横山長秋 著
光人社 (2011/3/1)

 

 かなり久しぶりに戦記物を読んだので感想を書いてみたい。本書の著者は元海軍陸攻搭乗員だ。陸攻とは中攻ともいう双発の爆撃機だ。陸攻とは陸上攻撃機の略で中攻とは中型攻撃機の略だ。どちらも同じものを指す。有名なのは一式陸攻や九六陸攻などがある。著者は九六陸攻の操縦員だった。結構戦記で一式陸攻空戦記は多いが、九六陸攻空戦記というのは貴重だと思う。本書の面白いところは戦争後半から末期の九六陸攻空戦記なのだ。

 著者は1943年に甲種予科練12期に入隊したのち37期飛練で訓練を受け、1944年10月から実戦部隊に配属された。太平洋戦争ももう負けが確定していた時代だ。著者の実戦部隊にいた期間は1年にも満たないが我々が普通に生きる1年とは意味が違う。生きるか死ぬかという瀬戸際に立たされた1年だ。九六陸攻は開発当初は渡洋爆撃に活躍したがこの頃になると旧式化しており後方任務に使用されることが多かった。

 著者も初陣は対潜爆撃である。しかし一式陸攻と異なり九六陸攻は速度が遅いので対潜攻撃には一式陸攻以上に優れていたとは思う。後方任務といっても夜戦に攻撃されたり、F6Fに銃撃されたりと安全な任務だった訳ではない。何度か死線をくぐり抜けている。特に興味深いのは九六陸攻による対潜攻撃の方法と実践が詳述されていることだ。さらに海面への不時着水の難しさというのは本書を読むと良く分かる。

 著者は自身を「悪運が強い」と言っているが、実際その通りだと思う。後方任務が中心ではあったが沖縄に物資や人員を空輸したりと危険な任務があった。戦争末期に防弾性能がほぼ皆無といってよい九六陸攻で作戦を遂行し生き残ったというのは技量もさることながら運の要素も大きかっただろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング