01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

高橋健一飛曹長の略歴

 

 1924年5月5日長野県に生まれる。1940年乙13期予科練入隊。1943年3月飛練26期を修了。名古屋空で延長教育を受け、厚木空に配属。9月末204空に配属され、ラバウルに進出した。1944年1月末204空がトラック島へ後退したため253空へ異動、引き続きラバウル航空戦に活躍した。2月中旬253空とともにトラックへ後退。1944年6月、潜水艦で本土へ帰還。7月には戦闘308飛行隊に配属。221空に編入され、10月には捷号作戦に参加。比島で連日の空戦に活躍した。1945年1月内地に帰還、筑波空の教員として終戦を迎えた。

 

地獄のラバウルから生還

 

 高橋健一は乙飛13期出身で同期の戦闘機専修者は49名で同期には柴山積善飛曹長がいる。終戦までに38名が戦死、11名が終戦を迎えることができた。死亡率71%である。高橋飛曹長は1940年6月に予科練に入隊、1942年4月に修了している。予科練は当初は3年間であったが、戦局の悪化から短縮され、高橋飛曹長の期では2年に短縮されていた。

 4月に予科練を修了、5月からは飛練26期に進んだ。このクラスは丙飛10期と合同で行われており、「トッカン兵曹」として有名な小高登貫上飛曹も共に訓練を受けていた。ここで基礎的な操縦を学んだ高橋飛曹長は、名古屋空で延長教育を受け、厚木空に配属、さらに数ヶ月後にはラバウルに展開する204空へと配属された。厚木空は1943年4月に開隊した艦隊搭乗員の錬成部隊なので当初は艦隊搭乗員として採用されていた可能性もある(前述の小高上飛曹も艦隊搭乗員として訓練を受けた後、202空に配属されている)。

 1943年9月末、「搭乗員の墓場」ラバウルに送り込まれ、連日の航空戦に活躍する。この時期のラバウル航空戦では日本軍はすでに守勢にまわっており少数の兵力で米軍の大兵力を相手にしていた。訓練を終えて間もない高橋二飛曹を含む乙飛13期の隊員たちはわずか3ヶ月で6名が戦死している。この中で高橋二飛曹は連日の航空戦に活躍した。12月17日には荻谷信男上飛曹の3番機として出撃、P39エアコブラ1機撃墜を報告したが、この日撃墜されたP39はない。

 1944年1月末には204空がトラック島に後退したため、高橋飛曹長は同じくラバウルに展開する253空に転入、2月中旬まで連日の空戦に参加したが、253空もトラック島に後退に伴い、高橋一飛曹もトラック島に後退した。6月19日の米機動部隊のサイパン攻撃に対抗するため253空も零戦隊をサイパンに向かわせた。この時、高橋一飛曹は指揮官岡本晴年少佐の2番機として参加するが、グアム島着陸寸前に敵機の攻撃を受けた。辛うじて着陸、生還した。

 生還した高橋一飛曹は陸攻でトラックに戻り、そこから潜水艦で内地に帰還した。7月、221空戦闘308飛行隊に配属、10月には捷号作戦参加のために比島に進出、連日の空戦に参加、1945年1月には内地に帰還して筑波空教員として終戦を迎えた。総撃墜機数は14機といわれている。

 

高橋健一飛曹長の関係書籍

 

海軍零戦隊撃墜戦記2: 昭和18年8月-11月、ブイン防空戦と、前期ラバウル防空戦

 日米の戦闘報告書や当時の軍人の日記を丹念に読み込んで実際の空戦を再現する。読み物としては単調ではあるが、資料としては詳細で正確である。戦死、負傷、被弾した搭乗員の一覧表が巻末にまとめられているのも資料として使用するには非常に便利。値は張るが内容を考えれば格安といっていい。全3巻中2巻では1943年8月から11月までのラバウル航空戦を描く。

 

海軍零戦隊撃墜戦記3: 撃墜166機。ラバウル零戦隊の空戦戦果、全記録。

 日米の戦闘報告書や当時の軍人の日記を丹念に読み込んで実際の空戦を再現する。読み物としては単調ではあるが、資料としては詳細で正確である。戦死、負傷、被弾した搭乗員の一覧表が巻末にまとめられているのも資料として使用するには非常に便利。値は張るが内容を考えれば格安といっていい。全3巻中3巻では1943年12月から1944年2月までのラバウル航空戦を描く。

 

川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』

川崎浹 著
トランスビュー 2003/8/15

 高橋飛曹長と同じ時期に同じ部隊で戦った小町定飛曹長へのインタビュー本で、単独インタビュー形式で小町氏の戦中戦後の経験が描かれている。小町氏はラバウル航空戦当時、若手搭乗員に分類される方であったが、部下からの人気は高く、列機の位置を巡って部下同士が喧嘩になったこともあったという人望のある人物で、この小町氏の経験と魅力を著者の川崎氏は上手に引き出すことに成功している。

 戦後のパイロットの自著や手記によって撃墜50機、60機撃墜等、多くの撃墜数を自称しているパイロットに関してほとんどは部隊の戦果を自分の戦果と混同してしまっているという指摘などは実際に戦った元搭乗員の指摘としては非常に説得的である。

 

まとめ

 

 高橋飛曹長は1924年生まれ、激戦のラバウルに派遣された時はまだ19歳であった。この時期にはすでに搭乗員が不足しており、高橋飛曹長ら訓練が終わったばかりの若年搭乗員すらも最前線のラバウルに投入される状態であった。このため乙13期の隊員はわずか半年の間に13名がラバウルで戦死している。その後も中部太平洋、ボルネオ島、比島と激戦地で戦い続け、1944年1年間の間にさらに20名の同期が戦死している。さらに沖縄航空戦、本土防空戦でも3名が戦死。その他戦死、事故死を含め、結局、終戦を迎えられたのは49名中11名のみであった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング