不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

DSC_0753
やっぱりまずは基本を押さえないと。。。



 どーもです。ふと思い出したんだけど、中学校の美術の時間、風景を描く授業があったんですよ。で、教室の窓からは家が見えるんですが、美術の先生は家の屋根の瓦を一枚一枚筆で塗っていくことを奨励していたんですね。


 何故かというと私達が使うのは水彩絵の具なので、瓦を一枚一枚塗った方が濃淡が出て所謂「味のある絵」になるからです。そして完成した絵は中学生らしい味のある絵になります。しかし私は本当の瓦にはそんな濃淡は無いのでそういう風に描くのが嫌いでした。だって嘘を描く訳ですから。


 「味のある」というのは狙うものではないですよ。自然に出て来るものだし出てこないこともありますよね。だから「下手うま」も好きじゃないです。まあ、これは好みなので人それぞれですね。


 それはそうと、筋肉痛が酷いです。先週末筋トレが終わった状態でそのままパワーヨガに出て以来、筋肉痛が収まらないですね。筋肉痛なのに昨日もジムで筋トレをしてしまいました。中毒ですよねw。


プロテイン01



 筋肉といえばこれ、プロテイン。とうとう私も購入してしまいました。当然無添加です!プロテインって何だか分からない人もたくさんいますよね。私もその一人です。その私が拙い知識で書いてみますね。プロテインとはタンパク質の塊です。


 人間の体というのはタンパク質でできている訳ですよ。もちろん筋肉もね。筋肉を付けたい人は筋トレをしますね。筋トレって要するに筋肉を壊すことなんですよ。壊して修復されるときに増強される。これが筋トレですね。その修復には大量のタンパク質が必要となります。


 それを効率的に摂取するのがプロテインですね。プロテインってそもそも日本語でタンパク質ってことですからね。摂取するのは運動後90分以内が効率的と言われています。というかジムで言われましたw。


 納豆やその他タンパク質が多く含まれる食品を摂取するのでも良いのですが、消化の効率とかを考えるとプロテインが理想的なようです。うーんなるほど。。。と思って近くのドラックストアに行ったのですが、プロテインって意外とお高いんですねー。


 1圓4000円位が相場のようです。1回25g程度のようなので1圓發△譴40日は持つのですがそれでも高いですよね。でも値段はまあ月3000円程度なら許容範囲ですが、私が何よりも嫌なのは普通のプロテインって信じられないくらい添加物が入っているんですよ。成分表示を見るとビックリしますよ。


 これって健康になりたいんだか不健康になりたいんだか分からないですよ。高いし体に悪そうだしいいやぁ・・・と思っていたんですが、ある時、「無添加のプロテインってあるんじゃねーの?」と思い立った訳です。


プロテイン02



 で、Amazonで検索してみるとやはりありましたね。「ホエイプロテイン」。これ無添加でした。2390円と他社の半額近い値段で無添加となればいいこと尽くめ。味なんですが、このホエイプロテインには3種類あって味がないオリジナル、チョコミルク味、バナナ味です。


 プロテインを飲んだことがある人だったら分かると思いますが味がないと正直キツイです。オリジナルが本当の無添加なんですが、ここはひとつ妥協して私はチョコミルク味にしました。チョコミルク味でも甘味料は天然由来のステビアらしいのでまあ良いでしょう。因みにバナナ味にしなかったのは私はバナナ大好きで毎日バナナを食べているのでプロテインは違う味にしたかっただけです。


 飲み始めて2日目なのであまり効果は分かりませんが現在、立ち上がるのも苦痛な位の全身筋肉痛です。うーん、プロテインは効果があるのか無いのか不明ですね。ただアスリートになったような気分にはなれます。これも一応効果ですかねw。


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ