ミニマム情報戦記

ブログタイトルは思い付きでちょいちょい変わります。 でもここら辺でタイトル固定かなぁ。。。 銃&ミリタリーがメイン。 最近は軍事書籍の書評が多いみたい・・・。よいと思ったら拍手してね!それだけが心の支え・・・。

海軍戦闘機搭乗員

岩本徹三を知るための書籍

230px-Tetsuzo_Iwamoto 私が最も憧れていた、そして今でも一番好きな零戦搭乗員は岩本徹三である。きっかけは近くのスーパーでやっていた古本市だった。そこで零戦撃墜王を発見した。以前、学校にあった飛行機図鑑に載っていた撃墜マークがいっぱいついた零戦のパイロットの名前は確かこの人だったのでは?と思い、中学生にとっては手痛い出費であったが、500円程を支払い購入したのだった。


 内容はとにかく面白かった。そこから憧れて他の搭乗員達についても調べるようになった結果、零戦搭乗員に妙に詳しくなってしまったのだ。もちろん、昔から現在に至るまで同じ趣味を持った人間に出会ったことはない。しかしインターネットとは便利なもので日本中の誰かが同じ趣味を持っている人がいるに違いないのだ。(画像はwikipediaより転載)


 ということで、今回は、私が尊敬して止まない岩本徹三を知るための書籍を紹介したいと思う。まず、初心者への入門という意味で、岩本徹三の特集が組まれている貴重な雑誌『歴史街道 2009年 08月号』を上げておく。岩本徹三のことを知るには良い本だ。この巻はすでに絶版になっているので貴重な本だ。





 そして当然のことながら『零戦撃墜王』を上げない訳にはいかない。これは岩本徹三自身が執筆した貴重な書籍だ。内容には間違いも多く、実際には撃墜していないものも撃墜と書いているが本人の筆ということは非常に貴重である。





 実際の空戦の模様を日本と米国の戦闘行動報告書を元に再現したのが、『海軍零戦隊撃墜戦記3』だ。この3巻に岩本徹三のいたラバウルの空戦模様が克明に記されている。これは値段は少々するが、かなり貴重な資料だ。





 さらに他者から見た岩本徹三ということで、岩本徹三のことが書いてあるものとしては、角田和男著『零戦特攻』がある。太平洋戦争後期、フィリピンで著者を含む熟練搭乗員達が集まって会話をしたくだりに岩本徹三と西沢広義が議論する場面が描かれていることや、岩本徹三が特攻希望者募集に対して「否」を突きつけたことなど興味深い内容である。





 この『零戦特攻』の中で岩本は西沢に「空中戦にまともに入らないで逃げた敵や傷ついた敵ばかりを狙うのは卑怯だ」というような内容を言ったという場面があるが、これは別の搭乗員小町定氏も『ある零戦パイロットの軌跡』や『ゼロファイター列伝』でも語っている。







 太平洋戦争当時、岩本と同じ部隊にいた搭乗員の記録としては、土方敏夫著『海軍予備学生零戦空戦記』、阿部三郎『藤田隊長と太平洋戦争』がある。これは岩本が太平洋戦争末期に所属した部隊に同時期に在籍していた搭乗員の手記である。






 さらに戦闘303飛行隊に在籍していた安部正治氏から見た撃墜王岩本徹三としては、「『私はラバウルの撃墜王だった』、『空戦に青春を賭けた男たち』がある。







 今回は、岩本徹三について目新しいことが書いていない書籍、特集等は省略した。どれも同じようなことしか書いていないので読んでもあまり面白くないと思う。さらに雑誌へ寄稿した手記等に岩本徹三のことが書いてあるものもあるが、現在入手困難である。今回は手に入るものをチョイスした。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






零戦搭乗員と撃墜王オタク

 最近、神立尚紀氏の著書を読むことが多い。氏は零戦搭乗員達と親交が深く、そして長い。当初はただのインタビュアーだったのが、最近になればなるほど内容が重厚になり、搭乗員達の内面に肉薄した内容のものが多く、読み応えがある。これは他の航空戦史研究家とは一線を画した独特のものである。


 一番の違いは他の研究家が、「飛行機」を中心に描こうとするのに対し、神立氏は「搭乗員」を中心に描こうとしていることだと思う。つまりは他の研究家は特定の飛行機の物語を描き、そのわき役として搭乗員がいる。


 しかし神立氏の著書は、中心に搭乗員がおり、飛行機は脇役どころか内容の必要上、単語として登場するに過ぎない。・・・と私は考えている。その神立氏が何度も怒りを込めて書いているのは、撃墜王オタクが「撃墜王」「エース」等と搭乗員達を英雄視すること。「何機撃墜のエース」等ともてはやすこと等だ。


 私も神立氏の著書は結構読んだのでその怒りの気持ちは理解しているつもりだ。撃墜するということは相手を殺すということとニアリーイコールであり、数をカウントして楽しむものではないし、そもそもスコアと言っても航空戦はチームプレイだという主張も理解できるしもっともだと思う。


 まさにその通りだが、私にはもう一つの気持ちがある。簡単にいうと撃墜王オタクという気持ちだ。子供の頃、私にとってヒーローは撃墜王だった。岩本徹三であり、坂井三郎であったのだ。単純に強く、周りからも評価され信頼されているのがカッコよかった。


 そしてそのまま撃墜王を探すことが趣味となった。私の子供の頃はネットは普及していない。というより実質無かった。20歳くらいになってやっと普及してきたが、今では考えられないことだが、「岩本徹三」というキーワードで検索しても3件程しかヒットしない時代だった。そして内容もお粗末なものだった。


 ということで私は当然のように書籍に走ったのだ。搭乗員の自伝、記録を読むことから始まり、研究家の著書をむさぼり読んだ。当時は1995年前後。零戦搭乗員も高齢ながらまだ多くの方が健在だった。そして太平洋戦争終戦50周年という節目の年の前後であり、多くの書籍が出版されたのだ。


 そうこうしていくうちに撃墜王の名前と撃墜数の情報も少しずつ集まってきた。そしてそれらの元になっているのが、『日本海軍戦闘機隊』という本であることを知ったのだ。当時はネットは無いので探すのは「足」だ。もちろん普通の書店では扱っていないので古本屋をくまなく探した。


 初版が1975年のマイナーなジャンルの本なのでどこの古本屋を探しても売っていないのだ。それでも欲しくて欲しくて探しまくった結果、神保町に「文華堂」という軍事物専門の古書店があることを知った。「文華堂」に入り、探してみたが見つからない。


 そこで店の人に訊いてみた。「これだね」と言って出された本には『日本海軍戦闘機隊』と赤い字で書いてあった。とうとう見つけた。やや全体が痛んでおり、表紙には零戦が空を飛んでいる絵が描いてある。これが私が探し続けた『日本海軍戦闘機隊』だった。


 この感激は今でも忘れられない。家に帰るまで待ちきれなかった。電車の中で袋から取り出し中身を見る。席に座れなかったのでドアの横の三角コーナーに寄りかかりながら本を開いたのを覚えている。


 その本の中には、私が欲しかった情報の全てがあった。その後、全てを読み、何度も何度も読み返した。本の中には憧れのヒーロー達がいた。名前も撃墜数、出身期。覚えようとしなくてもどんどん頭の中に入る。本当にうれしかった。


 これが私の撃墜王オタクの青春譜だ。そして今でもヒーローとして撃墜王に憧れる気持ち、撃墜数が気になってしまう気持ちがある。そして大人になった私は前述のように撃墜するということは「人を殺すこと」、それをしたことによって苦しみ続ける人達の存在、共同戦果である撃墜を個人のものとして祭り上げられる不快さを感じる人。そういう人達の存在を知ることとなった。


 理性と感情の相克。理性で考えるならば撃墜王オタクはダメだ。しかし未だに憧れる気持ちは持ち続けている。どちらも持ち続けているのが現在の私だ。もしも私が撃墜王オタクでなかったら、零戦搭乗員の内面についての本を読むこともなかっただろう。


 私のように矛盾した状態で戦記関係の本を読んでいる人は案外多いのではないかと思う。きっかけは「かっこいいから」しかし実情を知るに従って理性で物を考えるようになる。しかし「かっこいいから」という気持ちを消すことはできない。人間の頭というのはやっかいだ。どうしようもないものであり、多面的であり相対的であり、矛盾であり、面白くもあり、魅力的だ。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






零戦搭乗員、原田要氏死去

 今では数少ない零戦搭乗員、原田要氏が死去した。享年99歳。2016年5月3日、14時31分、死因は多臓器不全であった。原田氏は大正5年生まれ、海軍に入隊後、操縦練習生35期として戦闘機搭乗員への道を歩み始める。海軍戦闘機隊でもエリートと言われる母艦戦闘機隊搭乗員として日中戦争、真珠湾攻撃に参加、ガダルカナル島で負傷した。戦後は幼児教育に情熱を傾けた。


 同年兵として、坂井三郎氏、岩本徹三氏等がいる。日中戦争ではパネー号事件に関わる等、歴史の生き証人だった。戦後71年。私が子供の頃憧れた零戦搭乗員が徐々に故人となられていく。コメントは差し控えたい。

零戦搭乗員とコックリさん

A6M3_Model22_UI105_Nishizawa


 コックリさんは知っているだろうか。私が子供の頃、定期的にコックリさんが流行った。いろいろな方法があるようだが私の子供の頃はコインを使っていたと思う。私と同世代だったら一回はやったことがあると思う。コックリさんとはどういうものだったか思い出せない人(私もやり方は覚えていない)のためにwikipediaをみてみよう。(画像はwikipediaより転載)


概要
 コックリさん(狐狗狸さん)とは、西洋の「テーブル・ターニング(Table-turning)」に起源を持つ占いの一種。机に乗せた人の手がひとりでに動く現象は心霊現象だと古くから信じられていたが、科学的な見方では意識に関係なく体が動くオートマティスムの一種と見られている。

 日本では通常、狐の霊を呼び出す行為(降霊術)と信じられており、そのため狐狗狸さんといわれる。机の上に「はい、いいえ、鳥居、男、女、0〜9までの数字、五十音表」を記入した紙を置き、その紙の上に硬貨(主に十円硬貨)を置いて参加者全員の人差し指を添えていく。全員が力を抜いて「コックリさん、コックリさん、おいでください。」と呼びかけると硬貨が動く。 森田正馬(森田療法で有名)は参加者が霊に憑依されたと自己暗示(自己催眠、 祈祷性精神病 と命名)に罹るとの見方を示した。また複数人に同様な症状がおきる感応精神病(フランス語: folie a deux(フォリアドゥ))の発生もよく知られる。コックリさんと呼ばず“エンジェルさん”などと呼びかえるバリエーションも存在する。これも同じ効果だと言われている。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 起源は西洋にあるようだ。確かに日本古来の占いという感じではない。動物の骨を焼くとかだったら日本っぽいんだけど。まあ、子供が遊びで動物の骨を焼いて吉凶を占うというのはそれはそれで本格的過ぎて怖いが。それはともかくこっくりさんとは1884年に日本に伝えられたという。江戸時代くらいに始まったのかと思ったら結構新しかった。1970年代に子供達の間で大流行したそうだ。


 「勝手にコインが動く」という現象は何かというと科学的には潜在意識説と筋肉疲労説というのが主に考えられているようだ。潜在意識説というのは無意識に指を動かしているというものだ。そして筋肉疲労説というのは同じ体勢を取り続けることによって筋肉がわずかに動くというもの。wikipediaの記事には潜在意識説を検証した結果、質問が参加者の知識にないものであった場合、迷走したという。


 要するに知っていることしか答えられないということだ。実際、フィリピンのルバング島で小野田少尉と一緒に10年間行動していた島田伍長はかなりコックリ占いに頼っていたようで、戦後の潜伏期間に山を下りるかどうかこっくりさんに訊いたそうだ。


 するとコックリさんは、「日本は負けていない、お前らおりて行くと、アメリカ本国へ連れて行かれて、銃殺されるか、キンタマでも抜かれるのが関の山だ」とのお告げが出たそうだ(畠山清行『陸軍中野学校 終戦秘史』)。当然だけど、このお告げは間違っている。確かにwikipediaの記事にあるように、これは島田伍長の願望や知識が「お告げ」に影響してしまったみたいだ。





 しかしこの理屈では説明しきれないちょっと不思議なこともあったようだ。太平洋戦争前、日本海軍の搭乗員の間でコックリさんが流行したそうだ。当時の決まりでは人の生死については訊いてはいけないという。しかし太平洋戦争前夜、搭乗員達が一番気になるのはやはり自分の生死についてであった。そこでいけないと知りつつも搭乗員達はこっくりさんに生死について訊いたそうだ。


 しかし答えは「わからない」の一点張り、そこに当時熟練搭乗員だった坂井三郎が来て同じように戦争での自分の生死について質問したという。そうすると突然コインが動き出し、


「あ・な・た・は・し・な・な・い」


 という字を順番に指していった。その後太平洋戦争が終わった時、そのメンバーで生き残っていたのは坂井氏一人だったという(『零戦の運命〈上〉』)。さらに太平洋戦争が始まってからのこと。日本軍の南方最前線、ブーゲンビル島ブイン基地、前線を維持できなくなったと判断した連合艦隊司令部はブイン基地にも撤退命令を出した。しかしすでに米軍の制空権下。簡単に撤退といってもできるはずがない。


 取り残された隊員達がこっくりさんをやったところ「2日に発って、7日に発つ」という「お告げ」が出た。撤退できるかどうがもわからない状態で、撤退の時期はさすがにわからない。しかしその当日に奇跡的に船が到着し撤収できたという(『ラバウル空戦記』)。





 戦場には不思議な話が結構ある。零戦の翼に大力権現が乗っているとの「お告げ」をもらった岩井勉氏。岩井氏は終戦まで一発も被弾しなかったという(『空母零戦隊』)。さらに「歯が抜ける夢を見ると死ぬ」という地元の言い伝えがある大原亮治氏はラバウルで自分の歯が抜けてそれを同僚の搭乗員に渡した夢を見た。次の出撃でその友人はついに還らなかったという(『ラバウル空戦記』)。そのほかケンダリーの怪談、母親の顔が見えた方向に飛んで行って助かった等、戦場で極限状態になった時、人間は第六感のようなものが目覚めるのかも。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






日本海軍航空母艦 赤城 1/700 日本海軍 戦艦 三笠 プラモデル 1/700 特シリーズNo.94 日本海軍航空母艦 飛鷹 昭和19年 プラモデル 1/3000 集める軍艦シリーズNo.1 戦艦 金剛 比叡 榛名 霧島/駆逐艦 白露型4隻 セット プラモデル 1/35アメリカ中戦車M4A1シャーマン アクセサリーパーツ付 1/35 WW.II ドイツ軍 ティーガーI 初期生産型 "ミハエル・ヴィットマン" HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ) 1/144 ハイスペックシリーズ Vol.01 F-16 ファイティングファルコン(1Box 10個入り) 1/24 MBT 陸上自衛隊10式戦車 1/700 海上自衛隊 護衛艦 DDG-173 こんごう (J60) HOBBY MASTER 1/72 航空自衛隊F-2A支援戦闘機 "スーパー改" 技MIX 技 (限定) ACL03 米空 F15E試作 技MIX 技AC205 米空 F-22 嘉手納 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.329 陸上自衛隊 10式戦車 35329 1/72 ミリタリーモデルキットNo.09陸上自衛隊 機動戦闘車(プロトタイプ) 1/35 陸上自衛隊 87式自走高射機関砲 高射教導隊 (G33) 1/72 ミリタリーモデルキットNo.SP 陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー"74式戦車付属" 1/700 特シリーズNo.86 日本海軍航空母艦 加賀 三段式飛行甲板仕様 1/700 日本海軍 駆逐艦 島風 最終時 1/700 日本海軍 飛行艇母艦 秋津洲 W50 1/700 日本海軍 特設巡洋艦 愛国丸 1943 1/350 艦船 No.20 1/350 日本海軍 駆逐艦 雪風 78020 1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ 海上浮航形態 (後期型フロート付き) 1944年 千島列島(塗装済み完成品) 1/700 ウォーターラインシリーズNo.556艦載機 陸上自衛隊ヘリコプタ-セット 88式鉄帽タイプ ヘルメット (フリッツ) M88 顎紐付け替え可能 自衛隊装備 サバゲー 1/35 陸上自衛隊 99式自走榴弾砲 砲弾追尾レーダー装備車 1/72 陸上自衛隊 90式戦車 第7師団 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ 陸上自衛隊74式戦車(冬期装備) 1/144 紫電改 343空 松山基地 2機セット 1/144シリーズNo.15 日本海軍 幻の超重爆撃機 富嶽 1/72 ウォーバードコレクション WB-37 晴嵐 1/144 大戦機 No.8 二式大艇 EASY MODEL 1/72 零式艦上戦闘機 52型 筑波海軍航空隊 1/72 96式艦上戦闘機 零戦艦上戦闘機五二型 零扇 USB式 卓上扇風機 川西 H8K2 二式大型飛行艇 12型 (1/72スケールプラスチックモデル) NP 5 川西 H6K5 九七式大型飛行艇 23型 (1/72スケールプラスチックモデル) NP 6 1/48 三菱F1M2零式水上観測機11型 1/48 傑作機 No.17 1/48 日本海軍 二式水上戦闘機 61017 1/48 傑作機 No.36 1/48 川西 水上戦闘機 強風11型 61036 COLT パイソン4インチ ニッケルジュピターフィニッシュ (モデルガン完成品) 東京マルイ S&W M&P9 ブローバックガスガン /対象年令18才以上 可変ホップアップ  【付属品:東京マルイ・ベアリング研磨0.2gBB(1600発) 、ガンキーホルダー】 東京マルイ FNファイブセブン ブローバックガスガン /対象年令18才以上 可変ホップアップ  【付属品:東京マルイ・ベアリング研磨0.2gBB(1600発) 、ガンキーホルダー】 東京マルイ ガスブローバック デザートイーグル.50AE クロームステンレス BBガスセット ロングレンジセット (本体+BB弾0.2g+ガス)
記事検索
マクロスデルタ VF-31Jジークフリード (ハヤテ・インメルマン機) 1/72スケール プラモデル メカコレクション マクロスシリーズ マクロスデルタ VF-31J ジークフリード ファイターモード (ハヤテ・インメルマン機) プラモデル メカコレクション マクロスシリーズ マクロスデルタ VF-171 ナイトメアプラス ファイターモード (一般機 辺境宙域仕様) プラモデル メカコレクション マクロスシリーズ マクロスデルタ VF-31E ジークフリード ファイターモード (チャック・マスタング機) プラモデル 1/72 MV-22B オスプレイ "陸上自衛隊" 1/72 三菱 F-2A "航空自衛隊 60周年記念 スペシャル" 1/48 F-4EJ改 スーパーファントム "洋上迷彩" 1/72 Su-47 ベールクト "エースコンバット グラーバク隊"
技MIX 技AC41 空自 F15J 千歳60周年 技MIX 技GK002 無彩色 F-15J 千歳 技MIX 技AC42 NASA F-15QS 技MIX 技AC40 米空 F15 A STREAK 1/700 特EASYシリーズNo.1 日本海軍戦艦 長門 1/700 特EASYシリーズNo.3 日本海軍航空母艦 赤城 1/700 特EASYシリーズNo.4 日本海軍航空母艦 翔鶴 1/700 特EASYシリーズNo.2 日本海軍駆逐艦 春雨/海風 2隻セット
人気ブログランキング
1/700 ウォーターライン No.20 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いせ 就航時 1/700 ウォーターラインシリーズNo.022 海上自衛隊イージス護衛艦あしがら 1/700 ウォーターラインシリーズ No.6 海上自衛隊輸送艦 LST-4002 しもきた 31006 1/350 海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-177 あたご用 ディテールアップパーツセット (ピットロード用)
ギャラリー
  • KSC G19スライドHW
  • 銃器対策部隊の射撃競技【軍事ニュース 2017.02.16】
  • 【軍事ニュース 2016.09.17】  ロシア、新型戦車「アルマータ」の映像公開 来年に配備
  • 【軍事ニュース 2013.12.04】 旧日本軍の巨大潜水艦を発見、ハワイ沖
  • 【軍事ニュース20170220】米空母、南シナ海で「定期的な」パトロール開始
  • 【軍事ニュース 2015.10.18】 ネット競売で「戦車」を衝動買い、置き場所に苦労 英国
1/144 陸上自衛隊 10式戦車 (3両入) (SGK01) 1/35 RC タンクバトルシリーズ No.13 陸上自衛隊 10式戦車 (2.4GHz プロポ付き) 48213 1/35 陸上自衛隊 10式戦車用ディテールアップパーツセット 1/72 ミリタリー モデルキットシリーズNo.08 航空自衛隊 パトリオット PAC3発射機 技MIX 技AC405 空自 F2A 築城 1/144 航空自衛隊 UH-60J Avioni-X 1/144 シコルスキー UH-60J SP 航空自衛隊 那覇 空中給油ブーム装備 1/700 海上自衛隊 護衛艦 DD-115 あきづき (J52) 1/700 ヘリ搭載 護衛艦 しらね型 J06 1/700 ウォーターライン No.19 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが 1/350 海上自衛隊 護衛艦 DDG-174 きりしま 1/700 日本海軍空母艦載機セット(複葉機) 1/700 ウォーターラインシリーズ No.213 日本海軍 航空母艦 翔鶴 31213 1/700 特シリーズ No.51日本海軍航空母艦 鳳翔 昭和14年 (1939年) 日本海軍空母 瑞鶴 (1/350 日本海軍航空母艦) 1/700 ウォーターラインシリーズ No.215 日本海軍 航空母艦 信濃 31215 【WAスーパーリアルガン】WA コルト M1911 ゲッタウェイ ビンテージ 【WAスーパーリアルガン】WA V10ウルトラコンパクト/ オールシルバーモデル 【WAスーパーリアルガン】WA MEU ピストル 〈レイト・モデル〉 バトルダメージ・バージョン 【WAスーパーリアルガン】WA ガバメント T2〈リアルスチールver.〉 【WAスーパーリアルガン】WA デルタフォース・カスタム〈バトルダメージ・バージョン〉 1/24 MBT 陸上自衛隊10式戦車 技MIX 技AC405 空自 F2A 築城 1/72 ミリタリーモデルキットNo.09陸上自衛隊 機動戦闘車(プロトタイプ) 1/72 ミリタリーモデルキットNo.SP 陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー"74式戦車付属" 1/35 現用アメリカ陸軍 M1A2 エイブラムス SEP V2