不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

シュラフカバー01



 どうもです。西国の旅の間、ブログを書きまくっていたら帰ってきてからも何か書いていないと気が済まなくなってしまったので今日も書きます。


 西国の旅で一番困ったのは車の故障や運転に関してだったんですけどもう一つ困ったのが夜が意外と寒かったことですね。


 以前の西国の旅は3月13〜24日まで車で東京から和歌山、四国と周ってきたんですが夜が意外と寒かったんですよ。


 もう春だし南の方なのでそれほど寒くはないと踏んでいたのですが、行ってみるとまだ寒いですね。そして南の和歌山あたりでもちょっと標高が高くなると氷点下にまで下がりました。


 一応、窓にはマルチシェードが貼ってあるのである程度断熱はしてくれるのですが、氷点下にまでなるとさすがに厳しいです。


 厳しいというのは寝袋が3シーズン用の物しか持って行かなかったからなんですけどね。というか3シーズン用しか持っていないというのが正しいような。。。


 シーツやエマージェンシーシートを使って寒さを凌いだのですが(道の駅でアイドリングはダメ)、エマージェンシーシートは断熱性は高いのですが、私が出す汗や水分を外に逃がすところまではやってくれません。何せエマージェンシーシートですから。


 朝起きると寝袋がびっしょりな訳ですよ。普通なら冬用のシュラフを買うのですが、私は出来るだけ物を持ちたくないし特に大きな冬用シュラフはがさばるんですよね。


 そこで3シーズン用シュラフにシーツ、エマージェンシーシートという装備で水分からシュラフを守るためにシュラフカバーを購入しようと思ったのです。


シュラフカバー02



 そこで購入したのがこのシュラフカバー。イスカのウルトラライトワイドというもの。イスカのハイエンドモデルです。


 値段は21000円だったと思います。よく覚えていないですがAmazonで購入ですw。使っていないので何とも言えませんがまあイスカ社のハイエンドモデルなので高性能でしょう。


 イスカ社はアウトドア関係の人はみんな知っていると思いますがアウトドア関連の大手メーカーで品質の高さがウリです。


 私もバックパックカバーやシュラフ用シーツ等はイスカ社のものを使用していますが使い勝手の良い高品質なもので何年も愛用しています。


 因みに私は基本的にギアは一流メーカーのハイエンドモデルを買うことにしています。一時的には出費がかさみますが使い勝手の良さと持ちの良さで結果的にはコスパが良いからです。


 値段が高い物には高い理由があるんですねー。そこまで考えると高価格品の方が割安だったりしますね。


 このイスカのシュラフカバーはゴアテックスで防水と通気性という矛盾した機能を兼ね備えています。ワイドモデルとノーマルというのがあるんですけど私は寝癖が悪いのでワイドにしましたw。


シュラフカバー03



 一応、これが私が考えた軽量かつ保温性バツグンのアウトドア装備です。左からモンベルの#3ダウンハガー、シュラフカバー、イスカ社製シルクシーツ、エマージェンシーシートです。


 実際のところはどうなんでしょうね。早く使ってみたいですね。ただ、アウトドア用の靴も新しいのを買いたいので靴を買うまではキャンプはまだ我慢です。


 今日は雑談兼ただの自慢話でしたね。


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ