01_九七式司令部偵察機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九七式司令部偵察機は三菱重工が開発した世界初の戦略偵察機で最高速度は陸軍の性能要求を上回る480km/hを発揮、当時最新鋭の陸軍の主力戦闘機九七式戦闘機の最高速度444km/hを40km/h近く上回っていた高速偵察機であった。この高性能は海軍にも注目され、九八式陸上偵察機として制式採用された。

 

九七式司令部偵察機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 12.00m
全長 8.70m
全高3.34m
自重 1,592kg
最大速度 510km/h(高度4,330m)
上昇力 5,000mまで6分49秒
上昇限度 11,900m
エンジン出力 900馬力
航続距離 2,400km
武装 7.7mm旋回機関銃(テ4)
設計・開発 久保富夫 三菱重工

 

偵察機の違い

 日本陸軍には軍偵察機、直協偵察機、司令部偵察機という3種類の偵察機があった。当初は単に偵察機と称していたが、1935年末に初めて遠距離偵察をする航空機、部隊に直接協同する偵察機の2種類に分けられた。そして1937年になるとこれらに司令部偵察機が加わり、3種類の偵察機が存在するようになった。

 具体的には遠距離偵察・爆撃を専門とする偵察機は「軍偵察機(軍偵)」、地上部隊(特に砲兵)への協力・指揮連絡を行う偵察機を直協偵察機(直協)、そして航空情報の蒐集、戦略上の要地の偵察を行うのが司令部偵察機である。

 この司令部偵察機が要求されている性能とは、当時の最優秀戦闘機よりも高速であること、高高度で隠密偵察が出来ること、そして複座であることが求められている。最後の複座であることは、当時、電子機器が未発達のため偵察員の搭乗を意味する。これらを満たすことを条件として九七式司令部偵察機は計画されることとなった。

 

開発

 1935年7月23日(11日説もあり)、陸軍は三菱重工に対してキ15という名称で司令部偵察機の試作指示を出した。三菱では久保富夫技師を設計主務者として設計を開始、1936年5月には1号機を完成させた。発動機はハ8(750馬力)を採用、固定脚ではあったが、沈頭鋲を採用した全金属製の低翼単葉機でカウリング等も空気抵抗の少ない形状を採用していた。

 試作機は2機製作され、早速、審査が行われた。試作指示の段階で陸軍が要求していた性能要求は最高速度450km/h以上であったが、この試作機は最高速度480km/hを記録、性能要求よりも30km/hも高速を発揮した。前方の視界不良等のいくつかの点で問題はあったもののおおむね問題は無かったが、当時、未だ戦略偵察機の価値を理解しない一部の論者は採用に難色を示した。

 1937年2月になると前述の偵察機3種類の分類が決定、これを受け同年5月には増加試作機が完成、各部に微修正が施された後、1937年5月九七式司令部偵察機として制式採用された。この試作機の内、2号機は朝日新聞社に払い下げられ神風号と命名、1937年4月6日、立川飛行場を離陸、台湾、中東、イタリア、フランスを経由し、4月9日ロンドンへ着陸する。これは世界初の偉業であった。

 

2型

 エンジンを空冷14気筒ハ26機900馬力)に換装した型。1938年1月に先行試作機が完成、6月には試作が指示された。この2型は最高速度が30km/h向上、510km/hとなり、同時に上昇性能も向上した。1939年9月に制式採用され生産が開始された。

 

九八式陸上偵察機(海軍)

 当時、長距離偵察機の必要性を痛感していた海軍は、この九七式司令部偵察機2型の高性能に注目、陸軍の了承の下に発動機を瑞星12型に換装し各種艤装を海軍式に変更したものを九八式陸上偵察機11型として制式採用した。さらに1941年、エンジンを零戦と同じ栄12型(940馬力)エンジンにしたものを12型として制式採用した。

 

3型

 1939年発動機をハ102(1,080馬力)に換装した3型が試作された。これにより最高速度が530km/hに達したが、すでに後継機としてキ46(のちの百式司令部偵察機)がさらに高性能を記録していたため2機が試作されたのみで製作は中止された。

 

生産数

 合計で437機が製造された。九八式陸上偵察機は11型が20機、12型が30機である。

 

戦歴

 九七式司偵の活躍の場はすぐに訪れた。制式採用の2ヶ月後の1937年7月7日、盧溝橋事件が発生、同月26日には九七式司偵による偵察が行われている。その後1機が北支に進出、さらに2機が増強された。そして1938年3月14日には臨時独立飛行第1中隊が編成、1939年秋頃からは2型も配備されるようになり、仏印進駐、ノモンハン事件でも重要な役割を果たした。

 太平洋戦争が始まると九七式司偵は飛行第2戦隊、8戦隊、81戦隊、独飛50、51、63、70、76、81、101中隊に配備され各地の偵察に活躍、多くの犠牲を出しながらも任務を遂行していたものの、1941年8月頃から百式司偵の配備が進み九七式司偵は前線から徐々に消えていった。

 

まとめ

 

 九七式司令部偵察機は世界初の戦略偵察機として日中戦争から太平洋戦争中期まで活躍、その座を百式司令部偵察機に譲った。特に試作2号機が東京からロンドンまで51時間で飛行、世界新記録を樹立したことが有名である。三菱が生んだ傑作機である。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング