カテゴリ: 軍事関係

書評 渡辺洋二『ジェット戦闘機Me262』

(画像はMe262 wikipediaより転載)  日本の航空戦史研究の第一人者である渡辺洋二氏のドイツ航空史に関する著作だ。渡辺氏は日本の航空史研究で有名だがドイツ航空史に関しても多くの著作を執筆している。  本書は大戦末期に生産されたドイツのジェット戦闘機Me262につ …
続きを読む

 今日はちょっと珍しい本を紹介したいと思う。著者は軍人ではなくエンジニア。それも戦後、戦車や装甲車等の軍用車両を開発していたという珍しい経歴の持ち主だ。  まだ戦後と言われていた時代、著者は東大工学部を卒業後、三菱重工に就職する。そこで図らずも戦車の …
続きを読む

 本書の著者は イスラエルで第四次中東戦争に参加したアメリカのシンクタンクに所属すると各社である 本当の役をしている 奥山真司氏の 師匠にあたる人のようだ。  本のタイトルはかなり挑戦的だが、内容はもっと挑戦的だ。戦争には武力介入をするなという内容である …
続きを読む
片翼帰還の英雄たち

(画像はwikipediaより転載)片翼帰還の樫村! 私が調べた片翼帰還一覧 樫村寛一少尉 南義美大尉 森田勝二二飛曹 ネゲヴ空中衝突事故 F-16空中衝突事故 おまけA-10片翼飛行  樫村寛一少尉  1937年12月9日、南昌攻撃の際の空戦で中国機と衝突、左翼の1/3を失いながらも …
続きを読む
たぶん世界最強!F-22ラプター戦闘機

(画像はwikipediaより転載)  私は基本的に世界最高の性能というのが好きなのです。一般にミリタリーファンも結構、年季が入ってくるとものすごくマニアックな兵器に魅力を感じたりする訳です。  まあ、これはミリタリーファンに限ったものではなく、好きになればなるほ …
続きを読む
アメリカ軍次期主力戦車を開発中

(画像はwikipediaより転載) アメリカ陸軍参謀総長が新型戦車の研究開発を進めていること明かす『産経ニュース』  アメリカ陸軍参謀総長の話によると、新型次期装甲戦闘車両はロシア戦車T14のようにプラットホームを共通にする仕様になる。  さらに無人砲塔、無人操縦 …
続きを読む
世界の新型空母を比較

(画像はwikipediaより転載)  何となくですが、各国の建造中の空母の比較をしてみようと思い立ち書いてみました。前置きは面倒なので早速。。。 イギリス (画像はwikipediaより転載) クイーン・エリザベス級航空母艦 排水量 基準:45,000 t 満載:70,650 t 全長 284 …
続きを読む
中国ミサイル駆逐艦055型あれこれ

 先週、中国海軍の空母遼寧が香港に寄港した際、一般公開されたようだ(「中国、初の空母「遼寧」を一般公開へ 香港で」)。  遼寧の一般公開が香港で行われたことは香港が中国の領土であることを世界に対してアピールすること、海軍の象徴である空母を見せることで香 …
続きを読む
北朝鮮空軍のエース達

(画像はYak-9U wikipediaより転載)  エース、撃墜王とは第一次世界大戦に生まれた呼称である機数の敵機を撃墜するとエースという称号が与えられた。  結構、誤解されていることもあるが、スポーツ等のエースと異なり、決まった機数を撃墜するとエースと認定される。 …
続きを読む
ドイツ空軍夜間戦闘機隊

(画像はwikipediaより転載)  以前、渡辺洋二『日本海軍夜間邀撃戦』という本を読んだ。ハードカバーで結構お高めの本だったが、内容は値段以上の価値がある。もしも日本海軍の夜間戦闘機やその搭乗員に興味があるなら是非読んだ方がいい。  私は大戦時の航空隊に関して …
続きを読む
アメリカ陸軍次期正式拳銃M17(P320)

(画像はwikipediaより転載)  米軍がM17として採用するP320の最大の特徴はアメリカ陸軍で初めて(たぶんね)ポリマーフレームを使用した銃であることが挙げられる。    ポリマーフレーム自体は80年代からあるもので既に珍しくはないが、P320はさらに口径を9mmと45口径 …
続きを読む
アメリカ陸軍次期正式拳銃M17(P320)

(画像はwikipediaより転載)  まあ、正式採用が決まったのは結構前だけど。。。アメリカ軍の正式拳銃といえばかつてはコルトM1911A1だった。正式採用されたのは1911年、今から106年前だ。当時の軍の正式拳銃といえばリボルバーであった。  世界に先駆けてアメリカ軍はオ …
続きを読む
ジェラルド・R・フォード級航空母艦

(画像はwikipediaより転載)  現在、海上公試運転中の米海軍新型空母がジェラルド・R・フォード級航空母艦のネームシップがこのジェラルド・R・フォードである。  ネームシップというのは、同じタイプの艦を複数生産した場合、艦名とは別に、〇〇級とかいう風に呼ばれる …
続きを読む

 私が高校生だったのは90年代前半で、当時はまだバブルの真っ最中でした。まあ、バブルといっても高校生の私には全く関係なかったですが。。。  強いて言えば、トイガンの品質は非常に高かったのは間違いない。当時発売されたトイガンで今でも伝説になっているものは …
続きを読む

 最近、アマゾンで古い月刊『GUN』誌を大量購入(といっても17冊)して読みまくっているのです。まあ、きっかけは単純に私はハンドガンが特に好きなんだけど、さすがにネット情報だけだとつまらなくなってきたからだ。  ネット情報というのは昔ほどじゃないにしてもや …
続きを読む
救難飛行艇US-2

(画像はwikipediaより転載)  かつて二式大型飛行艇という巨人機が存在した。有名な機体なので知っている人は多いと思うが、この通称、二式大艇は世界最高の飛行艇であった。二式大艇の一代前の大型飛行艇、九七大艇も同様の最高傑作飛行艇であった。  これは零戦や紫電 …
続きを読む
海上自衛隊 補給艦 ましゅう

 元々私はみんなの中心になっていくタイプではなく、結構目立たないタイプの人間であるのでミリタリーの好みも結構、支援兵器や支援部隊、非戦闘職種に興味が行きがちだ。太平洋戦争中の艦船でも空母や戦艦と同じくらい工作艦や水上機母艦、飛行艇母艦等の艦船が好きなの …
続きを読む
戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔

 戦艦好きはかなり多い。艦艇ファンが艦艇好きになるきっかけはほとんど戦艦に興味を持ったことだろう。因みに私は戦艦にはそれほど興味は無い(まあ、普通のミリオタ並に好きだけど。。。)が、日露戦争当時の戦艦は結構好きだ。(画像はwikipediaより転載)  なんかこ …
続きを読む

 最近、『アメリカン・スナイパー』を読んだ関係上、今回はクリス・カイルの愛銃について書いてみたい。愛銃といえばM4CQB-Rが有名。しかし、今回はハンドガンについて語ってみよう。ハンドガンについてはあまり知られていないと勝手に考えている。  クリスは当初 …
続きを読む

 有名(らしい)な、映画化もされた(らしい)『アメリカン・スナイパー』の原作(のようだ)を読んでみた。「らしい」やら「ようだ」という言葉を入れたのは私は映画も知らないし、クリスカイルが誰かも知らないのだ。  それなのに何で読んだのかというと、WAのサイト …
続きを読む

 海兵遠征部隊??はて、何のことだろうと思う人も多いと思う。では、MEUといえば。ああ、東京マルイから出しているMEUピストルのことねー。名前知っているー。という人は多いと思う。MEUとはMarine Expeditionary Unitの略。日本語にすると海兵遠征部隊のこと。海兵遠征 …
続きを読む

 夜間戦闘機といえば月光、屠龍。それ以外には・・・。結構あるんだよね。P-61ブラックウィドウ、彗星夜戦型、零夜戦等々。今日はあまり世間では注目されない夜戦についてみてみよう。具体的な機種や戦歴について詳しく書いていく・・・ということはしない。まあ、いつも …
続きを読む

 その短命が故に活躍できなかった傑作機というものが世にはある。太平洋戦争末期、日本陸海軍は多くの傑作戦闘機を世に送り出していた。残念ながら当時の日本はエンジンの性能で先進国に一歩遅れを取っていた。しかしそのハンディを乗り越えて世に送り出した傑作機という …
続きを読む

 現代の戦闘とはミサイルと電子戦、通信ネットワークが中心となっている。かつてのように大量の兵士が戦線を支えるものではない。人数は縮小の方向に向かっている。さらに戦争の中心が非対称戦になっていることからも今までのような軍隊が行う戦闘とは異なる。  非対 …
続きを読む

 アメリカ政府はその存在を正式には認めていないが、アメリカ軍の中に超極秘部隊が存在する。その名は「デルタフォース」。正式には第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊という。正式には認められていないのになぜ正式名称があるのかは疑問だが、今日はそのデルタフォースの知ら …
続きを読む
日本軍のトンデモ兵器? 風船爆弾

 風船爆弾。今でもたまにネタにされるこの兵器。日本軍が必死に作った和紙とこんにゃくで作ったお茶目な兵器で実際には2発程度しかアメリカに到達しなかった。トンデモ兵器の一つとして日本軍のポンコツ振りを良く表していると世間では思われている。(画像はwikipediaよ …
続きを読む

 日本人が最も苦手なものなのかもしれない。私は戦史を読むのが昔から好きだったが、太平洋戦争での日本軍の惨敗はまさに補給が遮断されたことによると思う。「輜重兵が兵ならば蝶やトンボも鳥の内」等と言われていたと聞く。輜重兵とは補給部隊のことである。  精鋭を …
続きを読む

 今日は趣向を変えてミリ飯特集をしてみたいと思う。ミリ飯って何?分らないけど、多分、ミリタリー飯の略だと思う。米軍でいうレーション、自衛隊でいう戦闘糧食、通称缶メシ。要するに軍隊が戦闘中や演習中に食べる食事のこと。今日はこのミリ飯を特集してみた。  特集 …
続きを読む
装甲擲弾兵師団

 私は自他ともに認めるミリタリーオタクである。その私は常日頃からミリタリー関係の言葉・・・。ん、あれ、文章があまり良くないな。えーとね。要するに意味不明で気になる用語がいくつかあるんだ。例えば狙撃大隊とか。大隊だと300人位だろうからじゃあ、狙撃兵が300人い …
続きを読む