不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

九七式大艇01
(画像はwikipediaより転載)


<性能(23型)>
全長 25.6m
全幅 40m
全高 6.27m
全備重量 17.5トン/過荷重23トン
最高速度 385km/h
航続距離 6771km
武装 20mm旋回銃1挺、7.7mm機銃4挺、航空魚雷2または爆弾2トン


 戦前、戦中と日本が掛け値なしで世界一だったのは大型飛行艇である。飛行艇が高性能だった理由は、全周囲が海に囲まれた日本の地理的要因が大きかったのかもしれない。国産最大級の九七式大艇、その後継の二式大艇と間違いなく世界で最も高性能の飛行艇であった。


 昭和9年初め、九試大艇の名称で開発が指示されたのがのちの九七式大艇である。海軍は大型飛行艇でありながら陸上機並みの速度に爆装、雷装でもできる遠距離攻撃機を想定していた。製作は川西飛行機が行った。開発が指示されてから2年後の昭和11年7月14日、九試大艇は初飛行をし、25日には軍に領収された。


 昭和13年1月8日、海軍は試作機を九七式大艇1号飛行艇、量産型を九七式2号飛行艇1型として制式採用した。試作機は4機生産され、1号機から4号機までで840馬力光二型エンジンを装備していたがのちに1号機以外の3機は1000馬力金星43型に換装された。


 量産型の九七式2号飛行艇1型(のち九七式飛行艇11型)は、全部で12機生産されており、5〜16号機が該当する。5〜14号機の10機は当初から金星43型エンジンを装備しており、内、7〜8号機の2機は輸送機に改造された。15〜16号機の2機は当初から輸送用として改造されている。重量16トン。武装は尾部に20mm機銃1挺、機首、後方に7.7mm機銃1挺。最大速度は332km/h。5000mまでの上昇時間3分58秒。実用上昇限度7600m。航続距離4130km。


 九七式飛行艇22型は2号2型と呼ばれるタイプと2号3型と呼ばれるタイプの2種類が存在する。


 昭和15年4月16日に制式採用された九七式2号2型は、金星43型エンジン装備、武装が新たに側方左右に7.7mm機銃が装備された。


 昭和16年8月5日に制式採用されたは、九七式2号3型は、940馬力金星46型を装備、重量17トン。エンジンを換装したことにより最大速度が340km/h、5000mまでの上昇時間3分31秒、実用上昇限度9610m、航続距離6081km。武装は2号2型と同じ。22型は125機製造された。


 九七式飛行艇23型が最終生産型で昭和17年8月に制式採用された。エンジンが金星51型、1300馬力53型に換装され最大速度が385km/h、5000mまでの上昇時間が3分23秒、航続距離6770km。重量23トン。生産数36機。


 さらには九七式大艇の輸送機型である九七式輸送飛行艇が、昭和14年7月(8月2日説もあり)制式採用された。武装を撤去し10人分のソファが装備、さらには寝室、手荷物室、客室、化粧室が設けられた。乗員は8名。11型ベースのもの22型ベースのものの2種類があった。


 全備重量17.1トンまたは23トン。11型ベースのもので最大速度は333.4km/h、航続距離4328.1kmである。20機が海軍、18機が大日本航空で使用された。民間使用機は川西式四発型飛行艇と呼ばれる。生産数は34機。


 九七式大艇の生産数は試作機が4機、11型が12機、22型が127機、23型が36機で合計179機、輸送型が36機である。179機中2機が輸送型に改造されているので正確には九七式大艇177機、輸送型38機である。年度毎の生産数は、昭和11年度が試作機1機、12年度試作機2機、13年度試作機1機、量産機8機、14年度20機、15年度33機、16年度65機、17年度49機、輸送型は昭和15年が5機、16年が3機、17年が25機、18年1機である。


2019年6月6日初稿。


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ