不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

109_0998



 どうもみなさんこんにちは、最近、再びブログの更新を頻繁に行っておる管理者です。


 管理者というのも何なんでペンネーム付けたいんだけど、いいのが思いつかないんですよねー。


 それはそうと、今日は完全な私の独り言。


 私はブログを読んでいただければ分かるように銃・ミリタリーおたくな訳ですが、銃、特にハンドガンが好きなんですね。


 何というか、すごい威力のものが手の中に収まっているというのが快感というかなんというか。


 今回書きたいのはトイガンの話なんですが、トイガンはかつては固定スライドであり、90年代前半には各社がいろいろなガスブローバックモデルに挑戦していた。


 東京マルイも非常にディフォルメされたM59やブローニングハイパワーガスブロを作っていたし今では業界から撤退してしまったメーカーも変なガスブロを作っていた。タナカも独自のガスプロを作っていたなぁ。


 そしてWAがガスブロの水準を一気に高め、現在の安定、高性能のガスブロが誕生した訳です。


 近距離での命中精度に関しては実銃と遜色のないレベルまで来ている非常に完成度の高いものだ。


 ただ、最近私が思うのはあまりにも完成してしまってあまり面白さを感じなくなってしまったのだ。


 私のブログが更新頻度も低くなり、トイガンの話題も少なくなってしまったのは要するにあまり面白いモデルがないということなのだ。


 東京マルイは相変わらず新製品ラッシュだが、内部機構はほとんど変わらない。タナカはペガサスとマグナブローバック。


 WAは本家なので当然マグナ。何かマンネリなのだよね。と思っていたら最近、ちょっと面白いモデル達がマルシンからたくさん発売されるようなので楽しみ。


 結構気になるので今後記事に書いてみようと思っている今日この頃であります。まあ、超偏った視点での記事になるけどねー。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。