゼラン級にくらべ、速射性能の高い中口径単装メガ粒子砲とファランクスシステムによって制御される対宙ミサイルにより、汎用戦闘艦としての優れたポテンシャルを持つ。艦底に大気圏突入カプセルを繋留する姿も見られた。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 私は量産型が好きなんだよね。もちろんこのサラミスも好き。私が一番好きなのはサラミス改なんだけど長期間使用されたという設定にしたってことは結構ファンが多かったのかな?劇中ではやられメカとしてしか登場しないが味方艦隊が大量にいるというのはいいもんだ。安心感があるよね。











 今回はあまり動画が無かったんだよね。なかなかサラミスファンというのも少ないのだ。まあ、多分サラミスが一番好きという人は皆無だろうと思う。ジムファンとかならいると思うけど。サラミスって一年戦争後に改修されて主砲が増強されているっていうのは大型砲にも一定の需要があるということなのだろうか。ネェルアーガマにも巨大なメガ粒子砲が搭載されていたしね。


 サラミスのトイで一番精巧な作りなのが下記のモデルのようだ。おまけにマゼランも付いている。というより2隻セットなんだけど。それはそうとこのシリーズ。艦艇のサイズが統一されているのでシリーズを集めるのもいいかもね。ホワイトベースって出てたっけ?



EXモデル 1/1700 サラミス&マゼラン (機動戦士ガンダム)

商品の説明
1/1700スケールのサラミス・マゼラン2艦セット同スケールのジム及びボールが各3機ずつ付属。
(amazonより転載)


amazonカスタマーレビューはこちら


 今日はサラミスを特集してみました。派手な高性能艦もいいけど、艦隊を編成する地味なサラミス等の艦艇もまた素敵なのだ。私の興味は基本的にこっちにあるんだけど、これもやはり主役級の艦艇があってこそなんだろうね。今度はホワイトベースを調べてみようかな。ということでまた明日〜。明日もみなさんが良い一日を過ごされますように!



↑良かったらクリックして下さい。




地球連邦軍 ガルダ級超大型空中輸送機

Garuda02 私は基本的に宇宙戦艦が好きなんだよね。飛行機も好きだけど、艦はいいよね。何というか安心感というか強さの象徴というか。まあ、それはともかく今回紹介するのは、地球連邦軍ガルダ級超大型空中輸送機なのだ。

 このガルダ、Zガンダム地上編(私が勝手に命名した)に登場する超大型輸送機なんだけど、実際は輸送船というより空中空母というレベルのもの。これがカッコいいんだよねー。ということで今日はガルダについてみてみよう。しかしこのガルダ、ガンプラでも出てないし、画像、動画があんまりないんだよね。勝手にアップすると著作権違反になってしまうし。ということでトップの画像はガルダ像。大変ありがたい像である。(画像は「ガルダ像(インド・マヤプール)」wikipediaより転載)


概要
 全長317m、全幅524mという大きさを誇る超大型輸送機(空中輸送艦と表記されることもある)。内部の大半が貨物スペースで占められており、最大積載量は9,800トン。

 大気圏内を飛行する機体としては史上最大級の輸送機である。この機体そのものが国家級の資産価値を有する人類の宝であり、基本的に撃墜することは躊躇われるとされる。

 ミノフスキー核融合炉と熱ジェット/スクラムジェットエンジンの組み合わせにより、航続距離にはほとんど制限はない。本来の目的は地球上層部を周回飛行する成層圏プラットフォームであり、地球全土を6分割し各地域に1機ずつのガルダを配備することで地球全域の防空を担うという計画であったが、グリプス戦役で1機撃墜され配備機数が揃わず構想のままで終わっている。

 国防以外にも飛行中に空中回収したシャトルを整備し、ブースターを取り付けて、そのまま再打ち上げすることも可能であり、他にも気象観測等その任務は多岐にわたる。

 しかし、ロケットブースターなどの重量物の積み込みのためには地上に降下せざるを得ない。陸上・海上のどちらからでも離着陸・水が可能であるが、本機を運用できる滑走路を備えた大規模飛行場は、ジャブロー、キャリフォルニア・ベース等ごく限られている。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 私は小学生の時にマクロスが放映されていた世代なので艦内に街があるという設定がどっかで頭に残っているんだろうね。生活できて兵器がたくさん搭載されている宇宙戦艦というものにすごい憧れがあるのです。ガルダは宇宙戦艦じゃないけど、永久に空中を飛行できて居住可能という設定にぐっとくるんだよね。


 前半は地上用に改修されたネモ、後半はカラバのモビルスーツディジェが搭載されていたっけ。結構宇宙戦艦オタクなのかもしれない。ということで動画を観てみたいんだけど、ガルダの登場シーンは瞬間なので見逃すことが無いように集中して観て欲しい。



52秒目に瞬間的に出てくる。


52秒目、55秒目、1分02秒目に瞬間的に出てくる。


1分30秒位にアップあり。


 3本目が一番まともだったね。ガルダ級は当初の設定では4機、その後、6〜7機という設定に変わっているようだ。1番機はガルダでその後の順番は不明だが、アウドムラ、スードリー、メロゥド、ガーウィッシュ、フリーデンという機体があるようだ。スードリーは確か轟沈したよね。んで、動画、ちょっとだけ出てくる3本ではあまりに寂しいのでガルダっぽい飛行機の動画も上げておく。





 ちょっと小さいけどガルダっぽいと思う。次にあげる動画はダンスチームガルーダ。すずフェスという三重県鈴鹿市でやったパレードのようだ。





 模型だが、ガルダのプラモは発売されていないようだ。ガンプラって同じモデルをリニューアルしている割に全くモデルアップされていないものもある。出して欲しいよね。チベとかビッグトレーとか、パブリック級突撃艇とか、アレキサンドリア、ラーディッシュ、ラー級巡洋艦、MGザクレロ、1/60ビグザム、ア・バオア・クー等々。絶対売れると思うんだけど。まあ、せっかくなので懐かしのミデア輸送機とガルマ専用攻撃空母ガウのリンクを貼っておいた。



1/1200 ガウ (機動戦士ガンダム)


1/550 ミデア (機動戦士ガンダム)


 ガルダで検索したらいろいろな動画が出てきたのでせっかくなので貼っておいた。まずはガルーダの翼。





 ヨガの鷲のポーズ。ガルーダというらしい。これは私もよくやるが肩こりにはよく効く。鷲のポーズのまま腕を上下させると肩こり解消するよ。





 かわいい女の子が鷲のポーズをしているが、よく分らない人がやっている動画もあったのでこれもご覧ください。





 次の動画はガルーダで出てきたんだけど、なんだかよく分らない。ご覧ください。





 ネットで検索したところ、主にアウドムラを製作した方々が数人いたのでリンクを貼っておいた。みんなすごい完成度が高いのだ。こういうの作れるようになりたいなー。



レビューサイトのリンク
初代組
    グレーのガルダ級。かっこいい。
『NORTH GEAR』 のモデリング日記
    ガレージキットではあるようだ。
NODA-YA製作代行ルーム
    良く出来ている。かっこいい。
TINAMI
    黒いガルダ。黒いガンダム。黒い三連星。黒い。

    
 今回はガルダ級超大型空中輸送機を特集してみた。かなり資料になる情報や画像、動画を掲載することができたと思う。ガルダの模型を製作する際は参考にして頂きたいと思います。



↑良かったらクリックして下さい。




日本海軍航空母艦 赤城 1/700 日本海軍 戦艦 三笠 プラモデル 1/700 特シリーズNo.94 日本海軍航空母艦 飛鷹 昭和19年 プラモデル 1/3000 集める軍艦シリーズNo.1 戦艦 金剛 比叡 榛名 霧島/駆逐艦 白露型4隻 セット プラモデル 1/35アメリカ中戦車M4A1シャーマン アクセサリーパーツ付 1/35 WW.II ドイツ軍 ティーガーI 初期生産型 "ミハエル・ヴィットマン" HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ) 1/144 ハイスペックシリーズ Vol.01 F-16 ファイティングファルコン(1Box 10個入り) 1/24 MBT 陸上自衛隊10式戦車 1/700 海上自衛隊 護衛艦 DDG-173 こんごう (J60) HOBBY MASTER 1/72 航空自衛隊F-2A支援戦闘機 "スーパー改" 技MIX 技 (限定) ACL03 米空 F15E試作 技MIX 技AC205 米空 F-22 嘉手納 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.329 陸上自衛隊 10式戦車 35329 1/72 ミリタリーモデルキットNo.09陸上自衛隊 機動戦闘車(プロトタイプ) 1/35 陸上自衛隊 87式自走高射機関砲 高射教導隊 (G33) 1/72 ミリタリーモデルキットNo.SP 陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー"74式戦車付属" 1/700 特シリーズNo.86 日本海軍航空母艦 加賀 三段式飛行甲板仕様 1/700 日本海軍 駆逐艦 島風 最終時 1/700 日本海軍 飛行艇母艦 秋津洲 W50 1/700 日本海軍 特設巡洋艦 愛国丸 1943 1/350 艦船 No.20 1/350 日本海軍 駆逐艦 雪風 78020 1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ 海上浮航形態 (後期型フロート付き) 1944年 千島列島(塗装済み完成品) 1/700 ウォーターラインシリーズNo.556艦載機 陸上自衛隊ヘリコプタ-セット 88式鉄帽タイプ ヘルメット (フリッツ) M88 顎紐付け替え可能 自衛隊装備 サバゲー 1/35 陸上自衛隊 99式自走榴弾砲 砲弾追尾レーダー装備車 1/72 陸上自衛隊 90式戦車 第7師団 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ 陸上自衛隊74式戦車(冬期装備) 1/144 紫電改 343空 松山基地 2機セット 1/144シリーズNo.15 日本海軍 幻の超重爆撃機 富嶽 1/72 ウォーバードコレクション WB-37 晴嵐 1/144 大戦機 No.8 二式大艇 EASY MODEL 1/72 零式艦上戦闘機 52型 筑波海軍航空隊 1/72 96式艦上戦闘機 零戦艦上戦闘機五二型 零扇 USB式 卓上扇風機 川西 H8K2 二式大型飛行艇 12型 (1/72スケールプラスチックモデル) NP 5 川西 H6K5 九七式大型飛行艇 23型 (1/72スケールプラスチックモデル) NP 6 1/48 三菱F1M2零式水上観測機11型 1/48 傑作機 No.17 1/48 日本海軍 二式水上戦闘機 61017 1/48 傑作機 No.36 1/48 川西 水上戦闘機 強風11型 61036 COLT パイソン4インチ ニッケルジュピターフィニッシュ (モデルガン完成品) 東京マルイ S&W M&P9 ブローバックガスガン /対象年令18才以上 可変ホップアップ  【付属品:東京マルイ・ベアリング研磨0.2gBB(1600発) 、ガンキーホルダー】 東京マルイ FNファイブセブン ブローバックガスガン /対象年令18才以上 可変ホップアップ  【付属品:東京マルイ・ベアリング研磨0.2gBB(1600発) 、ガンキーホルダー】 東京マルイ ガスブローバック デザートイーグル.50AE クロームステンレス BBガスセット ロングレンジセット (本体+BB弾0.2g+ガス)
記事検索
マクロスデルタ VF-31Jジークフリード (ハヤテ・インメルマン機) 1/72スケール プラモデル メカコレクション マクロスシリーズ マクロスデルタ VF-31J ジークフリード ファイターモード (ハヤテ・インメルマン機) プラモデル メカコレクション マクロスシリーズ マクロスデルタ VF-171 ナイトメアプラス ファイターモード (一般機 辺境宙域仕様) プラモデル メカコレクション マクロスシリーズ マクロスデルタ VF-31E ジークフリード ファイターモード (チャック・マスタング機) プラモデル 1/72 MV-22B オスプレイ "陸上自衛隊" 1/72 三菱 F-2A "航空自衛隊 60周年記念 スペシャル" 1/48 F-4EJ改 スーパーファントム "洋上迷彩" 1/72 Su-47 ベールクト "エースコンバット グラーバク隊"
技MIX 技AC41 空自 F15J 千歳60周年 技MIX 技GK002 無彩色 F-15J 千歳 技MIX 技AC42 NASA F-15QS 技MIX 技AC40 米空 F15 A STREAK 1/700 特EASYシリーズNo.1 日本海軍戦艦 長門 1/700 特EASYシリーズNo.3 日本海軍航空母艦 赤城 1/700 特EASYシリーズNo.4 日本海軍航空母艦 翔鶴 1/700 特EASYシリーズNo.2 日本海軍駆逐艦 春雨/海風 2隻セット
人気ブログランキング
1/700 ウォーターライン No.20 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いせ 就航時 1/700 ウォーターラインシリーズNo.022 海上自衛隊イージス護衛艦あしがら 1/700 ウォーターラインシリーズ No.6 海上自衛隊輸送艦 LST-4002 しもきた 31006 1/350 海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-177 あたご用 ディテールアップパーツセット (ピットロード用)
ギャラリー
  • 戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔
  • F35が日本の防空網を突破【軍事ニュース 2017.05.13】
  • 久しぶりの更新・・・
  • KSC G19スライドHW
  • 銃器対策部隊の射撃競技【軍事ニュース 2017.02.16】
  • 【軍事ニュース 2016.09.17】  ロシア、新型戦車「アルマータ」の映像公開 来年に配備
1/144 陸上自衛隊 10式戦車 (3両入) (SGK01) 1/35 RC タンクバトルシリーズ No.13 陸上自衛隊 10式戦車 (2.4GHz プロポ付き) 48213 1/35 陸上自衛隊 10式戦車用ディテールアップパーツセット 1/72 ミリタリー モデルキットシリーズNo.08 航空自衛隊 パトリオット PAC3発射機 技MIX 技AC405 空自 F2A 築城 1/144 航空自衛隊 UH-60J Avioni-X 1/144 シコルスキー UH-60J SP 航空自衛隊 那覇 空中給油ブーム装備 1/700 海上自衛隊 護衛艦 DD-115 あきづき (J52) 1/700 ヘリ搭載 護衛艦 しらね型 J06 1/700 ウォーターライン No.19 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが 1/350 海上自衛隊 護衛艦 DDG-174 きりしま 1/700 日本海軍空母艦載機セット(複葉機) 1/700 ウォーターラインシリーズ No.213 日本海軍 航空母艦 翔鶴 31213 1/700 特シリーズ No.51日本海軍航空母艦 鳳翔 昭和14年 (1939年) 日本海軍空母 瑞鶴 (1/350 日本海軍航空母艦) 1/700 ウォーターラインシリーズ No.215 日本海軍 航空母艦 信濃 31215 【WAスーパーリアルガン】WA コルト M1911 ゲッタウェイ ビンテージ 【WAスーパーリアルガン】WA V10ウルトラコンパクト/ オールシルバーモデル 【WAスーパーリアルガン】WA MEU ピストル 〈レイト・モデル〉 バトルダメージ・バージョン 【WAスーパーリアルガン】WA ガバメント T2〈リアルスチールver.〉 【WAスーパーリアルガン】WA デルタフォース・カスタム〈バトルダメージ・バージョン〉 1/24 MBT 陸上自衛隊10式戦車 技MIX 技AC405 空自 F2A 築城 1/72 ミリタリーモデルキットNo.09陸上自衛隊 機動戦闘車(プロトタイプ) 1/72 ミリタリーモデルキットNo.SP 陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー"74式戦車付属" 1/35 現用アメリカ陸軍 M1A2 エイブラムス SEP V2