不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

西国の旅2-4



 西国への旅、今日でちょうど一週間ですね。道の駅「みさき夢灯台」で起床です。結構な大雨でちょっと困っちゃいました。


 それよりもそろそろ私の洗濯物が限界に達しつつあるのでどこかで洗濯しなければならないです。今回の旅行用に持ってきた服は下着3セット+靴下5足ですが、もう下着1セットを残すのみです。


 靴下が多いのは冬旅だからですね。夏であれば体中に汗をかくので日数分の着替えが必要ですが、冬は汗をかかないので2〜3日は同じ下着で大丈夫です。


 但し、足は汗をかくので毎日靴下は交換です。故に靴下だけ多い訳です。しかしその予備の下着達ももう使い尽くしてしまったのでコインランドリーに向かいます。


DSC_0870



 寝袋用のシーツからズボンまであらゆる服を洗濯です。値段は一緒ですからね。ここでも貧乏根性全開ですw。


 近くの弁当屋が弁当の特売セールをやっているのでそこで一番安いのり弁当(300円)を食べます。添加物たっぷりで体に悪いですね。


 私の体は遺伝的に免疫が過剰反応する体質なので添加物はすぐに分かってしまうんです。健康にはなれますが不便といえば不便な身体ですね。


 洗濯30分に乾燥30分、料金は700円です。まあ一週間で700円だったら安いです。夏の車中泊の旅では自分で洗っていたのですがコインランドリーの方がいいですね。


 今日の予定ですが、和歌山港からフェリーで四国に向かう予定です。フェリーの乗り方とか良く分からないんですが、まあ行けば大丈夫でしょう!


 ただ、今日は雨なので雨の中フェリーで出発というのは景色が観れなくて嫌なので午後雨が止んでから出発としましょう。


 風呂も3日位入っていないので和歌山市内の営業中の温泉に行きましょう。


DSC_0872



 そこで見つけたのがこの温泉。極楽温泉幸の湯です。スーパー銭湯ですね。源泉ではなさそうですが、体を洗いたいので構わないです。


 「何ちゃらの湯、何ちゃらの湯」というのがいっぱいあったので片っ端から入ります。入っておかないと勿体ないですからね。


 因みに料金は食事セットの「とくとくプラン」で1030円です。温泉単体だと570円でしたね。温泉で体も洗ったので食堂に行きます。


DSC_0874



 これで風呂とセットで1030円って驚異的じゃないですか。すき焼きはちょっとしょっぱかったですが味はグー!です。天ぷらもサクサクでした。


 風呂も入り飯も食い、雨も上がってきたのでいよいよフェリーです。今だと13時40分のフェリーには乗れそうなので南海フェリーのフェリー乗り場に行きます。


 良く分からないですが、とりあえず並んでいればいいと思い並んでいると係員が来て、フェリーには乗船券が必要だという。全く堅苦しい世の中ですわ。


DSC_0875



 仕方ないので乗船券を購入。さっきの列に並ぶ。フェリーの乗船券を買う時は指定の用紙に記入後、車検証と一緒に渡せばオッケー。車検証のことはレッカー車のドライバーさんに聞いていたので用意していたのだ。


DSC_0876



 フェリー内の風景。強襲揚陸艦の甲板みたいでちょっとかっこいい。


DSC_0878



 まあ、瀬戸内海なので遭難の可能性は低そうだけど一応チェック。


DSC_0879



 出航〜。車での初フェリーなのでちょっとテンション高め。離島の人や頻繁に利用する人にとっては見慣れた風景かな?


DSC_0896



 私が乗船した船。フェリーかつらぎ。全長108m、排水量2600トン、最高速度21ノット。1998年に就役した船で8トントラック39台を輸送する能力がある。


 21ノットって実際に乗ってみると結構早いし2600トンって結構デカい。あまり関係ないけど、旧帝国海軍駆逐艦島風の全長が129m、排水量3000トンで39ノットというのがどれほどのものか分かりますね。駆逐艦は小さいというイメージがありますが、実際は巨大なんですね。


 39ノットといえばかつらぎのほぼ倍の速度。私が乗っているかつらぎが全速航行だったのかどうかは分かりませんが、この倍の速度ということは相当な速度だというのが分かります。


 何でも実際に体験してみないと分からないですよね。


DSC_0894



 船内の様子。


DSC_0895



 ゲーム機まである。やっている人は皆無だった。


DSC_0904



 到着。ゲートから光が差し込み全車がアイドリングを始めるのは出撃前のようでかなりかっこいいです。そして誘導員の誘導の下、出撃です。


DSC_0906



 運んでくれてありがとう「かつらぎ」。因みに正規空母葛城は雲龍型空母の3番艦。排水量2万トン、最高速力32ノット。太平洋戦争末期に就役したけど主に戦後の復員業務で活躍し、1946年に解体されます。先代も輸送で活躍したのだ。


 それはそうと、人生初の四国。とうとうきましたね。とりあえず空腹なのでまずは腹ごしらえ。近くのすき家に行きます。さて、四国のすき家はどんな味がするのか。


DSC_0908



 もちろん東京のすき家と全く味は変わりません。牛丼は美味しいですね。車中泊の旅ということもあり野菜多めのメニューにしています。


DSC_0909



 じゃーん。完食。おいしかった!とりあえず近くの道の駅に向かうために徳島市内を通過するのですが、


DSC_0907



 駐車場多すぎ(汗)


DSC_0910



 今日の宿、道の駅「第九の里」に到着。ここは第一次世界大戦中にドイツ兵の捕虜収容所があった場所だそうです。近くにはドイツ館があって日本とドイツの友好の拠点にしようとしているようです。


 ここは四国以東から四国に入る玄関口に当たり、淡路島からのルートとフェリーでのルートが交差する点にあるために道の駅止まっている車のナンバーも北は福島からいわき、千葉、所沢、鹿児島等まちまちです。


 ここで千葉から来たおじさんと若干の情報交換をしました。その方はキャンピングカーでもう1ヶ月間も旅をしているそうです。


 なんでも九州一周してその後四国をのんびり一周してこれから帰るそうな。その人曰く「もうキャンピングカーだけでいい」そうです。それくらい気ままに旅をする生活が性に合っているようです。


 私も昔、そういう生活に憧れてキャンピングカーを買おうと思ったのですが、話を聞いているとちょっとやりたくなってきますね。筋力トレーニングが出来なくなってしまうので当分はやりませんが。。。


 とにもかくにも何とも人との出会いの多い旅です。最高ですね。


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ