不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

99式機銃
(画像は99式機銃。上が1号銃、下が2号銃 wikipediaより転載)


 99式機銃とは、零戦などに搭載された機銃で各種の改良型が製作された。99式機銃は、スイスのエリコンFF型20mm機銃を国産化したもので、当初は恵式20mm機銃と呼ばれていた。昭和11年6月にエリコン社とライセンス契約が結ばれ、昭和12年には、大日本兵器株式会社でノックダウン生産(部品を輸入して組み立てること)を開始、昭和13年7月からライセンス生産を開始した。


 99式機銃には、大きく分けて銃身の短い1号(銃身長812mm、全長1331mm)と銃身の長い2号(銃身長1252mm、全長1890mm)の2種類があり、1号銃には1〜4型、2号銃には2〜5型まである。銃は銃身が長いほど初速(弾丸のスピード)が速くなる。


 銃身長812mmの1号銃の初速が600m/秒であるのに対して440mm銃身長が延長された2号銃の初速は750m/秒となった。初速が早くなると同じ弾丸でも直進性が高くなる。


 1号銃1型はスイス製のもので弾倉はドラム方式で装弾数60発。それを国産化したのが2型で同じくドラム弾倉で装弾数は60発、重量23kg、発射速度520発/分で昭和16年11月制式採用された。


 3型は2型を空気装填油圧発射式にしたものでドラム弾倉を使用、装弾数は40発増えた100発となった。発射速度は520発/分。4型で給弾方式がドラム弾倉式からベルト給弾式に変更される。発射速度も速くなり550発/分となった。


 99式2号銃はエリコンFFLを国産化したもので、昭和15年7月に試作に着手。9月には1号銃が完成し、昭和17年7月22日、2号銃2型として制式採用された。2号銃2型は弾倉式で装弾数は恐らく60発。少数のみ生産されたようだ。


 2号銃3型は、ドラム弾倉式で装弾数100発。1号銃3型の長銃身モデルである。1号銃3型の発射速度が520発/分であるのに対して、2号銃3型では480発に減少した。重量33.5kg。2号銃4型はベルト給弾式で、重量38kg、発射速度500発/分である。


 4型にはブローバックの退却長を短縮、強力なスプリングを使用して発射速度を向上させた発射速度増大型がある。この改良によって発射速度は620発/分となったが、反動も増大した。


 2号銃5型はベルト給弾式で重量38.5kg。4型で行った発射速度増大の改良をさらに行い、発射速度は720発/分となった。


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ