01_瑞雲
(画像はwikipediaより転載)

 

 水上偵察機瑞雲は偵察機と区分されているものの、急降下爆撃もできる上にフロート付きの水上機としては驚異的は最高速度442km/hを発揮する当時の水上機の性能を凌駕した高性能機であった。太平洋戦争初期に活躍した九九式艦爆11型の最高速度が382km/h、瑞雲と同じ金星54型エンジンを搭載した九九式艦爆22型の最高速度428km/hと比較しても瑞雲の性能の高さが分かるだろう。

 さらに翼内に20mm機銃、旋回銃も13mm機銃と初期の零戦以上の重武装であった。信頼性の高いエンジンを使用したことで信頼性も高い傑作機といえる機体であった。

 

水上偵察機瑞雲〜概要〜

 

 

<性能>

全幅12.8m
全長10.84m
自重2.945トン
全備重量3.9トン
過荷重4.553トン
最大速度442.6km/h
巡航速度351.9km/h
上昇力3000mまで4分52秒
実用上昇限度10180m
武装 九九式2号4型20mm機銃2挺、二式または三式13mm旋回銃1挺。250kg爆弾1発、60kg爆弾2発。

 

開発

 1939年2月7日十四試特殊水上偵察機の開発が一社指定で愛知航空機に内示された。これに対して愛知航空機は松尾喜四郎技師を設計主務者として開発を開始した。当時の愛知航空機は多種の航空機の試作を行っていたため効率化を図るために分担組織方式を採用、航空機の各部をそれぞれ専門の設計者が担当するとしていた。

 1940年11月15日には、第一次モックアップ審査、同年12月24日には第二次モックアップ審査、1941年1月25日には第三次モックアップ審査が完了した。この時点で試作機の名称が十六試水上偵察機と改称されている。5月15日には1号機の製作に着手、1942年3月31日には試作1号機が完成した。初飛行は、5月22日に行われたが安定性、操縦性ともに良好であった。

 7月21日には海軍の領収飛行、その後各種試験が行われた結果、1943年8月10日水上偵察機瑞雲11型として制式採用された。

 

瑞雲の能力

 高速を実現するため、水偵としては高翼面荷重である140kg/屬箸覆襦Nッ綽綫能の低下を防ぐために親子フラップを装備した。子フラップは空戦フラップとして使用することも出来る。さらに水上機としては世界初のエアブレーキを装備していた。

 試作機のエンジンは1300馬力金星51型で武装は翼内に7.7mm固定銃2挺、7.7mm旋回銃1挺であった。固定銃を翼内式にしたのは当初から13mm機銃や20mm機銃の搭載も考慮されていたからであり、実際、量産型では翼内に九九式2号4型20mm機銃2挺、偵察席には二式13mm旋回銃を装備された。

 偵察席の13mm機銃はラインメタル製のMG131を国産化した二式とブローニングをコピーした三式の2種類がある。当初は二式であったが1944年以降は三式13mm旋回銃を装備した機体もあった。爆弾は翼下に60kg爆弾2発、胴体下に爆弾投下器を装備、急降下爆撃で250kg爆弾を投下できるようになっていた。試作機は3機製作された。

 

11型

 前述のように固定武装が九九式2号4型20mm機銃2挺、旋回銃が二式または三式13mm旋回銃1挺、エンジンは1300馬力金星54型であった。爆装に関する諸元は試作機と同じ。量産一号機から自動消火装置も装備された。量産機は実戦配備されたが、実施部隊で空中分解事故発生。フラップの剛性不足によるフラッターまたは制動版による渦流発生が原因。制動版の改良が行われた。1944年末頃から尾翼などの木製化が行われた。

 

12型

1945年にエンジンを金星62型に換装した瑞雲が試作されたが試作のみで量産はされなかった。

 

生産数

 愛知飛行機と日本飛行機で生産され、愛知飛行機で194機、日本飛行機で59機で、生産数は、試作機3機を含むと合計256機である。

 

瑞雲の活躍

 

 1944年5月航空戦艦となった戦艦伊勢、日向で第4航空戦隊を編成、搭載部隊として634空が編成された。この部隊に初めて彗星艦爆と共に瑞雲が配備されている。瑞雲隊は呉基地で訓練を開始、翌月には16機の瑞雲が実働状態であったが、634空は米機動部隊の台湾来襲により第4航空戦隊から離れ基地航空隊となった。

 1944年7月になると瑞雲装備の部隊として偵察301飛行隊が編成された。この部隊はT攻撃部隊に編入された。この部隊も捷号作戦の発動に伴って10月23日、634空と共に比島に進出、11月15日には634空の瑞雲隊と偵察301飛行隊が合流、新たに偵察301飛行隊として634空に所属するという形式となった。つまりは指揮系統をシンプルにしたのである。この634空は、その後も夜間攻撃や魚雷艇狩りに活躍、体当たり攻撃を行わず地道に戦い続けたものの1945年1月上旬にはほぼ壊滅、再建のため台湾東港に後退した。

 1944年12月15日には偵察301飛行隊に代わり比島に進出することを目的に偵察302飛行隊が新たに編成、訓練を開始したもののこの時点では比島戦の敗北は確実であり、偵察302飛行隊は801空から海上護衛総隊、詫間空と移った。1945年3月になると634空が瑞雲7〜8機、零式水偵7機という少数であったが一応再建が終わり再び作戦行動を開始している。

 再建された634空、偵察302飛行隊は沖縄戦に参加、特攻によらず地味な正攻法攻撃を続行した。7月には偵察302飛行隊が634空所属となり8月にはとうとう特攻隊が編成されたものの出撃前に終戦となった。

 

水上偵察機瑞雲の模型

 

フジミ模型 1/72 Cシリーズ No.15 愛知水上偵察機 瑞雲 11型

 1/72スケールの瑞雲の模型。太平洋戦争末期に登場した万能水上偵察機をモデルアップ。戦争後期にも地味ながら活躍している瑞雲。あまり人気のある機種ではないのでモデルアップしているメーカーも少ない。

 

フジミ模型 1/700 グレードアップシリーズ No.47 日本海軍艦艇搭載機セット

 1/700スケールの瑞雲。基本的には航空戦艦伊勢、日向などの艦船模型に載せてリアリティをアップさせるための小道具だが、最近のこの手のキットの完成度は高い。いろいろな航空機が同スケールで発売されているのでコレクションするのも一興。

 

水上偵察機瑞雲の書籍

 

日本海軍水上偵察機 (世界の傑作機47[アンコール版])

 水上偵察機全般について書かれた本。瑞雲も登場する。

 

まとめ

 瑞雲は急降下爆撃可能な水上偵察機であり、さらには対戦闘機戦闘も可能な機体という大変過酷な要求の下に開発された機体であった。こうした要求の下に開発された機体は二式陸偵のように失敗作になっしまうことも多いが、この瑞雲は最高傑作と言って良い機体だった。フロート付きにもかかわらず最高速度は99式艦爆を超え、太平洋戦争後期には魚雷艇攻撃などの「正統派攻撃」に活躍した。日本航空技術の一つの到達点といっていい。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


ミリタリーランキング