01_FNC
(画像はwikipediaより転載)

 

 FNCとは、ベルギーのFN社が1976年に発表した第二世代自動小銃である。口径は5.56mmでカートリッジは現在NATO軍で制式採用されているSS109である。アルミ削り出しのロアレシーバーにスチールプレス製アッパーレシーバーと十分な強度を持っている上、当時は珍しいSTANAGマガジンを採用する等、優れた設計の銃であったが、高価になってしまったため採用した国はベルギー始め数か国に止まった。

 

FNC(実銃)

 

 

性能

全長 995mm
重量 4,100g
口径 5.56mm
使用弾薬 5.56×45mmNATO弾
装弾数 30発
設計・開発 FN社

 

開発

02_FNC
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベルギーのFN社が第二世代アサルトライフルとして開発した自動小銃で、同時に開発された5.56mm弾SS109はそれまでのM16を始め世界の5.56mm小銃弾であったM193に代わりNATO軍に制式採用されることになった。FNCは1966年に開発した前作のCALが強度的に問題があったこともあり、ロアレシーバーをアルミ削り出し、アッパーレシーバーをスチールプレス製として強度を確保している。

 作動はAK47や日本の89式小銃と同じロングストロークピストン式で閉鎖機構はロータリーボルトロッキングシステムを採用している。セミ・フルオート切替式で弾倉は当時は珍しかった互換性の高いSTANAGマガジンを採用した画期的な銃であったが、完成した1976年には競合が多くあり、アルミ削り出しの比較的高価な銃となってしまったため、セールス的には失敗だったといえる。ストックは折りたたみ式のみである。

 1979年にベルギー軍に制式採用され現在でも運用されている他、インドネシア、スウェーデン軍が制式採用している。

 

バリエーション

03_FNC
(画像はwikipediaより転載)

 

 バリエーションとしては、銃身を4cm切り詰めたアサルトカービン、民間向けにセミオートモデルがある。

 

FNC(トイガン)

 

概要

 1988年にアサヒファイアーアームズがガスフルオートモデルとして発売、実銃には無い3点バーストを内蔵している。近年ではG&Gアーマメンツが電動フルオートでFNCをモデルアップしている。

 

まとめ

 

 FNCは銃自体は高性能であり、同時に開発されたSS109はそれまでのM193カートリッジに比べ高性能であり、現在でもNATO軍制式採用となっている。またSTANAGマガジンも同様で多くの銃がこの規格に合わせている。FNCはその先鞭をつけた銃であったが、高性能故に高価であり、セールス的には芳しくなかった。悲運の小銃であったといえる。

 


ミリタリーランキング