01_FAL
(画像はwikipediaより転載)

 

 FALとは、ブローニングハイパワーの設計で有名なデュードネ・サイーブによって設計された第一世代アサルトライフルで1953年に完成、1955年から各国の軍隊に制式採用された自動小銃である。当初は反動の少ない弾薬を使用することを前提に設計されたが、7.62mm弾がNATO制式採用となったため急遽7.62mm弾仕様に変更、このため大型化してしまったものの銃自体の完成度は非常に高くM16、AK47、G3と並んで世界4大アサルトライフルの一つとも言われる名銃である。

 

FAL(実銃)

 

 

性能

全長 1,095mm
重量 4,300g
口径 7.62mm
使用弾薬 7.62×51mmNATO弾
装弾数 20発
設計・開発 デュードネ・サイーブ / FN社

 

開発

02_FAL
(画像はwikipediaより転載)

 

 FALはベルギーのFN社の技師デュードネ・サイーブによって設計された第一世代アサルトライフルである。ジョン・ブローニングの弟子でブローニングハイパワーの設計で有名なサイーブは第二次世界大戦中はイギリスの亡命、帰国後にFN社に戻りFALの設計を行った。1948年に試作機が完成したが、当初はドイツ製自動小銃MP44用の7.92mm弾やM1カービンが使用している30カービン弾等の反動の小さなカートリッジを使用することを前提に設計されていた。

 ところが1950年代に入ると米国が、M1ガーランドの弾薬である30-06弾を改良した7.62mm弾を当時結成されたばかりのNATO(北大西洋条約機構)の制式弾薬として強力に押したためFALのカートリッジも変更をせざる得なくなった。このため7.62mm弾仕様のFALは試作機よりも大型化、さらにフルオートでのコントロールも難しくなってしまったものの、銃自体の完成度は非常に高く、多くのパーツが削り出しのため耐久力もある銃となった反面、コストがかかるため単価の高い小銃となってしまった。

 作動方式はスタンダードなガスオペレーション方式で閉鎖機構はティルド・ボルト・タイプである。H&K社のG3と同様に初期のモデルはハンドガード、ストック共に木製であったが、プラスチックが開発されるとプラスチック製に変更されている。7.62mmNATO弾仕様に変更されたFALは1953年に完成、1955年にはカナダ軍が早速制式採用している他、1956年にはベルギー軍、1957年にはイギリス軍が制式採用している。

 

バリエーション

03_FAL
(画像はwikipediaより転載)

 

 バリエーションとしては、アルミ製折り畳み式ストックを装備したFAL50.61、カービン仕様のFAL50.63、二脚に30連マガジンを装備した分隊支援火器仕様のFALO、イギリス軍が制式採用したフルオート機能を除去した(イギリス軍がフルオートではコントロール不能と判断したため)L1A1モデル等がある。

 

FAL(トイガン)

 

概要

 1988年にJACがフルオートガスガンとして発売している他、海外メーカーではキングアームズが電動フルオートで発売、ARESがL1A1をセミオート仕様で再現したモデルを発売している。

 

ARES FAL 電動セミオート

性能

全長 1,110mm
重量 3,820g
装弾数 120発
初速 80m/s前後
定価  - 円

 主要パーツは金属製、ストックとハンドガードは木製モデルと樹脂製のモデルがある。外観の完成度の高さは素晴らしい。命中精度や初速に関してはどうも当たりはずれがあるらしく何ともいえないがこれは海外製品であるので仕方がないところだろう。ユーザーによると東京マルイの電動ガンと同じパッキンを使用しているのでパッキンの交換は必須とのことだ。

 

まとめ

 

 サイーブの当初の設計は近距離での戦闘を想定した小型弾薬を使用する自動小銃として設計された。これはドイツ軍のMP44等の自動小銃の洗礼を受けたヨーロッパ諸国にとっては当然の結論であり、同様の思想の下にAK47も設計されている。しかし米国にとってはその威力を体験する機会が少なく、大口径小銃に固執することになった。そしてその米国も1960年代にM16小銃において同様の思想を受け入れることとなり、サイーブ始め欧州の自動小銃の流れが正しかったことを証明した。

 

 


ミリタリーランキング