01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

遠藤桝秋一飛曹の略歴

 

 1920年12月20日福島県に生まれる。1938年6月乙種予科練9期として採用、1940年11月に予科練修了、同月艦爆搭乗員として飛練10期に入隊する。1941年11月飛練10期を卒業と同時に1942年2月まで佐世保空出水派遣隊で戦闘機転換教育を受けた後、2月に台南空に配属された。4月にはラバウル、そしてラエに進出して連日の航空戦に活躍。11月には台南空は再編成のため内地に帰還、1943年5月に251空と改称した台南空隊員として再度ラバウルに進出したが、6月7日の空戦で敵機に体当たりして戦死した。

 

台南空のベテラン遠藤一飛曹

 

 遠藤桝秋一飛曹は乙種予科練9期の出身で同期の戦闘機専修者は23名、さらに艦爆専修者10名と陸攻専修者9名が戦闘機に転科したため戦闘機専修者は最終的には42名であった。太平洋戦争の初期から活躍したクラスで羽藤一志二飛曹、大石芳男中尉、上原定夫飛曹長等著名な搭乗員が多いものの戦死も多かった。開戦一年目の1942年末までには同期の内ほぼ半数にあたる19名が戦死している。1943年には7名、1944年にも7名が戦死、1945年には3名が戦死している。無事に終戦を迎えたのは6名のみであった。

 1941年10月、遠藤一飛曹は艦爆専修者として宇佐空で飛練10期を修了後、翌月より佐世保空出水派遣隊にて戦闘機への機種転換訓練を受ける。1942年2月、訓練終了と同時に当時にバリ島に進出した台南空に合流した。4月1日、台南空は25航空戦隊に編入されラバウル進出を命じられた。4月16日、遠藤一飛曹も台南空隊員としてラバウルに進出、連日の航空戦に活躍した。

 1942年11月になると笹井醇一少佐、坂井三郎一飛曹等、名だたる搭乗員を失った台南空は戦力を再編成するために内地に帰還することとなり、生き残っていた遠藤一飛曹も台南空の貴重な実戦経験者として愛知県豊橋で部隊の再編制にあたった。

 1943年5月、再編成が完了した251空(1942年11月1日に改称)は、5月7日にラバウルに到着、10日には遠藤一飛曹を含む飛行隊も零戦で島伝いに飛行してラバウルに到着した。再びラバウル航空戦に活躍した遠藤一飛曹だったが、1943年6月7日の空戦で第44戦闘飛行隊のヘンリー・マトスン中尉の操縦するP-40と反航で撃ち合った後、衝突して戦死した。

 総撃墜数は14機といわれている。連合軍の損害から算出した遠藤一飛曹のニューギニア航空戦期の戦果が3.1機であり、最後に衝突した1機を含めると4.1機の撃墜ということになる。但し、この3.1機は編隊空戦の結果挙げた戦果を空戦参加者全員で分けた数値の合計なのでより多く撃墜している可能性も全く撃墜していない可能性もある。撃墜数などはただの数字であることを理解しておいてほしい。

 

遠藤桝秋一飛曹の関係書籍

 

ルーカ・ルファート、マイケル・ジョン・クラーリングボールド『台南海軍航空隊』

ルーカ・ルファート、マイケル・ジョン・クラーリングボールド 著
大日本絵画 (2016/2/1)

 本書はイタリア人ルーカ・ルファート氏、オーストラリア人マイケル・ジョン・クラーリングボールド氏によって書かれた太平洋戦争初期のラバウル、ラエ周辺の台南空と連合軍の航空戦の実態を調査したものである。ソロモン航空戦まではカバーしていない。

 近年、この種類の著作が多く出版されているが、本書はポートモレスビーで育った著者がその地域で起こった戦闘を調査するという地域史的な要素を持つ異色のものだ。オーストラリア人の著作であるため、連合国軍側の視点で描かれていると思っていたが、読んでみると、著者は日米豪それぞれの国のパイロット達に対して非常に尊敬の念を持っていることがわかる。

 

梅本弘『ガ島航空戦』上

 本書は私にとっての名著『海軍零戦隊撃墜戦記』を上梓した梅本氏の著作である。本書の特徴は著者が日米豪英等のあらゆる史料から航空戦の実態を再現していることだ。これは想像通りかなりのハードな作業だ。相当な時間がかかったと推測される。『海軍零戦隊撃墜戦記』は宮崎駿氏おススメの本で、有名なラバウル航空戦の後半部分を史料を元にして再現したものだ。後半部分というのは私の憧れ、岩本徹三飛曹長が活躍した時期の前後だ。本書はそのラバウル航空戦の初期の戦いについて記している。

 

本間猛『予科練の空』

本間猛 著
光人社 (2002/11/1)

 本間猛氏は予科練乙種9期。太平洋戦争で最も活躍したクラスだ。それだけに死亡率も異常に高い。同期は191名。その内167名は戦死、さらに生き残った24名もほとんどが戦傷を受けている。五体満足で終戦を迎えた同期はわずか3〜4名であった。

まとめ

 

 遠藤桝秋一飛曹は乙飛9期の出身で戦闘機専修者42名中終戦を迎えたのはわずか6名であった。他機種に行った同期を含めても全191名中167名が戦死、生き残った同期中戦傷を受けなかった者はわずか3〜4名であったという。遠藤桝秋一飛曹は開戦直後から台南空に所属、251空に再編成されてラバウルに再進出した時に生き残っていた貴重な台南空時代の隊員であったが、僅か1ヶ月後にはラバウルの空に散ってしまった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング