01_浅間
(画像はwikipediaより転載)

 

 装甲巡洋艦浅間級は日露戦争前に就役、日露戦争、第一次世界大戦、太平洋戦争に参加する。特に2番艦常磐は太平洋戦争においても敷設艦として第一線で活躍、大破しつつも撃沈されることなく終戦を迎えたという殊勲艦であった。両艦共に戦後解体処分されている。

 

装甲巡洋艦 浅間級 〜概要〜

 

性能

 通常排水量 9700トン
 最大排水量 -トン
 全長 134.72m
 全幅 20.45m
 吃水 7.4m
 機関出力 18000馬力
 最大速力 21.5ノット
 航続距離 7000海里/10ノット
 乗員 661名
 武装 45口径20.3cm砲連装2基
    40口径15cm砲単装14基
    40口径8cm砲単装12基
    4.7cm砲単装8基
    45.7cm水上発射管1門
    同水中発射管4門
 装甲 舷側 17.8cm
    甲板 7.6cm
    主砲 -cm
 同型艦 2隻

 

特徴

 1番艦浅間は1899年に竣工した。艦首に衝角を装備した最後期の軍艦である。主砲は20.3cm連装砲で前後に1基ずつという当時の一般的なレイアウトであった。主砲の射程距離は18000mで発射速度は2発/分である。最大仰角は30°、俯角5°、揚弾は電動で各砲120発の砲弾が搭載されていた。装甲はハーヴェイ鋼で喫水線を中心に配置されている。

 

同型艦

浅間(起工1896年10月、竣工1899年3月)
常磐(起工1897年1月、竣工1899年5月)

 

装甲巡洋艦 浅間級 〜戦歴〜

02_常磐
(画像はwikipediaより転載)

 

 1番艦浅間は1897年10月に就役、一等巡洋艦に類別される。1900年には義和団の乱鎮圧に出撃、日露戦争では仁川沖海戦、黄海海戦、日本海海戦で活躍した。第一次世界大戦では巡洋艦出雲、戦艦肥前と共にアメリカ西海岸での哨戒任務についた。その際にメキシコで座礁事故を起こしている。1921年9月、一等海防艦に類別変更。1935年10月には瀬戸内海で再び座礁。この座礁での損傷により練習艦となった。1945年11月除籍、1947年に解体された。

 2番艦常磐は1899年5月に竣工、同年7月に就役する。1900年、姉妹艦浅間と共に義和団の乱の鎮圧に出撃、日露戦争でも活躍する。第一次世界大戦では青島攻略に参加、1921年9月一等海防艦に類別変更。1922年から1923年にかけて敷設艦に改造された。その後、日中戦争にも参加、太平洋戦争開戦後はマーシャル諸島に展開、1943年6月、本土に帰投。日本近海で機雷敷設や訓練に従事する。1945年8月、大湊で米軍機の空襲を受け大破した状態で終戦を迎える。1945年11月除籍、1946年解体される。

 

装甲巡洋艦 浅間級(模型)

 

1/700 日本海軍一等巡洋艦 浅間

 義和団の乱鎮圧から日露戦争、第一次世界大戦、太平洋戦争と活躍した浅間級巡洋艦の1番艦浅間の模型、1/700スケールモデル。

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング