04_彩雲
(画像はwikipediaより転載)

 

艦上偵察機彩雲 〜概要〜

 

 彩雲は太平洋戦争開戦後に開発が始まった高速偵察機であった。試作機は最高速度653km/h、戦後アメリカで高オクタン価の燃料で試験した結果は694km/hと当時の航空機としては抜群の高速性能を発揮したが、主に活躍したのが戦争後半であったため本来の艦上偵察機としての能力は発揮されなかった。

 

性能

全幅 12.5m
全長 11.15m
全高 3.96m
自重 2908kg、全備重量(正規)4500kg、偵察過荷5274kg
最高速度 611km/h
航続距離 正規状態3079km、過荷重 5296.7km

 

開発

 日本海軍では当初、艦上偵察機は艦攻を流用するなど、あまり重要視されていなかったが、1941年頃から重要性が意識されるようになり、艦上偵察機(艦偵)の開発計画が検討されるようになった。さらに太平洋戦争開戦後になると優秀な偵察機が早急に必要になっていく。このような状況の中で、1942年1月30日、中島飛行機に十七試艦上偵察機として試作が内示された。

 海軍からの支持を受けた中島飛行機は福田安雄技師を設計主務者として開発を開始、当初は双発機で計画していたものの、中島飛行機において画期的な高性能エンジン「誉」が完成したこともあり、構造が単純な単発機として開発がスタートした。誉は2,000馬力級エンジンであるにも関わらず小型で画期的なエンジンであったが、高度6,000m以上では出力が低下、海軍の要求する数値には及ばなかった。そこで福田技師は機体を小型化、翼面積も小さくし胴体も空気抵抗を減らすために極力細く設計した。このため艦上機としての離着艦性能が低下するため親子式ファウラー・フラップと大直径プロペラで対応、さらに層流翼や厚板構造等の新機軸を導入してエンジン性能の不足を補った。

 苦心の末、1943年4月、試作1号機が完成、5月15日、初飛行の後、海軍に領収された。海軍において飛行審査が行われたが、この審査中に十七試艦上偵察機は最高速度653km/hという高速を記録した。海軍は当初の計画では試作機3機、増加試作機5機だったものを大幅に増やし、さらに増加試作機11機を追加した。

 

空前の高性能偵察機

 この十七試艦上偵察機に採用されたエンジンは誉22型エンジンで、さらに推力式単排気管を採用することにより、試作機では海軍の要求を上回る653.8km/hという高速を実現した。量産機では速度が低下してしまったが、それでも最高速度611km/hという高速を実現した。しかし前述のように離発艦能力が低下してしまうという問題が生じたため、中島飛行機技術陣は、親子式ファウラーフラップを装備した上に補助翼もフラップとして揚力を増大することで対応、さらにプロペラも大型のものが装備され、低速時でも推力を増大させ、発艦を容易にするという方法が採用された。

 その他、長距離飛行を実現するために翼内の80%まで燃料タンクとし、さらに大型落下式増槽を装着した燃料搭載量の合計は2082リットルという膨大なものだった。初期の零戦11型の落下式増槽も含めた燃料搭載量の合計が855リットルであることを考えるとその搭載量の多さがわかるだろう。高性能で有名な陸軍の百式司偵祁燭垢蕕眈絏鵑觜眄能を発揮した彩雲は1944年4月から量産が開始、同年7月23日に量産一号機が完成、そして9月艦上偵察機彩雲11型として制式採用された。

 

試製彩雲改(彩雲12型)

 1944年3月、誉24型ルを装備する彩雲の開発が計画された。7月には実物大模型審査、1945年2月には試作機が完成した。7月にはテストが開始されたが終戦となった。スペックは自重が3100kg、全備重量が4725kgに増大、最高速度は638.9km/h、上昇時間が6000mまで7分36秒、実用上昇限度が12500mに増大し、航続距離は1300kmに減少する予定であった。

 

彩雲夜戦型

 少数の彩雲は、夜戦型に改造された。これは偵察員席(3人乗りの中央席)に九九式1号20mm機銃2挺、または5式30mm機銃2挺を搭載したもので首都防空の302空などに配属された。

 

生産数

 彩雲は398機生産され、終戦時には173機が残存していた。残存機が多いのは彩雲は高性能であったため本土決戦用に優先的に温存されていたためであったようだ。

 

戦歴

 艦上偵察機として開発された彩雲であったが、量産一号機が完成したのがマリアナ沖海戦が終わった後の1944年7月と機動部隊がほぼ壊滅した後であったため艦上機としての活躍をすることはなかったが、陸上偵察機として終戦までその高性能を発揮することとなる。

 彩雲の初陣は1944年5月30日に実施されたマーシャル諸島偵察であった。この偵察任務を遂行するために121空に配備された彩雲試作機は5月30日にマーシャル諸島の挺身偵察を決行、無事に任務を果たして帰還、以降、ソロモン方面、中部太平洋方面の偵察に活躍した。

 1944年夏にT攻撃部隊が編成された際も彩雲は偵察11飛行隊として6機が参加、9月には丹作戦の事前偵察任務を遂行している。その後も台湾沖航空戦、比島航空戦に参加、第一御楯隊の誘導、ウルシー泊地偵察等に活躍している。1945年になると沖縄航空戦にも参加、以降も本土防空戦において 海軍の「目」として活躍、1945年8月15日の偵察11飛行隊による敵機動部隊索敵が彩雲最後の戦いとなった。

 

まとめ

 海軍での彩雲の評価は高かったため、他にも木製化計画、艦上攻撃機化計画などもあった。高速、高性能の彩雲であったが、実戦配備後は、他の航空機同様、発動機の性能低下に悩まされた。機体によっては、最高速度611km/hが555km/hまで落ち込んだものもあったという。逆に、戦後、アメリカでオクタン価130の燃料で試験したところ、日本の実用軍用機最高の694.5km/hという高速を出した。彩雲という傑出した航空機であっても、当時の日本の基礎技術力の低さは如何ともしがたかった。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


人気ブログランキング