不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)




 最近、モデルガンに惹かれつつある自分であります。特に組み立て式のモデルガンなんかいいなぁ。


 組み立て式じゃないけど、私が今一番注目しているモデルガンが今日紹介するタニオコバ×CAWM1911A1だ。


 M1911A1といえば映画『プライベート・ライアン 』でトムハンが戦車に向かってM1911A1を連射するシーン何かが最近だと印象が強い。


 いくら45口径が強力だといっても戦車に勝てる訳ないのにねー。おまけに装填不良起こしているし。。。


 まあ、『プライベート・ライアン 』の話はともかく今日はM1911の話をさせとくれ。


 M1911のモデルガンで最高峰なのはエランだけど、このタニコバの1911もかなり良い。何が良いかというとスタイリングだ。


 気になっているのは私だけのような気もするが、M1911という銃は無骨なイメージと異なり意外に細いのだ。


 この「細い」スライドを再現出来ているのは私が知る限りガスガンでは東京マルイ、モデルガンではエランとタニオコバくらいだ。


 私が考える1911の美しさというのは細い鋼鉄スライドが重く強くブローバックし、どんぐりのような45ACP弾が発射されるというコントラストなのだ。


 もちろん1911は多くのバリエーションがあるのでスライドの太い1911もある。しかし私はオリジナルの精悍な細いスライドが好きなのだ。


 旧MGCのGM2やGM5は作動性重視のためスタイルは今ひとつだった。MGCの最後期に発売された1911は随分修正されたが、やはりスライドは太かったのだ。


 これはモデルガンの宿命でもあったようだ。というのは、モデルガンというのは実銃のように十分な強度で作れない。


 わざわざ弱いABSや亜鉛合金を使用して製作しているのである。理由はもちろん改造防止のためだ。


 そのため火薬でスライドを動かしても十分な強度を出すためにはスライドを太くせざるを得ないというのがスライドが太くなった理由だと言われている。


 MGCの系統を引き継いでいるCAWのガバもやはりスライドが太い。しかしタニコバの1911はこの点パーフェクトなのだ。


 持った瞬間に違いが分かる。本当に良い作品だ。重量はHW材を使用しても実銃の半分位にしかならないのは残念だが、これはさすがに仕方ない。


 表面は特に黒染め等の処理はされていないようなので自分で自由にできる。M1911A1なのでブルーイングよりもパーカーライジング処理を再現するのが良いだろう。


 HW材の表面を銀色になるまで磨き上げてブラッセンスプレーでコーティングすれば結構いけるかも。今はもっといい塗料が出ているかな。


 このモデル、すごいのは実勢価格3万円ちょいでありながら木製グリップが標準装備されていることだ。


 Amazon等でモデルガンの平均価格を見てもらえば分かるが、3万円前後というのはモデルガンの平均的な値段だ。


 平均的な値段に抑えて尚且つ木製グリップを標準装備するというのはかなりのバリュー感がある。


 まあ、実はM1911A1の実銃のグリップはベークライト樹脂製なので木製ではないんだけどね。


 でもウォールナット製の木製グリップは銃のブルーには良く似合う。


 値段もお手頃、スペアマガジンやカートも入手しやすい上にお手頃。バンバン撃てる理想的なモデルガンだと思う。


 youtubeで実射動画を見つけたのでリンク貼っておきます。動画は私のではないですよ。

↓実銃のM1911A1



↓タニコバM1911A1



 ガスブロと違ってスライドの動きが速くていいねー。実銃の魅力を十分に伝えていると思う。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。