01_飛行艇母艦秋津洲
(画像はwikipediaより転載)

 

 秋津洲は日本海軍が飛行艇の長大な航続距離を活かした攻撃を行うための拠点として建造された飛行艇の補給、整備のための専用艦である。3隻の建造が計画されたが完成したのは秋津洲1隻のみであった。戦争後半では飛行艇の支援よりも輸送任務で活躍している。

 

飛行艇母艦秋津洲 〜概要〜

 

性能(竣工時)

 通常排水量 5000トン
 最大排水量 -トン
 全長 114.8m
 全幅 15.8m
 吃水 5.4m
 機関出力 8000馬力
 最大速力 19ノット
 航続距離 8000海里/14ノット
 乗員 338名
 搭載能力 航空燃料689トン
      航空魚雷36本
      爆弾800kg30個、500kg15個、250kg100個、60kg100個
      最終時のみ魚雷艇5隻
 武装 40口径12.7cm高角砲連装2基
    25mm連装機銃2基
    九四式爆雷投射機1基
 同型艦 1隻

 

特徴

 飛行艇母艦秋津洲は日本海軍独自の戦術である飛行艇による長距離攻撃を行うための洋上拠点として建造された飛行艇補給、整備をするための専用艦である。同型艦は3隻建造予定であり、以降も多くの飛行艇母艦の建造が計画されたが、完成したのは秋津洲のみである。

 艦尾には二式大艇を吊り上げることが出来る35トンクレーンを装備、飛行艇を艦上に上げて整備、補給を行うことが出来る。但し、この状態で航行することは想定されていない。艦内には燃料、弾薬の他、工作室もあった。外観上の特徴は独特の迷彩塗装で攻撃力がほぼ無い秋津洲のせめてもの防御策であった。

 

同型艦

秋津洲(起工1940年10月、竣工1942年4月、1944年9月沈没)

 

飛行艇母艦秋津洲 〜戦歴〜

 太平洋戦争開戦後の1942年4月に竣工した秋津洲は5月にはラバウルに進出した。同戦域には飛行艇部隊の横浜航空隊が展開しており、横浜空への支援任務に活躍した。8月には、さらに前線に近いショートランド島に進出。この地に進出している飛行艇部隊の支援を行う。12月には本土に帰還、横須賀で整備を受けたのち、1943年1月には再びショートランド島に進出、2月からはマーシャル諸島、ギルバート諸島などで活動した。6月には千島列島の幌筵島に移動、キスカ島撤退作戦の支援にあたる。キスカ島撤退作戦終了後は、輸送任務に活躍した。1944年8月には工作艦不足から工作艦に改造されるが、11月米艦載機の攻撃により撃沈された。

 

飛行艇母艦秋津洲(模型)

 

青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ No.565 水上機母艦 秋津洲 プラモデル

 青嶋次郎が1924年に創業した模型会社の老舗中の老舗。タミヤと並んで艦船模型では定番中の定番の会社。アオシマ製の秋津洲。

 

ピットロード 1/700 スカイウェーブシリーズ 日本海軍 水上機母艦 秋津洲 プラモデル

 1981年に模型店から出発した模型メーカー。艦船模型では有名。精密なモールドには定評がある。ピットロード製の秋津洲。

 

フジミ模型 1/3000 集める軍港シリーズ No.4 トラック泊地 プラモデル 軍港4

 1961年創業の模型メーカーでは後発のフジミ模型。セットの中に1/3000スケールの秋津洲がある。他にも工作艦明石など面白い組み合わせだ。

 

栄光の日本海軍パーフェクトファイル 68号 (秋津洲水上機母艦) [分冊百科]

 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング