カテゴリ: 日本海軍

 撃墜19機のエースで活躍したのは半年足らずであった。乙飛9期出身であり、日中戦争は経験していない。太平洋戦争開戦時には弱冠20歳であった。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 概要  大正11年愛媛県に生まれる。昭和16年10月乙9期飛練を卒業して、昭和17年2月台南空に …
続きを読む
九五式陸上攻撃機 〜唯一実戦に参加した”大攻”〜

(画像は九六式陸攻 wikipediaより転載)  大攻とは、日本海軍の航空機種別で大型攻撃機の略である。一式陸攻等中型攻撃機とは主要目的は同じであるが、爆弾搭載量、航続距離に大きな違いがある。日本初の大型攻撃機、略して大攻は、昭和8年に完成した九五式陸攻で、全幅31 …
続きを読む
中瀬正幸一飛曹 〜敵飛行場に強行着陸した秀才〜

(画像はwikipediaより転載)  中瀬正幸は大正7年生まれ、乙飛5期予科練を修了したのち戦闘機搭乗員となった。乙飛5期とは太平洋戦争で中堅、ベテランとして活躍するクラスであるが、中瀬が活躍したのは主に日中戦争である。総撃墜数は18機で敵飛行場に強行着陸をして指揮所 …
続きを読む
艦上爆撃機 流星 〜日の目を見なかった万能機〜

(画像はwikipediaより転載)  流星は戦闘機、爆撃機、攻撃機の3機種の機能を全て兼ね備える万能機として設計された。戦争後期に生産され実戦にも参加したが、ほとんど活躍することなく終戦を迎えた。基本性能だけを見れば世界最高級の航空機であるが、エンジンの不調や各種 …
続きを読む
松場秋夫中尉 〜沈黙を貫き通した老練パイロット〜

(画像はwikipediaより転載)  岩本、坂井等、著名な撃墜王の先輩にあたるエースである。操練26期を修了した。昭和11年11月、空母加賀乗組。この当時の加賀はすでに単層甲板に改装されたあとだった。その後、日中戦争が勃発。太平洋戦争では各飛行隊を転戦したのち、343空に …
続きを読む

 長野喜一は戦闘機搭乗員の操練最後の期である56期出身で総撃墜数は20機以上ともいわれる搭乗員である。開戦時にはまだ10代という非常に若いパイロットであったが、激烈なラバウル航空戦に参加、幾度も死線をくぐり抜けていった。戦争後期には台湾沖航空戦、比島航空戦に参 …
続きを読む

閃電は単発双胴推進式という珍しい形の局地戦闘機として計画された。計算上の最高速度は759km/hとされており、仮に完成していたとすれば日本ではトップクラスの高速機であっただろう。設計は三菱によって行われていたが、戦局の悪化に伴って計画は中止された。 目次 < …
続きを読む
荻谷信男 〜二週間弱で18機撃墜した異才〜

(画像はwikipediaより転載)  荻谷信男は48期操縦練習生出身で生涯に撃墜した敵機は24機と言われている。当時、海軍航空隊内部でも坂井三郎や岩本徹三という名は知れ渡っていたという。しかし、逆に荻谷は当時ほとんど部内でも知られることがなかった搭乗員であったようだ …
続きを読む
陸上爆撃機 銀河 〜時代を超越した超高性能機〜

(画像はwikipediaより転載)  陸上爆撃機銀河は、海軍唯一の陸上爆撃機である。その設計製作は日本最高の技術を誇った空技廠が行った。結果、当時の新鋭戦闘機よりも高速であり、新鋭爆撃機よりも長大な航続距離を持つという当時の水準をはるかに凌駕した超高性能機であっ …
続きを読む

 岡野博は大正10年生まれ、操練54期を修了した。日中戦争は経験していないが太平洋戦争開戦時には十分な訓練を受けての参加である。太平洋戦争を戦い抜いたのち、343空で終戦を迎えたという円熟の搭乗員であった。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 概要 大正10年茨城県 …
続きを読む
哨戒機 東海 〜世界で唯一磁気探知機を装備した異形の潜水艦ハンター〜

(画像はwikipediaより転載)  哨戒機東海は昭和20年に制式採用された現在でいう対潜哨戒機である。最新鋭の磁気探知機と対潜爆弾を装備し、低速で長時間滞空することが可能であった。しかし登場があまりにも遅い上に記録が少なく、実際の活躍は不明な部分が多い。 目次 …
続きを読む
夜間戦闘機 月光 〜日本の空を護った劣等機〜

(画像はwikipediaより転載)  当初は、長大な航続距離を誇る陸上攻撃機の援護のために生まれた長距離戦闘機が月光の母体であったが、性能が海軍の要求を満たさず不採用となったが、二式陸偵として生まれ変わり、さらには夜間戦闘機月光として再び生まれ変わったという数奇 …
続きを読む
笹井醇一中尉 〜軍鶏と呼ばれた海軍士官〜

(画像はwikipediaより転載)  第一次世界大戦のトップエースは80機を撃墜した「レッドバロン」ことリヒトホーヘン男爵である。そのリヒトホーヘン男爵を目指し、東洋のリヒトホーヘンと言われたのが、海軍士官中最多の撃墜数を記録している男、笹井醇一中尉である。著名な …
続きを読む
赤松貞明中尉 〜型破りなグレートエース〜

(画像はwikipediaより転載)  赤松貞明中尉は、太平洋戦争で活躍した主要なエース達が10代後半から20代前半で開戦を迎えていたのに対して、31歳であり、彼らの教官クラスの搭乗員である。そして豪放磊落で多彩なエピソードを持っている海軍航空隊の中でも有名な男だった。 …
続きを読む
艦上戦闘機烈風 〜究極の空力特性を持った革命機〜

(画像はwikipediaより転載)  烈風は零戦の後継機であるが、開発に紆余曲折があり、試作機が7機のみ完成したに過ぎない。しかし最高速度627km/h、空戦性能も高く、操縦も比較的容易という当時の日本の航空機では卓越した高性能を発揮した機体であった。早期に実戦配備され …
続きを読む

 石井静夫は、福岡県出身で昭和16年4月〜昭和18年10月までと2年半の間、台南空、隼鷹戦闘機隊等で活躍、日中戦争で3機、太平洋戦争で26機撃墜した搭乗員である。操練50期だと大体初陣は太平洋戦争なのであるが、この石井静夫は中国戦線が初陣である。太平洋戦争開戦前までに …
続きを読む
水上偵察機紫雲 〜二重反転プロペラの高速水偵〜

(画像はwikipediaより転載)  紫雲は潜水艦隊旗艦用巡洋艦として建造された大淀に搭載するために製作された高速水偵で生産数はわずか15機のみであったが、二重反転プロペラを始めとする画期的な技術を採用した水偵で、当時の水上機では最高レベルの性能を持っていた機体で …
続きを読む

 石原進は甲飛3期出身で総撃墜数は16機とも30機ともいわれている。日中戦争、太平洋戦争に参加して戦後は航空自衛隊のパイロットとなったが事故により殉職した。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 概要  大正10年愛知県生まれ。昭和13年10月甲飛3期生として予科練に入隊 …
続きを読む
艦上偵察機彩雲 〜世界最高の航続距離を実現した俊足艦偵〜

(画像はwikipediaより転載)  彩雲は太平洋戦争開戦後に開発が始まった高速偵察機であった。試作機は最高速度653km/h、戦後アメリカで高オクタン価の燃料で試験した結果は694km/hと当時の航空機としては抜群の高速性能を発揮したが、主に活躍したのが戦争後半であったため …
続きを読む

 乙飛5期といえば太平洋戦争で中核となった予科練のクラスだ。中瀬正幸(18機撃墜)、吉野俐(15機撃墜)、山下佐平(13機撃墜)、角田和男(13機撃墜)等、多くのエースを輩出したクラスだ。その分、消耗も激しかった。乙飛5期戦闘機専修17名中、太平洋戦争を生き抜いたの …
続きを読む
零式艦上戦闘機 〜各型の特徴と生産数〜 

目次<概要>11型21型32型22型52型/53型丙62/63型54型丙零式練戦11型/22型生産数  <概要>  昭和12年10月5日、三菱と中島に十二試艦上戦闘機計画要求書が交付。これに対して中島飛行機は辞退、三菱は昭和13年4月10日、海軍に「A6M1計画説明書」を提出した。昭和14年3月 …
続きを読む

 この大原亮治氏は丙飛4期出身。丙飛4期とは太平洋戦争開戦後に卒業したクラスだ。つまり卒業後、いきなり練度の高い米軍航空隊と戦わなければならないという非常に厳しい状況に置かれていた。ただ、この丙飛4期はまだ初戦期であったせいか後半に比べればまともな訓練を受け …
続きを読む
岩本徹三少尉 〜ズルくても墜とせばいい。孤高の零戦虎徹〜

(画像はwikipediaより転載)  岩本徹三少尉は、太平洋戦争の海軍戦闘機搭乗員で最も有名であるといっていい。大言壮語型の人間で腕は超一流、日中戦争から太平洋戦争をほぼ第一線で戦い抜き終戦を迎えた。総撃墜数は216機と自称しているというが、実際は80機ともいう。撃墜 …
続きを読む
水上偵察機瑞雲 〜当時の水準を凌駕した高速重武装水偵〜

(画像はwikipediaより転載)  水上偵察機瑞雲は偵察機と区分されているものの、急降下爆撃もできる上にフロート付きの水上機としては驚異的は最高速度442km/hを発揮する当時の水上機の性能を凌駕した高性能機であった。太平洋戦争初期に活躍した九九式艦爆11型の最高速度が …
続きを読む
武藤金義少尉 〜妻を愛した空の宮本武蔵〜

(画像はwikipediaより転載)  武藤金義少尉は、撃墜王の坂井三郎をして「日本海軍で最も強靭な戦闘機乗りだった」と言わしめた男である。横須賀航空隊にいた当時、F6Fヘルキャット12機編隊に単機で突入し、みんなの観ている前で4機を撃墜したという逸話を持つ。この光景を …
続きを読む
超大型飛行艇 蒼空 〜観音扉を持つ先進的木製輸送機〜

(画像は二式大艇 wikipediaより転載)  蒼空は名前が示す通り、海軍の輸送飛行艇である。昭和19年に計画され20年末に完成予定であったが、戦局の悪化と物資不足のために開発は中止された。森林資源に恵まれた日本の国情に合わせて全木製とする画期的な飛行艇であった。 …
続きを読む

 仲道渉飛曹長とは丙飛4期という戦中に不十分訓練しか受けられなかった世代の搭乗員で未熟な状態で激烈な航空戦が展開されているラバウルに送りこまれた。そして無事生還しただけでなく、20機もの撃墜を報告した稀有な搭乗員である。 日本海軍戦闘機隊のエースとは 略歴 …
続きを読む
二式大型飛行艇 〜世界最強の空中巡洋艦〜

1998年船の科学館にて撮影  二式大型飛行艇、通称二式大艇は太平洋戦争当時、世界最高性能の飛行艇であった。離水する時に発生するポーポイズ現象(水面をぴょんぴょん跳ねて水面に突っ込んでしまう現象)という問題はあったが、速度、航続距離などどれをとっても世界一の …
続きを読む

 撃墜72機といわれる謎の多い撃墜王である。私が現段階で調べた結果が以下のものだ。 日本海軍戦闘機隊のエースとは  生年月日不明である。大正9年前後生まれ。乙種予科練7期生なので、昭和11年6月予科練7期生として海軍に入隊したと推定される(但し、昭和10年とする …
続きを読む
潜水艦から発進する兵器 〜日本の潜水艦は何でも積める〜

(画像はwikipediaより転載)  日本海軍の潜水艦にはいろいろなものが搭載できる。これは前回ブログを書いていて気付いたことである。では日本軍の潜水艦には具体的にどのようなものが搭載された、若しくは搭載予定だったのだろうか。今回は趣向を変えて日本軍の潜水艦搭載 …
続きを読む