佐藤優 著
青春出版社 (2013/10/2)

 

 知の巨人と言われている佐藤優氏の経験から導き出された人間関係論とでもいうような本である。佐藤氏は元来キリスト教神学の専門家であり、哲学にも造詣が深い。その知識の蓄積から生まれる佐藤氏の著作は非常に読み応えのあるものが多い。

 佐藤氏の本の多くは、情報分析という生ものをメインで取り扱っていることから鮮度が落ちれば叩き売りされそうなものだが、佐藤氏の本は時間が経っても中古で値段があまり下がらない。理由は佐藤氏の知識の深さが本の内容に反映しているからだと私は考えている。

 それはそうと、この『人に強くなる極意』、この本は他の佐藤氏の著作とはちょっと毛色の違うものという感じを受けた。内容は平易で読みやすいものであった。基本的には佐藤氏の対人関係のノウハウ集といってもいいかもしれない。人は見えないものに対して恐怖を感じる等は非常に説得力がある。

 ただ、平易で読みやすいというのは裏を返せば内容が薄いということでもあり、今までの佐藤氏の著作と比べるといささか内容が薄い。書いてあることは佐藤氏の知識、経験から出たものではあるが、いかにも自己啓発本的な内容でちょっと物足りない。

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング